ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

最初、社会人になって自分で自由に使えるカードが嬉しくて、いろんなモノを買ってしまいました。
洋服、バックは憧れのブランドのをかって、自分磨きという名目で、エステにも通いました。
その結果、カードの支払い、エステのローンの支払いに追われる日々に変わってしまいました。
なんとかしたいと思って、つい軽い気持ちで、消費者金融でお金を借りてしまいました。
コレで返済して行けばいいと思っていたのですが、その借りたお金まで手を出してしまいました。
今は、昼間の仕事の他に、夜バイトもしていますが、正直体もしんどい状況です。
自分が行けないのはよくわかっていますが、どうにもならないですよね?

A 回答 (3件)

すぐに弁護士または司法書士に債務整理の相談をしてください。


現在の家計収支や総債務額、債務の形成された経緯にもよりますが、任意整理、個人再生、自己破産が方法として考えられます。

相談する上でご注意いただくことは下記の通りです。
1.債務の一部を隠したり、借金した理由について嘘はつかないこと
2.今後も夜バイトすることを前提とした返済計画を作らないこと

なお自己破産については特にそうですが、ネット上の匿名で書かれた情報を鵜呑みにしないでください。
確かにブランドバッグ購入やエステ通いは、免責不許可事由に当たるおそれがありますが(破産法252条1項4号)、これがあったから免責が即認められないわけではなく、裁判官の裁量により決定されます(破産法252条2項)。
私の経験上、今回が初めての破産であり、本人が反省しており、裁判所が求める書類や確認事項に素直に応じれば、浪費行為があっても免責されるケースがほとんどです。
    • good
    • 0

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

しょーもないことに使いましたね…。


頑張って借金返しましょう。

浪費の場合は自己破産認められない場合もありますからね(自己破産できても、借金は支払いなさいと裁判所の決定もあります。)

なので、簡単になんとかなるだろうという考えはまず捨てましょうね。

浪費で自己破産がほいほい認められたら、みんな高級車買ったりギャンブルしほうだいになっちゃいますから。
    • good
    • 2

どうにもなりません。


地道に返していくしかないですね。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報