フランスのフランス革命から第二次世界大戦までのフランスの国内情勢、
国内がどんな世の中だったのか、どんな風潮だったのか、どんな流れなのか、
(フランス革命とか、ブルジョワジーの戦争とか、レジスタンスとか、
また、それによってどんな風な流れになっていったのかなど・・・。)
詳しい人、教えてください。自分だけではどうにも理解できないので、
細かく、解かりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

役に立ちそうな参考書籍を紹介しておきましょう。


特に一番最初の中公新書版は入手しやすいので持っておいて損はないです。
また、デュプーの社会史も貴方の知りたい時代範囲にぴったり合致しているので一読おすすめします。

渡邊啓貴著『フランス現代史』(中公新書)
デュプー著、井上幸治監訳『フランス社会史(1789~1960)』(1968・東洋経済新報社)
河野健二著『フランス現代史』(1977・山川出版社)
海原峻著『フランス現代史』(1974・平凡社)
西海太郎著『現代フランス政治史』(1960・学芸書房)
服部春彦・谷川稔編『フランス近代史』(1993・ミネルヴァ書房)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ