ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

1月終わりに買ってきたスパティフィラムが、4日ほど前から元気がなく、
写真のように葉がぐったりとして、垂れ下がってきています。
冬ということで、水は土が乾いたときに、霧吹きで表面を湿らす程度あげていました。
室内がとても乾燥しているので、葉水はほぼ毎日午前中にしていました。
部屋は明るく室温は夜でも20度あり、隣に置いてあるポニーテールとディフェンバキアは元気です。
水が足りないのでしょうか?葉水のやりすぎなのでしょうか?
どうしたら元のように元気になるのか、お知恵をお貸しください。

「スパティフィラムが急にしおれてきました」の質問画像

A 回答 (3件)

室温が夜でも20度ある?。


住宅事情の変化で勘違いする人が多いが、屋外の季節は冬でも、室温が20度もある部屋は「夏」と似たようなものだよ。
ネット上の栽培法のほとんどは「昔の栽培法のコピー」でしかなく、「室温20度」は想定外なのだよ。
室温が20度ということは「温室」と似たようなもの。
部屋の空気が乾燥して居るので葉水は有効だが、それだけでは水不足に。
そう、室温が20度もあれば、水やりは普通にやる必要があるのだよ。
季節に囚われないで、温度で判断することだね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海外在住で寒い地方なので、屋外は氷点下でも屋内はいつも温かいです。
ほかの観葉植物も、季節ではなくて室内温度で判断するようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2018/03/21 18:54

ポニーテールやディフェンバキアと違って、スパティフィラムは水が大好きです。


室温が低いなら水やりは控えますが、室温が夜でも20度もあるなら土が乾いたら水はたっぷり与えなければしおれて当たり前です。葉水ではまったく足りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今朝、たっぷりと水をあげたら、株の半分は何とか持ち直してきました。
もう少し様子を見ようと思います。
ご指摘、ありがとうございました。

お礼日時:2018/03/21 19:02

葉水のやり過ぎだと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスパティフィラムがぐったり!!

午前中にスパティフィラムの株分けをしました。
水をやって、水がきれるまで陽にあててあげようかな、と外においてきて、見に行ったら葉がぐったりしてしまいました・・・あわてて取り込んで調べたら、あまり直射日光は良くないようで・・・
ほんの2.3時間だったのですが。
土は湿っているし、どうしたらいいのかわかりません。
このまま枯れてしまうのでしょうか?
どなたか助けて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

植え替え後は、直射日光に当てず日陰で2,3日養生する必要があります。
水やって、直射日光に当てたので、水があたたまり根を傷め、蒸れた状態になっているようです。
とにかく、涼しい、日陰に移して様子を見てください。
2,3日たっても改善しないようなら、根を掘りとり、土を洗い流して、根の傷んでいる場所を切って、水耕栽培する方法もあります。
ただし、これも成功する場合としない場合がありますので最終的な荒療治です。

Q鉢植えのスパティフィラム

スパティフィラムの葉が先から少しずつ枯れてしまします。その都度、枯れた部分だけ鋏で切っているのですが、しばらくたつと切ったところから少しだけ枯れていて、その繰り返しです。

どうしたらお店に並んでいるもののようにみずみずしく保てるのでしょう?

北向きの室内に置いていて直射日光は射しませんが、さほど暗くもありません。
水は週に2回くらい。表面が乾いたらあげる程度です。

また、栄養ですが、お水をあげるとき、液肥を溶かしたものにしたり、米の研ぎ汁にしたりしています。
観葉植物の場合、コーヒー豆の出がらしを土の上に置いてもいいと聞きましたが、スパティにも有効でしょうか? ご教授ください。

Aベストアンサー

スパティフィラムは半日陰でも十分育ちますが半日陰で育てていては花はあまり咲きません。
植物は日光により光合成して成長しますので光と水と酸素と肥料が適宜必要です。
花を咲かせるためには明るいレースのカーテン越し位の場所で管理しましょう。
比較的管理がやさしい観葉植物で水が好きな植物ですので水切れを起こすとすぐ葉が垂れ下がったり枯れたりします。
その時は水を鉢底から流れ出る位たっぷり与えるとすぐシャキとした元気な葉に戻ります。
ただし根がしっかり生きていて水分や酸素や肥料分を吸収する力があることが前提です。
スパティフィラムは根の成長が良いので1~2年に1回は植え替えが必要になります。
株の成長も良いので植え替え時には株分けします。
株分けのコツはあんまり細かくしないことで半分ずつに分けるくらいが翌年花芽がつきやすいです。
5月から8月にかけて植え替えと同時に株分けをします。
上手に育てれば1年を通して花が咲きます。
スパティフィラムはかなりの水好きで栽培する時には腰水で行なうところもあるようですが一般には表土が乾いてきたらたっぷり与え鉢植えの皿に流れ出たものは捨てるという一般的な管理で良いと思います。
水遣りは単に水を与えるだけではなく鉢内に新しい酸素を供給する為でもありますし皿に水を溜めていては鉢の底穴から酸素を吸収することができません。
植物は葉だけではなく細い根からも酸素を吸収しています。
とりあえず根鉢を崩さずに鉢から出してみて根の様子を見ては如何ですか。
この季節なら多少根に負担をかけても植え替えする事で株の活性化になると思います。
白い根が鉢の中を一杯に回っているようなら1回り大きな鉢に植え替えます。
また茶色い根はもう生きていませんので取り除きます。
用土は赤玉土7に腐葉土2川砂1にマガンプKなどを入れておきます。
なお、米の研ぎ汁には糠が含まれていて肥料分はありますが頻繁に遣ると目詰まりの原因になります。
コーヒーの出がらしは虫除けになりますがこれも目詰まりの原因になりますので量は程ほどにして下さい。

スパティフィラムは半日陰でも十分育ちますが半日陰で育てていては花はあまり咲きません。
植物は日光により光合成して成長しますので光と水と酸素と肥料が適宜必要です。
花を咲かせるためには明るいレースのカーテン越し位の場所で管理しましょう。
比較的管理がやさしい観葉植物で水が好きな植物ですので水切れを起こすとすぐ葉が垂れ下がったり枯れたりします。
その時は水を鉢底から流れ出る位たっぷり与えるとすぐシャキとした元気な葉に戻ります。
ただし根がしっかり生きていて水分や酸素や肥料分を...続きを読む

Qスパティフィラムが黄色の葉に!(T-T)

こんにちは。スパティフィラムについて教えてください。

先日、スパティフィラムが鉢いっぱいに増えてしまい、どんどん葉の先が枯れてきてしまったので、時期ではないとは思いつつ、思い切って株分けをしました。

2,3日は葉がシャキッとなっており、元気だったのですが、3つに分けたうちの2つの鉢の葉が黄色くなってきてしまいました。
これはもう枯れてしまうのでしょうか?(T-T)

3つの鉢は日陰に置いてあり、水は株分けした日と、その後は1週間に1回程度です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スパティフィラムは根の成長が良いので1~2年に1回は植え替えが必要になりますが葉先が枯れてくるのは日焼けか根腐れか根詰まり等が考えられますので根詰まりとのことで植え替えられたのですね。
ただし根がしっかり生きていて水分や酸素や肥料分を吸収する力があることが前提で株の成長も良い場合は植え替え時には普通は株分けします。
株分けのコツはあんまり細かくしないことで半分ずつに分けるくらいが翌年花芽がつきやすいです。
izumi_charisさんの鉢の大きさがどのくらいか解かりませんが3つの内の2つの鉢の葉が黄色くなったというのは3つに小さく分け過ぎたため根が少なくなり過ぎたのかもしれません。
植物は葉だけではなく細い根からも酸素を吸収しています。
スパティフィラムはかなりの水好きで栽培する時には腰水で行なうところもあるようですが一般には表土が乾いてきたらたっぷり与え鉢植えの皿に流れ出たものは捨てるという一般的な管理で良いと思います。
水遣りは単に水を与えるだけではなく鉢内に新しい酸素を供給する為でもありますし皿に水を溜めていては鉢の底穴から酸素を吸収することができません。
植替えの時の鉢の中の状態がどうだったか解かりませんが白い根が鉢の中を一杯に回っているようなら普通は1回り大きな鉢に植え替え余程成長が良い場合に株分けしますがその際、茶色い根はもう生きていませんので取り除きます。
スパティフィラムは半日陰でも十分育ちますが半日陰で育てていては花はあまり咲きません。
植物は日光により光合成して成長しますので光と水と酸素と肥料が適宜必要です。
花を咲かせるためには明るいレースのカーテン越し位の場所で管理しましょう。
比較的管理がやさしい観葉植物で水が好きな植物ですので水切れを起こすとすぐ葉が垂れ下がったり枯れたりします。
その時は水を鉢底から流れ出る位たっぷり与えるとすぐシャキとした元気な葉に戻ります。
上手に育てれば1年を通して花が咲きます。
なお植替え後の管理は適切だと思いますのでもう少し様子を見ましょう。

参考URL:http://www.hanaippai.com/hanadb/hana.php?hanaNo=391

スパティフィラムは根の成長が良いので1~2年に1回は植え替えが必要になりますが葉先が枯れてくるのは日焼けか根腐れか根詰まり等が考えられますので根詰まりとのことで植え替えられたのですね。
ただし根がしっかり生きていて水分や酸素や肥料分を吸収する力があることが前提で株の成長も良い場合は植え替え時には普通は株分けします。
株分けのコツはあんまり細かくしないことで半分ずつに分けるくらいが翌年花芽がつきやすいです。
izumi_charisさんの鉢の大きさがどのくらいか解かりませんが3つの内の...続きを読む

Q水栽培のポトスと土に戻す、絶対に失敗なしで!

水栽培の観葉植物を土に戻す
ポトスを水にさして10年以上育てています。大切な友人から預かりました。10年たち、なんと葉っぱ1枚になってしまいました。このままではいずれ、一枚の葉も今までと同じように枯れて、とけてしまいます。今、土に戻して、元気に成長させることは可能でしょうか。
 関東地方、窓際のテーブルの上、普通のコップの中に4cmぐらいの葉っぱ一枚。水の中に根はありそれなりに生えています。
 失敗なく、土に戻す方法を教えてください。「本当に知りたい」のです。

Aベストアンサー

コップに挿してからかなりの時間が経過していますが その間に枝葉はどのくらい伸びたのでしょうか
普通 10年も経てば かなりの大きさになると思うのだが・・・・

繰り返しになりますが 栄養失調や過度の剪定などで
殆ど伸びていない 新たな葉が作られない 葉が寿命でなくなる・・・・
根を伸ばしても 肥料が殆ど吸えない  根詰まりと同じような状態ではないのでしょうか?


水中用の根と 地中用の根は 構造が異なり 水中用の根は土の中では殆ど機能しません
ですので 挿し木と同じ程度の慎重さが必要となります

気温が高く 空中湿度も高い 梅雨時のような環境が必要なのです
その前に体力をつけてあげてください

http://www.takeon-ala.jp/   ペンタガーデン
http://www.otentosan.com/shopdetail/007005000045/price/ ヨーゲン2号

液肥を与えるときの注意
溶液に日光(光)に当てない   藻が大量に発生し 水が腐ります  直射日光に当てると水温が上がりすぎて根が煮えてしまいます
溶液は取り替えます 継ぎ足しではなく  一ヶ月に一度程度は取り替えましょう
液肥は暖かな 生育期間にのみ与えてください   寒い時期に与えても無駄ですし 根腐れを起こしかねません
濃度は規定に従い 適正範囲に作ってください 

コップに挿してからかなりの時間が経過していますが その間に枝葉はどのくらい伸びたのでしょうか
普通 10年も経てば かなりの大きさになると思うのだが・・・・

繰り返しになりますが 栄養失調や過度の剪定などで
殆ど伸びていない 新たな葉が作られない 葉が寿命でなくなる・・・・
根を伸ばしても 肥料が殆ど吸えない  根詰まりと同じような状態ではないのでしょうか?


水中用の根と 地中用の根は 構造が異なり 水中用の根は土の中では殆ど機能しません
ですので 挿し木と同じ程度の慎重さが...続きを読む

Qスパティフィラムが枯れてしまいました

母の育てていた植物が枯れてしまいました。人からいただいた物でよく分からないのですが、たぶんスパティフィラムだと思います。ずっと元気にしていたのがここ2日ほどで突然枯れてしまいました。日光には当てないで、10日に一度くらいの割合で水をやっていました。先日葉から全体に水をかけたそうで、それが原因だったかもと後悔しています。詳しい方、何が行けなかったのか教えて下さい。

Aベストアンサー

MiJunです。
#1の参考URLで「管理方法」・「Q&A」が参考になるかもしれません?

ご参考まで。

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qサンスベリアがフニャフニャになってしまいました

 サンスベリアを植え替えたのですが、その時に水をやってしまったのが悪かったのかフニャフニャになってしまいました。まだ小さな子株なので腐ってしまったらかわいそうだなあと思っています。どうにか応急処置ができないでしょうか?

 また、サンスベリアですが、水はどんな時に与えたらいいのでしょうか?夏場から育て始めた親株の方には週に1回コップ一杯の水を与えていますが、冬場になっても同じようなことをしたらまずいでしょうか?

Aベストアンサー

サンスベリアを他の観葉植物のように栽培すると、必ずと言っていいほど
腐敗して枯れます。他の観葉植物と植替え時期が同じでも、水遣りや越冬
の方法を間違うと必ず失敗します。
失礼ですが、あなたが行われた方法は全て間違いだらけでした。

まず植替えが出来るのは4~9月で、それ以外の時期は絶対に植替えては
駄目です。植替えた時に水遣りをしたのが原因ではなく、時期外に植替え
をした事が主な原因です。また夏場の水遣りも適当でしたから、現在まで
に徐々に根を痛めていたのも原因に繋がっています。

根腐れをしたら根は生き返りませんので、再生させるためには葉挿しをす
る以外に方法はありません。ただ葉挿しも年間を通して出来ませんから、
先程に書いた4~9月の間だけしか出来ません。葉挿しをしたら発根をし
ないと生長は望めませんから、発根しないまま越冬させる事になります。
春になれば発根するかと言えば、切り口から水分が蒸散して発根すら出来
ないでしょうね。
既にフニャフニャになっているようですから、葉挿しをしようにも出来な
くなっています。葉挿しをするためには、元気な部分しか使えません。

まず置き場所ですが、年間を通して日当たりの良い場所に置きます。ただ
し真夏は日差しが強過ぎるので、真夏だけは日差しが弱くなる場所に置き
ます。日差しが強い場所に置くと、一発で葉焼けを起こしてしまいます。
年間を通して日当たりの悪い場所では、上手く育ちません。

次に水遣りですが、これが一番重要で難しいんです。
サンスベリアは葉が肉厚ですから、この葉の部分に水分が蓄えられる機能
を持っています。サボテンとは違いますが、自生地では長い間雨が降らな
い事があり、自分が蓄えた水を少しづつ使い、雨が降るまで生き延びよう
とします。このような機能を持った植物を多肉質の植物と言います。
雨が少ない地域で自生していた植物ですから、自生地と同じような環境で
管理をしないと、決まって腐敗してしまいます。つまり自生つでは夏場は
雨が少ないのですから、夏場は土が完全に乾いたら与えるようにします。
この水遣り方法を4~9月の間に行います。
10~3月は外気温が15℃になるまでは4~9月の水遣りよりも少なめ
に水遣りをし、外気温が6℃になる頃には完全に断水をさせ水遣りは止め
るようにします。水遣りを完全に停止させる事で、強制的に休眠させる事
になります。もし6℃になってから通常通りの水遣りとすると、根腐れを
起こして腐敗して枯れてしまします。
フニャフニャになったのは、必要とする時に与えなかったり、必要もない
時に与えたり、また基本通りの水遣りをしなかったため、根が通常よりも
痛んでしまい弱弱しくなっていたからです。
今からの時期はシワシワになる事はありますが、フニャフニャになる事は
ありません。

今からの時期は完全断水をして、強制的に休眠させて越冬させるようにし
ます。鉢土が乾いているからと言って、その事を知らない人が可哀想だと
思って水遣りをしたら、その時点で腐敗が始まって枯れてしまいます。
これを防ぐには11月に入ったら鉢から抜いて、新聞紙に根の部分だけを
出した状態で包んで、室内に保管します。新聞紙の表面に「現在越冬中。
このまま春まで触るな。」の貼り紙をして、捨てられないようにします。
4月に入ったら植替えをすれば、次第に元気を取り戻して元の姿に戻りま
す。冬場に越冬をさせずに生育させる事も可能ですが、15℃以上の室温
を24時間中も維持させなくてはいけません。特に深夜などは暖房器具の
スイッチを切ってしまうので、朝方には5℃程度まで下がる事もあります
から、15℃以上を維持させるのは無理ですから、可哀そうかも知れませ
んが完全に断水させた方がサンスベリアには都合が良くなるのです。

コップ1杯の水や、自分が決めた日に水遣りをする事を「機械的水遣り」
と言います。これは植物を栽培する上で、絶対に行ってはいけない方法に
なります。あなたが行っている方法が、まさに機械的水遣りなんです。
与える時は鉢底穴から十分に水が流れ出るまで与え、水が滴り落ちなくな
ってから鉢皿に乗せます。後は土が完全に乾くまで待って、先ほどの方法
を繰り返します。

フニャフニャになっては回復させるのは無理です。残念ですが腐敗するの
を待つしかありません。
上記に書いた事で原因は何かが理解して貰えたはずです。今回は失敗しま
したが、誰でも失敗しない人は居ませんから、これを教訓として来年の春
に新たにサンスベリアを買われ、再び挑戦されるようにして下さい。

サンスベリアを他の観葉植物のように栽培すると、必ずと言っていいほど
腐敗して枯れます。他の観葉植物と植替え時期が同じでも、水遣りや越冬
の方法を間違うと必ず失敗します。
失礼ですが、あなたが行われた方法は全て間違いだらけでした。

まず植替えが出来るのは4~9月で、それ以外の時期は絶対に植替えては
駄目です。植替えた時に水遣りをしたのが原因ではなく、時期外に植替え
をした事が主な原因です。また夏場の水遣りも適当でしたから、現在まで
に徐々に根を痛めていたのも原因に繋がっています。
...続きを読む

Q室内での冬越しについて・・・

先月から興味を持ち出して、植物を庭で育てています。
調べてみると、冬は室内で冬越しというのが結構ありました。
皆さんは、どのようにして室内においているのでしょうか?
水、虫、場所など、どのようにクリアーしているのでしょう?
ちなみに私は、虫が大きらいです。

Aベストアンサー

植物の種類によって、耐寒温度が決まっています。
育てていらっしやる植物は、熱帯原産のものが多く、耐寒温度が高いものが多いですね。
まずは、最低越冬可能温度を調べましょう。(^^)

最低10℃以上を確保しないといけないものの場合、日中は暖房ありの室内に置き、夜間や外出中など暖房を切るときは、室内でビニールカバーやダンボールなどをかぶせると良いですね。
暖房が効いているときや日がさんさんと当たるような窓辺では、ビニールは外さないと、加温しすぎて枯れます。

最低5℃くらいのものは、日中は無暖房の室内に置き、夜間は、やはり覆いをかぶせると安心です。

最低0℃くらいのものは、玄関内、地域によっては軒下で凍ったり、霜に当てなければ越冬できます。

「チャックで開け閉めできる小さなビニールハウスのような花台」は、ハウス内の気温は、外気温と同じくらいまで下がりますので、戸外では風よけ程度の効果しかありません。
お住まいの地域が、冬に霜がおりるようなところだと、これで越冬可能な植物は耐寒温度-5℃以下のものです。(まぁ、このような植物は、軒下に置くだけでも越冬できちゃいますが。(^^ゞ)
植物全般を戸外で管理しようとすると、ガラスかプラスティック製の温室で、温室専用ヒーターを入れないとだめですね。

虫対策は、室内に取り込む一週間ほど前に、オルトラン粒剤などを撒き、鉢周りにナメクジ・ダンゴムシ殺虫剤(グリーンベイトなど)を置いておくことによって、激減することができますよ~。(^^)

植物の種類によって、耐寒温度が決まっています。
育てていらっしやる植物は、熱帯原産のものが多く、耐寒温度が高いものが多いですね。
まずは、最低越冬可能温度を調べましょう。(^^)

最低10℃以上を確保しないといけないものの場合、日中は暖房ありの室内に置き、夜間や外出中など暖房を切るときは、室内でビニールカバーやダンボールなどをかぶせると良いですね。
暖房が効いているときや日がさんさんと当たるような窓辺では、ビニールは外さないと、加温しすぎて枯れます。

最低5℃くらいのものは...続きを読む

Qスパティフィラムの葉色が悪いのですが。

もう10年くらい前に買ったスパティフィラムがとても成長がよく、根も張り(鉢がとても重いです)葉も茂っているのですが、ここ一年、葉色が黄緑色になり色があせたようになりまして、見栄えがわるくなりました。2年に一回植え替えをして、春には白い小さな球の肥料を年一回与えています。冬の間は室内においています。葉色を深い緑色にするにはどうすればよいか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

株が大ききなって肥料が行き渡らないせいかもしれません。

参考URL:http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/spathiphillum.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング