粉ミルクダイエットについてお聞きしたいです。
けっこう前ですが、携帯のサイトで粉ミルクダイエットの事を知りました。

<<粉ミルクの成分の70%は乳糖であり、乳糖は乳幼児にはよく吸収されますが、大人の腸では30%くらいしか吸収できないので実際に吸収されるカロリーは牛乳などに比べて非常に少ない。でも栄養のバランスがいいのでダイエットに良い>>

というものです。よく雑誌などに粉ミルクダイエットが載ってるのを見ますが、一食を粉ミルクにするとしか書いてありません。乳糖の事は本当なのでしょうか??
是非ご存知でしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

粉ミルクというのは・・・育児用粉乳のことですよね?



育児用粉乳と言うものは、母乳に似せて作られていますので、ここでは母乳の組成をお話します。
母乳の88%は水分です。
そして、残りの12%のうち、炭水化物(主に乳糖)は7.2%、脂質は3.5%、タンパク質は1.1%、灰分(ミネラル)は0.2%となっています。
ですから、粉ミルク中(固形分)の乳糖の割合は60%ということになります。
このあたりは各社色々な工夫をしているので、実際には60%前後ですね。(^_^)

ところでこの「乳糖」ですが、大量に摂取するとお腹がゴロゴロしてきます。
これは、腸で乳糖を分解する酵素が少ないためなんです。
大量の乳糖が腸に入り込みますと、体の内側から「水分」が出てきて、これを薄めようとします。
結果、腸内に水が増え、お腹をこわしてしまうんです。
ほどほどの量なら大丈夫なのですが、この「乳糖分解酵素」の量は人それぞれ。
中には普通の牛乳を飲んだだけでもお腹を壊してしまう人がいます。
お腹をこわしたからといって「どこか具合が悪くなった」わけではないので、ご安心下さい。
牛乳と比べると、母乳の方が乳糖は多いです。
ですから、あまり勢いよく飲まれるのはオススメしませんね。(^_^;)

基本的に粉ミルクって「母乳」をモデルにしており、組成の点では牛乳と殆ど変りません。
含まれる脂肪の量なんて殆ど同じですよ!
違うのは、牛乳の方がタンパク質が多く、乳糖が少ないこと。
そして、含まれる各種タンパク質の組成が両者では違うと言うことです。
牛乳も母乳も100gあたりのカロリーは約「66Kcal」で、ほぼ同じです。
確かに、乳糖は他の糖質よりは吸収されづらいです。
でも、「吸収できない」乳糖のカロリーをさっぴくとしても、大した差じゃありませんよ。
66Kcalがいくらか少なくなるだけです。
20Kcalくらい減っても、おかず一つ多く食べれば、倍は取り返せます(笑)。

ダイエットをされるのなら、「脱脂粉乳(スキムミルク)」をオススメします。
最もカロリーの高い成分である脂肪をカットしていますので、こちらの方が成人のダイエット向きです。
ベースは牛乳ですので、乳糖も少なめです。
逆にお腹をこわす心配もなく、摂取できますよ。

でも、できるだけ運動を行うダイエットをされて下さいね!
食事ダイエットで散々失敗し、私はリバウンドしちゃいました。(^_^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私もリバウンドは6キロくらいした経験があります!スキムミルクですかぁ~
金払ってまで飲まなくても良いかな・・・
なんて体にはいいですよね。
詳しく本当にありがとうございました~~!!d(o^v^o)b

お礼日時:2001/07/23 22:56

赤ちゃん用の粉ミルクを大人が飲むと、必ず、お腹をこわして下痢しますので、止めといたほうがいいと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

下痢!?
私は便秘気味なのでそれもちょっとありがたい・・・
いや、ダメですね。ありがとうございました。粉ミルクは飲まないようにします。

お礼日時:2001/07/23 22:48

こんにちは。


あまり自信はないのですが、そもそも成分の70%が乳糖というところが間違いではないでしょうか。
 70%は「乳成分」で乳糖はその一部だと思います。粉ミルクの缶には「乳性分(乳精たんぱく質、カゼイン、乳糖)」と表示してあります。
 吸収のことについては、下記のURLに書いてあるようなことを言っているのではないでしょうか。
粉ミルクを飲むとおなかがゆるくなってそれで痩せるという主張もあるようですが、それで脂肪を減らせるわけでもないようです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/nori/tousitu_nyutou.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですか~!!
やっぱガセネタだったんですね~~シクシク(p_q)ありがとうございました!

お礼日時:2001/07/23 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6ヶ月の息子を生まれたときからずっと、母乳と粉ミルク併用の混合で育てています。 特に母乳の出が悪か

6ヶ月の息子を生まれたときからずっと、母乳と粉ミルク併用の混合で育てています。

特に母乳の出が悪かったわけではないですが、病院の方針が混合だったことと、粉ミルクも飲める状態にしてれば人に預けられることや哺乳瓶嫌いにならないようにする為に混合にしてました。

今までは、母乳だけだと腹持ちがよくない為かあまり授乳感覚があかないので、家事をやる前や外出したときかど頻繁に授乳できないときや、寝る前は母乳の後に粉ミルクを60ml〜80ml足すといった感じにしてました。
それくらい足せば満足そうで次の授乳まで3時間は開いたのですが、4ヶ月頃から徐々に母乳だけだと授乳間隔が益々開かなくなり、
粉ミルクも60mlだと足りないみたいで100ml足しています。

そこで質問なのですが、月齢が進むにつれ赤ちゃんの身体が大きくなり飲む量も増えるので、それにおっぱいの量が追いついてないだけなのでしょうか?
それとも普通は、赤ちゃんの飲む量に比例しておっぱいの分泌も増えていくのでしょうか…?

ちなみに離乳食は始めたばかりですが1回食でお粥だけあげてます。

Aベストアンサー

孫がいてもおかしくない年齢の私ですが
初めての子供の時に同じように混合で育てた経験者です。
その当時、病院でやらされた方法なんですが、飲んだ母乳の量を計るのに
おっぱいを飲ませる前におむつを替えて赤ちゃんの体重を量る(デジタルで)
おっぱいが離れた時にもう一度赤ちゃんの体重を量る。
増えた体重分が飲んだ分というわけですが・・・
ミルクの缶に月例に応じためやす量みたいなのが書いてありますよね。
それの数値と照らし合わせて、足りない分を足すというのが
昔の病院のやりかたでした。

めやすが150mlとして、体重が100g増えていたとしたら
あと50ml足りない分をミルクで足す、という感じです。

おっぱいはできるだけ飲ませるたびに一旦空っぽにした方が分泌量が増えるとききました。
ただ、赤ちゃんはお母さんの乳首よりも哺乳瓶の方が楽に吸えるので
まだおっぱいが残っているのに飲まないのかもしれません。
そうするとおっぱいはお乳を製造しなくなります。
(うちの息子がそうでした)

病院にしても、いろいろと変な?教え方をすることもあるし
赤ちゃんにも個人差があるので焦らず、
赤ちゃんのペースにあわせてゆっくりと離乳食もあげてくださいね。
うちは病院の指示で早くからジュースやおかゆを始めたら
そっちの方がおいしかったのかミルクを全然飲まなくなって、
かといって消化器が未熟なのでいきなりおかゆやおかずをふやすわけにもいかず
お腹が空いても飲まずに泣き喚く息子にノイローゼになりかけましたw
もしもそっちのパターンならば様子を見ながら離乳食を増やすのもありかと思います。

年子で3人目というお母さん友達に
「最初のコだけよ、神経質に丁寧になるのは。
3人目なんか知らないうちにご飯を勝手に食べてたわ^^」
と言われて、力が抜けたのを思い出しましたw

孫がいてもおかしくない年齢の私ですが
初めての子供の時に同じように混合で育てた経験者です。
その当時、病院でやらされた方法なんですが、飲んだ母乳の量を計るのに
おっぱいを飲ませる前におむつを替えて赤ちゃんの体重を量る(デジタルで)
おっぱいが離れた時にもう一度赤ちゃんの体重を量る。
増えた体重分が飲んだ分というわけですが・・・
ミルクの缶に月例に応じためやす量みたいなのが書いてありますよね。
それの数値と照らし合わせて、足りない分を足すというのが
昔の病院のやりかたでした。

めや...続きを読む

Q粉ミルク

私は太りにくい体質です。
粉ミルクを飲んで体重が増えた方がいるのを知り、私も飲んでみようと思っています。
そこで質問なのですが、粉ミルクは毎日沢山飲んでも体に害はないのでしょうか?

Aベストアンサー

何事も限度があります。限度以上に飲めばおなかを壊したり、脂肪太りになったりします。
同じ、太るのも、脂肪太りと筋肉質太りがありますね。

粉ミルクにも成分によっていろいろなものがあります。
以下を参照して、どの種類を飲むかで作用が変わります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF
一度読んで理解しておくといいですね。
また牛乳(粉ミルクも含む)にも沢山の女性ホルモンが含まれていることも知っておいて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E4%B9%B3
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=102289
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/lifestyle2/japanesemilk.html

粉ミルクの代わりに牛乳や豆乳でもOK。
粉ミルクでも脂肪を除いたのが脱脂粉乳です。

粉ミルクでも、牛乳でも原料が牛乳なら、乳牛(70%の乳牛が妊娠牛で牛の女性ホルモンを沢山含んでいます)や豆乳(成分の大豆に女性ホルモンの作用をするイソフラボンが含まれます)は環境ホルモン(女性ホルモン)として作用しますので、牛乳・乳製品や豆乳・大豆製品を沢山摂取すると、色々な悪い副作用が起こります。乳製品は必須アミノ酸を沢山含むので栄養価が高いですが、ほどほどな量に抑えないと環境ホルモンの影響が出てきます(男性の女性化、女性のホルモン分泌減少など)。

通常の量は牛乳換算で1日コップ2杯位にしておいた方がいいかも知れません。粉ミルクだけでなく、他の食品も多種類とって、必須ビタミン、必須ミネラル、必須たんぱく質をバランス良く摂取することを忘れないように。カロリー食の炭水化物、脂質(脂肪)を身体の消費量以上に摂取すれば、身体に脂肪がつき肥満になっていきます。たんぱく質は植物性と動物性がありますが、動物性に偏りすぎると酸性体質になったり、活性酸素が発生し健康に悪いので、アルカリ食品の野菜・根菜類・果物・海藻類と一緒に食べるようにするといいですね。たんぱく質も摂り過ぎると脂質(脂肪)に変わります。たんぱく質は主に身体の内臓や筋肉を作るのに使われ、その過程でエネルギーとしても消費されます。糖分や炭水化物と脂質は余剰分は脂肪(グリコーゲン)として蓄積され、脳や運動のエネルギー源として消費されますが、運動不足で消費されない分が体脂肪となって、男性の場合は内臓脂肪となり、女性の場合は下半身につきセルライト化するようです。

粉ミルクも沢山飲むのではなく、ほどほどにしましょう。

何事も限度があります。限度以上に飲めばおなかを壊したり、脂肪太りになったりします。
同じ、太るのも、脂肪太りと筋肉質太りがありますね。

粉ミルクにも成分によっていろいろなものがあります。
以下を参照して、どの種類を飲むかで作用が変わります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF
一度読んで理解しておくといいですね。
また牛乳(粉ミルクも含む)にも沢山の女性ホルモンが含まれていることも知っておいて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B...続きを読む

Q粉ミルクは絶対に3時間あけなければダメでしょうか?

お世話になります。
生後2ヶ月と20日の男の子です。
3340gで生まれ現在6500g、大き目の赤ちゃんで、常に元気いっぱい、食欲旺盛、良く泣き良く笑い、夜は良く寝る子です。

おっぱいを嫌がられ、今はほとんどミルクです。
生後2ヶ月からは基本的に160ccを一日6回のペースを保っています。

一般的に「ミルクは消化が悪いので3時間はあけるように」と言われますよね。
現在は1回に160ccを与えているのですが、授乳後2時間ほどでミルクを欲しがります。
ギャン泣きします!
助産師さんや保健師さんに「泣くのはミルクが欲しいわけだけではない」と言われますが、
オムツも変え、抱っこし、室温や湿度にも気をつけ、それでも泣き止まない。
その状態で乳首(哺乳瓶でもおっぱいでも)を与えるとものすごい勢いで食いつきます。
お腹がすいた以外考えられない感じです。

基本的には1回に160ccですが、130しか飲まない時もありますし、160で足りないと泣く時もあります。
いずれにしても2時間ほどでミルクを欲しがるのです。
ベビーカーで外出(散歩)をすれば、何時間でももつのですが、
家に二人でいると間が持たないというか、赤ちゃんも飽きるのか
すぐに泣いてミルクを欲しがります。

やはり「3時間はあけないと」という思いがあるので
授乳後2時間近くなり、泣き出しそうになったら
ベビーカーに乗せ、散歩や買い物に連れ出し
1時間ほど赤ちゃんの気をまぎらわせてから帰宅し
ミルクを与えています。

天気の良い日は良いですが、雨が降ったりすると外出できません。
そんな時は3時間たたなくてもミルクをあげています。
うちの子はおしゃぶりも受けつけないし、白湯・麦茶も受けつけません。
おっぱいもダメ、ミルク命って感じです。
ダラダラと長くなってしまいましたが、お聞きしたいのは、粉ミルクの場合、何が何でも3時間あけなくてはならないのかということです。
母乳は「欲しがる特に欲しがるだけ」といいますが
現在2ヶ月と20日、ミルクも欲しがる特に欲しがるだけあげても良いのでしょうか?

アドバイス宜しくお願い致します。

お世話になります。
生後2ヶ月と20日の男の子です。
3340gで生まれ現在6500g、大き目の赤ちゃんで、常に元気いっぱい、食欲旺盛、良く泣き良く笑い、夜は良く寝る子です。

おっぱいを嫌がられ、今はほとんどミルクです。
生後2ヶ月からは基本的に160ccを一日6回のペースを保っています。

一般的に「ミルクは消化が悪いので3時間はあけるように」と言われますよね。
現在は1回に160ccを与えているのですが、授乳後2時間ほどでミルクを欲しがります。
ギャン泣きします!
助産師さんや保健師さん...続きを読む

Aベストアンサー

絶対に3時間空けないとならない、なんて無理ですよ。
大人だっておなかが空くときもあれば空かないときも
あるんですしねえ。
育児に絶対とかありえないと私は思うんです。
その子にはその子のやり方ってあると思いますしね。
私の子も3時間も空かないうちに泣いたりしていました。
そんな3時間必ず空けるなんて不可能に近いのでは…?
私はあげてもいいと思うなあ。
赤ちゃんの時にミルクの飲みすぎでそのまま肥満体に
成長したって聞いた事ないですよ(笑)。

小三男児の母より

Q小腸 吸収 デトックス ダイエット

小腸デトックスは、身体の中に溜まった不要な物質を最後に排出することですが、その重要な小腸に毒素が溜まると不要物を排出する事ができなくなってしまうそうです。

小腸には、絨毛と呼ばれる小さな突起があり、その突起から栄養分を吸収するのですが、その突起物
毒素が溜まってしまうと充分な栄養分を吸収できなくなり、太りやすくなる。

なので、そういった毒素を対外に排出し、新陳代謝を活発にする腸デトックスをすると、痩せやすくなる。

  って内容を、PCで見ました。

しかし、昨日TVで、

・太りにくい人は栄養素を吸収する前に出している可能性が
・小腸の栄養素を吸収する働きが強くない、つまり、吸収できないから、太りたくても、 いくら食べても太らない・・・

って言ってました。

正反対の意見のような気もするのですが、どなたか、くわしいかた、教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。(^0_0^)

Aベストアンサー

こんばんは。
東洋医学では『宿便』と呼ばれている腸内の老廃物なのですが、西洋医学では絨毛の間に老廃物が溜まることはありえないという所見です。
理由は下痢をすると腸内は綺麗になるからです。
もともと人間に備わった腸内洗浄作用ですから、私は『宿便』に対して謎を抱いています。
便秘による悪循環を『宿便』と呼んでいるのであれば、納得できるのですが『便秘』と『宿便』の意味が同じではないようなのです。

>・太りにくい人は栄養素を吸収する前に出している可能性が
 ・小腸の栄養素を吸収する働きが強くない、つまり、吸収できないから、太りたくても、 いくら食べても 太らない・・・

そのTVは拝見していませんが、消化にかかる時間は個人差があります。同じ体格の人同士で同じものを食べても排便の量が同じではありません。
私は便秘しないタイプで、食べ過ぎたらすぐに下痢してます。
でも、いくら食べても太らないって事はないですよ。毎日消費カロリー以上に摂取していれば多くの人は太ります。
ギャル曽根ちゃんは食べて出すまでの時間が早くて、いくら食べても太らないというのは特殊能力でしょうね。

こんばんは。
東洋医学では『宿便』と呼ばれている腸内の老廃物なのですが、西洋医学では絨毛の間に老廃物が溜まることはありえないという所見です。
理由は下痢をすると腸内は綺麗になるからです。
もともと人間に備わった腸内洗浄作用ですから、私は『宿便』に対して謎を抱いています。
便秘による悪循環を『宿便』と呼んでいるのであれば、納得できるのですが『便秘』と『宿便』の意味が同じではないようなのです。

>・太りにくい人は栄養素を吸収する前に出している可能性が
 ・小腸の栄養素を吸収する働き...続きを読む

Q出かけるときだけ粉ミルクってできるの?

よろしくお願いします。
生後2ヶ月の赤ちゃんがいます。
完母で育てています。
慣れないせいか、外出先での授乳がうまくいかず、まったく飲んでくれません。
親の都合ですが、どうしてもという用事もありますし、これから暑くなって脱水の心配もあるので、粉ミルクでも飲んでくれるなら持って出かけようと思ってます。
外出するときだけ粉ミルクをあげるということは、可能なのでしょうか
その場合、1回どれくらいの量をあげたらいいのでしょうか?

出産した病院が、母乳育児推進病院だったので、おっぱいが出るのに粉ミルクをあげる必要がないですよと言われ、なかなか粉ミルクについて聞けません。
粉ミルクに関して(量、作り方など)、また母乳と混合に関して、どこへ相談したらいいのかも教えてください。

子供の哺乳瓶の受付ですが、搾乳した母乳を哺乳瓶で飲みます。

Aベストアンサー

もしも、粉ミルクも飲んでくれる子に育てたいとお思いでしたら、早めに粉ミルクをあげ始めて、その後も練習のために継続して粉ミルクをあげ続けた方が良いかと思います。

生後3ヶ月頃から、味の好みが出てくるようで、それまでは反射的になんでも飲んでいた子でも慣れない味を嫌がるようになってきます。(3ヶ月と書きましたが、個人差があるのでそれよりも前の場合もあります。)
次男は生後1~2ヶ月はミルクも哺乳瓶も大丈夫だったのに、練習をしなかったらいざあげた時には大泣きした上に口に入った分も吐き出してしまいました。

それから、母乳をあげ続けたいとお考えでしたら、あまり頻繁に哺乳瓶であげない方が良いという話も聞いたことがあります。哺乳瓶の方が飲みやすいのでお母さんのおっぱいを嫌がるようになる子がいるそうです。(といっても、長男は1日1回搾乳した物を哺乳瓶で飲んでいましたが、その程度では大丈夫だったようです。でも、これも個人差があるかな?)

矛盾した二つのことを書いてしまい、申し訳ありません。体質によっても色々でしょうし、兼ね合いって難しいと思うのです。

授乳に慣れてしまえば外出先でもスムーズに出来るようになるのですが、それは念頭にはありませんか?(外出するときには授乳スペースを確認してから出掛ける。自宅でも授乳室にあるような椅子で、授乳枕無しでの授乳を練習する。そうすれば、外出先でも授乳しやすくなります。自分から食いついてくるようになれば外出先でも楽々授乳できます。授乳服さえあればあげる方も楽ですし。)

粉ミルクに関しては、ミルクメーカーの人に聞くと丁寧に教えてくれます。アカチャンホンポやドラッグストアで、ミルクメーカー主催の栄養相談を行っていることがありますので、お近くでありましたら行ってみてはいかがでしょうか。ミルクのサンプルも頂けます。
お近くにそういう物がなければ、ミルクの会社に電話して聞いてみるというのもありです。森永・ビーンスターク・アイクレオ・和光堂・明治などのホームページから相談窓口(電話番号)を探せたと思います。電話をかけて相談しても、ほとんどの会社はサンプルを送ってくれました。私が断られたのは1社だけでした。)
ただ、ミルク会社の方に相談すれば、ミルクよりの答えになるかと思いますので、言われるままにしていたら、体質にもよるでしょうがひょっとしたら母乳育児に支障が出るかもしれないとも思うのですが。
かといって、助産師さんなど母乳に詳しい人は「母乳が出るのにミルクをあげるのはもったいない」という考えの方が多いので、ミルクのことはあまり聞けないと思います。

相談窓口としては
・粉ミルクについてはミルクのメーカーの栄養士
・母乳については助産師(産婦人科・助産院・市の保健センター)
に相談できると思います。混合については、それぞれの立場からの意見になるでしょうから、自分がどちらをメインにしていきたいかによって相談窓口を選んでみてはいかがでしょうか。

もしも、粉ミルクも飲んでくれる子に育てたいとお思いでしたら、早めに粉ミルクをあげ始めて、その後も練習のために継続して粉ミルクをあげ続けた方が良いかと思います。

生後3ヶ月頃から、味の好みが出てくるようで、それまでは反射的になんでも飲んでいた子でも慣れない味を嫌がるようになってきます。(3ヶ月と書きましたが、個人差があるのでそれよりも前の場合もあります。)
次男は生後1~2ヶ月はミルクも哺乳瓶も大丈夫だったのに、練習をしなかったらいざあげた時には大泣きした上に口に入った分...続きを読む

Q粉ミルクに含まれる脂肪分はトランス脂肪酸ですか?

赤ちゃん用の粉ミルク(正確にはフォローアップミルクと呼ばれている物ですが・・・)
に含まれている、
オーレオ油、ヤシ油、大豆油、パームオレイン、レシチン(大豆由来)
とは、トランス脂肪酸になるのでしょうか?

鉄分、カルシウム補給の為に飲ませたほうが良いかと思ったのですが、
これらの脂肪分がトランスファットならば飲ませるのをやめようと思います。

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 なんとご説明したらよいのかわからないのですが・・・。脂肪酸というのは、脂肪を構成する主な成分です。しかし脂肪酸には多くの種類があり、ほとんどの油脂は単一の脂肪酸から構成されるということはありません。リノール酸やオレイン酸、という名前をお聞きになったことがあるかと思いますが、これらが脂肪酸の種類です。
 ですから、「何々油=何々脂肪酸」というわけではないのです。そのあたりをご理解されておいでであれば、「これらの脂肪分がトランスファットであるだろうか」という言い方はなさらなかったと思います。
 で、問題のフォローアップミルクの成分についてですが、これらのトランス脂肪酸の含有量がどのぐらいか、というのはメーカーだけが持っている情報だと思います。
 トランス脂肪酸は通常の植物油には1~2%、マーガリンで15%前後、牛乳や牛肉などにも4%前後含まれます。アメリカなどで問題になっているのは、一日に数gという日本人の数倍のマーガリンやショートニングを摂取しているからとも言われます。
 つまりたいていの植物には微量入っているものであり、これらを大量に摂るから問題なのです。この数字を目安に、問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

 油脂は常に悪者であるとは限りません。人間が生きていくのに油脂は必須の栄養素です。そのなかでも必須脂肪酸と呼ばれているものがあります。
 何がよくて何が悪く、なぜ良くてなぜ悪いのか、化学者レベルでなくてもある程度把握したほうが健康な生活を望む上でより良い選択肢を選ぶことができるのではないかと思います。
 フォローアップミルクについてはよくは存じませんが、littlelillyさんのお子さまが現在、鉄分やカルシウムが足りているのかいないのか、ミルクを必要としている時期なのか、ということのほうがもっと重要だと思います。
 また鉄分もカルシウムも、単品で摂取しただけでは吸収されがたい成分です。
 それに、もしカルシウムや鉄分が十二分であれば、脂肪分の多い高カロリーな食べ物を余計に与えることは、あまり良いとは言えないのではないでしょうか?
 余談ですが、レシチンは脂質ではあるものの油脂とは言えない気がします。白馬は馬に非ずといった表現で申し訳ないのですが・・・。

 なんとご説明したらよいのかわからないのですが・・・。脂肪酸というのは、脂肪を構成する主な成分です。しかし脂肪酸には多くの種類があり、ほとんどの油脂は単一の脂肪酸から構成されるということはありません。リノール酸やオレイン酸、という名前をお聞きになったことがあるかと思いますが、これらが脂肪酸の種類です。
 ですから、「何々油=何々脂肪酸」というわけではないのです。そのあたりをご理解されておいでであれば、「これらの脂肪分がトランスファットであるだろうか」という言い方はなさらな...続きを読む

Q粉ミルクでの利点

現在、2ヶ月の子供を混合(母乳&粉ミルク)で育てています。
上の子供の時は、母乳が良く出まして、8ヶ月まで母乳オンリーで育てていましたが、下の子は最初、低体重で産まれ保育器に入っていたので、暫く直接授乳しなかったのがいけなかったのか、初めから、母乳があまりでませんでした。
最近は、母乳がほとんど出ず、「母乳で育てたかったのに...」と少し、悲しく思ったりもしています。

そこで「粉ミルクはこんなに良かったわよ!」と思えたことのある方、そのお話をお聞かせ願えないでしょうか?
粉ミルクでもこの子にはこんなにいいのよ~♪と思えるようになりたいので、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は完全母乳から混合、ほとんど粉ミルクまで
三種類経験していますので、経験から。

まずはお母さんにとってのメリット
*お母さんのみの体に戻れるので、赤ちゃんのことを
気遣わなくてよい。
(母乳に薬が出るので、飲みたくても飲めないことが
ありますよね)
*おっぱいが張らないので、困らない。
(母乳パッドやブラがいらない。時間が空いてもへっちゃら)
*お出かけの時にお任せできる

その他のメリット
*おとうさんでもミルクがあげられるので、スキンシップが図りやすい。
*どれくらい飲んだか一目瞭然。
*完全栄養。
*何かあったとき、お医者さんも母乳よりミルクのほうが把握しやすい
(お母さんの母乳の量や成分まで考えなくていいから)

などだと思います。
私も下の子は2ヶ月くらいからミルクになってしまいました。
(吸えなくて絞っていたのですが、私の体力が落ち、
病気ばかりしていたので)
残念ながら粉ミルクでもこの子にはこんなにいいわよ~と
思うことはなかったですが、成長や体力面で劣っていることはありません。
母乳が一番だとは思いますが努力されて無理だったら、
ミルクでもストレスをためずに育児されてるお母さんでいるのが
赤ちゃんにとっては一番いいことかな。

育児、楽しんでくださいね♪

こんにちは。
私は完全母乳から混合、ほとんど粉ミルクまで
三種類経験していますので、経験から。

まずはお母さんにとってのメリット
*お母さんのみの体に戻れるので、赤ちゃんのことを
気遣わなくてよい。
(母乳に薬が出るので、飲みたくても飲めないことが
ありますよね)
*おっぱいが張らないので、困らない。
(母乳パッドやブラがいらない。時間が空いてもへっちゃら)
*お出かけの時にお任せできる

その他のメリット
*おとうさんでもミルクがあげられるので、スキンシップが図りやす...続きを読む

Qカルシウムの吸収をよくするためには・・料理と健康食品以外での方法

題目の続きです。料理は最終手段とします。
 骨密度が後3%減で、骨粗鬆症対です。
健康食品は不経済のような気がします。
現在「飲むヨーグルト」を買って、悪寒防止と吸収をよくするため、少しレンジで温めて
飲んでいます。
 しかし、巷の情報だと、
「ビタミンDとC?と一緒に取らないとほとんどカルシウムが吸収されない」と言われました。
それが本当であれば!
何かいい方法はありませんか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先日、自分も骨粗鬆症と言われました。
魚やカルシウム、いっぱい食べてるのに〜と先生に言った所、
いくらたくさん食べても、それを吸収しないと意味がない、 吸収するには、乳製品も摂るように、
と言われました。
同時に摂取するのではなく、
それも必要な栄養素だという事てすよね。
2つの栄養素がバランス良く、初めてカルシウムが吸収されるとの事でした。
飲むヨーグルトは、糖分や脂質が多いので、そういう成分の少ないものが良いと思います。

Q粉ミルクの固形に不安があります

3ヶ月の赤ちゃんを持つ父です。家内に相談されて困っています。

今母乳とミルクの混合にしています。いままで「明治ほほえみ」の930g一缶で一ヶ月すごしていたのですが、だいぶ母乳が出始めて粉ミルクが半分ぐらい残るので(開封後使用期限が一ヶ月以内です。)、粉ミルクの小さい缶を購入しようと思ったのですが、ほほえみの小さい缶が販売中止になり、キューブのミルクが販売されているようなのです。

粉が固形になっているのになんとなく不安があります。

「明治ほほえみ」は気に入っているので、固形を気にしないで「ほほえみキューブミルク」を買ったほうがいいか、もしくは違うメーカーの小さい粉ミルクの缶を買ったほうがいいか助言をいただきたいです。

Aベストアンサー

私もキューブをお出かけの時に使ったことあります。
ただ、調乳方法が「70°以上」なので、かといって沸騰したお湯(95°以上)だと一部の成分が壊れてしまうそうなので、外出先ではその温度を作るのが手間でした。
調乳したあとも人肌まで冷ましてからでないと熱すぎるのですぐに与えることもできませんでした。

家に帰って残りを使う時も電気ポットの温度設定が90°にしかならないので、湯冷ましを多少くわえて冷まして調乳しました。
粉ミルクだと、湯冷ましと沸騰したお湯と半々にして楽に50°を作って調乳、すぐに授乳できたので、それとくらべると粉ミルクの方が楽だな~と思いました。

でも、温度設定が80°にできるポットをお持ちで、調乳後、適温に冷ますまでの手間が面倒でないならキューブの方が楽かもしれませんね。

ここ最近では、産院の方で適切な調乳温度が70°という指導に変わってきているそうなので、今は『調乳後に適温に冷ます』という行程は当たり前なのかな?
私は古い知識のまま50°で調乳しちゃってますが(汗)

ただ、このキューブは330g缶のかわりというか、携帯用を重視しているように思います。値段も粉に比べたら割高ですから完ミルクの人がキューブだけを使うかどうかは疑問ですよね。
330g缶を販売しなくなったのも、キューブの販売促進のために思いますし。

通販ならまだ330g缶の在庫があるようです。
http://www.kenko.com/product/item/itm_6651304072.html
少し買だめしておいて、無くなったらまた考えても良いかもしれませんね。
その頃にはもうミルクも必要なくなってるかもしれませんしね(^^)

私もキューブをお出かけの時に使ったことあります。
ただ、調乳方法が「70°以上」なので、かといって沸騰したお湯(95°以上)だと一部の成分が壊れてしまうそうなので、外出先ではその温度を作るのが手間でした。
調乳したあとも人肌まで冷ましてからでないと熱すぎるのですぐに与えることもできませんでした。

家に帰って残りを使う時も電気ポットの温度設定が90°にしかならないので、湯冷ましを多少くわえて冷まして調乳しました。
粉ミルクだと、湯冷ましと沸騰したお湯と半々にして楽に50°を作...続きを読む

Q小腸での栄養吸収効率をよくするには

どうすればよいでしょうか?

蛇足ですが、嗅覚障害の治療で医師が出してくれた漢方薬を飲んでいますが、効果は上がっていません。

ミキサーで作った緑色野菜の野菜ジュースは葉緑素が小腸を活性化させるようなので三日間だけ、これだけを飲んで小腸を休ませて活性化につなげようと思っていますが・・・・・自信はありません。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

腸を活性化させるとは難しいことをいっていますが小腸はブドウ糖は吸収されませんので赤ん坊には「ハチミツ」はあげないでくださいと注意書きが書いてあります(ハチミツは果糖とブドウ糖で出来ていますから)のように小腸にはまた、ガンなどの病気は聞かれないと思いますが不思議ですね!

腸全体は「第二の脳」といわれるように身体に必要な食物のなかから摂取していけないものは外に出す作用(くだる作用)があります。
必要なものは接収するという!悪いものは摂取しない!

脳で判断するのではなく単独の決定をします。・・・皆さんは脳びり屋ですね!

大事な所で腸内に中には乳酸菌のように一人々の腸内ではバランスが違っていますので善玉金とか悪玉菌といわれますが彼らは多糖類の物を餌として生きていますので日本人は腸が長いので植物繊維を多めに取ることが必要だといわれています。私もそう思います。

そうすれば「小腸を活性化させる」だけでなく大腸も大事にされて(水分を腸の中吸収して大便としてだします)ので腸全体を活性化させる方がいいのではありませんか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング