DNAを解析する技術が進んでますが、これは、
既に、病気の人のDNAに手を加えて、直すのか
これから産まれてくる子供に対して役立つ治療なのですか?
仮に痩せるDNAの治療があれば、現在のダイエット療法などは無くなってしまうのでは?

A 回答 (4件)

病気の人のものに手を加えて直すことが目的です。


ただし、解析が進めば、いつどんな病気にかかるか
ということまでわかるようになるかのしれません。
そのへんのことに関しては倫理的な問題も
絡んでくることと思います。

この治療方法はかなり高度な技術が必要となり
それだけ治療費用もかかるはずです。
さらにまだ発展途上ですから100%成功するとも言えません。
ダイエットについては
仮に痩せるDNAがあったとしても
病的肥満の患者さんにはこの治療をしたとしても
一般的に行われているダイエット目的では使わない
というよりも
費用がかりすぎて誰もやろうとは
思わないと考えられます。
    • good
    • 0

>今みたいな胡散臭いダイエット関連の業種はなくなる


 これはおそらくなくなりません(^_^;
 身体に過負荷をかけず、自由自在の体重をコントロールできるようになるまでは、形を変えて存続し続けるはずです。
 自由自在というのは、それこそ、昨日まで40キロだった人が一晩で1トンになり、それを3日で50キロまで落とすというようなことをしにも関わらず、健康状態に何ら問題がない、という極端な状態のことを指します。
 ここまでできれば、「美しいプロポーション」という概念はなくなるでしょうから、エステサロンといった類の業種はなくなるでしょう。しかしこれは本当にSFチックな話です。

 なぜなら、「美しい自分」は人間が永久に追求し続けていくであろうテーマだからです。
    • good
    • 0

 微妙に違います(^_^;



 kurokurosiさんが買ったテレビに、設計図が添付されていたとしますよね。でもそのテレビには、あなたにとって気に入らないところがあったとします。
 すると、設計図に手を加えればテレビが改善されるんでしょうか?(笑)

 そんなことはありませんよね(笑)
 DNAも同じです。何十億個もある人間の細胞にDNAをすべて書き換えるのは不可能です。

 DNA治療というのは、たとえば……。
 人間の細胞には、「ガン細胞を潰す」という働きを持った遺伝子があります。
 そんなおり、何かの偶然でガン細胞が発生したとします。ところがその人には偶然にも、「ガン細胞を潰す働き」を持った遺伝子が先天性の異常を持っていたとします。
 すると、正常な細胞はガン細胞を潰すことができなくなり、そのガン細胞が無限増殖してしまいます。

 そこで、正常な細胞が本来持っていたはずの、「ガン細胞を潰す働きを活性化させる物質」を注射などで注入してあげるのです。すると、細胞はガン細胞を潰すよう、働き始めます。
 これが現在の医学におけるDNA治療です。

 生まれる前の子供の細胞なんてデリケートな物に手を加えるほど、現在の医学は発達していません。
 せいぜいが生まれる前の子供の健康診断をして、その子供が持つ遺伝病を把握し、その対策を両親に伝える、といった程度の物です。

 文章が複雑になってしまったので、分からないところは補足をください。

この回答への補足

実は、私の知人があるダイエット関連の会社に勤めていまして、DNAの治療が発達すれば、今みたいな胡散臭いダイエット関連の業種はなくなると聞いたものですから

補足日時:2001/07/13 09:48
    • good
    • 0

現在の「DNA治療」は今病気の人に対しての治療法です。


たとえば、あるタンパク質をつくるDNAが先天的に欠損していた場合、
そのタンパク質をつくるDNAを注入することにより
自力でタンパク質を作れるようにしようという感じです。
生殖細胞や受精卵の「改造」とは、また別の技術です。

ダイエットDNA治療は研究されてはいるようですが、
どちらかというと「痩せる」というより「太らなくする」ように
遺伝子やDNAを改造するみたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地図状舌の積極的な治療法(民間療法・医者の処置を問わず)

8歳の息子のことです。

去年の夏からなのですが、度々地図状舌になります。特に疲れているとか風邪を引いている、薬を飲んでいるというわけではなく、数週間~1ヶ月程度の間隔で出現し、1週間から10日ほどでいつの間にか消えています。

かかりつけの歯科医師に診て貰いましたし、検索して調べましたが、原因不明で治療法もないとか。敢えて言うなら「ストレス」「疲れ」「ビタミンBの慢性不足」「遺伝」「体質」などと書かれているところが多かったです。対処法としても「ビタミンBの摂取」「乳酸菌」とか書かれているサイトもありました。

子供でも「ストレス」はあるかと思いますが、毎日ヤクルト400を飲んでいますし、ビタミンBも病気になるくらい不足しているとは考えにくいんです。(家での食事もちゃんと食べていますし、お昼は給食ですし)

先生や友達に指摘されて、本人も気にしています。病的ではないし、対処法はないので放置するしかないのでしょうか?何か積極的な治療法・・・他の科にかかるとかこんな薬が効いた、とか民間療法でもかまいません、ちょっとしたことでもご教授いただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

8歳の息子のことです。

去年の夏からなのですが、度々地図状舌になります。特に疲れているとか風邪を引いている、薬を飲んでいるというわけではなく、数週間~1ヶ月程度の間隔で出現し、1週間から10日ほどでいつの間にか消えています。

かかりつけの歯科医師に診て貰いましたし、検索して調べましたが、原因不明で治療法もないとか。敢えて言うなら「ストレス」「疲れ」「ビタミンBの慢性不足」「遺伝」「体質」などと書かれているところが多かったです。対処法としても「ビタミンBの摂取」「乳酸菌」と...続きを読む

Aベストアンサー

現代の生活では、ビタミンBは簡単に不足しますよ。
現代の、白米・白パン食、日常的にお菓子を食べる習慣などが、体内のビタミンB群を消耗し、間接的に他のビタミンやミネラルも消耗します。

糖分や炭水化物を分解したり、エネルギーとして燃やすためにビタミンBが使われるのですが、
お菓子(甘くないスナック菓子も含む)やジュース、精製され過ぎた炭水化物は、胚芽米や分つき米、雑穀、ライ麦パンなどと比べてビタミンBを多く使います。

加工食品や調味料類にも砂糖やブドウ糖液がかなりの高確率で含まれているので、
知らないうちに摂取している糖分もあります。

また、食品添加物も栄養素の吸収を阻害したりします。

甘いものはごくたまの楽しみとして少量とるようにし、主食はできるだけ未精製のものを取り入れ、
タンパク質を野菜や海藻類、きのこなどとともに積極的に食べるのが良いです。

体内の栄養状態を調べるのなら、「分子整合医学」という理論を取り入れた病院が、
一般的には行われていない亜鉛や貯蔵鉄などを含めた詳細な検査をおこない、お困りの症状について指導してくれます。
「原因不明」と言われがちな不快な症状について、改善が期待できます。

実際のところ、普通の食生活をしているつもりでもビタミンやミネラル、タンパク質不足の人はけっこういるようです。
私もそういった一人で、現在不定愁訴の治療中です。

分子整合医学の病院はまだ全国でもそう多くなく、ネットで検索すると美容・アンチエイジング主体のところもあるようなので、
お困りの症状について対応してもらえるか確認すると良いと思います。
良くなるといいですね。

現代の生活では、ビタミンBは簡単に不足しますよ。
現代の、白米・白パン食、日常的にお菓子を食べる習慣などが、体内のビタミンB群を消耗し、間接的に他のビタミンやミネラルも消耗します。

糖分や炭水化物を分解したり、エネルギーとして燃やすためにビタミンBが使われるのですが、
お菓子(甘くないスナック菓子も含む)やジュース、精製され過ぎた炭水化物は、胚芽米や分つき米、雑穀、ライ麦パンなどと比べてビタミンBを多く使います。

加工食品や調味料類にも砂糖やブドウ糖液がかなりの高確率...続きを読む

Q尿路結石の治療に使う体外衝撃波結石破砕治療について

20代後半の男性です。
先日(人生2度目の)尿管結石と診断され医師と相談の上自宅で薬を飲みながらの保存療法としました。
母からの遺伝という事もあり、他の人より石が出来やすい体質であると思っていますので今回に限らず今後生涯を通じて何度もかかる病気であると考えています。
繰り返し起こるのであれば楽に治療できるESWL(体外衝撃波結石破砕治療)で簡単に処置したいところなのですが、初回の結石時に造影剤に副作用が出て体がかなりむくんだ記憶があります(両親は記憶にないとの事・・・17年前ですから仕方ないか)。
それゆえに仕方なくESWLはあきらめるように言われましたが、造影剤がなければESWLは諦めざるをえないのでしょうか。

ちなみに今回はレントゲンでは石は発見できず、CTで発見する事が出来ました。
今回の造影剤については医師との会話だけでNGだったので実際に副作用が出るかどうかの確認はしていません。
また、話ではESWLは導入した機械により良し悪しがあると聞いています。
通院する病院では「独 ドルニエ社製 リソトリプターD」という機械だそうです。

今後の事を考えるとESWLで治療できる道を作っておくのが良いのではないかと思っているのでご経験のある方や専門の方がいらっしゃいましたらばお知恵を拝借できればと思っております。
ちなみに東京都(23区内)在住です。
よろしくお願いいたします。

20代後半の男性です。
先日(人生2度目の)尿管結石と診断され医師と相談の上自宅で薬を飲みながらの保存療法としました。
母からの遺伝という事もあり、他の人より石が出来やすい体質であると思っていますので今回に限らず今後生涯を通じて何度もかかる病気であると考えています。
繰り返し起こるのであれば楽に治療できるESWL(体外衝撃波結石破砕治療)で簡単に処置したいところなのですが、初回の結石時に造影剤に副作用が出て体がかなりむくんだ記憶があります(両親は記憶にないとの事・・・17年前ですか...続きを読む

Aベストアンサー

ESWLを約1週間前(4/26)に経験してきました。
造影は、ESWLを実施する前(4/16)に実施しました。
尿管に石が確かにあって、塞いでいるかどうかを
確認するためのようです。

独 ドルニエ社製 リソトリプターSだったと記憶しています。

ESWLの実施には、水分補給の点滴と破砕後の抗生物質の
点滴をするだけでした。
造影剤の副作用とのことですが、セカンドオピニオンするなり、他の病院に聞くなりされた方がよくないでしょうか?

ESWL自体は、そんなに痛みも伴わないもののようです。
私は、少し痛みが出ましたが、私の前にやった人は、
歩いて病室へ帰って行きました。

納得のいくまで医師の説明を求めても良いと思います。
お大事に。

参考URL:http://sanchichi.exblog.jp

Q痔の治療-千葉県東京都のよい病院、治療の痛みについて-

 25歳男です。
 高校の頃くらいから痔が悪く、昨日(多分)初めて脱肛という状態になりました。それまでも、排便時に出血したり、排便後座ると結構痛かったりということがあったので、切れ痔なりいぼ痔なりあったのだと思います。便秘体質です。ずっとボラギノール注入軟膏やファイブミニなどを摂って病院へ行くのを避けてきました。
 脱肛という状態になったのでなんだか病院へ行ったほうがいいような気になり、よい病院を探しています。

☆千葉県の習志野、船橋、市川あたりから東京都で総武線などで通える範囲でよい病院があれば教えてください。(ちなみに肛門科のほうがよいのですよね?)

☆初診でいきなり注射を打たれるとか、手術されるとか、その注射がメチャクチャ痛いとか、、色々な噂を聞くのですがやはり本当なのでしょうか? 実際はどうなんでしょう。
☆もし、ちゃんと信頼できる病院で、全く無痛で治療できる病院や、手術や注射を打たなくてもいい病院があれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

6年前いぼ痔(痔核)の手術をしました。
 入院7日で済みましたが少しの出血は1ヶ月弱と記憶してます。
 診察には痛みは0、手術も麻酔の注射が少し痛い位で後は痛みはそれ程有り ません。
下記アドレスの病院(大腸肛門科)は痔の手術では有名です。看護師さんも皆親切でした。ドクターは誰でもOKです。

Q扁桃腺摘出パルス療法について

扁桃腺摘出パルス療法について
軽度の慢性腎炎、IgA腎症というふうに医者に言われてから10年ほどたっています。
数年は2~3ヶ月に一度通院し、処方された薬を飲んでいましたが、数値に変化がなく、引っ越しと同時に通院することをやめてしまいました。
なんとなく、将来は人工透析を受けることになるのかもしれない… と思っていたのですが、最近、扁桃腺摘出パルス療法というものを知り、やってみようかという気になってきました。
数値は相変わらず、10年前と同じ程度ですので、あまり進行はしていないのかもしれません。
(尿たんぱく2+ 尿潜血3+ Cr0.8 くらい)

ただ、昔はかぜをひくたびに扁桃腺をはらしていましたが、ここ10年以上、扁桃腺が腫れた記憶はありません。扁桃腺を取って効果があるのか疑問がのこります。
果たして、10年もたった私の腎臓にこの治療法は効果があるのでしょうか?

また、会社勤めをしているので、できれば自宅近くで良い病院にかかりたいと思っていますが、大阪市内でこの治療法を実施している病院で、おすすめの病院がありましたら、教えて下さい。

よろしくお願い致します。

扁桃腺摘出パルス療法について
軽度の慢性腎炎、IgA腎症というふうに医者に言われてから10年ほどたっています。
数年は2~3ヶ月に一度通院し、処方された薬を飲んでいましたが、数値に変化がなく、引っ越しと同時に通院することをやめてしまいました。
なんとなく、将来は人工透析を受けることになるのかもしれない… と思っていたのですが、最近、扁桃腺摘出パルス療法というものを知り、やってみようかという気になってきました。
数値は相変わらず、10年前と同じ程度ですので、あまり進行はしていな...続きを読む

Aベストアンサー

IgA腎症の予後は一日尿タンパク量が1gを超えるか超えないかで大きく違ってきます。1gを超える人は慢性透析になる確率が増加します。

扁桃腺摘出はIgA腎症に効果的な場合もありますし、効果があまりない人もいて私の患者さんも摘出しましたが、あまり効果はありませんでした。が、そんなに侵襲の大きい手術ではないので特に尿タンパク量が多い人はやってみる価値はあるかと思います。

ステロイドについては、血尿が非常に強い例、糸球体上皮の増殖が強く半月体形成を伴う人には効くと言われていますが、硬化病変が始まるとあまり効かないと言われているようです。

とはいえ、これは数年前の知識で最新の知識ではないので、担当医に自分がどういう病態で適応があるのかどうか、尋ねられるしかないかと思います。

Q無月経、更年期?ホルモン補充療法について

30歳後半40歳手前といった年齢です。
子供は2人、大体順調に月経がありましたが
数年前に甲状腺機能亢進で月経の量がやや少なくなり、甲状腺治療効果でまた正常に戻っていました。現在はメルカゾール1日1錠(時々飲み忘れ有)で甲状腺機能はほぼ正常範囲です。
ところが2ヶ月ほど前から月経が無くなってしまいましたので(妊娠でもなく)産婦人科(子供を出産した)に行ったところ、はじめ「ノアルテン錠」を7日(朝夕各1)処方され、更に7日の合計14日内服しました。次に続けて「エストリオール錠1mg」を14日(朝夕各1)分処方され内服しています。
今「エストリオール」を飲み始めて2日ほどですが 4日ほどすると生理が始まるはずだとお医者さまに言われています。
内服薬について色々とネットで調べていましたら、どうも更年期にあたるのかな?という疑問にたどり着いたのですが、
お医者さまからは「まだ早い」と言われたものの「更年期」とは言われてなかったのですが、たぶんそうなんでしょうね!?
そして今日になって気付いたのですが
「血液検査」で女性ホルモン量がどれくらいあったのか確認してみたところ、検査項目に無かったのです。
私の場合は、女性ホルモン量を調べなくても構わないのでしょうか?
「エストリオール」は強いホルモン剤ではないみたいですが、私はこのままを飲み続けても大丈夫なんでしょうか?
月経が無くなったからと言って これといって体に不調も無く、無ければそのほうが好都合だとも思えたりしています。
でも閉経はあまり早くないほうがいいと最近ではよく言われていますので、やはりホルモン補充療法続けるべきなのでしょうか?副作用や発ガン性(乳がん、子宮がん)も怖いし・・・どうしたらいいのか考え込んでいます。

30歳後半40歳手前といった年齢です。
子供は2人、大体順調に月経がありましたが
数年前に甲状腺機能亢進で月経の量がやや少なくなり、甲状腺治療効果でまた正常に戻っていました。現在はメルカゾール1日1錠(時々飲み忘れ有)で甲状腺機能はほぼ正常範囲です。
ところが2ヶ月ほど前から月経が無くなってしまいましたので(妊娠でもなく)産婦人科(子供を出産した)に行ったところ、はじめ「ノアルテン錠」を7日(朝夕各1)処方され、更に7日の合計14日内服しました。次に続けて「エストリオール錠1...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

今まで順調に来ていた生理が急に(思い当たるフシもなく)不順になることは珍しいことではないので、それほど深刻にならなくてもいいと思いますよ。

今回の処方は、とりあえず薬で出血を起こして新しい周期にリセットすることを目的としているのだと思いますが、一般的な処方とはちょっと違うようですのでコメントは控えさせて頂きます。

>「血液検査」で女性ホルモン量がどれくらいあったのか確認してみたところ、検査項目に無かったのです。
私の場合は、女性ホルモン量を調べなくても構わないのでしょうか?

これは検査結果が書かれた紙か何かを見ていらっしゃるのでしょうか?「女性ホルモン」と言っても何種類もありますから、検査項目には「女性ホルモン」とは書かれていないですよ。
「E2またはエストラジオール、FSH、LH」などの項目がいわゆる女性ホルモンレベルの指標になります。
基準値は下のURLをご参考に。
もしも更年期ということですと、40歳手前(まだ30代)では「早発閉経」です。放置してはいけません。(でもまぁおそらくは単に無排卵だっただけなんじゃないかと思いますが)

参考URL:http://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/19sub.html#estro

こんにちは。

今まで順調に来ていた生理が急に(思い当たるフシもなく)不順になることは珍しいことではないので、それほど深刻にならなくてもいいと思いますよ。

今回の処方は、とりあえず薬で出血を起こして新しい周期にリセットすることを目的としているのだと思いますが、一般的な処方とはちょっと違うようですのでコメントは控えさせて頂きます。

>「血液検査」で女性ホルモン量がどれくらいあったのか確認してみたところ、検査項目に無かったのです。
私の場合は、女性ホルモン量を調べなくても構...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報