プロが教えるわが家の防犯対策術!

画像の①や②は理論的に考えて作られてから、実験により、時計や機械を使って時間や加速度を測定して①や②に代入したところ正しい事が証明されたのでしょうか?
さすがにいくつもの実験をガムリャラにしてグラフから求めたというのは考えにくいです。
どのようにして①と②が生まれたか興味があります。

「画像の①や②は理論的に考えて作られてから」の質問画像

A 回答 (4件)

あなたがすべきは基礎の勉強です。

一連の質問を見ていて、基本的なことが全く理解していないのでやり取りは無駄に感じます。
こういう話は、後から感覚や本質の理解がついてくるのですが、それまでは公式を受け入れて、ひたすら問題を解く謙虚さが必要です。
例えれば、毎日素振りをして、10年続けてイチローのような打つコツがわかるようなものです。あなたは練習もせず、素振りをせずひたすらイチローの打つコツだけを、安易に理解しようとしている。厳しい言い方をすれば甘い!勉強する姿勢ではないと思います。
    • good
    • 1

だからできますよ。

他でも回答しています。二次関数の知識がある高校生なら。しかし加速の定義とは結び付かないので、aが何を意味するかはわかりませんね。係数の数値がわかるという数学的な話で物理では意味がありません。
    • good
    • 1

すこし追加で説明すると、





まず a の加速度とは、時間当たりの速度の変化ですね。定加速で考えれば

加速度 = 速度の変化 / 時間 ですから

速度の変化 = 加速度 * 時間ですね。

ある時間の速度 = 初速 + 加速度*時間 すなわち①になります。

実験で確かめるのは、時間経過とともに、速度が測定できれば、v0 やa の値が定まるというだけで、式そのものは定義です。わかりますか?

② 

これは、少し積分がわからないと難しいですが、

距離 = 速度*時間 (速度一定)をベースに応用して、

速度が時間で変化する場合は、速度と時間のグラフの面積が、距離に該当します。つまり、これも実験ではなく、数学的な式の操作のみで決まります。実験で決まるのは、時間あたりの距離を測定して、初速や加速度を求めます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

毎度すいません。
丁寧に回答して頂きどうもありがとうございます。
では、縦軸x横軸tとした実験のグラフから変数を当てはめていきグラフと同じような結果の式になるように作り、結果的に②の式を作る事は出来ないのでしょうか?
数学的に式を作るのではなく、実験のグラフから式を作れないかと考えています。
不可能な場合は理由をお答えして頂けるとありがたいです。

お礼日時:2018/11/22 05:29

なぜ同じ質問繰り返すの?


①は定義です。加速度の定義なので正しいも正しくないも、ない。実験は必要ない。
②も①を積分しただけ。数学数学的な話で実験は必要ない。
他の質問も回答をちゃんと咀嚼しないと、迷惑質問になっちゃいますよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか? 速度と加速度の違いはわかりますが、速度

なぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか?
速度と加速度の違いはわかりますが、速度は加速度から出来ています。なのに加速度に時間を掛けても道のりが導けない事になんだか違和感があります。
単位的に見ればとりあえずは納得できます。

Aベストアンサー

加速度に時間を乗ずると速度の加減が求まるだけです。距離を求めるためには積分が必要です。

Q加速度が2m/s^2で1s後で速度2m/s 2s後で速度4m/s 3s後で速度6m/sとなります。

加速度が2m/s^2で1s後で速度2m/s
2s後で速度4m/s
3s後で速度6m/sとなります。
3s後までに進んだ距離は12mでしょうか?
間違っている場合は、ご指摘をお願いします。
1sで2m進む、2sの時4m進む、3sで6m進むのでトータルで3s後には12m進んだのでは思いました。

Aベストアンサー

>v=atから平均的な速度を求めるにはv×1/2=at×1/2とした方が良いのでしょうか
平均的?、そんな誤魔化しのことば使うようでは、とても理解できません。
ズバリ、平均速度、です。
数式を数式のままで理解できるのは物理の専門課程で学んでいる人です。
v=atが理解できていればこんな質問はあり得ません。
v=t秒後に到達する速度。
初速0(停止)、v(t秒後の到達速度)平均は(0+v)×1/2・・注v=at
したほうが、よい?、どころか、そのまんま、です。
聞きかじりの知識の数式を振り回しているだけで、何も理解できていません
>なぜ平均速度でないとダメなのでしょうか
別に平均速度でなくても、微分したうえで積分すればよいだけです。
ただ、等加速度運動の場合は平均速度を求めて計算できるだけの事です。
聞きかじりの数式の知識だけでは、考えられないだけです。

Q座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか? だとしたら重力=重力加速度×質量よ

座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか?
だとしたら重力=重力加速度×質量より重力が0になってしまうと思うのですが。
重力加速度は9.8m/s^2でどの物体にも働くため静止した人間にも働くと思い、
静止している人間に重力加速度が働いて、質量が60kgだとしたら588kg×m/s^2の重力がかかるというわけのわからないものになってしまいます。
どうか何が間違っているか教えてください。
また、重力と重力加速度の違いは何ですか?重力加速度により重力が生まれるのでしょうか?
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

#14 ・・・ん?
なんでわざわざ実用単位Kgに直す必要があるの?本末転倒じゃね?
ちなみに 力の単位はkgではなくてkgw,kgfが正確な単位
kgは質量の単位
kg・m/s^2も、ふつうは使わないけれどもね
高校入ってから俺も[N]しか使ったことないよ!

作用反作用は#15さんの言うとおり。
物が地球に及ぼす力(物体や人間が地球を引っ張る力)すなわち万有引力が反作用と表現するとなお正確な表現になるね。
つまり、物体や人間は地球から重力(万有引力)により引っ張られているけれども(作用)、同時に物体や人間は同じ大きさの力で地球を引っ張り返している(反作用)ということだね。
まあ、質問の本線からははずれるかもしれないけれど・・・

Q物体が1秒間に速度9.8m/sで進むため 重力加速度はm/s^2となり、落下する物体に毎秒9.8m/

物体が1秒間に速度9.8m/sで進むため
重力加速度はm/s^2となり、落下する物体に毎秒9.8m/sの速度が足されていくのはわかるのですが、座っている人は落下しませんよね。それなのに重力加速度が働く意味がわからないのです。落下しているからこそ働いているのではないのですか?
重力により加速するから重力加速度なのにら座っている人間に重力はかかりますが加速はしません。
どうかシンプルにわかりやすく教えて頂けないでしょうか?
また、3秒間落下した物体の持つ力は
29.4m/3s^2×体重kgなのでしょうか?

Aベストアンサー

>29.4m/3s^2×体重kgなのでしょうか?
とりあえず、おおざっぱに言った方が理解しやすいかな?
29.4m/3²×質量kgなのでしょうか・・・そして得られる結果の単位はN(ニュートン)
上の式が正しいかどうかより先に心配が必要です、体重Kg、とすれば得られる結果のも、たぶん○Kgとしてしまうでしょう、これではまともな結果は得られません。
落下し続けると運動エネルギーが増加し続けます。
落下しないと、運動エネルギーは発生しません、位置エネルギーだけが発生します
>それなのに重力加速度が働く意味がわからないのです。
F=maはただの知識だけなの?、法則と理解していればこんな質問ありえません。
少なくとも地球上である限り静止していても、どんな複雑な動きをしていても、すべてこの法則通りです。
もちろん実際に5感で感じる状況は他の法則に基づく運動等が複合した結果になります

QF=mgやオームの法則などの式はどのように単位を定めたり、実験したり、理論的に考えて導いたのでしょう

F=mgやオームの法則などの式はどのように単位を定めたり、実験したり、理論的に考えて導いたのでしょうか?
経緯が詳しく書いてある本やサイトはありますか?
重力加速度の実験に関しては加速度の単位を設定してから実験して、グラフから9.8m/s^2と導いたのか気になります。

Aベストアンサー

①法則はどうやって出来たのか?

F=ma が最終的にどうやってたどり着いたのかはわかりませんが、一般的には、

F*t 力とかけた時間で、
m*v 物体のもつ勢いみたいなものが生じる

とすれば、

Ft=mv
F=mv/t
= ma

のように不変化したのではないか?・・・って言いますね。(実際には、微分ですが簡潔にして・・・)
まあいずれにせよ、思考過程は、型になったプロセスではなく、思いつきだったり、思考の飛躍だったり、積み上げてたどり着いたりいろいろです。

思いつけば、実験をして確かめる・・・ってこともあるし、
実験がさきにあって、それを示す式を、知恵を絞って考える・・・ってこともある。

さまざなな人の努力の結果です。

②単位

まず、法則があろうとなかろうと、速度や、加速度は、定義がそのまま単位になる。
一方で、物理法則の結果、法則ができたら、すでにわかっている、時間、距離、速度、加速度などをあてはめ、新しい物理量の単位を想定し、
それが複雑なら、新しい定数で変換して、シンプルに数字を扱えるように単位を定めるってだけのことかと。単位はあくまでテクニック。
先に単位を決めることはなくって、法則がわかって、単位を割り当てるってこと。

ただ、今は、いろいろな単位がわかっているため、未知の法則を導き出すために、単位を比べて、辻褄をあわせ、単位から、法則を導くこともあります・・・・

>重力加速度の実験に関しては加速度の単位を設定してから実験して、グラフから9.8m/s^2と導いたのか気になります。

ちなみに、重力加速度・・・と言っている時点で

・ 万有引力の法則
・ 運動方程式

から、
・ 重力加速度は常に一定
・ 重力=質量*重力加速度

てことがすでにわかっているってことですね。なので、あとは、ものを落として、加速度を計測すれば、数値が出ますね。

①法則はどうやって出来たのか?

F=ma が最終的にどうやってたどり着いたのかはわかりませんが、一般的には、

F*t 力とかけた時間で、
m*v 物体のもつ勢いみたいなものが生じる

とすれば、

Ft=mv
F=mv/t
= ma

のように不変化したのではないか?・・・って言いますね。(実際には、微分ですが簡潔にして・・・)
まあいずれにせよ、思考過程は、型になったプロセスではなく、思いつきだったり、思考の飛躍だったり、積み上げてたどり着いたりいろいろです。

思いつけば、実験をして確かめる・...続きを読む

Qx=v0t+1/2at^2に関しての質問です。 初めの0とv=atとなったときの平均値を使うとv=(

x=v0t+1/2at^2に関しての質問です。
初めの0とv=atとなったときの平均値を使うとv=(0+at)/2、x=vt=(0+at)t/2=at²/2となります。
さらに、初めの速度がv0のときはx=v0tを加えてx=at²/2+ v0tとなります。
グラフや図形を見たりすれば、なぜ平均値を導き(0+at)t/2となる事はわかるのですが、頭でイメージするとなぜ等加速度直線運動を始める速度0からある速度vまでの和(速度0+ある速度v)ではなく、平均値(速度0+ある速度v)/2なのだろうかと疑問が湧いてきます。
どうか、図というより文章的にわかりやすく説明していただけないでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

①1m / sで9秒走ると、距離は9m
 その直後の1秒は11m / sで走ると距離は11m。
 距離の合計は20m,要した時間は10秒
①平均速度は1m / sが9回と11m / sが1回。
 だから(1m/s×9回+11m/s×1回)÷10回=2m/s。
 距離20m÷平均速度2m/s=10秒・・・・・①で要した時間と同じ
上の①の場合貴方は平均速度の計算どうして計算しますか?。
多分(1m/s+11m/s)÷2=6m/s、なんて計算しかねないように思えてなりません。
確かに言葉で表現された速度の数値は9と11の2つだけですね、単純にその数値だけの平均なら6になります、貴方の頭の中の平均速度はこんな計算の数値の速度です、小学性あたりではそんな理解しかできません。
言い換えれば表面だけしか見えていません。
本当は比例する・・・なんて言葉を使いたかったのですが小学性ではまだ習っていないかも?、それなので、3行越える文章になってしまいましたので、国語の理解能力が無いと理解できないかも知れません。

Q物理に関して、 加速度が2m/s^2として一定の加速度で6秒間動いたとします。 その場合、12m進ん

物理に関して、
加速度が2m/s^2として一定の加速度で6秒間動いたとします。
その場合、12m進んだと直感的にイメージしてしまいます。というのも1sで加速度が2mずつ進むので2×6より12mとなります。
単位を深く考えずに導き出したため間違っていると思うのですが、直感的なイメージに関して、どうも加速度を1sずつ地道に足していけばどれだけ進んだかの距離がわかると思い込んでしまいます。
どうか私の勘違いや間違いを指摘していただけないでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.5に丁寧に説明したのに、あまり読んだ形跡がない。
貴方の間違いは、加速度を速度と思い違いしている。
「加速度が2m/s^2として一定の加速度で6秒間動いたとします。その場合、12m進んだと直感的にイメージしてしまいます。1sで加速度が2mずつ進むので2×6より12mとなります。」これを正しく直すと「加速度が2m/s^2として一定の加速度で6秒間動いたとします。その場合、1sで速度が2m/s^2×1s=2m/sずつ大きくなるので2×6より12m/sの速度となります。」距離はまだ計算してない。速度は0から始まり、t=6秒のときには
12m/sになる。平均速度は6m/sとなる。距離の計算には、平均速度6m/sで6秒走ると、距離は36mとなる。

QF=mgを使わずに体重計って作れますか?

F=mgを使わずに体重計って作れますか?

Aベストアンサー

フランスのパリに世界で通用する。これが1Kgですという原器、がありました(現在は他の方法で確定可能のため、数年前に保管を」廃止しています)。
これの複製を百個作れば、天秤で100KgまでKg単位ではかれます。
ちょっと頭を使って回転モーメントの理屈を使えば1個で、広い範囲で1Kg未満も計測可能です。
それに使うのはF=maではなく、F=mL(m=質量、L=距離)。
例 天秤はかり、左に支点から1mに計測する物(10Kg)、右に支点から10mに1kgの上記で作った分銅
左のF=10×1=10、右のF=1×10=10、で釣り合います、
もし、右が5mで釣り合えば、1×5=5Kg、右側10mを100等分すれば1メモリ10gの秤がでます。

Q縦波と横波の本質的な違いはなんですか? 密度くらいしか違いがないような気が…

縦波と横波の本質的な違いはなんですか?

密度くらいしか違いがないような気が…

Aベストアンサー

本質的?、本質みたいに見えるかもしれないが本質ではない、そういう意味です。
自身が何が本質か全くわかっていないのをごまかしている言葉です。
縦・横、日常生活では重力に平行な方向を縦、直交する方向を横といいます。
波・波動は媒質が振動することで、全体として変異情報を伝えます、この伝える(伝わる)方向を基準にして、媒質の振動方向を縦・横で表現しています。
伝える方向(進む方向)と平行=縦波、伝える方向(進む方向)と直交=横波
波動の本質?、というとほかにあるのかもしれませんが。

Q電気系の分野以外のどんなに簡単な問題から難しい問題までを先人の知恵や先人が導いた法則や公式を一切使わ

電気系の分野以外のどんなに簡単な問題から難しい問題までを先人の知恵や先人が導いた法則や公式を一切使わずに、実際に実験をしてグラフから求めたい力を求める人ってどう思いますか?
人から与えられたものを使わずに我流で物理を進めていくようなもので、
一つ一つ実験していくので公式を使ったりなど融通が効かないような気もしますが。
また、もし重力加速度を求める場合、今までにないような実験で導くとしたらどうしますか?

Aベストアンサー

まさにガリレオ=ガリレイのことなのだが。


人気Q&Aランキング