人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

使用後のトルエンを産廃業者に引き渡したときに、揮発油税は発生しないのか教えてください?
現在トルエンを購入し、使用後トルエン純度が高いため産廃業者に無償で処理してもっらています。
産廃業者ですが、無償で引き渡しているためにマニフェストは作成していません。
トルエンを購入する時は、当社が揮発油税を支払っています。
また、揮発油税が発生した場合、当社か産廃業者どちらが支払わなければならないのか?
今までの滞納分はどうなるのか?
少しでもご存知の方なんでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

製品 化学」に関するQ&A: 石油化学製品

製品 石油」に関するQ&A: 身近な石油製品

A 回答 (2件)

揮発油税は「製造所から出るときに”製造者”に課される税]ですから,使用者には関係ないと


思われます。(第3条 納税義務者)

また条文にも「比重0.8017以上」と明記されており,トルエンの比重は0.864ですから,課税の
対象外と思われます。(第2条 定義)


http://www.houko.com/00/01/S32/055.HTM
http://www.mko-kikaku.com/1/toryougaido/toryou/1 …

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S32/055.HTM
    • good
    • 0

私も、トルエンなどと、揮発油税の関係を調べていて、このqaに、たどり着き


ました。

【1】
揮発油税でいう、製造とは何か について、下記に、定義がありますので、
調べてみることをお勧めします。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kanse …
  揮発油税基本通達
    第3節 製造及び製造場
      第9条 (製造の定義)

【2】
揮発油税法本体では、揮発油の定義として、
(定義)
第二条  この法律において「揮発油」とは、温度十五度において〇・八〇一
七をこえない比重を有する炭化水素油をいう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO055.html
とされていますので、トルエンは、一見、該当しないように思えます。しかし、
租税特別措置法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO026.html(重いです)

の、第八十九条の二のあたりで、
「特定石油化学製品」という概念が導入され、また
租税特別措置法施行令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32SE043.html(重いです)
の、第四十七条の四(特定石油化学製品の範囲等)で、
法第八十九条の二第四項 に規定する政令で定める石油化学製品は、次に掲げ
る石油化学製品のうち、、、

四  トルオール

と、トルエンが名前を変えて登場しています。
よって、トルエン化合物としては、揮発油税の課税対象です。

【3】
質問者さんの会社では、トルエンを購入する時に、揮発油税を支払って居られるよう
ですが、ガソリン税の対象になるような用途に使用して居られないので有れば、
免税の手続きが可能かも知れません。
揮発油税特定石油化学製品移入届出手続 などに該当しないか調べて見ることをお勧
めします。

国税局か、税務署に確認されることをお勧めします。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナフサと原油について

近頃よく「ナフサ価格」や「原油価格」といった言葉を耳にしますが、原油価格を知るにはどうしたらよいですか?また、その一般的な単位(円/kgやドル/トンなど)について教えて下さい。
それから、ナフサと原油の違いと各々の価格レベルについても教えて下さい。

Aベストアンサー

↓は東石の原油価格の推移グラフが掲載されていますので、参考になると思います。

原油の単位としてはバレルと言う単位が良く使われますが、これは昔、原油を入れていた容器の名前(樽の事)から来ており、1バレル(バーレル)は159000立方センチメートルとなります。

>ナフサと原油の違いと各々の価格レベルについても教えて下さい。→ナフサの価格は残念ながら分かりませんが、ナフサと言うのは原油を精製して得られる半製品の事です。原油の中では一番の軽質溜分でクルードガスの次に蒸留される物です。(クルードガスはその名の通り「ガス」です。)ナフサにはライトナフサ、ヘビーナフサがありますが、場合にはメディウムナフサと言うのも存在します。

石油の半製品の輸入が自由化となってから、国内で精製してナフサを造るより、海外の安いナフサを輸入する方がコストダウンになる事から、ナフサが注目されていますが、これはガソリンを造るのに多く使われるためです。

原油というのは油田から掘り出したままの油(つまり何も加工していないもの、但し、砂や水分は若干除去されています)の事で、この油を蒸留(蒸留には常圧蒸留と減圧蒸留があります。)してそれぞれの半製品を造ります。ナフサはその中の一つの半製品とお考え下さい。ナフサはそれだけではまだ完成品ではありませんが、ガソリンや航空燃料等を作るのに多く利用されます。

ナフサの輸入が自由化されてから国内の石油精製会社も経営がかなり厳しくなっていて、生き残りに必至です。今回のイラク戦争で益々原油の価格が上昇する見込み(既にガソリンは値上がっていますね)で、消費者には辛いですね。早く戦争が解決する事を願っています。

以上、元石油精製会社に勤務していた者からの回答です。(東石の社員ではありません。)

参考URL:http://www.toseki.co.jp/kakaku/cif.html

↓は東石の原油価格の推移グラフが掲載されていますので、参考になると思います。

原油の単位としてはバレルと言う単位が良く使われますが、これは昔、原油を入れていた容器の名前(樽の事)から来ており、1バレル(バーレル)は159000立方センチメートルとなります。

>ナフサと原油の違いと各々の価格レベルについても教えて下さい。→ナフサの価格は残念ながら分かりませんが、ナフサと言うのは原油を精製して得られる半製品の事です。原油の中では一番の軽質溜分でクルードガスの次に蒸留される物です。(...続きを読む

Q消防法における指定可燃物について

消防法9条の3において指定可燃物の取り扱いについての記述があり、火災予防条例別表第八にその品名と指定数量の記述がありますが、それぞれが具体的にどのようなものを指すのでしょうか?
例えばダンボールや書類は『ぼろ及び紙くず』に当たるのでしょうか?
『これは該当するのかどうか?』と悩んだとき、どうすれば調べることが出来るのでしょうか?
分かりにくい質問だと思うのですが、指定可燃物の規制全般について詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱いになる紙くずやカンナクズなどが、可燃性の高い危険なものであるのに、ゴミとして処理されるため、管理が行き届かなくなることを防ぐために法制化されています。
だだし、石炭・木炭、可燃性液体類などは普通にしようする場合でも、数量が超えれば指定可燃物として管理する必要があります。

また、数量が超えるという場合は、ひとつの場所にまとまった場合を言います。
このとき、条例によって違いはありますが、同一の部屋の中、露天ならそれぞれが3M以内に集積している場合などが、1の数量単位になります。
もっとも、部屋と言っても耐火壁で区切られているかどうかとか、露天なら敷地の広さとか色々な条件がありますので、具体的なことは所轄の消防とご相談することをお勧めします。

防災の専門家です。

お住まいの地域は分かりませんが、#1さんがおっしゃるように、指定可燃物は市町村条例で決めています。

指定可燃物は、条例で定める指定数量を超えていれば、指定可燃物となります。

ダンボールや書類は、古紙回収に出した後や、出す前に倉庫などに積み上げた状態、つまり書類やダンボールとしての機能を失い、単にゴミの状態になったとき(管理が変わった時)から古布・紙くずになります。
(書類の状態で指定可燃物なら、国会図書館は危険物施設です。)

これは、ゴミの扱い...続きを読む

Q公害防止管理者(水質)の1種~4種の難易度は?

こんにちは。
公害防止管理者(水質)についての質問です。
以下の2つについて教えて下さい。

(1)1種から4種まであるようですが、科目は共通のようですね。
どの科目が比較的簡単ですか?
私のキャリアにも関係するとは思いますが、一般論としての難易度を教えて下さい。

(2)水質第1種で申し込みをして『水質概論』と『汚水処理特論』だけ良い点数(合格点?)を取った場合は、水質第4種の有資格者になれるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)について
1種から4種まで問題自体は共通です。違いは「水質有害物質特論」と「大規模水質特論」の有無の組み合わせだけです。
1種2種で必須となる「水質有害物質特論」は化学が苦手な人には試薬や分析装置に関する用語が鬼門かな?、1種3種で必須となる「大規模水質特論」は特に有利となる教科が特定しにくいので難易度は若干低い様な気がしますが昨年新たに独立したばかりの科目なので難易度については予想が難しいです。ただこの試験は比較的参考書、問題集が整備され本屋での入手が容易なので過去問の反復で平日1時間、休日4時間程度の勉強でも今から始めれば高卒文系出身で1種合格も無理な目標ではないようです。

(2)については単刀直入に言うとなれません。下記URLの3ページ目を参照してください
http://www.jemai.or.jp/japanese/qualification/polconman/announcement.pdf

参考URL:http://www.kougai.net/

Q混合物の国連番号

零細の化学薬品を扱っている会社に勤めている者です。

海外に輸出を行うため、GHS対応のMSDS(英語・日本語)を作成しておりますが、
国連番号の記載方法がわかりません。

輸出品は、化合物を数種類混ぜた水溶液(数10%)で国連番号に該当する化合物が2点あり、
その濃度は各々10%以下なのですが、使用している化合物は社外秘のため記載できません。
REACH規則であれば一定濃度以下であれば化合物名の記載の必要がありませんが、
国連番号では濃度に関係なく記載しなくてはならないのでしょうか。

色々と検索を行っているのですが、
他の項目(急性毒性など)ほど明確な文章が見つかりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

繰り返しますが、混合物の状態での性質によって分類します。
つまり、質問者様の場合は水溶液の状態ですね。

国連分類(UNRTDG)とGHSの分類基準は同じですので、まずはGHSに従って製品の分類し、その結果で国連番号を決定することになります。

水に溶かすことで、酸化性も腐食性も毒性もなくなっていれば、国連番号は該当なしです。
腐食性があれば3264(その他の腐食性物質、有機物、液体、酸性のもの)とかになりますし、
酸化性も腐食性もあれば、3098(その他の酸化性物質、液体、腐食性のもの)になると思います。



このへんを御参考に
http://www.safe.nite.go.jp/ghs/h18_bunrui.html
http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/200603/00004848.pdf

Qパーオキサイドって?

パーオキサイドって何ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

過酸化物


人気Q&Aランキング