同種の質問は多いと思いますが細かいところがわからないので出来れば専門家の方、ご回答ください。私は近々会社を辞めます。自己都合なので待機3ヶ月、受給3ヶ月になると思いますがその間新聞配達のアルバイトをしようと思っています。以下の内容を市内の安定所2ヶ所に電話で聞いたのですが答えが違うのです。待機期間中のバイトは制限なくやって良い(ちなみに申告の必要性・待機期間の延長はあるのでしょうか…?)との答えは共通だったのですが一方では受給期間中にまで継続的に続くと就職とみなされ、また月10日以上働くと時間数に関係なく失業保険はもらえないと言われました。しかしもう一方では配達は内職扱いで(一日数時間のバイト)、週20時間以内なら受給に問題ない。ただし賃金額によっては減額の場合もある(計算式がある)とのことでした。同一市内の安定所なのに規則が違うのでしょうか?また減額の計算式を知っていたら教えてください。ちなみにバイトは朝刊夕刊配達で週6日×2~3時間で月15万円の仕事です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

給付制限中はアルバイトは可能です。

それによって給付制限期間が延長されることはありませんが、「申告はしてください。」と職安は言っています。しかし、専門家というより社会人の一人としてアドバイスさせていただくなら、基本手当が受給できるかどうかにかかわらず「失業状態」は貴方にとっても社会全体にとっても望ましくありません。アルバイトすることを考えるくらいなら真剣に就職活動をするべきと思います。もちろん、正社員への登用を期待してまずアルバイトで採用されるというのであれば良いと思いますが。(すみません。悪いくせでチョットお説教。)
収入があった日の基本手当=賃金日額×80/100-(収入-1,394)
 賃金日額…退職前6ヶ月(原則)の平均賃金から求められる日額
 1,394円…往復交通費+昼食代相当額ということでしょうか、例年は8月に変更
ただし、長期にわたって継続されるものは「アルバイト」とみなされないこともあります。
なお、朝刊のみの配達で1日あたり2,970円未満でしたら、「手伝い」扱いで申告して、基本手当の額には影響しません。片方の職安はこのことを言っていたかも知れません。
    • good
    • 0

朝夕刊の配達であれば、就職と同じです。


(理由:通常の昼間の勤務ができない状況になるため)

朝刊のみの配達であり、かつ1週間の労働時間が20時間未満であり、なおかつ昼間の就労に差し支えない時間帯の労働(早朝で仕事が終わる)であれば内職扱いとし、その収入の額により基本手当から減額をします。
減額の方法は、先の方がかかれているようですが、8月で変更になることが確定しています。
詳細は官報に載っています。

蛇足ですが・・
待期7日経過後の給付制限期間中のみの就労で、きちんと就労申告(事前及び事後に)すれば、その後、支給対象期間に 入った時に影響することはありません。
(但し、そのアルバイト中に雇用保険の被保険者になっていないということが前提です)
しかし、給付制限期間中のみ働き、支給対象期間に入ったらすぐに、そのアルバイトは辞められるのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳以上の方の趣味を教えてください。

こんにちわ。現在、60歳以上の方の趣味を調べています。
そこで60歳以上の方にお聞きしたいのですが、ずばりご趣味はなんですか?
また、年齢、性別も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の両親のことでもいいですか?

母(64歳)
 ・地域の体育施設に通ってエアロビクスと器械体操  の指導を週一回受けている
 ・独学でパソコンの操作を学習
  ワード・エクセルはモチロンの事
  キーパンチもブラインドタッチが出来るまでマスター 
 ・読書
 ・日帰りバスツアー
 ・季節の花めぐりの旅行
 ・シニア料金での映画鑑賞
 ・ベランダ菜園の手入れ、世話
 ・旅日記の編集(PCで)
 ・デジカメ撮影、アルバム作り
 
父(62歳)
 ・競馬
 ・ガーデニング
 ・銭湯めぐり
 ・自宅の手入れ(日曜大工)
 ・パソコンでゲーム 
 ・日帰り旅行

二人で一緒にしている事も多いんです。
この頃とっても仲良しです。 

Q失業保険待機期間

1月末で退職し、3月から短期留学に行く計画をしています。2月の間1ヶ月間の短期バイトをしたいと思っています。待機期間中はアルバイトをしてはいけないと聞いたことがあります。アルバイト期間が終了してから離職票を提出すれば、失業保険の給付額に影響ないのでしょうか。

Aベストアンサー

>待機期間中はアルバイトをしてはいけないと聞いたことがあります
>アルバイト期間が終了してから離職票を提出すれば
半分正解です。
離職票を提出して手続きをしてから7日間が待機期間です。
>3月から短期留学に行く計画をしています
自己都合退職であれば、待機期間後に3ヶ月間の給付制限期間があり、その後に給付が開始されます。
留学されるという事は就業の意思が認められないわけですから、給付金の支給対象になりませんよ。

Q60歳以上の人の年金の手続きについて。

10月から新しい社員を雇用したので、
保険の手続をしなければならないのですが、
年金の手続で疑問が生じたので教えてください。

(1)今月から雇用した社員は60歳以上なのですが、
その場合、年金の加入はどうすればよいのでしょうか?
 「社会保険の事務手続」には、「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」とありますが、60歳を越えている場合は年金に加入しなくてもいいのでしょうか?

また、その場合、この方の配偶者の年齢は60歳未満で、まだ年金の第3号被保険者になるとおもわれるのですが、配偶者の方についての事務処理はどうしたらいいのでしょうか?

今まで60歳以上の人を雇ったことがないのでよくわからないのですが・・・
お分かりになる方がいらっしゃったら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用された方が一般社員と変わりない勤務実態である場合か、一般社員の4分の3以上の勤務時間と勤務日数の場合として考えると、70歳未満の場合は厚生年金に加入しなければなりません。
「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」という文は、あくまでも国民年金に関するものであり、厚生年金は70歳まで加入することとなっています。
もちろんのことながら、健康保険も社会保険または組合保険の保険証を取得することとなります。

雇用された方が一般社員の4分の3未満の勤務実態である場合は、社会保険に加入する資格に届いていませんので、国民年金と国民健康保険となりますが、前記のとおり60歳以上の方は国民年金には加入しなくてよいこととなっています。


さて、その方の60歳未満の配偶者のことですが、だんなさんが65歳未満で、厚生年金に加入している場合は国民年金の第3号被保険者となります。
この場合は国民年金種別変更届にて、社会保険事務所に届け出ることとなっています。

Q失業保険の待機期間

先月末退職したものです。
今週末に離職表が届く予定なので、
来週頭にハローワークで失業保険の受給手続きをする予定です。
自己都合による退職なので、3ヶ月の待機期間後、3ヶ月の給付となるわけですが、
以前、残業時間が月40時間を越えていると3ヶ月の待機なくして受給できる
という話を聞きました。

精神的にも肉体的にもきつい仕事のため退職したのですが、
残業時間も月40時間は余裕で越えていました。
都合のいい甘えとは思いますが、しばらくは就職せず休みたい、
けれど経済的に困るのですぐに失業保険をもらいたいというところです。

上記の「残業時間が月40時間を越えると...」は特例として認められるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「特定受給資格者」でないとすぐには受給できないはずです、事業主の都合による解雇や勧奨による退職などがこれに当たります。残業は参考URLによると45時間を越えるとなっているのですが・・・
まずURLをご覧になり、直接ハローワークで相談される事をお勧めします。

聞いた話では、最近は職安も退職者の意見を鵜呑みにはしないそうです。離職票の退職理由を確認し、主張すべきことはハッキリと主張しましょう。

http://www.hellowork.go.jp/html/hoken.html

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/hoken.html

Q国内どこでも60歳以上が資産6割保有していますか?

国内の金融資産の約6割を、
60歳以上の方が所有していると
聞いたことがあります。

近所(都内)では、団地などで細々と暮らしているご年輩の方が多いです。
ということは、ご年輩の方々の中でも相当な格差があるということでしょうか?

確かに東京の港区(平均所得が23区平均の2約倍)に住んでいる高齢者と、
足立区に住んでいる高齢者では結構な格差があるとは思います。

ただ、足立区に住んでいる高齢者でも、基本的には6割の金融資産を、
60歳以上の方が所有しているという日本の統計に近くなる訳ですよね?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

間違って理解されているようですね。

計算が面倒なので、この国の人口を100人、60歳以上の方を20人
国民の総資産を1億円とします。この状態でもし仮に、Aさんが
総資産6000万円で、Aさんの年齢が60歳以上だとすると

「国内の金融資産の約6割を60歳以上の方が所有している」

こういうことになりますが、当然のことながら、残りの60歳以上である
19人の資産が仮にゼロでも、「」内の結論は変わりません。

60歳以上の方の資産が多いんじゃないんです。
資産の多い人は60歳以上である可能性が高い、ってだけです。

Q失業保険の待機期間をなしにできますか

  すみませんが質問させてください。

昨年10月に正社員で経理として入社
今年6月に新会社を設立そこへ移るように言われました。
また、今年中に本社を東京に移すので経理はなくなるといわれました。
今は、経理、人事、総務をしております。
今後は営業事務として働くように言われました。
経理がしたいわけではありませんが(それもちょっとはある)
ころころと変わるこの会社で長年勤めていく意欲がなくなり退職しようと思って
います。
このように会社の都合で仕事内容等が変わるのでやめたいと思ったのですが
会社都合ということで、待機期間なしの失業保険受給はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/tokuteijyukyuushikakusya_youken.html

↑このページの
「2.解雇等により離職した者」
の中の
「(2)実際の労働条件が採用時に示された条件と著しく相違していたことにより退職した者」
が似たようなケースだと思われます…が、

営業事務が著しく相違しているかどうかの判断が難しいですね。
でも、まあ経理から離れて長くなると次の転職でもう経理の仕事に就けなくなるかもしれませんし、同じ職種の人間として人ごとではありません。

特定受給資格者と認められる可能性はゼロではないと思うので、悩んで結論を出してください。(汗)

Q60歳以上の人が入れる保険

60歳以上の健康な人が入れる死亡、(入院)保険はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

60代の方なら、健康状態に問題がなければ、ほとんどの保険商品に加入可能です。

ただし、保険料の設定は年齢・性別により行われますので、(保険期間をいつまで設定するかによりますが)それ相応の保険料負担が発生することだけは覚悟しなければなりません。

Q失業給付金の待機期間と給付制限について

既出の質問かもしれませんが、宜しくお願いします。
退職した場合の失業給付金の待機期間・給付制限期間については、自己都合退職と会社都合退職の場合とは違ってくるのでしょうか?
また、私の場合、平成17年12月から現在まで雇用保険を納めていますが、そもそも失業給付の対象となりますか?
参考となるURLなども添付して頂けると大変助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

雇用保険納付が2年弱ですね。給付期間は短いですが、対象になりますね。

待機期間7日
自己都合はこのあとさらに3ヶ月待機期間経ってから手続きする事になります。

ちなみに、待機期間にはいくら働いても構いません。いくら収入があっても、手続きの日現在で、無職であれば給付対象になります。

Q60歳以上のアルバイト

60歳以上でアルバイト探しています。神奈川県相模原市ですどこが探しやすいですか

Aベストアンサー

65歳までならアルバイト・パート探しは容易だと思います。
スーパーや外食産業なら大体人手不足で困っているようです。
コンビニもそうですが、オーナーの気持ちひとつで、年齢制限はないものの
若い人を採ろうとする傾向が強いです。(老人は扱いにくいと思われているかもしれません)
と言いましたが、そこで同年齢の方が働いているなら問題ないと思いますが。

Q失業保険受給期間中のアルバイト

現在、失業保険受給中です。

就職活動しているのですが、なかなか採用されず、
ついに生活が苦しくなってきました。

そこで、就職活動のない日だけ、
登録制のアルバイトをはじめようと思っています。

ハローワークに相談したところ、
週に1~2回であって、
認定日に報告すれば問題ないとのことでした。

ただ、バイトした日数だけもらえる日が繰り越されていくと
知人から聞いたのですが、
これはどうゆうことなのでしょうか。

例えば、三ヶ月間の受給期間があって、
一ヶ月目に登録制のバイトを4回した場合、
翌月の受給金額が減額し、
三ヶ月間の受給期間後に支給されるということでしょうか。


なんとなく、ですが
金額のことなど、不正する人がいるのか
ハローワークの人が懐疑的な目で見てきてるようで
相談しづらいです。。。

Aベストアンサー

え~と、相談しづらいとかの前に、ハローワークの方から説明があったはずです。
また、受給者のしおりみたいなものをもらいませんでしたか?その中にも書いてあります。

でも、読むのも面倒でしょうから

認定日(4週おき)ごとに調べるので、2/1が認定日だった場合そこから4週間前から2/1までの間に働いたかを申請します。
もし、1/25と1/27に働いていたとします。働いた日は2日間なので、26日分の受給があります。
受給期間(90日として)から、この26日を引いた64日が残りの受給期間になります。
また次の認定日が来た時に働いた日(5日とする)を申告して、23日分の受給が受けられ、64日から23日を引いて41日が残りの受給期間になります。
この繰り返しで、受給期間を消費しきるか、就職が決まるか、就職の意思無しとみなされるまで受給を受けられます。
*働きすぎると、就職の意思無しとみなされるので注意!
*不正をすると約倍返しなので注意!

就職が決まったら、認定日の翌日を入社日にしてもらうか、入社日の翌日を認定日にしてもらうかにしましょう。
受給期間が45日以上あると、受給額×残りの日数×1/3が支度金としてもらえるから
正直に正しく申告しましょう。

え~と、相談しづらいとかの前に、ハローワークの方から説明があったはずです。
また、受給者のしおりみたいなものをもらいませんでしたか?その中にも書いてあります。

でも、読むのも面倒でしょうから

認定日(4週おき)ごとに調べるので、2/1が認定日だった場合そこから4週間前から2/1までの間に働いたかを申請します。
もし、1/25と1/27に働いていたとします。働いた日は2日間なので、26日分の受給があります。
受給期間(90日として)から、この26日を引いた64日が残りの受給期間になります。
また次の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報