痔になりやすい生活習慣とは?

固有名詞と普通名詞の違いに関して

 辞書には、「人名・地名・国名・書名・建造物・年号など」とあります。(『デジタル大辞泉』より)

 「条約」と言った場合、普通名詞だと思うのですが、「日米修好通商条約」と言った場合固有名詞になりますよね。では、歴史上いくつも存在する「天津条約」のような場合どうなるのでしょうか。

 「区別するためにそれのみに与えられた名称」ともあります。(同上)
 そもそも、「固有名詞」は固有名詞ですか。

 バカな私にも解りやすくお願い致します。

A 回答 (3件)

この世に一つしかないものを呼ぶ言葉は、固有名詞だという説明ではいかがでしょうか。

同姓同名の方は、たくさんいますが、自分が知っている、山田太郎さんは、この世に一人だけだから、その人を呼ぶ「山田太郎」は固有名詞になります。地名でも、日本橋は大阪にも東京にもありますが、大阪の日本橋はこの世に一つだけだから、やっぱり固有名詞ということになります。もちろん、身近なところに同姓同名の人が何人かいるってことがあるかもしれませんが、それぞれ別人格ですから、これも固有名詞です。実は、その昔、同じクラスに同姓同名(漢字まで一緒)が二人いるという実体験がありました。区別する必要があるときは、もともといた子を1号、転校してきた子を2号とサブネームをつけていました。田舎の小さな学校での出来事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【お礼】
 ありがとうざいました。

お礼日時:2018/10/06 20:02

>そもそも、「固有名詞」は固有名詞ですか。



「固有名詞」は、多数ある固有名詞をまとめて表す普通名詞です。


『広辞苑 第七版』
普通名詞
一つの類に属するどれでもが、その例になれるような事物を表す名詞。「子供」「木」「机」など。固有名詞に対していう。

「どれでもが」というところがミソでしょう。


「日本橋」は固有名詞ですが、東京の「日本橋(にほんばし)」と大阪の「日本橋(にっぽんばし)」の両方について述べる文書では、固有名詞である「東京」「大阪」という地名を添えるなどのくふうが必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【お礼】
 ありがとうざいました。

お礼日時:2018/10/06 20:02

極端な例ですが「山田太郎」さんは全国に一人ではありません。


しかし、もちろん固有名詞です。
天津条約は確かにいくつもありますが、年号をつけたり前後の文脈でその違いを表す(理解する)しか無いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【お礼】
 ありがとうございます。
 勉強になりました。

お礼日時:2018/09/26 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「する」の可能形

「される」は「する」の受身、尊敬形だと思いますが、可能、自発形でもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>される には可能の意味もある(あるいは、あった)ということですね。
「勉強さ・れる」は「サ変動詞」の未然形に「れる」(「れる・られる」の「れる」の方)が付いたものです。これが今でも正しい形と考えられています。しかし、実際使うと「受身・尊敬・可能・自発」の意味を兼ねているため、分かりにくいのは確かです。
そこで、「勉強+できる」(勉強ができる)という「複合動詞」の方が分かりやすいことが理由で使われます。
 なお、「れる・られる」(せる・させるも同様)は、「れる」は五段活用に付き、それ以外の(上一・下一・カ変・サ変)活用には「られる」付くという分類が分かりやすいのですが、「サ変」だけは「五段」と同じように「れる・せる」がつきます。
 勉強さ・れる(勉強さ・せる)

>できる が する の可能動詞と言えると思いますが語源的には する と できる は全く別のものでしょうね。「できる」は可能の意味を持った動詞です。(上一段活用)

Q動詞の連用形「~て」&形容詞の連用形「~く」は副詞か

例えば、「歩いて学校へ行った。」という文があったとします。この文の「歩いて」のように動詞の「~て」という形の言葉は副詞になるのでしょうか?
また、「うるさく喋る」のように形容詞の「~く」という形の言葉は副詞になるのでしょうか?

どちらも動詞/形容詞の連用形ですが、「行った」や「喋る」のような動詞を修飾しているので副詞のようにも思えます...。この場合、どちらにも当てはまったりするのでしょうか。
調べてみたのですが、ハッキリした答えが見つからなかったため質問します。

Aベストアンサー

「歩いて」の「て」は学校文法では、接続助詞と呼ばれていますが、正しくは確認の助動詞です。

話者が、「歩く」という内容を「て」で確認し、そこで一旦中止する連用中止法の用法です。その後、それに伴う話者の判断が続きます。
また、助動詞としては、接続助動詞と呼べます。

「うるさく喋る」は「うるさい」という形容詞を「喋る」という動詞の動作を具体化、立体化する修飾用法で、形容詞の副詞的用法になります。
品詞としては属性表現の語として形容詞になります。■

Q広辞苑で説明文の下に たてもじで 「という語。 「上。 「寧にいう語。とか があるんですがこれって何

広辞苑で説明文の下に
たてもじで
「という語。
「上。
「寧にいう語。とか
があるんですがこれって何ですか?

Aベストアンサー

スペースを節約するために、文章を折り返していることを示しています。
カギの向きで、前行の続きか、次行の続きかを区別できます。

Q次の文に欠落している「何を」は何のことでしょうか。

これからこの個室で、ご利用者のサービスに還元できるか、スタッフのやり甲斐を見いだせる機会を作れるか、自法人の将来をどう切り開いていくかなど、しっかり熟慮し、実行できるように努めたいと思います。

(出典 https://ameblo.jp/raven-jj-rambo/entry-12404682794.html )

Aベストアンサー

#12です。

>「スタッフのやり甲斐を見いだせる機会を作れるか」は、「スタッフのやり甲斐をどう見いだすか」とすればより自然になるのではないでしょうか。

たしかに。
同意できます。
「見いだせる」「作れる」と可能形が重なっているので良くない。
採点甘すぎましたかね。

>「お楽しみブログだから間違いや意味不明なところがあっても構わない。誤記やてにをはなどをいちいち気にしていたら、楽しくブログを書くことはできない」

程度問題でしょうね。^^;

Q「でない」を「でぬ」と略せるのですか?

「ではない」→「でない」→「でぬ」という形に省略できますか?

Aベストアンサー

人間ではない:〇
人間でない :〇
人間でぬ  :×

日本語にないです。
こういう省略はないですね。

Q『どんがら』の意味で…

自動車などの乗り物の「ボディ」という意味合いに使えると思いますか?

この車はどんがらは異なるが…
みたいな使い方を見たことがあります。

Aベストアンサー

「どんがら」は「どうがら」の転で、

どうがら【胴殻】

① 〔胴は胴体、殻は骨、の意〕 肉を取り去ったあとの骨。がら。あら。 「雁(がん)の-鯉のわた/浮世草子・織留 5」
② からだをののしっていう語。どんがら。【大辞林】

中味を取り去った外殻と骨組みを表します。■

Q「調」という字を「つき」と読むんですか¿

「調」という字を「つき」と読むんですか¿

Aベストアンサー

古代の税金は「租庸調」といいました。
中国や朝鮮から伝わり、日本でも「租庸調」という税制の時代(奈良時代?)があります。

「調」は布で納める税金のことです。
東京には「調布」という地名がありますが、この地域では「布を調(税)として納めた」という意味でしょうね。

税金なので、「みつぎ」(貢ぎ)といい、そこから「つき」という読みが出たのでしょう。

だから「つき」は、要するに、貢ぎ物、税金、って意味です。

Q日本語の質問です。 本にこんな練習問題がありますが、 どんな言葉が入ったら自然な文章になるでしょうか

日本語の質問です。
本にこんな練習問題がありますが、
どんな言葉が入ったら自然な文章になるでしょうか。

A: 一生懸命ですね。
B:ええ、 田中さんから__________かぎり、
きちんとやらないと。

たとえば、 '頼まれているかぎり' か、 '認められるかぎり' は、 自然ですか?

Aベストアンサー

◎頼まれたかぎりーこのシチュエーションにおける最適の表現。
〇"頼まれているかぎり"ーシチュエーション的にも文としても、とりあえずは正しい。
×頼まれるかぎりー間違い。

〇認められたかぎりーシチュエーション的には違和感あるが、文として、とりあえずは正しい。
〇認められているかぎりーシチュエーションにおいては違和感あるが、文として、とりあえずは正しい。
×"認められるかぎり"ー間違い。

Q成功の 「成」という漢字は 書き順が複雑〜って 思いませんか?

成功の
「成」という漢字は
書き順が複雑〜って
思いませんか?

Aベストアンサー

「成」は一画目は縦の払い(ノ)、二画目が横棒(一)です。
小学校時代に漢字の書き順を学んでも結構忘れてしまって、自分の書きやすい書き順に陥りやすい。たくさんありますが、「武」「登」「淵」などもそうです。
書き順は基本的に漢字を形よくきれいに書くためにあるので、きちんと理に叶っています。
書道を習って「成」の行書体を書ける人なら、迷いません。
二画目と三画目を続けて書きますから。

Q受身・使役について聞きたいです

使役の場合

窓を開けて花に水をやる

他人にやらせる場合はどう表記すればいいの?

弟に、窓を開けて花に水をやらせる?  

受身の場合

Aがドアを外して運んだ。

ドアがAに外されて運ばれた?

それとも、ドアがAに外して運ばれた?

Aベストアンサー

質問者さん、
#13、#14さんへの応答許可願います。

(#13)
1.
>「弟に、窓を開けて花に水をやらせる」
「弟に窓を開けて花に水をやらせる」

これではたとえ「読点」があってもあいまいです。
「やらせる」で終わっているからでしょう。
「窓を開けて」の部分が十分に明瞭になっていません。

なるほど、それはある一面では正しいですね。

「(私は)弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

という文はすんなり耳に入るのですが、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる」

のように表現するシチュエーションが極めて少ないためなのでしょう。
ただ、たとえば、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる。これが私の日課です」

のような文脈であれば違和感は無いはずです。
つまり、こうしたシチュエーションを想定しさえすれば良いだけの話です。

2.
>「弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

と、この場合は「読点」がなくても分かります。
使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから、「弟に」がこれを言った相手であることが分かります。そして、この中間部分が、言った内容だと分かります。

『「読点」がなくても』分かるのは、このように言うシチュエーションが容易に想像できるからです。
『使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから』分かるわけじゃありません。
それを言うなら1の場合も、「やらせる」とあることから、「弟に」これをやらせた相手であることがわからないとおかしいでしょう。
中間部分がやった内容だと分かりづらいのは、単に、先述いたしましたように、このように表現するシチュエーションが稀だから、という理由にすぎないのです。
まさか、「ように」が無いから分からなくなるわけじゃないはず。

さらに言うなら、『この場合は「読点」がなくても分かります。』とおっしゃっておられますが、それはあくまで、そういうシチュエーションのほうが想像しやすいからにすぎません。

「弟(のため)に窓を開けて、花に水をやるように言いました」

という意味にだって十分なりますよね。
ただ、こちらのように解釈できるシチュエーションが稀であるため、それに気づかないだけです。
『使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから』というのは後付けの理由にすぎない、ということにお気づきになってください。

(#14)
3.
>使役・受身はそれぞれの動詞に入れて、きちんと言えます。

ですから、それが間違いだとはひとことも言ってないですよね?
ただ、冗漫になる、と言っている。
あなたは日本語学習者に対して冗漫な日本語表現を推奨しているのですか?

4.
>日本人のなかには、はしょって、最後だけにする人がいるかもしれませんが、それは文脈に頼った悪文です。

まったく逆です。
シチュエーションに応じ、省略できるものは省略し、簡略化できるものは簡略に表現するのが文脈を活かした自然な文を形成するのです。

質問者さん、
#13、#14さんへの応答許可願います。

(#13)
1.
>「弟に、窓を開けて花に水をやらせる」
「弟に窓を開けて花に水をやらせる」

これではたとえ「読点」があってもあいまいです。
「やらせる」で終わっているからでしょう。
「窓を開けて」の部分が十分に明瞭になっていません。

なるほど、それはある一面では正しいですね。

「(私は)弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

という文はすんなり耳に入るのですが、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる」

のよ...続きを読む


人気Q&Aランキング