出産前後の痔にはご注意!

教えてください。
原子核の周りを回る電子も光速に近い速さ(約300000000m/s)で動いてるってことでしょーか。
もしそーなら、原子内の運動も相対性理論で考えなきゃダメってことですか?

A 回答 (10件)

電子っていうけど、実態はエネルギーかもしれません、エネルギーに相対性理論?。

    • good
    • 0

ボーアの原子モデルを否定する意見が多いですが、彼のモデルは水素原子スペクトルのバルマー系列の波長を6桁の精度で説明し得ることは無視できないと考えます。


電子がm= 9.1x10^-31kgの質量を有することは誰も否定できないし、電子がある運動エネルギーEを有しておれば、E= m v^2/2に対応した速度vを電子が有していると判断するのはむしろ自然であると思います。電子の位置が定まるかどうかは二の次の問題なのではないでしょうか。電子が点状であるか分布しているかはともかくとして、それが現象ごとに特有の速度vを有していると考えることまで否定することはないと思います。
ボーアの想定した電子やその軌道のモデルは、その後判明した諸実験結果と整合しないので修正を求められた訳ですが、現在の電子モデルも不十分であると考えた先人も何人も居ます。ボーア モデルも現在のモデルも、それぞれ適用が限定されて、その範囲内では有効であると判断するのが公平であると思います。

ちなみに、α≈1/137は現在の電子理論(QED)で電子と光の結合係数と呼ばれている最も基本的な物理量の一つです(電磁総合作用の結合定数とも呼ばれています)。ところが、そもそもこのαは前期量子力学で水素電子の速度vと光速cの比と定義された値(α≡ v/c)です。(その時αは微細構造定数と名付けられて、現在でもその名前も使われています)
このことからも、特に水素電子の速度vには何か根源的な意味があるのではないかと私は推定します。少なくとも、原子中に存在している電子の速度を考えることには意味があると考えます。
    • good
    • 0

古典的な軌道速度は水素だと光速の1%以下だけど、原子番号の大きい方だと


無視できない速度になります。実際、重金属の計算は、古典的な
シュレディンガー方程式では精度がた落ちで、相対論(QED)が必要だそうです。
    • good
    • 0

古典論的電子感は無意味。

実体じゃないから。原子内の電子は、粒が回るわけではないので。

ところで、量子論は、場の量子論として、とっくの昔に、特殊相対性理論は満たしていますよ。
重力は統合されていないので、一般相対性理論はまだですが・・・
    • good
    • 1

お久しぶりです。

そのボーアモデルは百年前に捨てられ、現在電子の位置は不明だという事になっています。
電子に相対性原理が関係するのは重元素だけで、その場合必用なのは重力を含む一般相対性原理です。
    • good
    • 0

No.4です。



> 量子力学の中で相対論やってたら大混乱するでしょ?
相対論では、それを数式で証明しています。
それに対して「混乱する」とは、理論が破綻する、つまりは負けた意思表示です。
残念ですね。

相対論では、以前に確立された運動力学や電磁気学までを、
その妥当性を示しています。
量子力学が相対論を敵視するとは、全くの異端児なのでしょうか。
    • good
    • 0

No.2です。



> これは間違いですか?
ご提示のURLは見てはいませんが、相対論解説本ではよく説明されています。
光速に近い素粒子の生存時間は、地表観測者時間でみると理論値よりも長い、
理由は、素粒子が抱える時間は地表観測者よりも遅く進むから、という事です。

似たような話で、GPSがあります。
飛行速度が地表に対して大きいので、時間遅れがある、
また、重力は地表よりも小さいので、地表のほうに時間遅れがある、
地上設備は、この時間差を校正している、とのことです。

これらは、実証できる立場ではないので、「なるほど」と思うしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「素粒子の世界では粒子が光の速さに近いスピードで運動するので、相対性理論の影響を受けます」

”素粒子の世界では”とあるので、あくまで量子力学の中で相対論を論じる必要があるのかという話です。
量子力学の中で相対論やってたら大混乱するでしょ?

お礼日時:2018/10/10 18:59

古典的な考え方なら、


「電子の軌道半径を周速度で回転運動する「遠心力」と、電子と原子核との電気的な引力(クーロン力)がつり合う」
回転運動をします。つまり、

 mv^2 /r = ke^2 /r^2

水素原子で古典物理の範囲で計算してみれば 
 電子の質量:m = 9.109 * 10^(-31) (kg)
 電子のボーア半径:r = 0.529 * 10^(-10) (m)
 原子核、電子の電荷:e = 1.602 * 10^(-19) (C)
 クーロン定数:k = 8.9876 * 10^9 (N・m^2/C^2)
を使って
 v^2 = ke^2 / mr = 8.9876 * 10^9 * [ 1.602 * 10^(-19) ]^2 / [ 9.109 * 10^(-31) * 0.529 * 10^(-10) ]
   ≒ 4.787 * 10^12 [N・m/kg]
   = 4.787 * 10^12 [m^2/s^2]
→ v ≒ 2.19 * 10^6 [m/s]

光速が c=3.0 * 10^8 m/s ですから、光速の約1/137 (約 0.73%) です。

光速に比べれば十分小さいです。


#2さんの回答への「お礼」で書かれている

「素粒子の世界では粒子が光の速さに近いスピードで運動するので、相対性理論の影響を受けます」

は、本当にそう書かれていますか?

「(素粒子の世界では)粒子が光の速さに近いスピードで運動する場合には、相対性理論の影響を受けます」

ではありませんか? カッコを付けたのは、「素粒子の世界」には限らないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「素粒子の世界では粒子が光の速さに近いスピードで運動するので、相対性理論の影響を受けます」

は、本当にそう書かれていますか?

1字1句そのとおりに書かれています。
この本↓の201ページ、まさに量子力学の説明の中でです。
https://www.amazon.co.jp/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%8 …

はじめデタラメではないかと疑ったが、やはりデタラメでしたか?
ほんとーに頭にきてます。
これではこの本の著者はペテンだ。

お礼日時:2018/10/10 18:37

その速度は確認されてはいません。


しかしながら、導体中の自由電子の移動速度は、数cm/sec前後と言われています。
電流の伝搬速度は(導体中でも)光速近くなのに、不思議なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これだと相対性理論は全く不要ですね。

ある本(少しアヤシイ)の中でこんなこと↓が書かれていたので質問してみました。

「素粒子の世界では粒子が光の速さに近いスピードで運動するので、相対性理論の影響を受けます」

これは間違いですか?

https://www.amazon.co.jp/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%8 …

お礼日時:2018/10/10 17:52

量子力学になってくると、私たちの常識的なイメージが通用しなくなります。


存在が「確率でしか表せない」というのが量子の世界です。

粒がビュンビュン飛んでるイメージとはかなり異なり、1つの電子が「その辺一帯に同時に存在している」確率でしか表現できません。

位置が特定できないので「確率でしか表せない」のです。
わけわかりませんね?わけわからなくて正解なんです。

前期量子力学では、電子を惑星軌道のように核の周りを回っていると考えて計算されていました。

ちなみにその速度は、光速の137分の1。

研究が進み、確率でしか表せない」と言うのが結論です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ちなみにその速度は、光速の137分の1。

これだと相対性理論は全く不要ですね。

ある本(少しアヤシイ)の中でこんなこと↓が書かれていたので質問してみました。

「素粒子の世界では粒子が光の速さに近いスピードで運動するので、相対性理論の影響を受けます」

これは間違いですか?

https://www.amazon.co.jp/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%8 …

お礼日時:2018/10/10 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Qフレミングの左手の法則の原理がわかりません

磁界と直交する方向に電流が流れると、両方に直交する方向に力(ローレンツ力)が発生します。
ネットで調べても見つからないのですが、ローレンツ力はどうして発生するのでしょうか。
現在の科学で解明されていないのでしょうか。
分かっているとしたら中学生でもわかる様に解説いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。

① その理論がその時点において、最先端であり、他の理論や仮説も含めて、説明できるような理屈が存在しない。

 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、

・質量のあるものには、万有引力がある。地球から生じる万有引力が重力だ。

という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。そう考えて作った力学の体系で、星の動き、ボールの軌道などを計算してみると完璧に一致している。だから、その理屈は正しい・・・というだけです。なぜ万有引力が生じるのか? いくら問いかけても答えはありません。

② その理論は、新しい理論に置き換えられているが、置き換えられたとしても、別の疑問にぶち当たるだけのこと。
 ①の例で言えば、アインシュタインによって、重力の仕組みは解明されています。

万有引力がなんてない。質量が存在すると、空間が歪む。その歪みに応じて、重力が発生するのだ・・・

 となりました。なるほど、万有引力がある理由は、わかったのですが、それなら
 
 なぜ、質量があると空間は歪むの?
 なぜ空間が歪むと、重力が発生するの?

 という別の疑問にすり替わっただけです。もちろん、単にすり替わったのではなく、一般相対性理論で厳密に計算することで、①では説明できなかった、さまざまな現象が計算可能になっていますが、どこまで行っても、物理は、その時点で自然を記述するに足る、もっとも確からしい仮説・・・であることには変わらない。いくら解明が進んでも、その理論には、本質的には原因も根拠もなく、自然がそうなっていることがわかった、でしかないのです。

③ その理論は、新しい理論に置き換えられているが、あるスコープ(スケール)で考える限り、古典論(旧理論)で十分なこと。
  一般相対性理論がいくら①を置き換えたといっても、ボールの弾道、自動車の加速、地球の重力を論じるのには、古典論で十分です。つまり、①は厳密には間違いだとわかった今でも、ある条件のもとでは、万有引力の理論は十分に役立ちつわけで、その範囲においては、万有引力に理由はない。自然はそうなっている・・・というのが、一般的です。

その相対性理論さえ、量子論のまえでは古典論とされ、場の量子論で、電磁気学はより洗練され、世は統一理論に向かっている・・・考えればきりがありませんが、どの場合にも、質問者がいうところの、理屈など存在しない。するわけがない。すると思っている時点で、物理のことを本質的には理解していないのだ・・・ということがポイントです。これは、①で言えば、わからないのになぜ万有引力が生じるのか?を執拗に聞くのと似ていませんか? (厳密には、②とも、③とも言えますが・・・)

難しい問題なので、たどり着きたいなら、頑張って勉強してくださいな。朝永振一郎先生の、物理学とはなんだろう・・・とか、アインシュタインの物理学はいかに創られたか?など、読んでみることをすすめます。

もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。

① その理論がその時点において、最先端であり、他の理論や仮説も含めて、説明できるような理屈が存在しない。

 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、

・質量のあるものには、万有引力がある。地球から生じる万有引力が重力だ。

という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。そう考えて作った力...続きを読む

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

Qアルキメデスの原理の説明の謎

①よくネットでは、満杯にした浴槽に物体を沈めた時、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいと記載されているのですが、同じ体積でも物体によって比重はマチマチですから、例えばガラス球とウラン球なら重量(比重)は当然違うでしょうから、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいというのは間違いではないかと思うのですが、如何でしょうか?

②よくネットの船舶関係の記事(特に軍用艦関係)では、船を浮かべた時に排水した水と、当該船舶の重量が概ね等しいとの記載が有ります。
「喫水線下の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、「喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、どちらの意味なのでしょうか?
※「痩せ馬」現象などの細かい誤差は考えません。

Aベストアンサー

水に浮かぶものをいれないと、成り立たないね。

喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じという意味。

Qレーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていまし

レーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていました。なぜですか?

教えていただけるとありがたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

じゃあ、メーカーから製品情報を取り寄せて、レザー発振数のデータを見ましょう

たとえば、こちらの製品
コヒレントジャパン社のOBIS CellXという製品
405nmタイプで、製品誤差はプラスマイナス5nmありますので、400nm~410nmと厳密に言えば、単色ではありませんので、プリズムで分光させれば、光の幅が出来ます
また、プリズムの製品精度にもよりますし

http://www.coherent.co.jp/laser/asscw/multi/obis_cellx/index_2.php

Q励起状態の反対語

基底状態ってありますが、冷めたような状態を示す言葉はないでしょうか?
沈静化状態?  他にないでしょうか?

Aベストアンサー

自然科学の用語としては

励起状態= excited state
 ↓↑
基底状態= ground state

です。これは「エネルギー準位、エネルギーの状態」を表わす表現。

「excited」の反意語であれば「冷静な」「落ち着いた」という肯定的な意味と、「つまらない」「わくわくしない」「何もしない」という否定的な意味があるでしょうね。
 cool、calm、settled、quiet、sober、・・・

日本語だったら、使う場面によって
 冷静状態
 平静状態
 平穏状態
 沈静状態
 鎮静状態
 休眠状態
 休止状態
 消沈状態
 謹慎状態
 ・・・
などなど。

Q物理の電磁気の問題で、「無限に長い導線」という言葉が出てきたのですが、それは導線の長さを無視するとい

物理の電磁気の問題で、「無限に長い導線」という言葉が出てきたのですが、それは導線の長さを無視するということなのですか?

Aベストアンサー

空間の幾何学的な条件として、導線の長さ方向には「ず~っと同じ」、導線周りには「導線を中心とした円対称」ということです。

>それは導線の長さを無視するということなのですか?

「無視する」というよりは、「長さ」「端点」を考える必要がない、ということです。どこまでも切れ目なく続く、ということ。

物理では、「無限遠」とか、「無限に長い○○」とか、「摩擦がない」とか「空気の抵抗はない」とか、そういった「仮想的な条件」を想像できないと「思考実験」ができません。
「論理的な想像力」を養う訓練をした方がよいです。
アインシュタインも「光と一緒に走ったらどうなるか」といった思考実験をしたようです。

Qドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方は

ドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

衝撃波となって伝わってきます。
参考:戦闘機が頭上を通過する場合などを思い起こしてください

Q矩形波のスペクトラムについて

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz(基本波周波数),1.5GHz(第3次高調波),2.5GHz(第5次高調波),3.5GHz(第7次高調波).....とスペクトラムがたつと思います。
バンドパスフィルタの帯域が1.5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。

同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。

第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。
500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。
それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。

なにか私の考えに誤りはありますでしょうか?

有効帯域が繰り返し周波数によらず、0.35/(立ち上がり時間)で決まるといった話もありますが、そういった話も関係してくるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入...続きを読む

Aベストアンサー

周波数領域からこの問題を攻めたことはないのですが、
フーリエ級数の場合、各級数は離散的な周波数を表す訳ですが、

周波数間隔が半分になるように級数の間を滑らかに繋ぐように埋めて
級数の個数を倍にすると、逆フーリエ変換で得られる波形の周期は
倍になりますが、周期に比べ十分時間が小さい部分の波形は
時間も含め変わらないそうです。

またステップのスペクトラムと方形波のスペクトルは
方形波が離散的という点を除いて同じなので、
時間の短い領域(t<方形波の半周期)ではステップも
方形波も同じということになりそう。

取り合えず、合わかってるのはここまで。

Q生物学は、科学の法則が当てはまらないらしいのですが、何故でしょう 教えて下さい

生物学は、科学の法則が当てはまらないらしいのですが、何故でしょう
教えて下さい

Aベストアンサー

シュレディンガーでしたっけ?

生命が熱力学第2法則に従わないように見える。

という話のことだと思いますが、

開放系である生物には簡単には当てはめられず、
実際のところ矛盾は無いようです。


人気Q&Aランキング