人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

素朴なことを訊きます。
物理の教科書に現れる微分方程式は偏微分方程式を含め殆ど全てが2階微分の範囲に納まっていますね。
まーこれは良いことには違いないので喜ぶべきことなんでしょーねきっと。
しかし以前から不思議に思ってたことですが、なぜなんだろーって。
それで納得していーんだろーかって。

A 回答 (9件)

正確にいうと、時間に関する2階微分のことだと思いますが、どうでしょうか。

これは、例えばなぜ光速は不変なのかという質問と同じレベルで、そんなに自明ではなく、人類が長い間の試行錯誤の結果突き止めてきた結果なのです。そして、その答えは、そのうように出来ているのがこの宇宙の個性、すなわちこの宇宙の基本的な性質なのだということです。それをいかに噛み砕いて説明します。

例えば、人間の頭では、光速が不変でない、いわゆるガリレオの相対性理論が成り立つものとして、数学的に完全に無矛盾な宇宙を考えることもできます。しかしその宇宙は我々とは無関係な宇宙であり、だから架空な宇宙なのです。そして、光速不変というのがこの宇宙の個性であることは、アインシュタインが出るま解らなかったのです。

さらに、座標と運動量を掛けて得られる物理的な単位を作用の単位と言いますが、頭の中ではその作用変数が任意に小さい値を取れると仮定して、数学的に完全な力学体系を作ることができます。しかし。それも我々の埋め込まれた宇宙とは無関係な架空の宇宙であり、我々の宇宙では作用変数にプランク定数と呼ばれる最小値があります。そして、それより小さな作用変数がありません。なぜそうなのかと言うのではなく、それがこの宇宙の個性なのだと理解されているのです。事実、プランク定数が発見されて量子力学が生まれました。しかし、作用変数に最小値があるのがこの宇宙の個性であることは、プランクが出るまで解らなかったのです。

そのような認識の発見から、この宇宙には個々の現象に無関係に、この宇宙の個性を特徴付ける不変的な定数が存在していることに気がつかれるようになった。その定数のことを宇宙定数と呼びます。光速 cやプランク定数hがその宇宙定数の例です。他には電子の電荷の値eは宇宙定数の例です。

そのような発展で、次のような問いが生まれてきました。この宇宙の個性を特徴付ける事柄はいくつあるのかという問いです。その問いの1つとして、互いに独立な宇宙定数自身がいくつあるのかという問いかけがあります。しかし、もっと深い問いかけも意識されるようになった。それは、この宇宙での与えられた任意の運動の状態を決めるのにいくつの独立な変数がいるのかという問いです。

実は、その問いはすでにガリレオの時から意識されており、ガリレオは運動の状態を決めるにはその物体の位置と速度と言う2つの独立な変数が決まれば定まるということに気づいていました。その後、天体の運動に関するケプラーの法則の定式化を試みたニュートンによって、このガリレオの考え方が踏襲され、結局、物体に働く力が加速度に比例するとすれば、すなわちニュートンの法則が成り立っていると仮定すれば、あらゆる運動が位置と速度の2つだけの独立な変数によって完全に決まってしまうことが明らかにされました。

その定式化過程で、ニュートンは微積分の概念を発見し、速度が位置の時間に関する1階の微分で定義され、加速度が位置の時間に関する2階の微分で定義されるという事実と、彼が発見したニュートンの法則、すなわち時間に関する2階の微分方程式を解くには、必ず微分の回数(この場合2)の数だけの積分定数が必要であることがわかるようになった。そしてこの2つの積分定数を決めるために、位置と速度という2つの変数が必要であることがわかるようになった。

その後さらに力学の概念が発達して行きました。そして、力学の問題を解くには位置と速度の2つの組みで論じるよりも、位置と運動量の2つの組で論じたほうがより見通しが良くなることが解るようになってきた。例えば、位置とは長さで測られる。しかし同じ力学変数でも角度には物理的な次元がなく、単なる数です。そこで、角度の時間変化を計算するときには、その相棒として位置に対する運動量に対応しているような量を導入しておくと、微分方程式を解くのに見通しが立て易いことが経験的に解ってきた。そこで角度に対する相棒の運動量もどきを、角度に対応する一般化された運動量と呼ぶことにして、それを別な文脈の理由から作用変数とも呼ぶことにした。そうすると複雑な問題がいろいろ整理されて、問題が解きやすくなった。

その作用変数の物理的単位は、通常の位置の単位と運動量の単位を掛けたものになっています。だから作用変数の単位は、位置の単位と運動量の単位を掛けたものです。このことが、なんで物理学の基本方程式が時間に関する2回の微分方程式で表されてしまうのかに関して、後で重要になってきます。

さらにもっと複雑な問題を解いて行くと、位置でもない角度でもないもっと複雑な変数に関する力学の微分方程式を解くには、その複雑な力学変数の相棒としてその力学変数に対応した一般化運動量を導入すればうまく行くことが解るようになってきた。ただし、その一般化運動量を導入するには統一された規則があります。それは、その一般化運動量の単位とその相棒としての複雑な力学変数の単位の積が、必ず上で述べた作用変数の単位と同じになっていなくてはならないという規則です。

そのことから、このう宇宙の力学を記述するには、2つの相棒の対でできた変数の組を考えれば良いことが解るようになってきた。そしてその対の物理的な単位の積は必ず作用変数の単位を持っていなくてはならない。そこでこの対のことを物理学者は正準変数の組みと呼ぶようになり、そして、その変数自身を正準変数と呼ぶようになりました。そして、正準変数の組みの数が必ず2つで対をなす、すなわち3つや4つでなくて、必ず2つの組で出来上がってることがこの宇宙の特徴、すなわちこの宇宙の個性であることが解るようになってきた。そして、これが2つだけであり、それ以上でもそれ以下でもないことという特徴から、物理学の基本法則が必ず時間に関する2階の微分方程式になっていることの根拠を与えていることが解ってきた。

この事実の認識はとても重要な認識です。実際、その後、上で説明したプランクによる作用変数には最小な大きさがあることの発見と相まって、正準変数の間に特別な関係式があることに着目して、量子力学が発見されたのです。事実、量子力学の基本方程式はハイゼンベルグの正準方程式と名付けられています。

ですから、なぜこの宇宙の基本方程式が時間に関する2階の微分方程式で表されているのかは自明なことではなく、ガリレオ以降300年に渡る物理学者の苦しみぬいた努力の結果解るようになって来たのです。

それに対して、物理の応用分野や工学では時間に関する2階以上の項を含む微分方程式がしばしば出て来ます。しかし、これらは物理学の基本方程式ではなくて、その基本方程式からいろいろ重要でない項を落として得られた近似された経験的な方程式です。それを物理学の基本方程式と区別するために、物理学者は現象論的な方程式と呼んでいます。

物理学では、多くの現象論的な方程式が知られていますが、その方程式を物理学の基本方程式の近似からどのようにして導き出されるのかに関して、まだまだ未解決な問題が残されています。ですから、そのような現象論的な方程式を力学の原理から如何に正当化できるかという問題は、物理学の中心問題の1つになっています。
    • good
    • 1

No.4 です。

その後よく考えてみたら,いわゆる 2 次元あるいは 1 次元モデルにするから微係数の階数が上がっているとも考えられます。任意のシェルの場合はさらにユークリッド幾何じゃなくなるらしいし(とは受け売り)。さて非線形性に言及なさったご回答もありました。梁の場合は,とても美しいモデルが構築可能で,解析的な解が三つの基本的な問題では求められております。エラスティカで検索ください。なお,梁といっても伸びが厳密に無い梁です。ただ,伸びを厳密にゼロにしたもしなくても,支配方程式は六つの未知関数の六つの連立一階非線形微分方程式で表すことができます。上述のエラスティカ以外の支配方程式に名前は無いと思います。構造力学の教科書を見れば線形理論はどんな分野のものでも載っています。非線形のやつは・・・論文かなぁ。動的な場合は,空間は4階で時間は2階です。
    • good
    • 0

>物理の教科書に現れる微分方程式は偏微分方程式を含め殆ど全てが2階微分の範囲に納まっていますね。


物質の運動の基本は力です。力=mx加速度、加速度=∂²r/∂²tだからですな。
    • good
    • 0

微分の階数よりも、線形かどうかのほうが重要だろう。

梁の曲げだって、微小変形のうちは線形近似で済んでも、大変形になると非線形になって解析的には手に負えない。
 ちうわけでご質問に対する答は、何らかの現象を微分方程式でモデル化する際に、高階微分の項まで考慮する以前に非線形項の方が大変になっちゃうことが多いから、それ以前で打ち切って線形近似あるいはさほど難しくない非線形方程式で済ませるために、そうやってこしらえた方程式には高階微分はそうそう出てこない、ということじゃないかな。
    • good
    • 0

無限階微分をありにしてしまうと、無限に小さな時間内に有限距離からの影響があることになって、物理現象の局所性に反します。


逆に言えば、過去の記憶を持っている系とか、有限距離離れた点の変化がいきなり効いてくるような系なら、無限階微分もありえます。
    • good
    • 0

No.3 です。

梁や板の曲げ振動問題を対象にしたいなら,時間を入れてもいいですよ。入れたら,Newton 力学ですから時間微分に関しては加速度の2階微分です。粘性のようなエネルギ散逸が入ると1階の微係数も現れるでしょうがね。また z が入ったシェルのような場合も同じです。No.3 のポストでは Airy の応力関数を例にしたので,平面問題(これを説明するのが面倒だったから)なので z が無いだけでぇーす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>梁や板の曲げ振動問題を対象にしたいなら,時間を入れてもいいですよ。

すると梁や板の曲げ振動問題は、2階時間微分、4階空間微分の波動方程式になるんでしょーか?
なんと呼ばれてますか?
どこにありますか?

お礼日時:2019/02/15 18:00

No.1 です。

方程式の名前??? 「梁と板の曲げについての微分方程式」です。梁の場合は

 - EI u''''(x) + q = 0

です。u(x) が梁のたわみで,q は分布外力です。EI は,ま,ある係数です。板の場合は

 - D ∇^4 u(x,y) + q = 0

です。∇はナブラです。おぉー,そうだ。弾性論(弾性材料でできた領域における力学問題)は,応力関数 U(x,y) を用いて解くことができます。なぜ z が無いかは長くなるので省略。そして,この応力関数は

 ∇^4 U = C ∇^2 V

で支配されます。V は外力についてのポテンシャルです。ですから,外力が存在しない問題の場合の U(x,y) は重調和関数になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間tが入ってないから動きなしってことだ。
だから4階の微分方程式でも簡単に解けるって例だね。
しかしzが入ってないのは納得できないね。

お礼日時:2019/02/15 16:13

色々あるようです。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AA …

多分、簡単なものが研究されたり、議論されているのではないですか。
    • good
    • 0

あ,いえ,梁(細長い棒のことです)や板を曲げる物理現象の支配方程式は4階の微分方程式になります。

興味深いのは,なぜ最高階が偶数なのか・・・かもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その微分方程式の名前はなに?

お礼日時:2019/02/15 15:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q万有引力の式を微積なしに導く方法などが書いているサイトはないでしょうか?

万有引力の式を微積なしに導く方法などが書いているサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

プリンキピアは、幾何学的に万有引力の法則を導いているはずなので、やれなくはないはずです。
原書ないし翻訳を読むのは辛いと思うので、ブルーバックスでいいんじゃないですか。
私は未読ですが。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E2%80%95%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%8C%E4%B8%87%E6%9C%89%E5%BC%95%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A8%BC%E6%98%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%92%8C%E7%94%B0-%E7%B4%94%E5%A4%AB/dp/4062576384

プリンキピアは、幾何学的に万有引力の法則を導いているはずなので、やれなくはないはずです。
原書ないし翻訳を読むのは辛いと思うので、ブルーバックスでいいんじゃないですか。
私は未読ですが。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E2%80%95%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%8C%E4%B8%87%E6%9C%89%E5%BC%95%E5%8A%9B%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A8%BC%E6%98...続きを読む

Qなぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか? ちなみに、仕事量と運

なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?
ちなみに、仕事量と運動エネルギーは同じものですか?
また、力積を速度に関して積分すると運動エネルギーの式になるのは偶然ですか?
正直速度に関して積分するイメージがつかないためたまたま運動エネルギーの式になったのかなと思いました。

Aベストアンサー

>なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?

導けません。そもそもカ積はベクトル量。それを時間積分しても
ベクトル量です。絶対にエネルギーにはなりません。

QLEDはなぜ点発光?また禁制帯はタダの絶縁体ではダメなのでしょうか?

LEDの表面を見るとタングステンの電球と異なり目に見えないくらいの一点から発行していますがもう少し大きな面で発光させることはできないのでしょうか?

また、PN接合の間に禁制帯を作りその間を電子が飛ぶことで発光すると説明で見ました。この禁制帯の電子の飛びにくさで波長が決まるのであれば、例えば空気やガラス、純粋珪素などを禁制帯として波長についてはその厚さで制御できないのでしょうか?これであれば、素材を選ぶて間もなく理論上すべての波長を作ることが可能に思うのです。

Aベストアンサー

あなたの考える電子がi領域を通る機構は、ダイオードに逆方向の電圧を加えた際に、電圧が耐圧限界を超えるた状況に似てます。その場合(降伏と言います)は、いわば絶縁体の破壊と似た状況が起きます。限界耐圧は、ほぼi領域の長さに比例します(シリコンの場合1000V当たり100μm程度)。
しかしながら、LEDの発光は順方向に電圧を加えた際の動作です。その電圧値は、発光色によって異なるのですが、2V〜3V程度です。(ちなみに、シリコン ダイオードの典型的な動作電圧は0.8V程度です)

pinダイオードの順方向動作は、電解メッキに例えるのが適当でないかと思います。例えば銅をニッケル板に電解メッキする場合には、電解液中に銅片とニッケル板を吊るして、ニッケルに対して銅に僅かな正電圧(1V程度)を加えます。すると、電流が流れて銅がニッケル板の表面に付着して行きます。電流は、解け出した(正電荷を有する)銅イオンの電解液中の移動に他なりません。
この時、電解液は、銅から解け出した銅イオンの正電荷と電解液中の負イオンの負電荷がバランスして中性になってます。

電圧が加わってないpinダイオードのi領域には自由電子も正孔もほとんど存在しないので、ほぼ絶縁体と見なすことも出来ます。しかし、順方向に1V程度の電圧が加わった状況では、p領域からは正孔が、n領域からは自由電子がi領域に大量に入って来て、i領域では自由電子と正孔が同数だけ桁違いに増えます(電荷中性条件は保たれます)。このようにi領域中に動き得る荷電担体が多数存在することで、まとまった電流が流れることが出来るのです。
銅の電解メッキの電解液がi領域で、銅イオンが正孔に当たる訳です。(金属は正イオンとしかならないので、自由電子による電流を説明することは難しいけど、可動イオンが正, 負どちらであっても電流は流れることは納得できるでしょう)

一般的に、自由電子と正孔が合体すると発光するか発熱します。
それは、自由電子と正孔がそれぞれ独立に存在している状況のエネルギーよりも、合体した方が低エネルギーになるので、余ったエネルギーが光や(最終的に)熱となる現象です。
ただ、シリコンやゲルマニウムでは、光になるよりも熱になる比率が圧倒的に多いのでLEDには使えません。また、通常のダイオードは、このような合体がダイオード内部で起きないように設計されてます。
LEDは、(i領域中に多数共存する)自由電子と正孔が出来るだけ多く合体を起こし、その際、発生するエネルギーが出来るだけ光になるような半導体材料で作ったダイオードなのです。

あなたの考える電子がi領域を通る機構は、ダイオードに逆方向の電圧を加えた際に、電圧が耐圧限界を超えるた状況に似てます。その場合(降伏と言います)は、いわば絶縁体の破壊と似た状況が起きます。限界耐圧は、ほぼi領域の長さに比例します(シリコンの場合1000V当たり100μm程度)。
しかしながら、LEDの発光は順方向に電圧を加えた際の動作です。その電圧値は、発光色によって異なるのですが、2V〜3V程度です。(ちなみに、シリコン ダイオードの典型的な動作電圧は0.8V程度です)

pinダイオードの順方向動作は、...続きを読む

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

Q科学理論の発見について

科学は、1番に発見した人の功績が称えられます。よって発見は競争です。
仮に、ある理論を発見した際、
研究者数人に、その研究成果をメールした場合、後で争いになったら、そのメールは効力はあるのでしょうか?
それとも、論文が認可されないと、効力はないのでしょうか?

Aベストアンサー

天文学の世界ではメールで新天体の発見報告を国ごとのその天体の分野の統括している人に報告を送るそうですよ。
何日の何時何分にどこで新天体を発見したと…。
超新星の新発見ハンターで有名な方が日本のアマチュア観測家ですね。
昔は電報などを使用して順位を争ったようですが、今はメールで発見報告です。
その後にプロの学者が再確認し、他の可能性を潰して発見認定です。科学の世界ですから無闇矢鱈にメールだけでとはならないです。
昔は彗星でもアマチュアのハンターが世界中に居たのですが、今は大きな天文台や宇宙探査機にとって変わられてしまい、アマチュアのハンターが新彗星を発見すると業界では大きなニュースになります。

でも、ご質問のような例は希にあるようです。
数学のある難問(賞金が掛かっていた7つの難問)のうちの一つが、ある日突然、回答がネットで公開されたことがあります。
誰が解いたのだろう…多分あの学者だ…でも本当か…誰も判らない…。
何人もの数学者が何年も掛かってその論文が正しいことを認めたことがあります。
正しいと判った頃には、ネットに公開した人は、やはり最初の予想の人だと判ったのですが、賞金の受取を辞退したそうです。
賞金よりも難問を解いた方に喜びが大きかったようですね。

新元素の発見でも、発見競争がありましたね。
原子番号113のニホニウムNhは、色々な国の研究所で私が最初だ!という研究所が多かったのですが、国際機関で協議した結果、日本の研究機関が実験の再現性や正確性で最初と認定されています。

質問の設定がちょっと極端というか、何段階もすっとばしている感じがするのですが、数学では過去にありましたし、
物理や天文学では検証する制度や機関があります。

天文学の世界ではメールで新天体の発見報告を国ごとのその天体の分野の統括している人に報告を送るそうですよ。
何日の何時何分にどこで新天体を発見したと…。
超新星の新発見ハンターで有名な方が日本のアマチュア観測家ですね。
昔は電報などを使用して順位を争ったようですが、今はメールで発見報告です。
その後にプロの学者が再確認し、他の可能性を潰して発見認定です。科学の世界ですから無闇矢鱈にメールだけでとはならないです。
昔は彗星でもアマチュアのハンターが世界中に居たのですが、今は大きな天...続きを読む

Qハミルトニアンはなぜエネルギーなのか

本題に入る前に、話のすれ違いがないようにハミルトニアンの定義をしておきます
まず系の状態を定めるようなパラメーター(一般化座標)をqとして、作用積分
S = ∫[t1~t2] L(q,q',t) dt
が極値を取るという変分原理が初めにあります
Sが極値を取るのでLはオイラー・ラグランジュ方程式を満たします
Lをオイラー・ラグランジュ方程式に代入した際に、その系の時間発展の方程式が得られるようなものをラグランジアンと定義します
自由粒子の場合にはパラメーターはxであり、Lとして
L = mx'^2/2
L = e^(ax')
などがあります
一般化運動量を
p = ∂L/∂q'
で定義し、ハミルトニアンを
H = pq' - L
で定義します

このようにハミルトニアンを定義した場合、ポテンシャル中を運動する粒子や電磁波、その他オーソドックスな系(電磁場中の荷電粒子等々)の場合にはハミルトニアンを系のエネルギーと等しいものに取ることができますが、それが偶然なのか、それとも必然なのか、それ以外の一般の場合についてもやはりハミルトニアンをエネルギーと等しいものに取ることができるのかについて教えてください

本題に入る前に、話のすれ違いがないようにハミルトニアンの定義をしておきます
まず系の状態を定めるようなパラメーター(一般化座標)をqとして、作用積分
S = ∫[t1~t2] L(q,q',t) dt
が極値を取るという変分原理が初めにあります
Sが極値を取るのでLはオイラー・ラグランジュ方程式を満たします
Lをオイラー・ラグランジュ方程式に代入した際に、その系の時間発展の方程式が得られるようなものをラグランジアンと定義します
自由粒子の場合にはパラメーターはxであり、Lとして
L = mx'^2/2
L = e^(ax'...続きを読む

Aベストアンサー

ゴールドスタインの"古典力学" (初版) VII-3節"保存法則とハミルトニアンの物理的意味" には以下の説明がありました。私には理解不能ですが、原文を読まれてはどうでしょうか。
-- p.259 --
Lagrangianが時間を陽に含まなければ(その場合にはHamiltonianも時間も陽に含まない訳だが), Hが運動の定数になる。
また、Lの一般化座標が時間を含んでおらず、またポテンシャルVが速度を含んでいなければ、Hamiltronianは全エネルギーT+Vに等しい。
しかしながら、Hが運動の定数であることと, Hが全エネルギーに等しいということは別の事柄である。
たとえば、Lの一般化座標が時間を陽に含んでいるけれども, Hが時間を陽に含んでないような場合が起こりうる。このときにはHは運動の定数ではあるが全エネルギーには等しくはない。

Q電磁波はすべて波長の長さに関係なく光速なのですか?

電磁波はすべて波長の長さに関係なく光速なのですか?赤外線もラジオ短波も、その他あらゆる電波も。

Aベストアンサー

>描く一本の線が1サイクル描く際の距離を仮にX[Km]とします

「描く一本の線」の距離など、波に関しては何の意味もありません。「波の線」なんて、人間の目に見えるように書いた「グラフ」に過ぎませんから。
1サイクルの「長さ」(進行方向の距離)が「波長」ですよ。

Q物理と数学は違う!物理と数学は同じ!どちらだと思いますか?

物理と数学は違う!物理と数学は同じ!どちらだと思いますか?

Aベストアンサー

まったく違う学問です。

物理は、この世の、物質や力などの根底の仕組みを解き明かすものです。だから、・・・理論、・・・定理というものに理屈はありません。すべては、その時点でもっとも確からしい仮説であり、そう考えると、自然の仕組みがもっともよく理解できるっていうことです。仮説から導き出させる現象の理屈がいかにすっきりしているか? それが、実験によって確かめられるか?などがあわさって、理論が認知されます。

数学はそれとはまったく別で、公理と言われる前提から、論理的に導き出される、純粋な理論の体系であり、自然界の現象とは直接のつながりはありません。

多くの解答で、裏腹だとか、つながっているとされるのは、物理の理論を考察するツールとして数学が使われることと、数学的理論を突き詰めたことから予想される現象が、逆にあとから発見されたりすることで、物理と数学は切っても切れない印象があるからだと思います。しかし、根本はまったく違うものなのです。

Q運動エネルギーはどういった考えから1/2mv^2になるのですか? 等加速度運動の式v0t+1/2at

運動エネルギーはどういった考えから1/2mv^2になるのですか?

等加速度運動の式v0t+1/2at^2の加速度の計算に当たる1/2at^2と同じような考えで理解してもいいのでしょうか。そうするとm=aと考えられるような、、、
拙い文章で申し訳ありません、、

Aベストアンサー

レール上に(極めて軽い)トロッコBが止まっていてブレーキが掛けられているとします。(このレールを右向きを正とした数直線と捉えておきます)
その左側から客車Aが早さWで進んできて、ABは連結し、Bのブレーキの影響でやがて停止した場合を考えます
Bのブレーキの力の大きさが左向きに一定でFであるとすれば、作用反作用によりBは停止まで、Aから右向きにF(一定)の力を受け続けたことになります
停止までにA,Bが動いた距離をs(右向きにs)とすればBがされた仕事=力x移動距離=Fs[J]です。
言い換えればAはBにFs[J]の仕事をしたことになります
AはBのブレーキ力(-F)を受けるのでAの加速度を右向きにa[m/s²]とすれば、Aの運動方程式はma=-Fで
a=-F/mです。
これを等加速度運動に関する3番目の公式:V²-Vo²=2axに代入すると
0-W²=2(-F/m)s
整理して(1/2)mW²=Fs
右辺は前に述べた通りAがした仕事ですから、言い換えればAがBに与えたエネルギーです
つまり、速さWのAは(1/2)mW²のエネルギーを持っていたという事になります。
このことから一般に速さVの物体の運動エネルギーは(1/2)mV²と言えます。

レール上に(極めて軽い)トロッコBが止まっていてブレーキが掛けられているとします。(このレールを右向きを正とした数直線と捉えておきます)
その左側から客車Aが早さWで進んできて、ABは連結し、Bのブレーキの影響でやがて停止した場合を考えます
Bのブレーキの力の大きさが左向きに一定でFであるとすれば、作用反作用によりBは停止まで、Aから右向きにF(一定)の力を受け続けたことになります
停止までにA,Bが動いた距離をs(右向きにs)とすればBがされた仕事=力x移動距離=Fs[J]です。
言い換えればAは...続きを読む

Q水素原子の電子配置について

水素原子の電子配置についてのこの記事↓ですが、

http://th02.deviantart.net/fs71/PRE/f/2012/259/3/d/hydrogen_orbitals___poster_by_darksilverflame-d5ev4l6.png

つまり水素原子は周期表にある電子軌道1s1以外にも、周囲からエネルギーを与えることにより様々な電子軌道([Xe] 6s1)に転移させることが可能ということなのでしょーか?

Aベストアンサー

出来ますよ。例えば光を当てると光子の吸収が起きる。
水素の吸収線の研究はもう随分古い話です。

現象の名前は「励起」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング