H12年度の源泉徴収票を会社から2度発行してもらえるのでしょうか?
(前の会社です)
源泉徴収票を紛失したわけではなく、別に提出してしまったので・・・
再発行は可能だと聞いたことはあるのですが
経験したことがある方、ご回答をお願い致します。

A 回答 (6件)

前の会社は円満に退職なさったのでしょうか。


そうでしたら、人事課か経理課で再発行してもらえます。
円満退職でなかった場合、頼みづらいですよね。源泉徴収票に代わるものとして
市役所等の市民税課で納税証明書を出していますから
それをもらってくるといいと思います。
そもそも源泉徴収票は税務署に行くといつでも誰にでも
用紙はもらえます。銀行等の公な所に提出する場合
源泉徴収票の下の欄に会社の印があるかないかの問題ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

退社は思いっきり円満でしたが、なんだか頼みづらかったのでご意見をお伺いしてからと思いまして・・・

お礼日時:2001/07/18 12:00

可能です。


担当部所に直接電話をするか(何等かで)されれば・・・
相手は拒否できません。辞めた理由にもよるでしょうが、
源泉徴収となると、総務か経理が担当されるのでしょう。
問合せされたら良いと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>相手は拒否できません
そうですか。力強いお言葉です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 12:03

必要があれば何通でも発行してもらえます。


全然心配いりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何通でも発行してもらえるのですね
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 11:55

日数はかかると思うのですが、以前お勤めの会社に理由を説明して、発行してもらうことは可能です。



私も以前2通どうしても必要になったので、理由を説明したところ、2週間ほどで発行してもらうことができました。

会社のほうも以前勤めていたということで、発行してほしいといわれれば、発行しなければならない義務もありますので、そんなに心配なさらずに連絡をしてみてはいかがでしょうか?

ただし、退職された理由にもよりますが、面倒な仕事を頼むわけですから、丁重にお願いしてくだいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうですね。丁寧にお願いしたいと思います。

お礼日時:2001/07/18 11:54

可能ですので理由を説明して


会社に申し出てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
理由を説明してお願いしてみます。

お礼日時:2001/07/18 11:51

可能です。

(私は紛失したクチですが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 11:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与所得の源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額

給与所得の源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額が、実際に1月~12月までの給与明細で一年間に支払った所得税の合計額と一致しない場合があります。
(12月の給与明細には年末調整された所得税としてマイナスの返還額が記載されています)

10年間のうち、2回だけですが、10円と200円の違いがあります。

一致しない原因と思われることが有りましたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収票の1年分というのは、支給日ベースで計算します。
>1月~12月までの給与明細
というのは、1~12月に支給された給与明細のことでしょうか。
それとも1月~12月に勤務された分の給与明細でしょうか。
源泉徴収税額は前者の金額になります。
つまり、月末締めの翌月払いなどの場合、12月分~11月分の給与明細の合計が源泉徴収税額になります。

Q源泉徴収票は、税務署に行けば再発行してもらえるのですか?

母の会社で、私の、過去3年分の源泉徴収票が必要になりました。
(しかも、1週間以内に提出しなければならないそうです。)
しかし、私はこの3年間で、2回転職しています。
それぞれの会社へ連絡したのですが、取り寄せるのに時間がかかったり、1~3月分までしか送られてこなかったり、と、らちがあきません。この際、自分で役所にとりに行って発行してもらおうと思うのですが、源泉徴収票とは、個人でとりに行っても、発行してもらえるものなのでしょうか?
また、とりに行くとしたら、税務署、市役所、区役所などの、どこへ行けばいいのでしょうか?勤務地の近くの役所へ行けばいいのか、自宅近くの役所へ行けばいいのかもわからないので、教えて欲しいです。
どうぞよろしくお願いします…!

Aベストアンサー

源泉徴収票は、各々の勤務先で発行するものです。
そして、会社が市役所に報告するのは、給与の支払額で、源泉徴収票は提出していませんから、市役所に行っても源泉徴収票のコピーは取れません。
また、税務署には、全員の源泉徴収票が提出されず、会社の役員や年収が500万円以上の人だけの源泉徴収票が提出されますから、該当しない場合は税務署で源泉徴収票のコピーは手に入りません。

別の方法として、市役所では会社からの報告を元に住民税を計算した時の、市・県民税の課税通知書があります。
これは、事情を説明すれば再発行してもらえますから、その源泉徴収票の提出先に、その市・県民税の課税通知書でも良いか聞いてください。

通常、源泉徴収票の代わりに、これを用いることが多いです。
市役所は、お住まいの市です。

Q源泉徴収票の再発行の手続きについて教えてください!

前の職場を8月でやめて10月から新しい職場で働き始めました。昨日、前の職場での源泉徴収票を提出してくださいと言われたのですが、なくしてしまいました。再発行してもらうためには、直接前の職場に行って手続きしなければいけませんか?電話でもいいんですか?教えてください。

Aベストアンサー

私も電話で再発行してもらいました
翌日郵送手続きをしていただき、
翌々日に届きました結構すぐもらえますよ♪

Q前会社が役所に源泉徴収の提出を怠っています。

今年入った従業員が源泉徴収票を提出しないで困っています。
年末までまてばいいとふんでいましたが、住民税の問題が。
前の会社が役所に年のはじめに住民税の手続きをしていないので金額が確定しておらず、今月からの給与の業務に支障がでています。
この場合、我が社としてはどのようにしたらいいでしょうか。
個人の会社らしくもう会社をやっていない可能性が。年末調整ができなければ個人で来年確定申告をしてもらえばいいと思っておりましたが住民税のこともほっておくのもどうかと思います。
どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

国税庁が出してる年末調整の仕方では、前職の源泉徴収票を提出しない者の年末調整は控えるようにときちんと記載されてます。
お宅が心配しなくてもいいのです。
「前の職場の源泉徴収票が出てない。年末調整はしないので、確定申告してください」と従業員に伝えるだけです。
税法上、不利になるか有利になるかは本人の責任です。
前職の責任ともいえるのですが、そういう職場に前、勤務していたという本人の身の因果ですね。

Q勤務先以外での源泉徴収表発行

勤務先以外で、源泉徴収表発行できるところ教えて下さい。例えば、前勤務先に行きずらい、連絡とりたくない、とか。また、源泉徴収表と所得証明書の違いは?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>勤務先以外で、源泉徴収表発行できるところ…

「給与所得の源泉徴収票」は「給与の支払者(≒会社)」が「支払いと源泉徴収の詳細」を「これで間違いありません」と証明するためのものなので、「勤務先(給与の支払者)」以外は発行ができません。

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
>>…その年の翌年の1月31日までに、年の中途で退職した者の場合は、退職の日以後1か月以内にすべての受給者に交付しなければなりません。

>前勤務先に行きずらい、連絡とりたくない、とか。

「給与の支払者」が交付をしない場合は、税務署へ相談してください。

『[手続名]源泉徴収票不交付の届出手続』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm

ただし、「連絡とりたくない」では難しいと思います。
「パワハラのため退職した」というような、「やむを得ない理由」をきちんと提示できれば対応してくれるかもしれませんが、詳しくは税務署へ確認してください。

>…源泉徴収表と所得証明書の違いは?

「給与所得の源泉徴収票」は上記の通りです。
「本人の住む市町村」と「税務署」にも一定の条件を満たすと提出されます。

「所得証明書」は市町村が交付する「課税証明書」を指すことが多いです。(通常、課税証明書には所得に関する事項も記載されます。「所得証明書」という名称のものを交付する市町村もあります。)

「課税(所得)証明書」で証明されるのは、「給与の支払者」が市町村に提出した「給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)」をもとに算定された「住民税の課税の詳細」です。

※税務署で「確定申告」したり、市町村で「住民税の申告」をしたりする際にも「給与所得の源泉徴収票」を添付するので、元となるデータは同じです。(ただし、給与に関するもののみ)

『課税証明書とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-kazeisyoumei.htm

(参考)

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『納税証明書の交付請求手続』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/shomei/01.htm
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm

(所沢市の場合)『給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/zeikin/shiminzei/kojinshiminzei/qhouteisyutsu/index.html
(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします

>勤務先以外で、源泉徴収表発行できるところ…

「給与所得の源泉徴収票」は「給与の支払者(≒会社)」が「支払いと源泉徴収の詳細」を「これで間違いありません」と証明するためのものなので、「勤務先(給与の支払者)」以外は発行ができません。

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
>>…その年の翌年の1月31日までに、年の中途で退職した者の場合は、退職の日以後1か月以内にすべての受給者に交付しなければなりません。

>前勤務先に行きずら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報