出産前後の痔にはご注意!

高校の化学についてです。

写真の問2についてで、補足の解答の②の式なのですが、水素イオン濃度が塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和という単純な計算で出る意味がわかりません。また②の式にはどうして[OH-]があるのか教えてください。

「高校の化学についてです。 写真の問2につ」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 解答です。

    「高校の化学についてです。 写真の問2につ」の補足画像1
      補足日時:2018/09/26 20:13

A 回答 (2件)

>塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和


これはただの事実です。ただし、問題は「塩化水素の電離による水素イオン濃度」と「水の電離による水素イオン濃度の和」を別々に求めて足しても答えにはなりません。
和の求め方は困難です、片方が増えれば他方が減るからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2018/10/04 09:12

それ以外でH+が生じることはないからです。

あると思うのであればそれを示して下さい。

水が電離すればH+とOH-が同量生じます。当たり前すぎて説明のしようがありません。H2OがH+とOH-に分かれれば、それで過不足は無くなります。
なので、OH-の濃度は水の電離によって生じたH+の濃度と同じになることを利用して、[H+]と[OH-]を含む式をつくっています。そうしないと方程式が解けないからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校の化学についてです。 分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわか

高校の化学についてです。

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわかりません。分散媒が液体とはどういうことなのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡なんて、センスがありませんね。
メレンゲやホイップクリームくらい言ってほしいですね。
大雨の後の濁った川の水はサスペンジョンといって、分散媒が水で分散質が固体の土です。
ミルクはエマルジョンといって、分散媒が水で分散質が液体のタンパク質や油です。
メレンゲはメレンゲで、分散媒が水を含む液体のタンパク質で分散質が気体の空気です。

Q化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

前半の文から炭素数3がわかって
後半の文から不飽和度2と分かります!

Q化学の問題です! 答えはpH=11になるようなのですが、そこまでの過程がわからない状態です…

化学の問題です!
答えはpH=11になるようなのですが、そこまでの過程がわからない状態です…

Aベストアンサー

1.0×10^-3mol/Lの塩酸 10mL
3.0×10^-3mol/Lの水酸化ナトリウム 10mL

完全に中和反応しNaClができるとすると、
20mLの水溶液中には、2.0×10^-3mol/Lの水酸化ナトリウムが残ることになる
10mLでは半分の1.0×10^-3mol/Lとなる

水のイオン積 Kw=[H+][OH-]=1.0×10^-14
[H+][1.0×10^-3(mol/L)]=1.0×10^-14
[H+]=1.0×10^-14/[1.0×10^-3(mol/L)]=1.0×10^-11mol/L
pH=-log[H+]=-log[1.0×10^-11mol/L]=11

答え pH11

塩酸と水酸化ナトリウムという強酸と強塩基という双方とも乖離度が1という場合、このような簡便な計算ができます。

Qヨウ素価の式間違ってますよね?

ヨウ素価の式間違ってますよね?

Aベストアンサー

No.1です。
グリセリンとエステル結合している3つの構成脂肪酸分子中の二重結合の数が等しいことが前提となっていますね。

Q全ての元素を融合・化合させることは可能ですか?

化学に関して素朴な疑問です。

元素記号に記載されてある全ての元素を融合させて未知の元素を誕生させることは可能ですか?

ちょっとSFっぽいですが、全ての元素を融合させたときに、これまで見たことが無かった最強の物質が生まれる

みたいな。

無理か……

化学に詳しい方、お願いします!!

Aベストアンサー

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界になるのですが、
周期表でプルトニウムPuまでは自然界に存在している元素(昔はウランUまでと言われていた)です。
しかしその次のアメリシウム以降の元素は核爆発であったり、粒子加速器であったり、を使用して人工的に作り出された元素です。
そしてその元素は原子番号が大きくなるほど不安定になっていきます。

たとえば原子番号113のニホニウムNhは、粒子加速器を使い亜鉛ZnとビスマスBiを衝突させることにより作ることができましたが安定同位体が無いため、
確認されている286Nhは20秒の半減期しかありません。
287Nhは予想では約20分の半減期を持つとされていますが、未確認です。

このように粒子加速器を使い、原子番号の大きな元素を作り出す研究は主要国で行われていますが118のオガネソンOgまでが発見されたとされています、
それ以降のものも予想がされていたり、原子番号が大きくても、比較的安定元素かも?というものがあるのですが、まだ未確認です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%99%BA%E8%A6%8B%E5%85%83%E7%B4%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

周期表に載る元素と異なるエキゾチック原子というものも存在しています。
反陽子と陽電子からなる 反水素、
陽電子と電子が、電気的に結びついているポジトロニウム
陽子と反陽子が安定的な位置あるプロトニウム 
等で、いくつかは粒子加速器を使い実際に合成されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%A8%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界にな...続きを読む

Qある金属Mの塩化物MCl2があり、この金属の酸化物M2Oである金属Mって存在するのですか。

ある金属Mの塩化物MCl2があり、この金属の酸化物M2Oである金属Mって存在するのですか。

Aベストアンサー

たとえば、CuCl2とCu2O

Q物質の三態 液体が沸騰しているとき 容器には液体と気体が共存していますが 沸騰中だけではなく、沸騰前

物質の三態

液体が沸騰しているとき
容器には液体と気体が共存していますが
沸騰中だけではなく、沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?
なぜ沸騰中に共存していることを強調?

教えてください

Aベストアンサー

沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?

当然です。そうでないと、沸騰してもない海水からの水蒸気で雲や台風の発生は説明できません。
これらは、ボルツマン博士の統計力学で説明されます。統計力学は難しいので学校の
先生も分かっていない方が沢山います。
貴方はもし大学で学ぶ機会があれば、サークル活動や恋人探しばかりに一生懸命にならず
勉強も一生懸命になって下さい。

Qこの問題、解法を見ても分かりません わかりやすく解説お願いします

この問題、解法を見ても分かりません
わかりやすく解説お願いします

Aベストアンサー

”溶解度は100gの水に溶けている溶質の量” である、溶解度(g)分を溶かしている飽和水溶液の質量は、溶解度(g)+100(g)と考えなければいけない。
20℃で硝酸カリウムが100gの水に32g溶けて飽和水溶液を作るので、溶質と溶液の質量の比は、32/(100+32) ① となる。
100gの飽和水溶液が100gある場合、溶けている硝酸カリウム量をxgとすると、溶質と溶液の比は、x/100 ➁ となり、➁が①と等しい。
∴ 32/(100+32)=x/100
3200=132x → x=24.2424…≒24g

(1)の飽和水溶液にさらに硝酸カリウムを10g加え、飽和水溶液とする。
初期状態として 硝酸カリウム24g と 水76gが存在していた。硝酸カリウム+10g=34gとなる。
水は76gのままである事を考慮すると
34/76=y/100 ← 比率の計算は(1)と同じです。
y=44.736…≒45gの溶解度が必要となる。
グラフから温度30℃に水溶液の温度を上げることが必要になる

溶解度と質量パーセント濃度の違いが、この問題の引っ掛け部分の一つになっています。
溶解度は何に対するどういう条件での溶解度なのか、問題をよく読まないといけないです。

”溶解度は100gの水に溶けている溶質の量” である、溶解度(g)分を溶かしている飽和水溶液の質量は、溶解度(g)+100(g)と考えなければいけない。
20℃で硝酸カリウムが100gの水に32g溶けて飽和水溶液を作るので、溶質と溶液の質量の比は、32/(100+32) ① となる。
100gの飽和水溶液が100gある場合、溶けている硝酸カリウム量をxgとすると、溶質と溶液の比は、x/100 ➁ となり、➁が①と等しい。
∴ 32/(100+32)=x/100
3200=132x → x=24.2424…≒24g

(1)の飽和水溶液にさらに硝酸カリウムを10g加え、飽和水溶液とする...続きを読む

Q銅を濃硝酸HNO3に溶かすと硝酸銅IIと水と二酸化窒素を生じる この問いを未定係数法を使い化学反応式

銅を濃硝酸HNO3に溶かすと硝酸銅IIと水と二酸化窒素を生じる

この問いを未定係数法を使い化学反応式にして欲しいです
お願いします。

Aベストアンサー

宿題は自分でやれ。他人に宿題をやらせて自分でやったと嘘をついて提出する不正は言語道断。
ご丁寧に未定係数法をつかえって書いてあるんだから、未定係数法に従ってやればできる。

Q高校化学の質問です 式量と分子量の違いを教えてください

高校化学の質問です
式量と分子量の違いを教えてください

Aベストアンサー

「組成式」と「分子式」の違い(使い分け)が解りますか?
両方とも式量は定義できます。
分子(式)の式量が分子量です。


人気Q&Aランキング