痔になりやすい生活習慣とは?

一番最初の出所はどこですか?
ネット検索では海軍の五省が出てくるようですが、それ以前には無かったですか。

A 回答 (3件)

「至誠」という語句は、春秋時代の儒教で使われましたが、「至誠に悖るなかりしか」は旧海軍の五省でしょう。

(兵学校で使われました)
一、至誠に悖るなかりしか(誠実さに背いていなかったか)
一、言行に恥ずるなかりしか(言行不一致な点はなかったか)
一、気力に缺くるなかりしか(精神力に欠いた点はなかったか)
一、努力に憾みなかりしか(努力するのに心残りはなかったか)
一、不精に亘るなかりしか(怠けてものぐさになっていなかったか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

至誠に悖るなかりしか

海軍発祥の文言と考えてよろしいでしょうか。

お礼日時:2019/02/04 22:37

>>吉田松陰が引用したものを海軍が孫引きしたということでしょうか。



孟子→陽明学→吉田松陰→海軍軍人という連鎖で伝わったものです。

陽明学
各界における信奉者[編集]
財界
岩崎弥太郎 - 三菱財閥の創設者
渋沢栄一 - 第一国立銀行(現 みずほ銀行)等の創設者
その他
広瀬武夫 - 大日本帝国海軍軍人、軍神
東郷平八郎 - 大日本帝国海軍軍人
奥宮健之
幸徳秋水
富岡鉄斎 - 文人画家・儒学者
三島中州
三島由紀夫 - 作家。ただし、三島は王陽明の『伝習録』を直接読んでいる形跡はなく「日本陽明学」の系譜からの影響を受けた。三島は井上哲次郎の『王陽明の哲学の心髄骨子』を読んでいる。三島の評論には『革命哲学としての陽明学』がある[3]。
安岡正篤 - 戦後初期における自民党のフィクサー、陽明学者。今日、陽明学のイメージを「帝王学」にしてしまった点で、本来は「心学」である陽明学イメージを変えた(歪めた)という意味で、功罪がある。安岡が東京帝国大学卒業時に出版した『王陽明研究』は日本および中国でも識者に大きな影響を与えた。安岡は大正末期から様々な活動をしており、若い頃は西洋の思想・宗教・哲学・文学なども耽読し、東洋思想に辿り着いた。安岡の著書は『東洋宰相学』『日本精神の研究』など多岐にわたる。それらはトータルとして安岡の「人間学」として大成されたもので、安岡を陽明学者としてのみ位置づけるのは本質を欠くとも言える。【ウィキペディア:陽明学】

で、現代に続いています。■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

『至誠』について非常に詳しくありがとうございます。
ただ、申し訳ありませんが、私が知りたいのは『至誠に悖るなかりしか』という【言い回し】についてです。
このような【言い回し】も昔からされていたのでしょうか。

お礼日時:2019/02/06 23:06

〈至誠而不動者未之有也〉


至(し)誠(せい)にして動うごかざる者ものは、未いまだ之これ有あらざるなり
出典:『孟子』離婁上

解釈:こちらがこの上もない誠の心を尽くしても、感動しなかったという人にはいまだあったためしがない。誠を尽くせば、人は必ず心動かされるということ。
孟子 … 7編。戦国時代の思想家、孟子(前372?~前289)の言行や思想を弟子たちがまとめた書。四書の一つ。ウィキペディア【孟子 (書物)】参照。

を吉田松陰が引用し、そこから生まれた言葉です。

https://kanbun.info/koji/shiseinishite.html
file:///C:/Users/Hattori_kazuo/Downloads/2187_6525_049_15.pdf
参照■
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

孟子からですか。
参考になります。
吉田松陰が引用したものを海軍が孫引きしたということでしょうか。

吉田松陰引用を示すサイトなどありましたらお願いできますか。

お礼日時:2019/02/04 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、

普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、玉城裕規インタビュー(下)の「歌わないですけど」はなぜ成立できるのか、聞きたいんですが、ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認識があったらしい。
ただ、「です」が丁寧語であることから、「ません」よりも丁寧な表現になると思われ、特に若者の話し言葉として浸透していったとのこと。
2008年には、「ないです」の使用が「ません」の使用を約 3 倍も上回る結果が出たという研究結果もあります。↓(けっこう分かりやすい。短いのも助かる)
https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/menu7_folder/symposium/pdf/8/10.pdf
因みに、わたしは(若くはありませんが)書き言葉でも使っています。
とはいえ、子供の頃は使っていなかったように記憶している。

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認...続きを読む

Q和菓子の外郎(ういろう)は、なぜ外を「うい」と読むのでしょうか?

和菓子の外郎(ういろう)は、なぜ外を「うい」と読むのでしょうか?

Aベストアンサー

漢字「外」の音読みのうち、呉音=ゲ、漢音=ガイ、そして唐音(鎌倉時代以降に日本に伝わった漢字音)=ウイ、です。
「外郎」は室町時代以降にできたお菓子で、室町時代に元から日本に亡命した陳宗敬の官職名「外郎」が由来とされます。その「外郎」を、その時代に日本に伝来した唐音で読んだものでしょう。

Q漢字をひらがなに改める問題文の意味がわからなくて困っています。

「傍線部の漢字を、ひらがなに改めなさい」という問題があるのですが、どう回答すればよいかわかりませんでした。
その為、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければと思います。

         ___
漢字を、ひらがなに改める

なお、私は下記の2つの解釈が考えられ、1かなと思いました。

1. 「改める」に傍線がひかれているものの、傍線部の漢字は「改」のみのため、回答は「あらた」。

2. 「改める」に傍線がひかれていることから、回答は「あらためる」。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「傍線部の漢字を、ひらがなに改めなさい」

この「の」は、
1ー㋒所在。…にある。…にいる。「大阪の友人」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/171157/meaning/m1u/%E3%81%AE/
という用法の格助詞と捉えて良いでしょう。

「傍線部にある漢字を、ひらがなに改めなさい」

みなさんおっしゃるように「あらた」で良いと思います。

Qところで 、ところがはなんの差別がありますか?教えていただけませんか?私は日本語を愛好者で、でも、今

ところで 、ところがはなんの差別がありますか?教えていただけませんか?私は日本語を愛好者で、でも、今の日本語愛は下手です

Aベストアンサー

差別についてはすでに先の回答にあります。
ニュースは5w1H、が不可欠ともいわれますが、通常の会話でも、原因・・・・結果について話すとき。通常想定される内容とは相反する内容(結果)の時に使われるのが「ところが」。
「ところで」はそれは、さておき(そのまま結論に至らず)、別の話を始める時に使用。

Q7、これは昨日お父さんが( )たものですよ。 Aいただい Bさしあげ Cくださっ Dもらっ 8、母に

7、これは昨日お父さんが(  )たものですよ。
Aいただい  Bさしあげ  Cくださっ  Dもらっ
8、母にすばらしい腕時計をプレゼントとして(  )てとてもうれしかったです。
Aもらっ  Bいただい  Cくださっ  D差し上げた
この二つの質問の答えはなんでしょうか。家族の間で敬語の使うことに困惑しています。教えていただけませんか。

Aベストアンサー

一つを除いて、他はすべて正解です。


7、
〇A.これは昨日お父さんが( いただい )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)からいただいたもの。

〇B.これは昨日お父さんが( さしあげ )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)にさし上げたもの。

〇C.これは昨日お父さんが( くださっ )たものですよ。(尊敬語)
⇒お父さんがあなた(子供など)にくださったもの。
「父親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても父親は尊敬の対象となる。

〇D.これは昨日お父さんが( もらっ )たものですよ。
⇒お父さんが他人(同輩、または目下の者)からもらったもの。


8、
〇A.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( もらっ )てとてもうれしかったです。

(ア)母が他人(同輩、または目下の者)からもらった。
(イ)私が母からもらった。

〇B.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( いただい )てとてもうれしかったです。(謙譲語1)

(ア)母が他人(目上の人)からいただいた。
(イ)私が母からいただいた。
「(子供は)母親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても母親は尊敬の対象となる。

〇C.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( くださっ )てとてもうれしかったです。
⇒他人(目上の人)が母にくださった。(尊敬語)

×D.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( 差し上げ )てとてもうれしかったです。
⇒間違い。

一つを除いて、他はすべて正解です。


7、
〇A.これは昨日お父さんが( いただい )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)からいただいたもの。

〇B.これは昨日お父さんが( さしあげ )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)にさし上げたもの。

〇C.これは昨日お父さんが( くださっ )たものですよ。(尊敬語)
⇒お父さんがあなた(子供など)にくださったもの。
「父親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても父親は尊敬の対象となる...続きを読む

Q日本語の中で、繰り返す表現はなんですか

日本語の中で、繰り返す表現はなんですか

Aベストアンサー

>でも、形容詞、形容動詞、動詞、名詞,全部繰り返すことができますか?

はやばや(早々 「早い」という形容詞の語幹を、繰り返して副詞として使う)
いやいや(厭々 「いやだ」という形容動詞の語幹を、繰り返して副詞として使う)
時々  (「時」という名詞を、繰り返して副詞として使う)
みるみる(「見る」という動詞を、繰り返して副詞として使う)
がたがた(擬態語ー副詞)
ピーピー(擬声語ー副詞)
 このように「副詞」としての用法がほとんどです。

「おいでおいで」は名詞です。
「ヤレヤレ」「これこれ」は感動詞です。
また、思いついたら解答します。

Q先生が次の授業に話そうとしていたことを、ある生徒がその内容について早くも言及して、質問してしまったと

先生が次の授業に話そうとしていたことを、ある生徒がその内容について早くも言及して、質問してしまったとします。このようなことをなんと表現できますか?「早とちり」かな、と思ったんですが、意味が合わないようです。どなたかお願い致します。

Aベストアンサー

先走り
先回り
先取り

Qネットで調べたが、「は」と「が」について、旧知と新知という話しがある。 は の前は旧知 が の前は新

ネットで調べたが、「は」と「が」について、旧知と新知という話しがある。

は の前は旧知
が の前は新知って

では、その旧知と新知ははやり話し手が聞き手の認知を考えながら旧知や新知について判断するでしょう?


簡単に言えば、その旧知と新知は聞き手次第⁉️

Aベストアンサー

既知・新知説は一部では当たっている場合がありますが、全部をそれで押し通すこは、無理があります。現在では、「が」=主格 「は」=主題という説が有力だと思われます。
 大野晋氏は、三好達治の「大阿蘇」という詩を例に引いて説明していますが、「馬が」は最初の一回だけで、あとは「馬は」が繰り返し何回も出てくるので、一応理屈が通ります。それに対して「雨は」は最初から出てきて、最後までつづきます。すなわち、「雨」は万人に共通して既知のものという説明は一応通ります。しかし、「雨は」ではじまったのに、さいごで「雨が」が出てくるのはどうしてなんでしょうか。ここでちょっと矛盾があるようです。後のほうに出てくる「雨」は別物なんでしょうか。
 https://akaikutsu.exblog.jp/7778421/
 しかし、これがすべてのケースに当てはまるか、どうかはまだ徹底的に究明されていません。たとえば、No.2の方の例です。しかし、この例は少しおかしくて、「君の嫁さん【は】私【が】見つけてあげるよ。」では、「嫁さんは」は一回しか出ていないので、新情報・旧情報説の否定にはなりません。「君はまだ嫁さんがないのだろう。嫁さんは私が見つけてあげるよ」であれば、新情報・旧情報説の例文になります。「君の嫁さん【は】私【が】見つけてあげるよ。」の例は、「君の嫁さん」を主題化したという説の例文として適していますね。

既知・新知説は一部では当たっている場合がありますが、全部をそれで押し通すこは、無理があります。現在では、「が」=主格 「は」=主題という説が有力だと思われます。
 大野晋氏は、三好達治の「大阿蘇」という詩を例に引いて説明していますが、「馬が」は最初の一回だけで、あとは「馬は」が繰り返し何回も出てくるので、一応理屈が通ります。それに対して「雨は」は最初から出てきて、最後までつづきます。すなわち、「雨」は万人に共通して既知のものという説明は一応通ります。しかし、「雨は」ではじま...続きを読む

Q日本語について聞きたいです

下記は、ネットで見つかった文です。なんか読みやすくて分かりやすい。では、それは、参考になれる?
ジョン・スミスへの手紙
サイバー・ラボ・ノート (3380)

 「は」と「が」の違い
 -述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

 「空は青い」と「空が青い」の違いがわかるだろうか。また、その違いを言葉で説明できるだろうか。

 何となくわかっても、言語化できる人は、案外、少ないのではないだろうか。

 結論から言えば、「空は青い」と「空が青い」では、強調している箇所が違う。「空は青い」の方は「青い」、「空が青い」の方は「空」を、それぞれ強調している。

 「は」と「が」の違いは、述語を強調するのが「は」、主語を強調するのが「が」だ。

 例えば、「彼は犯人です」と「彼が犯人です」を比較すれば、理解できるだろう。

 「象は鼻が長い」という応用問題についても、触れておこう。

 まず、主語は「象」、述語は「鼻が長い」に分けられる。「は」なので、述語が強調されている。

 更に述語部分の「鼻が長い」も、入れ子構造で「主語+述語」になっており、分解すると、「が」なので、「鼻」が強調されている。

 この文の強調順位は、「鼻」「長い」「象」の順となる。

 山田詠美の作品に『ぼくは勉強ができない』という小説があるが、同様にこのタイトルも、強調順位は「勉強」「できない」「ぼく」の順になっている。

 ところで、日本人は、"This is a pen."を条件反射で「これはペンです」と訳している。だが、僕は「これがペンです」の方が適訳のことも多いと思う。

 強調すべきが、手に持つなりした「これ」なら、当然、「これがペンです」となるべきだ。

 手品をやる際、後ろの方の人に説明するなら、「これはペンです」。どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペンなら、「これがペンです」だろう。

 また、「彼が犯人です」を「は」を使って書くと、「犯人は彼です」となる。

 話の聴き手は、「既知の情報→新情報」という言葉の流れの方が、「新情報→既知の情報」という言葉の流れより、自然と頭に入りやすい。耳で聞くなら、従って、「彼が犯人です」より「犯人は彼です」の方が、理解しやすい。

 「彼が犯人です」と「犯人は彼です」は同じ意味だが、新情報を先に出すか、後に出すかによって、若干、ニュアンスは違っている。

 要するに、「は」と「が」の軸、「既知の情報」と「新情報」の軸の組み合わせで、同じ意味でも、表現に「味付け」をすることができるわけだ。

 「は」と「が」の使い分けは、日本語文法の根幹部分だ。「主語を強調するか、述語を強調するかで使い分ける」という話は、小学校の国語で教えるべきレベルだろう。

 しかし、僕自身は、学校で教わった覚えはない。大人であっても、明確に言葉で説明できる人は、おそらく少ないだろう。

 「主語を強調するか、述語を強調するかで使い分ける」という話は、あくまで僕自身のノウハウを言語化したものだ。

 日本の学校教育の現場では、「は」と「が」の使い分けという、日本語にとって、最も大事な話が抜け落ちているのではないか。

 山田宏哉記

下記は、ネットで見つかった文です。なんか読みやすくて分かりやすい。では、それは、参考になれる?
ジョン・スミスへの手紙
サイバー・ラボ・ノート (3380)

 「は」と「が」の違い
 -述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

 「空は青い」と「空が青い」の違いがわかるだろうか。また、その違いを言葉で説明できるだろうか。

 何となくわかっても、言語化できる人は、案外、少ないのではないだろうか。

 結論から言えば、「空は青い」と「空が青い」では、強調している箇所が違う。...続きを読む

Aベストアンサー

1.
>-述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

この箇所は正しい。
a.「は」は主題提示の係助詞です。
「彼は犯人です」は「彼について言うなら・・・」という意図の文。
「は」以降の述部の内容を伝えるのが主要な意図なので、『述語を強調する「は」』という見解は正しい。
b.「が」は主格の特定、及び希望・好悪・能力などの対象を特定する格助詞です。
「彼が犯人です」は「犯人です」の主格を特定しようとする意図の文。
主格が「彼」であると特定することが主要な意図になるので、『主語を強調する「が」』という表現は正しい。

2.
> 強調すべきが、手に持つなりした「これ」なら、当然、「これがペンです」となるべきだ。
 手品をやる際、後ろの方の人に説明するなら、「これはペンです」。

この箇所は正しい。

3.
>どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペンなら、「これがペンです」だろう。

この箇所は誤り。
a.『どう見ても、消しゴムにしか見えない物体が実はペン』だとしても、その物体について説明したい場合には「これは(消しゴムにしか見えませんが実は)ペンです」と表現する。
b.『どう見ても、消しゴムにしか見えない物体』が複数個示されていて、その中のひとつだけがペンの場合は「これがペンです」と特定して表現する。

4.
> 話の聴き手は、「既知の情報→新情報」という言葉の流れの方が、「新情報→既知の情報」という言葉の流れより、自然と頭に入りやすい。耳で聞くなら、従って、「彼が犯人です」より「犯人は彼です」の方が、理解しやすい。
 「彼が犯人です」と「犯人は彼です」は同じ意味だが、新情報を先に出すか、後に出すかによって、若干、ニュアンスは違っている。

この箇所は誤り。
『同じ意味』になることはあり得ない。
「同じような意味」に見えることはあるが、『ニュアンス』ではなく【意図】が異なるので、文の本質的意味も異なる。
「彼が犯人です」と「犯人は彼です」はシチュエーション次第で使い分けるべき表現。
理解しやすいか否かという問題ではない。
また、異なるのは意図・意味であって、ニュアンスという曖昧なものではない。

a.たとえば、捜査本部の一室。
複数の刑事が血だらけの男を部屋に連れてくる。
それを見た部長刑事が「なんだ?どうした?」と刑事たちに尋ねる。
一人の刑事が報告する。「彼が犯人です」
このシチュエーションで「犯人は彼です」と言う刑事は稀です。
なぜなら、部長刑事が知りたいのは「血だらけの男について」であって、「犯人について」ではないからです。
刑事は「血だらけの男」が犯人であることを特定する意図で、「彼が(我々が探している)犯人です」と表現するのが妥当。

b.2人の男が揉み合っているところに警官が駆けつけた。
「お前が犯人だな?コンビニ強盗の容疑で逮捕する」と言って男 A に手錠をかける。
男 A は「違う違う!」「犯人は彼です」と男 B のほうを見る。
このシチュエーションで、「彼が犯人です」と言う人は稀です。
なぜなら、警官が知りたいのは「犯人について」であって、「彼(男 B )について」ではないからです。
男 A は、「犯人について言うなら、それは男 Bです」という意図で「犯人は彼です」と表現するのが妥当。

5.
> 要するに、「は」と「が」の軸、「既知の情報」と「新情報」の軸の組み合わせで、同じ意味でも、表現に「味付け」をすることができるわけだ。

この箇所も誤り。
『同じ意味』になることはあり得ない。
意味の違いは4で述べたとおり。
残る『軸の組み合わせ』についても一応検証してみよう。
a.「彼は犯人です」
彼について言うなら・・・という意図。
「彼が犯人です」よりも冷静な、あるいはのんびりした表現と言える。
b.「犯人が彼です」
これは特殊なシチュエーションと言える。
「犯人(役)が彼です」など。

6.
この山田氏の記述は、以上述べてきた内容とは別に、もうひとつの問題を抱えている。
・「が」の前は新情報(「が」の後は既知の情報)。
・「は」の前は既知の情報(「は」の後は新情報)。
ということを前提に論を進めている点だ。
「彼が犯人です」
「犯人は彼です」
「彼は犯人です」
という文にあたっては、確かにそういうことは言える。
しかし、たとえば次のような場合はどうか。

※むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきました。※

おばあさんは新情報ではなく既知の情報ですが、『おばあさん [が ] 川で洗濯をしていると~』のような表現が成立しています。
このように従属節においては、「が」の前は新情報という公式は適用できないのです。
なので、「新情報・既知の情報」という捉え方は基本的に推奨しません。
ただ、従属節などの例外を考慮できるのであれば、そういう理解の仕方があっても良いでしょう。

この文は、個人的には以下のように考えたいところです。

・おばあさんについて言うなら⇒⇒川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきた。

という意図ではなく、

・川で洗濯をしていると大きな桃が流れてきました。⇒「川で洗濯していたのは(おじいさんではなくて)おばあさんです」と(補足的にですが)特定している。

という意図。
重要なのは、「おばあさんは何をしていたのか?」ではなく「大きな桃が流れてきたこと」が、この文の骨子だ、という点に気づくことです。
外国語学習者の方々にとって、こうした理解の仕方のほうが汎用性が利くのではないかという気もするわけです。

1.
>-述語を強調する「は」、主語を強調する「が」-

この箇所は正しい。
a.「は」は主題提示の係助詞です。
「彼は犯人です」は「彼について言うなら・・・」という意図の文。
「は」以降の述部の内容を伝えるのが主要な意図なので、『述語を強調する「は」』という見解は正しい。
b.「が」は主格の特定、及び希望・好悪・能力などの対象を特定する格助詞です。
「彼が犯人です」は「犯人です」の主格を特定しようとする意図の文。
主格が「彼」であると特定することが主要な意図になるので、『主語を強調す...続きを読む

Q目的格は 日本語において を で表すじゃないですか? でも日々の中で が を使っても全然不自然じゃな

目的格は 日本語において


で表すじゃないですか?
でも日々の中で


を使っても全然不自然じゃないのは

が主格だけでなく目的格にもなるからですか?

Aベストアンサー

「が」を使って不自然でないケースは、実は限られています。
「君が好きだ(嫌いだ)→好悪」
「字が上手だ(下手だ)→巧拙」
「運動ができる→能力」(できない)
「水が飲みたい→希望」
これらは、格助詞「が」の「対象格用法」と呼ばれます。普通「目的格」(別称「対格」)は一般に「を」が使われますが、上記のように「が」が限定的につかわれるのです。
 格助詞「が」は、古くは「連体格」を表しました。院政時代(1086~1192)から以後「主格用法」が発達しますが、それに平行するように、「対象格」が使われました。


人気Q&Aランキング