今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

8月16日に離婚しました。会社からは毎月家族手当として一万円支給されていましたが、離婚した月から家族手当は通常支給されなくなるのでしょうか?ちなみに15日締め日です。

質問者からの補足コメント

  • 会社によってちがうのでしょうか?

      補足日時:2018/08/22 22:58

A 回答 (4件)

給与の規定は会社ごとに考え作成されています。


会社によっては他の会社のルールや見本となるルールをまねることもありますが、何を見本にしたのか次第で異なります。

私の会社のルールでよければ、手当は、給与計算期間すべてで要件を満たしていれば月額すべて、すべてを満たさないが半月以上満たしていれば半額、それ以下は支給しません。

給与計算の締日や支払い日も法律などで明記されていません。月1っ回以上出さないといけないなどというルールはありますがね。
手当などについては、その種類や名称、支給要件などは全く法律化されておらず、ルールを作らなければ会社は出さなくてもよいのです。

質問者様では家族手当ですが、私の会社では存在しません。
代わるものとしては、住宅手当です。世帯主かどうか、扶養家族がいるかどうかで支給額が異なります。
扶養家族がいても実家同居であれば出しません。しかし、独身一人暮らしでは出ますし、扶養家族がいれば手当の額も増えます。

家族手当や扶養手当については、税務上の扶養となる家族がいるかどうかとしたり、社会保険上の扶養などとする場合もあれば、同居家族がいればよいというなど、会社によっていろいろあると思います。

就業規則や給与賃金規定などを社内で定めているのが原則です。
零細企業ですと、明確な規定がないこともあるかもしれません。
    • good
    • 0

>会社によってちがうのでしょうか



もちろんです。会社に確認してください。
    • good
    • 1

15日締めなら、9月支給給与(8月16日~9月15日分)から家族手当はゼロになります。


なお、余計なお世話かも知れませんが、離婚したこと(=扶養家族がいなくなったこと)は、ちゃんと会社に伝えるべきです(届出書が指定されていることもあります)。会社に通知せず、その後も家族手当をもらい続けていたら、年末調整時にそれがばれて、問題になります。
    • good
    • 0

どういう基準で支給されるのかを会社に確認すれば済みます。



法的規制はありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与の扶養手当と離婚について

自分はあまり詳しくないので、恐縮なのですが、結婚、出産などで扶養家族がふえますと、普通の給与のほかに、扶養手当のようなものが、もらえると思うのですが、例えば、離婚してかつ、親権を失った場合でも、それをもらい続けることはできるのでしょうか?

っというのも、結婚にしろ、出産にしろ養子縁組にしろ、扶養手当をもらうときは、なにかしらの申告をすると思うんです。ですので、離婚をしたということも、本人が申告しなければ、多分会社側がその事実を知ることができないと思うのです。しかし、離婚の事実を周囲に知られたくない人も、もちろん大勢いらっしゃると思います。こういう場合はどうなるのでしょう?
私の文章が稚拙でわかりづらいと思うので、要点をまとめますと、

1・離婚をしても扶養手当がもらえるのか?
2・定期的に会社側が社員の結婚、離婚などを調べているのか?
3・離婚の事実を会社に伝える義務があるのか?
4・もし義務があるとすれば、周囲の人間(同僚など)に知られたくなくても知られてしまうものなのか?
5・扶養家族がいなくなると、扶養手当がもらえない、かつ、離婚などは自己申告制であるならば、申告せずに扶養手当を受け取ることは犯罪か?(悪意がなくとも)

できれば、全部知りたいのですが、ひとつでもいいので、知っている方いらっしゃいましたら、ご教授願います。よろしくお願いいたします。

自分はあまり詳しくないので、恐縮なのですが、結婚、出産などで扶養家族がふえますと、普通の給与のほかに、扶養手当のようなものが、もらえると思うのですが、例えば、離婚してかつ、親権を失った場合でも、それをもらい続けることはできるのでしょうか?

っというのも、結婚にしろ、出産にしろ養子縁組にしろ、扶養手当をもらうときは、なにかしらの申告をすると思うんです。ですので、離婚をしたということも、本人が申告しなければ、多分会社側がその事実を知ることができないと思うのです。しかし、離婚...続きを読む

Aベストアンサー

それぞれの会社がどう規定しているかによりますので、一般論としての回答です。

1・離婚をしても扶養手当が・・・・扶養の実態がなければもらえません。

2・定期的に会社側が社員の結婚、離婚などを・・・・意図的に調べることはしないでしょう。風の便りが総務担当に届くことはあり得ます。

3・離婚の事実を会社に伝える義務が・・・・離婚自体は会社に関係なくても、それによって給与の構成が変わるのですから、届ける義務は当然あります。

4・もし義務があるとすれば、周囲の人間・・・・2と同じで、意識的に知らせることはしないでしょうが、風の便りは防ぎ切れません。

5・扶養家族がいなくなると・・・・扶養の実態がなくなったにもかかわらず扶養手当を受けようとするのを、「悪意がなくとも」などと言い張ることはできません。
社内規定は法律等ではないので「犯罪」というのかどうか知りませんが、犯罪に類する行為には違いありません。
というより、所得税の計算における扶養控除が関係してきますから、こちらは明らかな脱税という犯罪行為になります。

Q生活保護を受けてるのですが 県外へ出稼ぎいこうと思います 薬をもらわないといけないので 2カ月ごとに

生活保護を受けてるのですが
県外へ出稼ぎいこうと思います
薬をもらわないといけないので
2カ月ごとに帰ろうと思います
その場合収入認定や家賃や
交通費どうすればいいですか?

Aベストアンサー

質問内容ではアドバイスができかねます。
あなたの現況が分からないため、担当Cwに訊ねることです。
出稼ぎ労働は自由にできますが、条件等があるためあなた状況が一切不明であるため、
1 出稼ぎに行こうと思うこと
2 収入認定及び家賃
3 交通費
どうすれば良いですかと問う前に、福祉事務所の担当Cwに訊ねることが間違いありません。
あなたの世帯が一人世帯か複数世帯かでも助言指導等も違いますので担当Cw訊くことを進めます。

Q生活保護中の友人が心配です

友人から相談されてどうアドバイスすればいいのか困ってます。
知り合って10年ほどになる友人がいるのですが、その友人は同居の父親が世帯主で生活保護を受けていて友人自体も精神疾患で通院中、お姉さんは脳梗塞の後遺症で友人が付き添って通院などしているの状態です。
生活保護受給者の父親が受給中に消費者金融からの過払い金の返還を受けており、数十万ほど戻ってきたのを収入として申告してなかったそうです。家族には言わず父親ひとりで過払い金を使い果たしたとのことでした。その友人が心配しているのは父親の口座をケースワーカさんが調べたら過払い金を貰ったことが判明してその金額分の保護費の返還を請求されるのではないかと心配しています。
さらにその父親はかなり癌が進行しているそうで、もし亡くなった場合に引き続いて保護は受けられるのかと心配していました。
思い詰める性格の人なので何か安心させるような事を言ってあげたいのですがどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

保護は世帯単位の保護になります。保護受給中ものを被保護者と言います。
 保護は、資産、能力その他あらゆるものを、最低限度の生活の維持のために活用することが要件としてあります。
過払い金返還請求で得た収入は保護費の一部になりますので収入申告する義務があります。
申告を怠って未申告を福祉事務所担当CWの調査等で判明した場合、事情聴取後に返還方法等について説明がありますので心配はありません。
 又保護停止又保護廃止等はありません。ただし、過払い金返還請求額の多寡によりますが、数十万円内によります。
申しも、父親が亡くなった場合も世帯員の減員になりますが保護は継続します。

被保護者の権利及び義務というものがあり、以下は参照になればと思います。
権利
不利益変更の禁止(法第56条)
公課禁止(法第57条)
差押禁止(法第58条)
譲渡禁止(法第59条)
義務
生活上の義務(法第60条)
届出の義務(法第61条)
 被保護者は、収入、支出その他生計の状況について変動があったとき、又は居住地若しくは世帯の構成に移動があったとき、速やかに、保護の実施機関又は福祉事務所長のその旨を届け出なければならない。
指示等に従う義務(法第62条)
費用返還の義務(法第63条)
 被保護者が、急迫の場合において資力があるにもかかわらず、保護を受けたときは、保護に要する費用を支弁した都道府県又は市町村に対して、すみやかに、その受けた保護金品に相当する金額の範囲内において保護の実施機関の定める額を返還しなければならない。
上記の内容で言えば、法第61条の届け出の義務違反による、法第63条の費用返還の義務で返還することになります。ただし、悪質の場合は、法第78条の費用の徴収というもので強制的に徴収されます。
あなた言うことであれば、63条の費用返還で一括払い又は分割払いの方法で返還することになります。
保護は継続して保護はされます。又、父親亡くなっても保護は継続します。葬儀代は、喪主に対して葬祭扶助費で約22万円程が支給されます。申請が必要となります。

保護は世帯単位の保護になります。保護受給中ものを被保護者と言います。
 保護は、資産、能力その他あらゆるものを、最低限度の生活の維持のために活用することが要件としてあります。
過払い金返還請求で得た収入は保護費の一部になりますので収入申告する義務があります。
申告を怠って未申告を福祉事務所担当CWの調査等で判明した場合、事情聴取後に返還方法等について説明がありますので心配はありません。
 又保護停止又保護廃止等はありません。ただし、過払い金返還請求額の多寡によりますが、数十万...続きを読む

Q私は、生活保護を受けている母の娘です。 私は、すごく目が悪くてメガネをかけています。 しかし、遊びに

私は、生活保護を受けている母の娘です。
私は、すごく目が悪くてメガネをかけています。
しかし、遊びに行くときは、とても邪魔になってコンタクトにしたいです。バイト代でなんとかコンタクトを買おうとしているのですがその時の、
診察代は、生活保護の医療券で免除されますか?
コンタクト自体のお金が実費なだけですよね?

コンタクトを作るための診察で医療券を病院で出すと嫌な目をされますかね?

Aベストアンサー

診察代は免除されます。
病院ですが、お金儲けですので嫌な思いはされません。


人気Q&Aランキング