30年くらい前の古いLPレコードプレーヤーについていたモーターから出てた線が3本でした、インバーターを使うと回りました、しかし、レコードプレーヤーには電子回路らしきものは、ありませんでした。単相交流でどのようにしたら三相モーターが回りますか?、コンデンサーと抵抗器とリレーで回すのは知ってるのですが、そのようなものもなかったみたいです、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

三相モーターでない事は確かですね。

電源は単相で回すので、単相モータと思われがちですが、理論的には二相モータです。直交(に近い)角度だけずらした二つの巻線のうちの一方の巻線ににコンデンサを通して電源をつなぎます。すると二相で回転磁界が出来ますので、誘導電動機として作動します。内部が磁石であれば同期電動機になりますが、起動と同期投入が難しいので、余り使われません。
余談ですが、単相をコンデンサとコイルと抵抗で60度づつずらして(逆転して)
擬似三相を作れば三相モータも回るはずです。
    • good
    • 0

No.3の私の回答は完全に的外れだったようで失礼しました。


誘導モータでも同期モータでも、単相交流で回転磁界を作るためにはなんらかの移相手段が必要、という基本的なことに気が付きませんでした。
実際はヒステリシスモータでもコンデンサをつけるようです。
    • good
    • 0

単相モータだとしたら次のようなことが考えられます。



1. 1本は単なるアース線
 テスタでモータの金属部分と3本の線の導通をそれぞれチェック。導通した線がアース線。
2. 33回転/45回転または50Hz/60Hzの切り替え用
 プレーヤの回転数切り替えスイッチ/ボタンが機械式(ベルトを掛け換えるなど)でなければその可能性が強い。

1. だとすれば簡単ですが2. の場合回転する組み合わせを見つけなければなりません。下手するとモータを壊してしまうかもしれないので慎重にやってください。

レコードプレーヤのACモータ(100Vのモータ)はヒステリシスモータというものを使うみたいです(トルクの変化に対して回転数の変化が少ない)。その場合は誘導モータと違ってコンデンサは必要ありません。(余談ですが、子供のころ学研の図鑑か何かで「ヒステリシスモータ」というのを見て「ヒステリーモータ」だと思ってました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コンデンサーを使って、いろいろとつないでみました、コンデンサーなしでは、どれも、駄目でした、コンデンサーを入れた場合、力強く回る結線はただひとつでしたので、単相モーターだと思われます、三相モーターの場合、三線とも等価だとおもいますので、(いまだにインダクションモーターのローターですが、コイルも巻いていないし、永久磁石も使っていないのに、何で回転するの、それを考えると夜も寝られないというMUUUCHANでした)どうもありがとうございました

お礼日時:2001/07/25 02:09

お話の通り、単相用交流モーターだとしたら


コンデンサ1発で廻せます。

参考URLを見てください。
3本の内、1本は、コンデンサを介して電源に接続します。

ところで、インバーターで回ったとの事ですが、
下の方と同じく、この件が理解できません。
どのようなインバーターを作られたのでしょうか?

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~tamuron/Fan.htm
    • good
    • 0

素朴な疑問ですが、元の配線のとおりにつなげば回るのでは?それとも基板がなくなっていたということでしょうか?三相交流を電源にしたレコードプレーヤ(!?超重量級のターンテーブルを三相200Vで回す?オーディオマニアが喜びそう)じゃなければ、直接三相モータはつながないと思いますが。


3本の線が出ていたとしても単相モータという可能性はないですか?

またmuuuchanさんの質問には直接関係なく興味本位の質問ですが、インバータは自作されたのでしょうか?

すみませんが補足をお願いします。

この回答への補足

回答を、どうもありがとうございます、プレーヤーを分解したときは、何も気にせずにしました、お話のとおり、三相を使っているとは思いもしなかったもので、ただ単相100Vで直接回そうとしたら回らなく、インバーターを使ったら回ったもので、三相モーターと考えたもので、お話のとおり単相かもしれません、インバーターですがPanasonic DV-551というものです、単相だとしたら、どのように結線するのでしょうか?

補足日時:2001/07/24 12:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相200V機器のプラグについて

三相200V機器のプラグについて

先日、知人からエアーコンプレッサー(日立のベビコンで三相200Vです)を譲り受けました。
家の作業場に父親が動力契約をしていたようで、コンセントがきているのですが、
コンプレッサーのプラグを知人が外していたので、配線がむき出しのままでした。
そこで、近くのホームセンターにてコンセントと同じ形状のプラグを購入したのですが、
配線の接続順がわかりません。
プラグは200V 15Aで3つ穴が開いているのですが、
コンプレッサー側からは4本(赤、白、黒、緑)配線が来ています。

この場合はコンプレッサーは使えないのでしょうか?
使える場合はプラグの配線の接続方法を教えていただけるとありがたいです。

どうかよろしくお願いいたします。

補足・当方の電力会社は九州電力です

Aベストアンサー

残念ですが、現在の契約は単相200Vのようです。
コンプレッサを使用するためには、契約を低圧電力(3相200v)に変更する必要がありますが、今使用しているものは残して、追加で低圧電力契約をする必要があります。

現在のままそのコンプレッサを使用したいのであれば、変圧器2台でV結線をすれば可能ですが、よく検討をしてください。

Qモーターインバーターの速度指令

モーターインバーターの速度指令で現在0~10Vの制御のものがついているようですが、その指令の間に(ボリュームを入れる感じ?)シーケンサで補足して制御したいのですが、可能でしょうか?
どうしたらよいかお教えください。

Aベストアンサー

>ラダーは書けます(固定値を入れるだけですので)が、ハード回路はまったくの素人です。
>ブラックボックスは取り外さずインバーターのボリュームの代わりにDAを入れたいのですが、電圧出力でよいのでしょうか?お手数かけます。

電圧出力でOKです

因みにハード回路ですが最小の改造なら

ブラックボックス]-------------[ボリューム]--------------[インバータ電圧入力]
シーケンサA1S62DA]-------------------------------[インバータ電流入力]
(シーケンサAoは電流出力型)
と、言う回路もあります
安川のインバータには電圧入力の他に標準で補助入力として電流入力(4-20mA)も付いています
インバータ出力周波数=電圧入力+電流入力(2つの入力を加算した値で出力されます)
と言う使い方も可能です
使用方法が違うかもしれませんがハード改造は少なくてすみますし
なにより万が一の時の復旧は簡単です(62DAを切り離せばそれでOK)
初心者が改造する場合、復旧が如何に簡単に出来るかも大事な条件となります

先の
[ブラックボックス]------[A1S64AD](ラダー)[A1S62DA]------[616G3]
と言う回路は
インバータ出力周波数=ブラックボックス出力×シーケンサ出力
一般的にはプログラムで乗算します(もちろん加算も可能ですが)
実際の使用方法が乗算優先か加算優先かで回路が変わってきますよ

乗算するにしても加算するにしてもその変数入力はどのようにしますか?
ラダーに直接定数を書き込むことでも可能ですけれど
No7さんも勧めていますが現在ではやはりタッチパネルですね
発紘電機さん以外では
三菱電機GOTシリーズ
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/html/index.html
デジタルGP2000シリーズ
http://www.proface.co.jp/product/gp.htm
が一般的です

>ラダーは書けます(固定値を入れるだけですので)が、ハード回路はまったくの素人です。
>ブラックボックスは取り外さずインバーターのボリュームの代わりにDAを入れたいのですが、電圧出力でよいのでしょうか?お手数かけます。

電圧出力でOKです

因みにハード回路ですが最小の改造なら

ブラックボックス]-------------[ボリューム]--------------[インバータ電圧入力]
シーケンサA1S62DA]-------------------------------[インバータ電流入力]
(シーケンサAoは電流出力型)
と、言う...続きを読む

QC13-C14 電源プラグは三相用ですか?

C13-C14 電源プラグには、刃が3つありますが、三相用なのでしょうか?
詳しい方がいましたら、教えていただけないでしょうか。

※C13-C14 電源プラグ
http://www.ns-jpn.co.jp/dengen/c14-13/c14-13.html

Aベストアンサー

単相の接地極付です。
三相用ではありません。

Q三相電源と単相電源について

供給電源がAC120Vの基板があり、その基板内でさらに5V電源を整流して制御している装置ですが、三相200Vの2本から120Vにするトランスより電源を供給すると装置が誤動作します。単相100Vから120Vにするトランスにすると正常な動作になります。この違いを教えてください。

Aベストアンサー

三相200V【3φ3w 200V】は、どのケーブル間で電圧測定しても200Vです。

単相100V/200V【1φ3w 100V/200V】は、中心線&外側で接続すると100V。外側&外側で接続すると200Vとなります。

今回の場合、トランスにはAC200Vが入力されていますので、誤作動しているのでしょう。

Q三相200Vの引っ掛けプラグについて

三相200Vの機器に使用する電気のプラグですが、
引っ掛け式で、アースの部分が内側に曲がっているものと
外側に曲がっているものがありありますが、この2つはどの様に使い分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

>この2つはどの様に使い分けるの…

国内の規格によるものであれば、

>アースの部分が内側に曲がっているもの…

20Aは「接地極」専用。
30Aは「接地側極」専用。

>外側に曲がっているもの…

20Aは「接地側極」専用。
30Aは「接地極」専用。

--------------------------------------

20Aは『内線規程』1990年改正版によります。
30Aは内線規程になく、日本配線器具工業会規格によります。
また、海外品はもちろん、国内品でも一部のメーカーには互換性のないものもあります。

--------------------------------------

「接地極」と「接地側極」の違いはお分かりですか。

接地極・・・大地に埋設された金物に接続、いわゆるアース。

接地側極・・・接地された電路。
三相なら△結線の内1線で、V結線にはない。(特殊事例) 4線式Y結線の中性線。
単相三線式の中性線。

Q三相交流電源と接地の関係について

三相交流について、RST相と接地(アース)Eとの関係について、知りたいのですが。
私の認識では、動力用電源では、S相が接地されているため、S-E間は0V、R-E間T-E間が200Vとなっていると、思っておりましたが(実際うちの会社でもそうでした)、中性線が接地されている場合、R-E・S-E・T-Eともに115Vとなる場合があるとのこと。

また、電灯用の場合には、STの中点が接地されていて、R-E間は173V、S-E間T-E間は100Vとなっている。

動力用の三相交流から単相200Vを取り出したいの場合、上記いずれの接地の場合、200Vをどこから取るべきでしょうか。

Aベストアンサー

どの線から取っても使用できますが基本的にはR相とS相かT相とS相を使用します

Eとはアースでしょうが制御盤のEでしょうか 三相四線式では無く三相三式として答えさせていただきます。


Sがアースになっているからと思いますがこのSは自分のところでアースされてはいないのでどこでも.115v出ていると思います

 実際には使用に問題が発生したことはありません

機械の場合三相電源を使用し操作回路や直流変速モーターは当然二相の電源を使用しています

大きな電流が流れる場合バランスを考慮してください。

たとえば単層200vの装置を3台使うとすればRS TS RT の相を使えば同じ要領ならバランスが取れます

小型の機械制御盤を組むとき前記のような配線図にて配線はしますご存知と思いますが

三相モーターが逆転の場合入力のRSTが必ずあっているとは限りません。

一般的には適当にどれか二本を入れ替えますので規則では中性線S(白色)を中央にしてR(赤)T(黒)入れ替えたりします

結論  制御版があるならどれでもOK 壁のスイッチから取ると漏電検査などのとき指摘されます

弊社の機械では(同業を含む)盤のなかで1.5Kwくらい単相200vを取っています

溶接機などの場合契約違反になりますが顧客先での修理の場合などはRTを使用しています

壁にあるスイッチがメーターつきの場合メーターが振り切れる恐れがあるので

電源を取る場所の要領 使う単相200vの容量がわかれば経験上からのご指導は出来ると思います

長文でしたのでご質問内容からずれていたら ごめんなさい

どの線から取っても使用できますが基本的にはR相とS相かT相とS相を使用します

Eとはアースでしょうが制御盤のEでしょうか 三相四線式では無く三相三式として答えさせていただきます。


Sがアースになっているからと思いますがこのSは自分のところでアースされてはいないのでどこでも.115v出ていると思います

 実際には使用に問題が発生したことはありません

機械の場合三相電源を使用し操作回路や直流変速モーターは当然二相の電源を使用しています

大きな電流が流れる場合バランスを考慮してください。...続きを読む

Qコンセント形状とプラグ形状が違う時の変換方法?

エアコンを移設するのですが、移設先のコンセント形状(添付写真)とエアコンの電源プラグ(100v、極々普通にある形状)が合わない時、変換プラグのようなものはないでしょうか?できるだけ簡単に安くできる方法を教えてください。

Aベストアンサー

現状の平刃型プラグ付きコードを切断しhttp://www.monotaro.com/g/00069765/?displayId=23&dspTargetPage=1
等のプラグに交換して使用します。
再引越し等で平刃に復元時は市販のネジ留めタイプを使います。
いずれも機器側の配線なので無資格で出来ます。

Q単相コンデンサモーター

単相コンデンサモーターの動作原理を教えて下さい

Aベストアンサー

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に配線の色を黒、赤、白とします。)
黒は電源に接続します。(AC100V-L1)
赤と白に間にコンデンサーを接続します。
(ここの電圧は定格の1.7倍 約170Vになります。これ以外の時はコンデンサの不良または接続不良。)
(主コイルと補助コイルの巻線抵抗の測定によりコイルの損傷をチェックできます。)
白または「赤」は電源に接続します。(AC100V-L2)「逆転します。」
モーターの配線が4本の場合 (仮に配線の色を黒、青、黄、白とします。)
正転(CW)の時
黒と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と白の間にコンデンサーを接続します。
白を電源に接続します。(AC100V-L2)
逆転(CCW)の時
白と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と黒の間にコンデンサーを接続します。
黄を電源に接続します。(AC100V-L2)

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に...続きを読む

Qプラグ形状

はじめまして。
カンボジアのプラグの形状と、ドイツのプラグ形状を教えてください。
いろいろ調べると、ドイツはS TYPEとSE TYPEと書いてあり、同じなのかどうかわかりません。また、カンボジアのプラグはC TYPEと思うのですが、アースピンが存在しないのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ドイツはC TYPEが主流、SE TYPEも。
カンボジアはA、C型、稀にSE型。
ホテルによりいろいろあるので一種類だけでは危ない?
今後の事を考えて下記のものを買うのがいいですね。
http://www.50products.com/sascom/sascom.htm

Qインバーターについて

ギヤードモーターをインバーターにて制御しています。
今まで時計回転に回っていたのですが、なぜか突然逆回転に
なったそうです。
その後インバーターを交換したら時計回転に回りだしたそうです(電線は同じようにつなぎ変えた)
インバーターが壊れて逆回転することってあるのでしょうか。
誰か詳しい方教えてください
(あまり電気には詳しくないので分りやすく説明していただけると助かります)

Aベストアンサー

インバータで、正常に動作していたモータが逆転する事はまずありません。
古くなったインバータや旧型でも起こる可能性は皆無でしょう。
私も盤屋で設計を十年以上していますが、
そういう経験は一度もありませんね。
しかし摩訶不思議な現象です。

まぁ、考えられる原因としては、
電磁ノイズでインバータの制御が暴走したぐらいでしょうか。
今の制御盤内はノイズ源のオンパレードです。
シーケンサ、タッチパネル、電子計器などなど。
リレー、マグネットでさえノイズを発生します。
下手な配線をするとインバータがおかしくなっても不思議ではありません。

随分昔に製鉄関連の設備を更新した事がありますが、
インバータを動作させると、他の計装盤が暴走するという問題がありました。
これはインバータのノイズが原因だったのですが、
ノイズ対策をしてあっても起こりました。

別設備のインバータでは、
外部ノイズで動作が不安定になった事があります。
さすがに逆転はしませんでしたが、
速度が変わったりしましたね。
対策は動力部の配線をシールド線に変更したら正常になりました。

今回のトラブルでは、インバータの故障か、
外部ノイズのトラブルではないかと推測します。

インバータで、正常に動作していたモータが逆転する事はまずありません。
古くなったインバータや旧型でも起こる可能性は皆無でしょう。
私も盤屋で設計を十年以上していますが、
そういう経験は一度もありませんね。
しかし摩訶不思議な現象です。

まぁ、考えられる原因としては、
電磁ノイズでインバータの制御が暴走したぐらいでしょうか。
今の制御盤内はノイズ源のオンパレードです。
シーケンサ、タッチパネル、電子計器などなど。
リレー、マグネットでさえノイズを発生します。
下手な配線を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報