35歳の主婦です。我が家の家計についてですが。
持ち家あり(築7年)。ローン今秋完済。
貯蓄1000万円あり。子供二人。学資保険合計700万加入。
保険は夫のが終身保険2500万円。

こんなことを踏まえて・・
3大資金:教育資金,住宅資金,老後資金って言いますよね。
教育資金をあと300万くらい貯めて,今の貯蓄と学資保険をあわせて2000万
二人分をこれで賄うとして
あとは老後資金が問題なんです。
60歳から最低月30万使うとして,年360万,20年で7200万?
このくらいは使いますか?月40万で計算したほうがいいかしら。
このうち何%くらいを自分たちで用意したほうがいいんでしょうか。
公的年金はどのくらい支給されますかねぇ。(普通サラリーマンの場合)
あと30年もしたら,公的年金制度が破綻して,
全くゼロってこともかんがえられますよねぇ。
気が遠くなりそうだわ・・
世の中の先輩方,理想と実際を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

月30万?もなにに使うんですか?


生保では38万とかいってるけど、それは年金に入らせるための大目の設定だし。
ずいぶんぜいたくな生活ができるような気がしますが。
月20万くらいで、家賃を払っても貯金しながら生活している若奥さんの雑誌「すてきな奥さん」とかを見て、節約の勉強してください。
下の人もおっしゃっていますが、公的年金が破綻したら、この国の信用はがたおち、恐慌がおこります。破綻する、といわれていますが、そう簡単にはつぶれやしません。保険の徴収の率をあげるとか財源をどっかからもってくるとかするでしょう。額は下がるか受け取りの年齢があがるか・・・

奥様は今仕事していないんですよね。35歳で旦那は何をやっている人ですか?サラリーマンで40年年金を払ったとすると、(給料によりますが)下記のURLに参考試算がでています。23~24万くらいといったところでしょうか。
これは旦那様が生きている間のことです。旦那が死んじゃえば100%はもらえません。旦那の分の年金の70%くらいだったかな?遺族年金としてもらえますが、20万はきることになってしまうのでしょう。

最低限いくら必要か考え直して、貯金するなり、株を買うなりして自己防衛をしたほうがいいとは思います。公的年金は物価スライドなので民間より有利なことは確かですよ。

参考URL:http://www.fidelity.co.jp/401k/Retirement/howmuc …
    • good
    • 0

凄く贅沢な悩みで羨ましい限りです


月の支出ですが、現状(子供さんの除いた)金額でしょうか?
リタイヤメントプランは最低65歳(場合によっては70歳・こちらの方が現実的では)からで考えられては如何ですか?
65歳で40*5*12=2400 70歳では40*10*12=4800 のマイナスになります・そこに該当年数迄仕事をされると考えると現状の予想貯蓄と仕事での収入を加算すると充分な貯蓄が出来るのでは?・勿論公的年金は破綻しているとの考えです、只、公的年金が破綻してしまう前に民間の生保が破綻してしまうとおもいますが
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暇つぶしについて

暇つぶしについて
学校でできる暇つぶしはないですか?

Aベストアンサー

究極の暇つぶし。
勉強

Q独身男、将来の住宅購入と老後資金のための最適な貯蓄方法

独身43歳男です。ボーナスなしの月収約52.5万の内、手取り約40万で、諸経費を引いて自由になる金が25万です。一生独身の予定です。目下の目的は、(1)老後まで住むための小さな戸建て(中古も可)の購入資金(マンションは他の部屋からの騒音問題で散々悩んだ経験があるので却下)と、(2)老後資金として65歳の定年時に最低3000万は確保すること。いまからどのような資産貯蓄運用が最適でしょうか。いろいろアドバイスをお聞かせください。

Aベストアンサー

一番シンプルなのは、毎月25万円ずつ定期預金しておくことです。これから20年はあるので、6000万円貯まりますよ。
住宅は10年後からなるべく遅く完成物件を現金で買えばよいということになります。10年後には3000万円貯まっていますので、その範囲で買えばいいし、定年まで先送りしても良いと思います。今と状況が変わるかもしれませんが、住宅は建築中にお金を払うと業者が倒産したりして後悔しそうな気がします。

そういうと失礼ですが、現在月15万円で生活できるなら、65歳からの年金で生活は賄えるのではないかと思います。

現在の収入と生活が続く限り、楽に達成できます。株や投資信託やFXなどと言うものは、資産のごく1部で運用したら良いと思います。定期預金というとインフレに弱いという意見が必ずでるのですが、それは金融商品や保険を売るためのためにする解説で、日本の過去の実績から言えば1年定期でインフレには負けないことがわかっています。

Q暇つぶしについて

このなんでも相談室で回答をまっているときにできる暇つぶしってなにかないですか
できればパソコンを使わない暇つぶしをお願いします

Aベストアンサー

別に回答がくるのをじっと眺めて待ってる必要はないんじゃない?
回答なんていつでもマイページから見に行けますし、
いつ回答が来るかなんて判りませんから。

他の人の質問や回答を眺めてるのもいい暇つぶしになりますよ。

Q貯蓄の配分は?(老後用・普通貯蓄用)

子供のいない夫婦です。(持病のため、将来的にも子を持つ可能性はほとんどありません。)
育児にお金がかからない分、今から老後資金の準備をしていこうと考えているのですが、
計画をたてるのにあたり、以下について悩んでいます。

・貯蓄できる予算のうち、月々、どの程度を老後資金の貯蓄にまわせばよいのか?
・投資に苦手意識があり、不精な私でも、
 最低限、物価の動向に対応できる程度の貯蓄方法(大きな儲けは必要ありません)とは何か?

ご面倒をおかけいたしますが、どうかアドバイスをお願いいたします!

<家族データ>
夫(34歳) サラリーマン(10年以内に、家業を継ぐ予定)
私(33歳) 専業主婦

<現在、貯蓄等にまわせる予算> 月々20万円程度

夫が家業を継いでから先のことは、現段階では私にもまったく検討がつかず、
給与が上がる可能性も下がる可能性もあるのですが、
とりあえず、現在の状態が続くものとしてのご意見をお願いいたします。

なお、将来の目標としましては(漠然とはしていますが)、
夫の退職後、5年程度は気ままに自宅でノンビリと生活し、
その後は老人ホーム(あるいは、老人用のマンション)に入って、余生を過ごしたいと考えております。

子供のいない夫婦です。(持病のため、将来的にも子を持つ可能性はほとんどありません。)
育児にお金がかからない分、今から老後資金の準備をしていこうと考えているのですが、
計画をたてるのにあたり、以下について悩んでいます。

・貯蓄できる予算のうち、月々、どの程度を老後資金の貯蓄にまわせばよいのか?
・投資に苦手意識があり、不精な私でも、
 最低限、物価の動向に対応できる程度の貯蓄方法(大きな儲けは必要ありません)とは何か?

ご面倒をおかけいたしますが、どうかアドバイスをお...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
お節介ついでに・・・。

>子供がいない自営業の妻~立場的に弱いものですね~
遺族年金という点からハッキリ言えば、切捨てされます。
今も昔もです。
仮に子があっても子が18歳以上の自営妻は、同じく切捨てされます。

>遺言のサービスおよび作成のタイミング~
>義父母の他界等のタイミング~そういう話を自然に~
義父母もそうですが、仮に貴方の両親が他界したタイミングでも
「私に万が一の事があったら~」と口火を切り、
「同時に貴方(ご主人)が万が一の時には、私の為に作って欲しい~」と
ご主人に切出せばいいのでは。
その際には、「子供のいない夫婦」は
法的なトラブルが多いことなどを、
ネットで調べて資料を印刷して見せて、説明したら如何ですか?

>主人の実家の家業~厚生年金には加入していない~
>すっかり「国民年金になるものだ」と思い込んで~
国民年金なら、家業を継いだタイミングで、
ご主人の生保の死亡保障を見直すなど、何か対策をしないと、
脅かすわけではありませんが、相手が小姑ではご主人に万が一の事があれば
無年金(遺族年金ナシ)で放り出される可能性もありますよ。
もちろん生保を丸ごと受取るには、遺言サービスの利用は必須です。
遺言サービスは、メガバンクならやってます。
夫の親族とのトラブル回避のため受取人を貴方にして、
受取保険金を貴方の所得として申告したら、
今度は所得税(高い税金)が待っています。
遺言を駆使して相続税で申告(なるべく非課税で通過)しないと、
生保は不利です。
仮に受取人が個人名でも、それが法定相続人なら、
ご主人が保険料を負担していたら
相続税で申告が可ですし、そのほうが有利です。
受取方法も、年金形式というのがあり、利息が数%付きます。
この辺は、あまり知られていません。遺族の特権ですね。
生保側は「新たに保険に入って下さい」と営業かけてきますが・・・。

~年金編~
今の被保険者(20代~60代までの年金を払う側の世代)は、
制度の過渡期になっており、プロ(社労士)でもマゴつくほど、
とにかく、しくみが複雑です。
自衛手段で勉強しないと「え?貰えないの」という結果になります。

現在の年金の問題は将来(我々の老後)も不安ですが、
現行法のもとでは、私たち一般人は、
これしか頼れる公的年金制度が無いのも事実です。

貴方も厚生年金で働いていたなら、ご自身で加入履歴を閲覧し、
最低25年(厚生年金のみ)あれば、貴方も厚生年金が貰えます。
↑世代や厚年金に加入していた年齢によっても違います。
体調と相談して、復職または転職(厚年金へ再加入)するのもいいかもしれませんね。

実はウチもお宅と同じ夫ケースの婦です。なので、つい力が入りました。
しかし小姑というのも、大変ですね・・・(笑)

加入記録は郵送で申込み、ネットで閲覧できます。
以下URL参照。
不安な事は夫婦で何でも相談するのがいいかと思います。
ご主人と仲良くお過ごし下さい。

参考URL:http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index2.htm

#2です。
お節介ついでに・・・。

>子供がいない自営業の妻~立場的に弱いものですね~
遺族年金という点からハッキリ言えば、切捨てされます。
今も昔もです。
仮に子があっても子が18歳以上の自営妻は、同じく切捨てされます。

>遺言のサービスおよび作成のタイミング~
>義父母の他界等のタイミング~そういう話を自然に~
義父母もそうですが、仮に貴方の両親が他界したタイミングでも
「私に万が一の事があったら~」と口火を切り、
「同時に貴方(ご主人)が万が一の時には、私の為に作...続きを読む

Q子供いない人に「老後はどうするの」と聞くのは

子供いない人に「老後はどうするの?」と聞くのは何故ですか?
子供いないほうが老後は安定してそうな気がします。
出費も少ないし。

むしろ子供いるほうが「老後はどうするの?」状態です。
老後資金貯められるのかな?
定年までにローン終わるのかな?
お子さん就職できなかったら老後大丈夫かな?

なんか子供いない人より老後の不安がでかくないですかね?

Aベストアンサー

子供いない人に「老後はどうするの?」と聞くのは何故ですか?
  ↑
自分は子供がいるので、老後は子供に面倒を
みてもらうつもりだからです。



なんか子供いない人より老後の不安がでかくないですかね?
   ↑
その通りです。

ワタシは経済的に自信が無かったので、子供は
作りませんでした。

そのお陰で、今、経済的には非常に楽です。

子供がいる友人は、経済的に不安です。
子供が面倒なんかみてくれるか、判らない
からです。

事実、面倒はみない、とはっきり宣言された
友人もおります。
憤慨しておりましたが、そういう時代じゃないだろう
と慰めました。

例え、子供が面倒をみてくれるとしても、親として
子供に大きな負担を掛けるのはどうでしょう。

まして、仕事を辞めてまで親の面倒をみる、なんて
事態にすることは親としてやるべきことではないように
思います。

Q老後の資金としていくらくらい準備が必要でしょうか?

老後の資金としていくらくらい準備が必要でしょうか?
夫(50歳)は月に20万生活費として家に入れています。
給料引きで財形貯蓄をしており、月に8万、ボーナスで20万、年に130万ほど貯まるようにしてあります。
残りは夫の小遣いです。
給料明細を持って帰らないので、それはいくらかはわかりませんが、パソコンを3台所有し、常に最新型の高級一眼レフとデジカメを購入し、HOゲージ模型を毎月買い、ゴルフに行き、1日おきに飲んで帰り、北海道が大好きなので数カ月に一度一人で北海道に旅行をしているのを見ると、10万以上は使うと思います。
夫の節約は毎朝私が弁当とお茶を用意するので、お昼代の節約になっていると思います。
国立大学と私立高校に通う子供らの学費や各種税金、子どもの年金、突発的な出費(冷蔵庫など)は月々の生活では払いきれないので、私のパート代で補います。
年に120万ほどですが、ほぼなくなります。
私は自分で自由になるお金がないので、服やカバンはここ10年くらい購入したことはなく、美容院も年に2度しか行きません。
今貯蓄として財形しかやっていません。
しかし、財形も住宅ローン繰り上げ返済や車、家の修繕などで使ってしまい、500万くらいしか貯まっていません。
住宅ローンは完済してます。
定年まであと5年、あといくら貯蓄すればよいでしょうか?
夫は厚生年金と企業年金?をかけており、私は3号被保険者で、個人的に私は年金保険をかけており、60歳より月に3万もらえるようにしてあります。
これだけ貯蓄するのが必要、と知れば、夫も少しは浪費を見直してくれるのではないかと思います。

老後の資金としていくらくらい準備が必要でしょうか?
夫(50歳)は月に20万生活費として家に入れています。
給料引きで財形貯蓄をしており、月に8万、ボーナスで20万、年に130万ほど貯まるようにしてあります。
残りは夫の小遣いです。
給料明細を持って帰らないので、それはいくらかはわかりませんが、パソコンを3台所有し、常に最新型の高級一眼レフとデジカメを購入し、HOゲージ模型を毎月買い、ゴルフに行き、1日おきに飲んで帰り、北海道が大好きなので数カ月に一度一人で北海道に旅行をしてい...続きを読む

Aベストアンサー

夫婦で85歳までの老後資金は、約8000万円必要で余裕のある生活をしたいなら約1億円必要と言われています。
年金、退職金でまかない、不足分は貯蓄からあてるということになりますね。
厚生年金、企業年金でおおよそ6000万円くらいはあるでしょう。
なので、貴方の場合2000万円~4000万円くらいの自己資金(退職金も含め)が必要だと思われます。

参考
http://nenkin.ok-style.net/money/mp02.html

Q暇つぶしではない暇の過ごし方

暇つぶしとは暇からの逃避でしょうか。
だとしたら暇と正しく向き合って暇を過ごすために、
暇つぶしではない暇の過ごし方とはどのようなものだと考えられますか。

Aベストアンサー

毎日自由に生活しています。散歩する以外は、テレビを見たり音楽を聴いたりパソコンをしたり、そのうち一日が終わります。あり余る時間に暇という感覚はありません。することがないという感覚もありません。敢えて言えばなにもすることがない時間を楽しんでいます。魚のいないプールに釣竿をたらしているようなものです。何もしない時間が後何年あるか楽しみです。
定年退職者より。

Q老後のための貯蓄額について

老後の貯蓄に関して漠然とした不安を抱えています。

現在、夫49歳、妻36歳。
資産の内訳と老後の収入予定は以下の通りです。

預金: 約2000万円
外貨預金: 約2000万円
株: 約1000万円
不動産: 査定価格約1億円、うち負債約2000万円(海外の不動産です)
所得税控除(海外での会計上)のため、ローンは全額支払わず残しています。
また、この不動産は5年後(或いは査定が5000万円以下になりそうな場合は5年以内)に売却予定です。差額は老後の住宅費にあてる予定です。

夫の退職金(予定): 約3000万円

夫の年金(予定)
適格年金: 約10万円/月(夫が60歳~69歳まで)<受給できるか否か、またはっきりした受給額は不明です>
企業年金: 約13万円/月(夫が60歳~終身)
厚生年金: 約17万円/月(夫が65歳~終身)

妻の年金(予定)
私的年金: 毎年約30万円~50万円を海外の投資信託のリタイアメント・アカウントにて運用。妻が59歳になるまで続ける予定。毎年の投資額は前年より2~4%引き上げの予定で、妻が60歳になるまでに3000万円に達すればいいと思っています。
公的年金: 月に数万円程度は入ると予測

今後のライフイベントで金銭的に大きく影響を与えそうなのは、
・子供ができたとき
・遺産相続があったとき
の2点です。

遺産相続は土地と家屋約3億円相当になります。事情により相続放棄は出来そうにもありません。(売却も考えていません。)

夫の定年まで、毎年最低でも200万円ずつ貯蓄したいと考えていますが、

1)これで子供が出来ても、その子が成人するまで金銭的な心配をせず育てられる状況でしょうか。
2)遺産相続が発生した場合、相続税は私たちの老後資金を圧迫するほどでしょうか。
3)夫の定年も近いので、あまりアグレッシブな投資には手を出さないようにしていますが、資産のバランスについてどう思われますか。

この3点のアドバイスをお願いします。

また、この他老後のために考慮するべき項目(保険等)があれば、それも併せて教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

老後の貯蓄に関して漠然とした不安を抱えています。

現在、夫49歳、妻36歳。
資産の内訳と老後の収入予定は以下の通りです。

預金: 約2000万円
外貨預金: 約2000万円
株: 約1000万円
不動産: 査定価格約1億円、うち負債約2000万円(海外の不動産です)
所得税控除(海外での会計上)のため、ローンは全額支払わず残しています。
また、この不動産は5年後(或いは査定が5000万円以下になりそうな場合は5年以内)に売却予定です。差額は老後の住宅費にあてる予定で...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

親から子への相続にかかる相続税は、
実際はもっと細かいことがあるのかもしれませんが、
1億円~3億円以下 ・・・相続税40%、控除額1700万円
3億円超      ・・・相続税50%、控除額4700万円
となっています。つまり、3億円の相続財産の相続税は、
3億円×0.4-1700万円=1億300万円
となります。(計算があっていれば)
3億円相当というところが微妙ですが、どちらにしても
1億円以上の相続税を払うことになりますね。

でも今の日本は、生前贈与をしやすくして、どんどん子供に
お金を使ってもらおうとしています。
で、できた制度が「相続時精算課税制度」というものです。
これは、お金でも不動産でも、親から子への合計2500万円以内の
生前贈与には贈与税をかけないという制度で、贈与されたものの使い道も自由です。
複数年にわたって何回でも贈与ができます。
詳しくはご両親かご兄弟に日本の税理士さんに聞いてみてもらったら
いいと思います。

ご両親が健在の間に3億円のうちの2500万円分にあたる部分(土地でも
家屋でも)を奥様に贈与したとして、不動産登記を持分比率に応じて
共有名義に変更してもらいます。実際に相続発生時にこの制度を利用したとして申告し、相続税の計算では、
(3億円-2500万円)×0.4-1700万円=9300万円
となります。(計算があってれば)
大して税金の額は変わりませんが、1000万円の節税にはなります。
ご参考までに。

ちなみにテレビのワイドショーで聞いた話ですが、
そんなに贅沢をしないで老後を80歳くらいまで生きるとして、
3~4000万円程度の貯蓄を考えていればいいらしいですよ。
その人いわく、子供一人育てるにも4000万円くらいかかるみたいなこと
を言っていたような気がします
あいまいな記憶ですので、根拠は覚えていませんが・・・。

#1です。

親から子への相続にかかる相続税は、
実際はもっと細かいことがあるのかもしれませんが、
1億円~3億円以下 ・・・相続税40%、控除額1700万円
3億円超      ・・・相続税50%、控除額4700万円
となっています。つまり、3億円の相続財産の相続税は、
3億円×0.4-1700万円=1億300万円
となります。(計算があっていれば)
3億円相当というところが微妙ですが、どちらにしても
1億円以上の相続税を払うことになりますね。

でも今の日本は、生前贈与をしやすくして、どんどん子供に
...続きを読む

Qこと老後問題に限らずの「こと」の意味は。

以前に同様な質問で「こと老後資金については」の「こと」は形式名詞で「老後資金のことについては」を強調した表現であるとの回答がありました。
本質問の「こと老後問題に限らず」の場合には「老後問題のことに限らず」の他に「ことに老後問題に限らず」とも解釈できると思います。前者は形式名詞「事」+「に」で、後者は「殊に」となりますが、どう解釈すべきなのでしょうか。なお、この文章は「・・・と考える人は少なくないだろう。」と終わっています。
留学生から質問を受けて困っています。

Aベストアンサー

>「こと老後問題に限らず」の場合には「老後問題のことに限らず」の他に「ことに老後問題に限らず」とも解釈できると思います。前者は形式名詞「事」+「に」で、後者は「殊に」となりますが、どう解釈すべきなのでしょうか。

おっしゃりたいことはよくわかります。
しかし、はっきり申し上げて考えすぎです。
「こと老後問題に限らず」は「老後問題のことに限らず」という意味の強調形です。
それ以外の意味はありません。

さらに、「ことに老後問題に限らず」という日本語表現はありません。
たとえば、
「老後問題のことに限らず、社会的な課題を全ての人々が自分の問題として捉えていくべきだ、と考える人は少なくないだろう」
という表現はできても、
「ことに老後問題に限らず、社会的な課題を全ての人々が自分の問題として捉えていくべきだ、と考える人は少なくないだろう」
という表現はできない、ということです。
「ことに老後問題に限っては、社会的な課題を全ての人々が自分の問題として捉えていくべきだ、と考える人は少なくないだろう」
であれば可です。
「殊に」というのは「とりわけ」という、あくまで限定の意味ですから、「殊に」と言っておきながら「限らず」と続けるのは不自然になるわけです。
つまり、「こと老後問題に限らず」を『「ことに老後問題に限らず」とも解釈できると思います』
という発想は考えすぎです、ということです。
    

>「こと老後問題に限らず」の場合には「老後問題のことに限らず」の他に「ことに老後問題に限らず」とも解釈できると思います。前者は形式名詞「事」+「に」で、後者は「殊に」となりますが、どう解釈すべきなのでしょうか。

おっしゃりたいことはよくわかります。
しかし、はっきり申し上げて考えすぎです。
「こと老後問題に限らず」は「老後問題のことに限らず」という意味の強調形です。
それ以外の意味はありません。

さらに、「ことに老後問題に限らず」という日本語表現はありません。
たとえば、
「...続きを読む

Q老後も見据えた今後の貯蓄計画について

38歳共働き夫婦(双方フルタイム正社員。夫700万、妻500万程度)です。(子供1年生、3歳)
この度、頑張って住宅ローンを全額繰上げ返済しました。
それはめでたいことなのですが、今後の目標を見失ってしまって、どうお金を貯めればいいのか迷っています。

現在の貯蓄額 150万円(普通預金。当座の生活費)
教育費として、子供一人ずつの郵便貯金に毎年それぞれ10万円ずつ積み立て。
(0歳の時に20万円入れているので、18歳の大学進学時に200万になる見込み)
現在は80万と50万貯まっています。
学資保険として月1万2000円ほどの保険。18歳時に200万円受け取れる予定。
(元本割れなのですが、夫が死亡した時の保障のため)
私立受験などは今のところ考えていません。親と同じコースだと、高校まで公立、大学は私立4年制自宅通学です。地方都市在住で近所に学校も多いので、なるべく自宅から通って欲しいと思っています。

生命保険は私が終身1000万円、夫300万円、夫は定期で2500万円の死亡保険金が降りる特約をつけています。

現在貯金をほとんど使い果たしてしまっているので
今後どのように貯蓄していこうか迷っています。
一つは会社の財形制度を利用して、年金財形をしようかと思っています。
定年まであと22年あるので、月1万円ぐらいでも定年までに非課税枠を超えてしまいそうです。

共働きでお金に余裕があるはずが、保育料に思いのほかお金がかかり(今年1年は保育所と学童保育で月8万、夏休みは10万かかります。来年からは7万弱)月々はあまりお金が残りません。ボーナスはなるべく
手をつけないようにしていますが・・
(年間、二人で手取り250万ほど)

このような状態だったら皆さんなら、どのように貯金しますか?

38歳共働き夫婦(双方フルタイム正社員。夫700万、妻500万程度)です。(子供1年生、3歳)
この度、頑張って住宅ローンを全額繰上げ返済しました。
それはめでたいことなのですが、今後の目標を見失ってしまって、どうお金を貯めればいいのか迷っています。

現在の貯蓄額 150万円(普通預金。当座の生活費)
教育費として、子供一人ずつの郵便貯金に毎年それぞれ10万円ずつ積み立て。
(0歳の時に20万円入れているので、18歳の大学進学時に200万になる見込み)
現在は80万と50万貯まっています。
学資保険...続きを読む

Aベストアンサー

投資信託などはどうでしょう?
私の場合は50万投資して毎月4千円~8千円くらいのペイがあります。
無理のない範囲で預けておけば多少の儲けは見込めます。
ただ、緊急でお金が必要になったときに株価が下がった状態だと、見込みよりも少なくなる可能性がありますが、あくまで無理のない範囲であればこの上ない貯蓄法だとおもいます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報