抗悪性腫瘍剤の中には免疫抑制作用を有するものがあると聞いています(例、ハイドレア)。一方腫瘍細胞を殺すには免疫力が必要であるという説明もあります。この矛盾についてスッキリしたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在の癌治療では、可能な限り体から癌細胞を除去する(手術)、癌細胞を殺す(抗癌剤、放射線)ということに目標がおかれます。

これはなぜかというと、いわゆる免疫療法では、一般的に癌の進行を食い止めることが難しいからです。ただ、手術や抗癌剤などの治療ができないほど進行した癌や、全身状態が悪化している場合は、保存的な治療で体の免疫力を落とさないことも目標になります。疼痛の治療もそうですし、栄養療法もそうですが、できるだけ全身状態を良い状態に保つことがとても重要です。

抗癌剤について述べると、これは抗癌作用と同時に免疫抑制作用をもっています。
癌細胞と同時に正常の免疫機能を担っている細胞も殺すからです。一般的に、抗癌剤の治療は体の免疫能をある程度犠牲にして治療を進めます。
ですから、抗癌剤の投与が治療として成立するためには、癌細胞に対しては十分な抗腫瘍効果があるのと同時に、免疫抑制の副作用については、重大な感染症等の合併症ができるだけ少なく、短期間で回復可能という条件が必要です。抗癌作用にのみ目を向けていると、重大な副作用でかえって予後を悪くしてしまうこともあります。(もちろん、免疫抑制以外の副作用についても同様です。)
現実的には、100%癌細胞を殺し、副作用が全くない抗癌剤は存在しませんから、抗腫瘍効果と副作用の兼ね合いが重要になります。治療効果が得られ、なおかつ副作用に十分耐えられるだけの投与量というのが、慎重に決められるわけです。
一般的には、増殖速度の速い癌は、抗癌剤に対する感受性が高いことが多く、固形癌に比較すると血液の癌でも感受性が高いので、抗癌剤がよくもちいられます。
これに対し固形癌では、肝臓癌のようにあまり効かないものから、小細胞肺癌のように非常によく効くものまで様々です。
このように、抗癌剤は生体に負担を強いる治療ですし、抗腫瘍効果というのは癌の種類によってもまちまちですから、個々の癌について十分に検討して投与しなければならないことは言うまでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感染症で重篤な事態に陥らない程度の免疫抑制状態ならば是とするのが抗がん治療なのですね。大変丁寧な回答をしていただき有難うございます。理解を深めることができました。

お礼日時:2001/07/18 18:00

blackleon先生、rei00さんの回答でほぼご理解いただけたのではないかとおもいますが、追加(?)情報です。



化学療法剤での免疫抑制作用(たとえば、白血球減少)を防止あるいは完全するために、G-CSFのような白血球を増加せせる薬剤が投与されます。

ところで、「ハイドレア」という特殊な(?)薬剤を例示されたのはどうしてでしょうか(他にモット有名な薬剤がありましが・・・)?

補足お願いします。

この回答への補足

ハイドレアの適応は慢性骨髄性白血病とあるので、短期間に強い抗腫瘍効果を期待する薬剤と異なり、比較的長期間服薬する可能性があると思いまして、このような薬剤を長期間(添付文書によると1回30日分投薬が認められているとの記載があります)投与することで、免疫抑制作用が長期間持続され、却って原病を悪化させないかなと考えたのがそもそものきっかけです。この薬剤の場合は、副作用として感染症の増悪に注意するようにとの記載はありますが、他の強力な抗腫瘍薬に比して免疫抑制作用はかなり長期間服用しないと起こらないか、あるいは弱いかもしれないということではないかと思っております。この薬剤の場合にはG-CSFを併用しなければならない程の免疫低下状態は原病が悪化しなければ招来しないと思うので、質問としては丁度良いかなと思い例示してしまった次第です。

補足日時:2001/07/18 18:00
    • good
    • 0

 


MiJun さんがご紹介のペ-ジの「癌の薬物療法」の「4.「抗がん剤」とは」をお読みいただくと分かりやすいかも知れません。

まづ,どんな「薬」にも,「効果」と「有害事象(副作用)」があります。通常は,効果が強く有害事象がほとんどないものを薬として用いますが,がん等の生きるか死ぬかの病気になると,多少の有害事象には目をつぶって用いられます(死ぬよりはましといった考え方です)。

抗悪性腫瘍剤の場合,大きく分けて2種類存在し,悪性腫瘍を攻撃して腫瘍細胞を殺すもの(多くの抗癌剤)と,悪性腫瘍を攻撃する免疫細胞を賦活して抗腫瘍作用を発揮させるもの(免疫賦活剤)とがあります。

前者の薬の場合,腫瘍細胞を攻撃するわけですが,腫瘍細胞とは言っても元は体細胞ですので正常細胞とそんなに大きな差はありません。ですので,正常細胞も攻撃してしまいます。

一方,腫瘍細胞は正常細胞に比べて増殖速度が非常に速くなっています。この違いが多くの抗癌薬で選択性の向上に利用されているのですが,正常細胞の中にも盛んに増殖している細胞があります。それが免疫細胞,毛母細胞,消化器系の粘膜細胞などです。そのため,これらの細胞は抗癌剤による影響が出やすく,免疫力低下,脱毛,胃腸障害(吐き気,食欲低下など)となって現れてきます。

いかがでしょうか。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

免疫抑制作用は、正常細胞の中でも癌細胞に次いで増殖速度の速い免疫細胞への影響によるものとの明快なご回答有難うございました。頭の中が整理できました。抗腫瘍効果の高い薬剤は一般的に免疫抑制作用も強いのでいわゆる匙加減が必要ということですね。

お礼日時:2001/07/18 17:55

少し専門的ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「治療」
この中で特に
・がんの薬物療法
・免疫療法
を参考にしてください。

「ハイドレア」は化学療法剤の中で「代謝拮抗剤」に分類される薬剤です。

概略ですが、「抗悪性腫瘍剤」の中には上記のように
1.化学療法剤
2.免疫療法剤
があります。
化学療法剤投与により、副作用として白血球(リンパ球等)の減少等が出現しますので、効果とともに免疫抑制作用があります。
免疫療法剤は副作用は少ない(ゼロではない!)が、免疫状態を改善します。
免疫療法剤によってどの免疫細胞に作用するかは異なってきます。

補足お願いします。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化学療法剤は主作用の延長として免疫抑制作用があるのですね。その効力比の差が大きければ薬として有用ということになるようですね。ちょっと混乱した頭を整理することができました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/18 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免疫抑制剤と親知らずの抜歯

免疫抑制剤と親知らずの抜歯

膠原病で免疫抑制剤のネオラールを服用中です。
あとコルヒチンもです。

下の親知らずの抜歯を検討しています。
まだ抜歯するとは言われていません。
いずれ、埋没型で頬部側に胡麻粒ぐらいしか見えていないし、
傾いて根が下を向いたL字型の歯なので抜歯まで時間の問題らしいです。
最近、シクシク痛むことがあります。

このような場合、薬のコントロールと抜歯を平行して治療するのは、
難しいのでしょうか?

子供の頃、反対の下の親知らずを抜歯したとき、
顔と首まで紫色に見事に腫れ上がり、2ヶ月腫れが引かず困惑しました。
そのときと同じ生え方ですが、免疫抑制剤は服用していませんでした。
歯科医は、抜歯を嫌がっています。
何かアドバイスをください。

Aベストアンサー

歯科医です。


ネオーラルとコルヒチンを服用中とのことですが、免疫抑制剤やステロイドを服用中でも基本的には抜歯は可能です。
すでに親知らずがシクシク痛んでいるということは、感染が進んできているかもしれません。
あなたの場合、免疫抑制がかかっているので、通常の人より早く感染が進む可能性が高いです。
なるべく早く抜歯されるのが良いと考えます。


免疫抑制下で抜歯を行うには、術後感染予防のために、抗生剤を前日~前々日から服用する必要がありますし、現在の膠原病の病状によっては、抗生剤点滴やバイタル(血圧や血中飽和酸素濃度、心電図)を監視しながら抜歯する必要があるかもしれません。


かかりつけの先生が抜歯を嫌がっておられる理由はわかりませんが、放置していても親知らずの痛みは治りませんし、コントロールしやすい状態のうちに抜歯しておかないと、いつ何時、膠原病が悪化しないとも限りません。


かかりつけ医なのですから、きちんと相談するのがいいでしょう。親知らずを抜歯したいから総合病院や大学病院の口腔外科に紹介して欲しいとはっきり言ってみましょう。

Qスキリス性悪性腫瘍について

先週、知人(60才・女性)が大量に血を吐いて急遽入院しました。
スキリス性の悪性腫瘍ということで、来週には胃を全て取り出す手術をするそうです。

「スキリス性悪性腫瘍」について、色々調べてみましたが、よくわかりません。
些細な事でも知っている方がおれば、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

》「スキリス性悪性腫瘍」について、色々調べてみましたが、よくわかりません。

 一字違いで大違い。「スキルス性」で検索してみてください。

Qステロイドと免疫抑制剤服用中でも予防接種は受けられますか?

子供が、持病でステロイドと免疫抑制剤を服用していますが、水痘の予防接種は受けられますか?(他のものも気になりますが)ご存知の方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

水痘の予防接種は、水痘に対し免疫を高めるために行います。
一方で、ステロイドは免疫抑制剤は免疫を抑制するために行う薬物治療です。
ステロイドと免疫抑制剤の投与量や投与期間によって対応が異なりますので、主治医に事情を説明し相談するのが件名です。

Q腸に出来た腫瘍。良性?悪性?

祖父なんですが、腸に腫瘍が見つかったそうです。
祖母→叔母→私の又聞きで、しかも祖母が少し痴呆があるので、いまいち状況がつかめてません。
先日、下痢や嘔吐などがあり検査をしたところ、腸に2センチくらいの腫瘍が見つかったそうです。
まだ入院はしていませんが、年明け早々に入院をして、すぐ手術をするらしいです。

まず、検査の段階では良性か悪性か判断はできないものなのでしょうか?
悪性の場合、腫瘍をとったから大丈夫ということにはならないのですよね?
もう80を過ぎているのですが、腫瘍の切除の手術は体への負担は少ないのですか?

私自身、父をガンで若い時に亡くしていて、祖父にはお世話になったので心配しています。
詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>検査の段階では良性か悪性か判断はできないものなのでしょうか?
組織を採取して生検をするはずだが?

>悪性の場合、腫瘍をとったから大丈夫ということにはならないのですよね?
腫瘍を残さずきれいに切除出来れば比較的に問題無い筈だが
但し、筋層まで到達していると内視鏡などでは取れずに開腹手術になるはず

手術としか有りませんが、内視鏡とか腹腔鏡といったモノなのでしょうか?それとも開腹するのでしょうか?
二センチだと表面の粘膜層だけでは無い可能性もありそう

>80を過ぎているのですが、腫瘍の切除の手術は体への負担は少ないのですか?
内視鏡なら負担は殆どない
腹腔鏡の場合は、入院は二三日程度かな
開腹手術だと身体への負担は相当にある
 ※この場合、場所によっては人工肛門などの必要性もあり、そうなると術後の生活も大変

老夫婦だけで判断をしているのだろうか?
キチンと医師と相談して、年齢に応じた治療法などをしっかりと検討しているのだろうか?

詳しい人に聞くのも良いが、そっち側の対応は大丈夫なの?

Qステロイドや免疫抑制剤と車酔い止めを併用してもいいでしょうか

ステロイドと免疫抑制剤等を服用していますが、市販の車酔い止めを飲んでもいいでしょうか。それまで病院に行かないので医師に聞けません。ご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 chamamaさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 ステロイドと免疫抑制剤等を服用されているとの事ですが、「等」と言う記載が有る通り、ステロイドと免疫抑制剤だけの服用ではなのだろうと想像します。ですから正確な所は何ともお答えしようがありません。何を服用しているかの全てのお薬名が解れば回答出来るのですが・・・。

 市販薬の乗り物酔い止め薬の主成分一覧が以下のHPになります。
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~coop-dr/yaku16.htm
 ところで単に免疫抑制剤を服用していると言われても、上記のHPに記載があるジプロフィリンやテオフィリンと似ている働きを持っている免疫抑制剤も有ります。ですからジプロフィリンやテオフィリンの配合されている市販の乗り物酔い止めと併用する事は事で作用が強く出すぎてしまう免疫抑制剤も有ります。
 以上よりお解りになったと思いますが、「ステロイド・免疫抑制剤等と市販の乗り物酔い止めの併用はどうか」と聞かれてもな何と言うお薬を服用しているのかが解らない限り誰も答える事が出来ません。

 ステロイド・免疫抑制剤以外に何を服用しているか解りませんから100%では無いかも知れませんが、もしステロイド・免疫抑制剤だけなら病院ではメリスロンと言うお薬を乗り物酔い止めとして処方して頂けると思います。どうしても乗り物酔い止めを飲まなければならない状況があるなら、病院に行く時間のある・なしに係らず、一度担当医師にお尋ねになるのもご自身のお身体を守る方法かと思います。
 
 どうしてもこの場で回答して欲しいなら、全ての服用してるお薬の名前を記載して下さい。私が私のお店店頭で患者さんに聞かれても、「全てのお薬名が解らない限り併用できるかどうかは答えなれない」と言う場合があります。特に免疫抑制剤と言う一般的なお薬では無いお薬を服用している場合は特にです。

 chamamaさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 ステロイドと免疫抑制剤等を服用されているとの事ですが、「等」と言う記載が有る通り、ステロイドと免疫抑制剤だけの服用ではなのだろうと想像します。ですから正確な所は何ともお答えしようがありません。何を服用しているかの全てのお薬名が解れば回答出来るのですが・・・。

 市販薬の乗り物酔い止め薬の主成分一覧が以下のHPになります。
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~coop-dr/yaku16.htm
 ところで単に免疫抑制剤を服用して...続きを読む

Q抗がん剤による骨髄抑制について

7月に盲腸がん(ステージ3A)の摘出手術を行ないました。根治手術は成功し9月より再発防止を目的として抗がん剤内服を行なっています。大きな副作用無くここまで来ています。ただ3週間に1回血液検査を行なっていますが、白血球、血小板は5~6%程度減少している程度ですが、赤血球はじわじわと漸減し2割ほど減少しました(4.84→3.96)。白血球、血小板が減っていないのに赤血球だけ減るというのは骨髄抑制だけでありえる症状なのでしょうか。骨髄抑制以外に何か可能性を考えたほうが良いものなのでしょうか?ご教授いただければ幸いです。(ちなみにヘモグロビンは14.2→13.0と赤血球の減少の割には減り方が緩やかです。なので平均赤血球色素量は29.2→32.8と増えています)

Aベストアンサー

MCVがだんだん大きくなっているので、出血などの鉄欠乏性貧血はなさそうです。抗がん剤で葉酸拮抗薬を使用している場合は当然ですが、実際には葉酸やVitB12が正常でもMCVが大きくなってくる事はそう稀ではありません。抗がん剤の影響で造血に多少影響がでているのでしょうが、この程度では問題ないかと思います。

Q僧帽弁閉鎖不全症治療の生体弁には免疫抑制剤を飲む必要があるか?

僧帽弁閉鎖不全症治療で弁を縫い合わせる手術が開けてみて駄目なら豚の生体弁とか機械弁とか考えなければならないと言われているのですが、生体弁をつける場合、免疫抑制剤を飲む必要がありますか?

Aベストアンサー

生体弁は主にブタ大動脈弁とウシ心膜が使われていますが、作成時に薬剤処理で抗原性がほとんどなくなっていますので免疫反応が問題とならず免疫抑制剤は必要としません。抗凝固剤も心房細動などでなければ術後数ヶ月でアスピリン程度でよくなります

参考URL:http://www.shiga-med.ac.jp/~toruasai/story03.html

Q私は、甲状腺の悪性腫瘍を患っているのでしょうか?

本日10/12、甲状腺専門の伊藤病院へ初めて行きました。
一応、初診ということで、血液検査と超音波診断を受け、結果は一週間後です。
先生に、下記を伝えましたが、とにかく、検査をしましょう!ということで、不安一杯です。
もし、下記のような経験がある方や、何か情報をお持ちでしたら、アドバイスを頂けると幸いです。

*** 以下は、先生に伝えた現時点での情報です。 ***

甲状腺のしこり(?)の経緯について

1.現在の状況
  1)喉仏の直ぐ下にピンポン玉位のしこりあり
     ⇒ 唾を飲み込む時に上下動することで気づく(10月8日)。
     ⇒ 大分前からあったような気もする。(しこりではなく、臓器の一部と思っていた?)
  2)話すことを意識すると、声がかすれる傾向にあり(喋っていなくても)。
  3)喉のつかえ感が、上記のしこり部分で感じる。

2.今までの状況
  1)若い頃から、話すことを意識すると、声がかすれる傾向にあり(喋っていなくても)。
     喉に力が入っている感じ ⇒ ストレスのせいと思っていた。
  2)62歳の現在でも、話すことを意識すると声がかすれる傾向にあり。
     喉仏の下部につかえ感 ⇒ 記憶では、数年前から。
  3)コレステロールが若い頃から高い傾向にあり。(220~240: 別紙参照)
        ⇒ 甲状腺腫と関連性があるか?
  4)2008年5月、背中の脂肪腫(10年位で少し大きくなった:径30mm位)を切除。
        ⇒ 脂肪腫が出来易いことと、このしこりは関連性があるか?

3.ごく最近の症状
  1)半年前から、首が寝違えた時のように、左右に首を動かすと鈍痛が走り、先月まで続いた。
      ⇒ 現在では、痛みはほとんどなくなったが、若干の違和感あり。
      ⇒ 今思うと、首のしこりが、集中している神経に触れて痛みが出ていたのかもしれない。
  2)左手小指第一関節が、ヘバーデン結節(?)のため、腫れている。
      右手小指第一関節もその傾向にあり。  (若干の痛みあるもそれ程気にならず。)

4.近親者の甲状腺の病気
  1)母(現在84歳)が、60歳位の頃、甲状腺腫を手術でとっている。
  2)母の妹(叔母:現在77歳)も、約15年位前に甲状腺腫を手術でとっている。
      ⇒ 甲状腺の病気は、遺伝する傾向にあるか?

5.素人考え
  1)甲状腺の良性腫瘍の場合、左右のどちらか一方にしこりができるとのこと。
     ⇒ 小生の場合、真ん中にしこりがあり、悪性腫瘍か?
  2)あるいは、甲状腺以外の悪性腫瘍か?
  3)喉のつかえ感が、このしこりのせいの場合、可能なら切除したいところ。

*** 以上、先生に伝えた現時点での情報です。 ***

本日10/12、甲状腺専門の伊藤病院へ初めて行きました。
一応、初診ということで、血液検査と超音波診断を受け、結果は一週間後です。
先生に、下記を伝えましたが、とにかく、検査をしましょう!ということで、不安一杯です。
もし、下記のような経験がある方や、何か情報をお持ちでしたら、アドバイスを頂けると幸いです。

*** 以下は、先生に伝えた現時点での情報です。 ***

甲状腺のしこり(?)の経緯について

1.現在の状況
  1)喉仏の直ぐ下にピンポン玉位のしこりあり
     ⇒ 唾を飲...続きを読む

Aベストアンサー

私は30代ですが甲状腺に良性腫瘍があります。右2センチ、左1センチ。私の発見時は首右側がビー玉みたいなしこりが出来ました。良性でもサイズが大きいと首が突っ張るし腫れの部分には鈍い痛みもあります。私はエコー検査の時に首に針を刺して細胞検査もしました、普通は腫瘍らしき物がエコーでわかればその場で針を刺すと思います。脂肪腫や指の事はあまり関係ないと思います。遺伝は関係ある説もありますが8割か9割は女性がなるみたいです。伊藤病気は有名ですよね、検査結果何でもなければいいですね

Q免疫抑制剤について

素人の質問です。
最近、小説を読んで不思議に思ったことです。

臓器移植をした際に一生、免疫抑制剤というものを服用し続けないといけないと書いてありました。
しかしながら、人間の体は3ヶ月位すると新陳代謝により細胞が総入れ替えの状態になると聞いたこともあります。

ということは3ヶ月もすると移植された臓器も自分の細胞に置き換えられてしまうのではないのかなと思います。
そうすれば免疫などの問題は起きないのではないでしょうか。

いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

>移植された臓器も自分の細胞に置き換えられてしまう

3ヶ月ということはありませんが、更新はされていきます。しかし自分の細胞ではなく、元の細胞と同じ染色体の細胞を再生するので、相変わらず攻撃対象になるため抑制剤は必要です。
DNAは2重螺旋構造になっています、これが2本に分かれて1本づつが金型になって(スタンプのように)反転した1本を作るから同じ2重螺旋が2本出来上がります。これを別々の細胞の核にするのが細胞分裂ですから同じものができてしまいます。

角膜は高度に分化していますが血流の無い組織のためほとんど拒絶反応を起こさない臓器なので抑制剤を使う必要は無いです。
骨髄は分化が低く癌に拒絶反応が起こらないと同じ感覚で抑制剤は要らなかったと聞いてますが・・・

Q肺の過誤腫だろうとの診断を受けました。悪性腫瘍に変化することはありますか?

30代女性です。
先日レントゲンを撮ったところ肺に影があり、精密検査を受けました。(血液検査、CT,PET)以上の検査の結果、良性腫瘍(過誤腫)だろうとの診断でした。今すぐ手術が必要ではなさそうということで、経過観察ということになりました。次は3ヵ月後に、レントゲンを撮る予定です。それで異常が無ければ、その次は半年後くらいでよいでしょうとのことでした。
大腸とかの腫瘍だと良性だったものが悪性に変わってしまうというようなことを聞いた事があります。肺の場合もそういったことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

病理科医師です。過誤腫は字の通り、本当の腫瘍と言うよりも肺の一部が「出来損なった」ものです。軟骨や平滑筋などが、本来あるべきでない場所にできて、それがレントゲンに写ります。ANo.1の先生が言われるように、悪性化することは稀です。全くないと言えないのは、正常の組織でも癌が発生する可能性はあるからということでご理解下さい。

この点、良性腫瘍から悪性腫瘍が発生することの多い大腸腫瘍とは事情が根本的に違います。経過観察で大きくなっていれば生検で精査すればいいわけで、病院の対応は妥当なものと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報