【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ある金属材料の材質を特定する手順のセオリーってありますか?
強度、硬度、密度、伝導率とかを調べて総合的に判断するしかないのでしょうか? それともこの手順に従って調査すれば絶対に特定できるという方法は存在しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これはもう「化学分析」しかないでしょう。


例えばステンレス鋼に、SUS304という一般的な金属材料があります。強度、硬度は焼きいれ、焼き戻し、などの熱処理で変化します。密度も加工方法で変わります。熱伝導、電気伝導、も似た物が沢山あり特定は難しいです。
化学分析とは「その金属にどのような物質が何%含まれているか」を調べ材質を特定します。
やり方は材料をドリルでほじって、その切り子を酸で溶かし前処理をして分析装置にかける.......。なれた人でも二日係りの仕事です。
    • good
    • 0

>金属を燃やしたときの炎の色で、材質を特定できませんか?



多分、炎色反応の事だと思うのですが、これは、特定の金属の場合にのみ有効でかつ、塩になっていることが必要です。
混合物の場合はやはり発光スペクトルを分光分析する必要があるので、もし装置が使えるのならばICPのほうが楽だと思いますよ。
ウィキペディアを参考に張っておきます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8E%E8%89%B2% …
    • good
    • 0

蛍光X線かICP-MSなどを使えば大抵の場合は、一発で組成がわかると思いますが、この装置使ったこと無いので自信はありません。


装置の原理などは、gooやgoogleで検索してください。
    • good
    • 0

以前から行われてるのが、火花試験があります。


グラインダーに材料そのものを当て同一条件のもと火花を観察して判断する方法です。
JISでは第三分類しております。
身近なものではステンレス鋼の中でもオーステナイト系は非磁性ですから磁石を当てることにより判断したりします。
JIS規格等にについては機械工学便覧他をごらんになってください。

参考URL:http://www2.memenet.or.jp/kinugawa/hibana/010.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

火花試験ですか?初めて知りました。ありがとうございました。このご回答で思い出したのですが、金属を燃やしたときの炎の色で、材質を特定できませんか?中学か高校で習ったような記憶があります。

お礼日時:2004/11/23 08:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属材料の種類の特定

金属材料の種類がわからず、困っております。
蛍光X線分析により材質調査を試みたところ、およそ
亜鉛:70%
鉄:23%
ケイ素:4%
硫黄:2.5%
銅:0.4%
マンガン:0.1%
という結果が得られました。
これに相当する金属材料を調べているのですが、見つかりません。
この成分に相当する材料に心当たりはございませんでしょうか?
また、与えられた成分からそれに相当する材料を検索できるようなサイトなどございませんでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>亜鉛メッキにしては亜鉛の量が多すぎるような気もするのですが、こ
のくらいの亜鉛含有量の亜鉛メッキもしばしば在るのでしょうか?
亜鉛メッキもいろいろ種類があります。溶融亜鉛メッキ(いわゆるどぶ
漬け)などでは亜鉛含有量は90%以上にもなります。
一度ワイヤを切断して断面を顕微鏡等で調べてみてはいかがでしょうか?

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む

Qアルコールランプとガスバーナー

2つ質問です。

1.どうしてアルコールランプのアルコールは8割以上入っていないとまずいのでしょうか? 少し理由を調べた所「アルコールと空気の混合気体ができて、これは引火→爆発して危ないから」と書いてありました。ですが、同じくランプのビンの中に入っているアルコールだって引火するので、そういう意味では、同じくらい危ない?と思ったのですが…。

2.ガスバーナーの炎の色を青色にしろといいます。どうして青色の炎は「良い」のでしょうか? 青色の炎として酸素を十分燃焼しているという説明がありました。もしもそれが理由だとしたら・・どうして酸素不足ではなく、しっかり燃焼させていることが、「良い(あるべき)炎」となるのでしょうか? 何について、「良い」のでしょうか?

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

1.
燃えるためには可燃物、酸素、熱源が必要です。
そして当たり前のことですが、アルコールランプは芯の先で燃えてくれないと困りますし、ランプ内で燃焼されたら困ります。
ですので、アルコールをたっぷり入れることで、容器内の酸素を追い出し、ランプ内のアルコールが燃えるのを防ぎます。

2.
完全燃焼をさせるためです。
黄色やオレンジに見える炎は温度が低いのでガスが燃えきっていません。
ですからもったいないです。
またガスの燃え残りが実験装置を汚します。
さらに完全燃焼すれば二酸化炭素が出ますが、不完全燃焼の場合は一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒で最悪の場合は死に至ります。

どちらもちゃんと守らないと重大な事故になる可能性があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング