痔になりやすい生活習慣とは?

カメラのレンズには,マクロレンズ,望遠レンズ,標準レンズなどがあるようですが,違いがよくわかりません。私はなんとなく焦点距離が違うのかなと思っています。

それと,マクロレンズを望遠レンズとして使うことはできるのでしょうか?

マクロ機能付き(マクロ領域付き)のレンズというものもあるようですが,接写ができるレンズということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マクロレンズは接写用、広角レンズは広い範囲を撮るレンズ、標準レンズは50mmを中心に人間の眼の画角に近いレンズ、望遠レンズは遠くを撮るレンズ



 焦点距離が変わると画角(画面に写る範囲)が変わります。

 マクロレンズは接近して撮影を主目的のレンズなのですが、これにも100mmや180mmなど望遠レンズの機能を持ったレンズもありますので、そのタイプのレンズならあるていどの接写ができます。

 たとえば虫を撮るのに接近すれば大きく写るのは判ると思いますが、カメラをずーと近づけると逃げちゃいますよね?そーいう時にはこのタイプのレンズを使います。

 レンズにはそれぞれ最短撮影距離というのがあって、レンズによっては最低でも数m離れ無ければいけない物もありますので、機構としてマクロ機能を付けて最短撮影距離を少しでも短くした物などもありますが、専用のマクロレンズに比べると簡易なマクロ機能なので、どれだけ拡大して写るかは、専用のレンズのほうが良いと言うのは言うまでもありません。

参考URL:http://cweb.canon.jp/camera/ef/active/index-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。特にマクロレンズについて,よくわかりました。

お礼日時:2004/11/10 15:53

簡単に言いますとマクロレンズとはあなたが虫眼鏡などで小さな物を見るために使用するのと同じです



 当然それでは遠くは見えませんよね

望遠レンズとはあなたが天体望遠鏡や双眼鏡で遠くを見るときに使用するのと同じです
 
 近くはピントが合いませんよね

標準レンズとはあなたが自分の目で見ているのと同じ状態です
 結構遠くも見えますし近くも見えますがあまり近いと見えませんし、当然遠くもよく分かりませんよね

 あと広角レンズというのがあります
これはよく言われる魚眼レンズのような物で中心に行くほど屈折率が低く見た目に映りますが外に行くほど湾曲してしまうことになります
 これはどんなことで使用するかといいますとあまたが見た感じの範囲が映ると思ってください
 普通のレンズでは両サイドがどうしても切れてしまいます 狭い部屋で隅々まで取りたい(集合写真など)時などに便利なレンズです 標準レンズと同じですが拡大ができません。
といった感じですか。 分かりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例えでわかりやすく回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2004/11/10 15:57

カメラのレンズは被写体に接近できる距離に限界があります。


普通は50cm以内に近づくとピントが合いません。
それを2cmとか1cmほどの近くまで行ってもピントが合うように
したのがマクロレンズです。
望遠レンズは遠くのものを大きくするレンズですので、マクロとは
正反対の働きになります。
望遠レンズの反対は広角レンズと言います。
同じ被写体を同じ大きさで撮影しようとすると、広角では
被写体に接近し、望遠では被写体から離れて撮ることになります。
それだけでなく、被写体の背景が広角ではより広く入り、
望遠では限られた面積しか写らなくなります。
より被写体を際だたせるには望遠レンズのこの効果を使います。
標準レンズというのは一眼レフカメラでは焦点距離50mmのものを指します。
広角レンズは焦点距離28mm~35mm、望遠レンズは75mm~120mm~200mm~300mmなどなど。
普通のコンパクトカメラやデジカメはだいたい35mmのレンズを使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。望遠レンズと標準レンズ,広角レンズの焦点距離の違いとマクロレンズの特性がわかりました。

お礼日時:2004/11/10 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマクロレンズとズームレンズの違いは!?

マクロレンズとズームレンズの違いは!?

ニコンのD60のダブルズームキット(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」と「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G」)を持っていますが、それを利用して花や昆虫類をズームして撮影しています。
しかし、実際は花や昆虫類の撮影を得意とするマクロレンズが数多く出回っています。例えば、「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」とかのレンズがありますが、この違いがよく分かりません。
手持ちの標準レンズやズームレンズでも花や昆虫類の撮影は可能だが、マクロレンズは何のために使うものでしょうか。また、この違いは何でしょうか。

ちなみに広角レンズ、単焦点レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズの仕組みは大体理解できますが、マクロレンズだけは理解できません。どのサイトを調べても、よく分かりません…。

Aベストアンサー

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかという数字です。
1:1というのは等倍で、1:3は3分の1の大きさで写ります。

コンパクトタイプのデジカメで「1センチマクロ」と書かれている機種がありますが、この場合はレンズ先端から1センチの距離でピントを合わせられるという意味で、ワーキングディスタンスと呼ばれます。
一眼レフ用の交換レンズでの最短撮影距離というのはフィルム/イメージセンサー面からの距離となるので、レンズ先端から見ればもっと近いことになります。
カメラボディに「φ」に似ているマークがあると思いますが、そのマークの棒がセンサーのある位置になります。

光学レンズというのは色の成分によって屈折率が異なっているというのはご存じですか?
この性質のため一枚のレンズでは色が滲んでしまいます。被写体が近いほど色滲みは大きくなってしまいます。その為に凸レンズ/凹レンズや非球面レンズを組み合わせたりEDレンズを使用している訳です。「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」の「ED」と言うのがその意味ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ED%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

マクロレンズは接近して使用することが主目的のため、最短撮影距離付近で色滲みを最大限なくすように設計されているレンズです。

実際、昔のニコンのマクロレンズではこの設計のために遠景でピントを合わせることができなかったらしいです。キヤノンがEF100mmF2.8 MACROを出したばかりの頃はニコンを使っている人から「キヤノンはマクロレンズで遠くの風景にピントが合うのか」と驚かれたことがあります。

今はレンズ設計にコンピューターを使用してコンピューター上でシュミレーションができるため最短距離でも無限遠でも安定した画質を得られるレンズが短時間で作ることができます。18-200mmという高倍率ズームもコンピューター設計のおかげと言っても良いでしょう。

花のマクロ撮影では問題に思うことはないでしょうが、昆虫の場合近づきすぎると逃げられることがあります。
逃げられやすい昆虫を大きく写したい場合は等倍撮影が可能でワーキングディスタンスの長いレンズが便利です。そうすると85mmマクロでは最短撮影距離が短すぎるので蝶々などは慎重に近寄らないと逃げられてしまいます。180mmマクロレンズだともっと離れても等倍撮影が可能です。とは言ってもワーキングディスタンスで30センチほどですね。
それでも85mmマクロよりは長いでしょう。
と言うことで、SP AF70-200mm MACROのような簡易マクロレンズが重宝するケースもあります。が、あくまでも簡易マクロでありズームレンズなので近接撮影での画質は単焦点のマクロレンズと比べるとどうしても劣ってしまいます。

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかと...続きを読む


人気Q&Aランキング