大人になってから留学し、今、アメリカ2年目です。この2年で英語学習は脳のトレーニングだと思うようになりました。それはボキャブラリー等の個別の話ではなく、読む書く話す聞くの総合的コミュニケーションの理解力とスピードいう意味においてです。算数の計算のトレーニングと似たような感じすらします。脳のなかで、言語を処理するところを開発するというか、シナプスをつくるとか、そんな感じだと思うのです。
よく1年経ったら、突然、英語が聞き取れるようになったとか言う人がいますが、私の場合はちょっと違っていて、1年半目くらいで、英語を聞いているときに、脳のなかで無意識的に数秒くらい遅れて処理しているという不思議な感覚が続き、その後、普通のスピードの英語に対して、速くて聞けないという感覚はなくなりましたように思います(ボキャブラリーやアクセントの問題は残りますが)。
その不思議体験から興味を持ち始めて、英語学習と脳の関係についての研究や本がないかと思っているのですが、どなたか教えていただけませんでしょうか。体験者の経験でも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

英語の習得は脳のトレーニングであるというのは、まったくそのとおりです。


『発掘あるある大辞典』という番組のサイト
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/index.html
の「放映テーマ INDEX」から第190回『英会話』をご覧ください。

英語と日本語を話せる人は、脳の中に英語を司る領域と日本語を司る領域とがあります。
私の場合、英語で話をしている時と日本語で話をしている時とでは
別の人格であるかのような感じがします。
友人もこれと似たようなことを言っていました。

突然聞き取れるようになるということについてですが、
「不思議な感覚」についてはわかりませんが、
関連したことを hi という単語を例に挙げてお話します。
hi は「アイ」という二重母音を含んでおり、これで1つの母音です。
しかし、日本語のネイティブには hi が「ハ・イ」と2つの音のかたまり(2音節)
に聞こえてしまいます。
これがいつのまにかハッキリと「ハイ」と1つの音のかたまり(1音節)に聞こえる
ようになります。
すると不思議なことに自分で発音する際には、意識しなくとも勝手に
「ハイ」と1音節で発音してしまいます。
よく言われる「英語のリズムに慣れる」というのは、このことです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=48705
    • good
    • 0
この回答へのお礼

artist0さんの英語に関する知識の深さには敬服します(他のページでもいろいろ拝見しました)。なるほど。英語はこちらに来る前は、ドラマなど見ても、とてもテキストの通り発音しているとは思えなかったけど、慣れるとそう聞こえるから不思議です。リズムというのは、聞き取るのに本当に重要です。私も、聞こうと意識するときは、頭を意識して英語モードに切り換えたりします。

「あるある」のサイト、実は以前、見たことがあります。ずっとこの疑問が頭から離れなかったもので、いろいろWebでも探していたのです。(でも、ありがとうございました)

私の不思議感覚というのは、誰かが喋っていて、それを私が何となく聞いているときに、ほら、遺伝子がコピーされるモデルとして、長い螺旋状のものをほぐしてコピーして、また絡ませてというようなのを、テレビでモデルとしてやっているではないですか。あんなふうに、誰かの喋りが先に行って、私の脳はそれを少し遅れて意味として紡いでいる感じだったのです。別の言い方をすると、コンピュータの構文解析系のソフトウェアの仕事と同じような感じかもしれません。ポイントは、これが結構、オートマティカルだという点です。

と言っても、体験者にしかわかりませんよね、きっと。
同じ時期に留学した別の友人は、ネイティブと話したときに、相手の言うことが聞き取れなくてSorryと言った後、5秒くらいして「あれ、わかった!」みたいなことが、よくある、とやはり1年半くらいのときに言っていました。

お礼日時:2001/07/29 06:24

 日本語で話す時と、英語で話す時では、人格が変わります。



日本語 的な発想(結論を言わない、曖昧にする)と、
英 語 的な発想(結論は明確に、自己主張する)


のは、英語を話さない人でも分かる程度の事ですが、実際に、


 上司の前で、自分の意見を言う場合、日本語で言うか、英語で言うかで、正反対の意見を言ってしまって、自分ながら呆れてしまう場合が多く有ります。

 日本語だと、当り障り無く、上司の意見に沿った無難な意見で済ませてしましますが、会議で英語(外人が一人いる)の環境ですと、上司の前でも、本来の自分の意見を堂々と言えてしまうのです。つまり、「イエス」・「ノー」を明確にすることが出来るのです。逆に、英語で結論をあやふやにすることは、更に至難の技であることを実感しています。

 言語が異なれば、発想が異なる事を自分自身で実感しているので、欧米の発想と日本の発想は相容れないような、様々な今日の現実も、何となく分かっているつもりなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、興味深いです。実際の例をお聞かせ願えないでしょうか。どんな違うことを言ってしまったか、というのは、すごいおもしろいと思います。欧米企業と日本企業の戦略研究をするより、組織および言語と戦略の関係について研究でもしたほうが成果があがったりして。
きっとZz_zZさんの脳は、英語と日本語がかなりきちんと分かれているのでしょうね。やっぱり帰国子女か高校留学組ですか?

言葉(1st languageと2nd, 3rd...)と脳ってこんなにおもしろいのに、どなたか研究していないのでしょうか。

お礼日時:2001/07/29 06:36

ぼくも外資系に勤めていて、なかに飛び抜けて「英感」のいい人がいるんです。

聞き取り、会話など、勘が良くて、しゃべりも速い人。

それで共通点を見つけたんですが、(帰国子女を除いて)高校で留学した人なんです。そこで自分の子供も1年留学させてみました。それで分かったことは、

1)高校ぐらいのレベルの勉強が、日常英語を覚えるのにちょうどいい。
2)(ここが科学的でないんですが)聞こえたまま覚え、聞こえたまま発音する。聴覚~脳~口の周りの筋肉の動きが柔軟で、適応力が高い。
3)3ヶ月過ぎると、英語で夢を見る。

しかし大人でも3ヶ月が1年半に延びただけとはすばらしい!ぼくは永久にダメでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のまわりでも高校生で留学した人は全然ちがいます。聞く能力もさることながら喋る能力が格段に違いますね。これが耳から覚えたことの証拠ではないでしょうか。やっぱり3ヶ月で変わると言っていました。一般化は危険かもしれませんが。

私のさらなる疑問は、英語教育です。英語教授法をこちらで学んでいる人に聞くと、方法論的にはコミュニカティブ・アプローチとかいろいろあるけど、成果が人それぞれでバラツキが大きく、どの方法が優れているか結論が出せない、ということなのです。

それはそれでいいとしても、日本の学校における英語教育も実践を重視することで、そういうアプローチをとっている(?詳しくは知らない)ようなのですが、「脳のトレーニング」という側面って、全然、語られないような気がします。他の教科とのバランスや、日本にいることの制約を考えると、全てを求めるのは無理なのは分かるのです。

結局、実践って何を目指していて、どうなっているのでしょうか。算数や数学は、賛否両論ですが、ドリルとかあって、トレーニングが重視されるのに、と思ったりします。

お礼日時:2001/07/29 06:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語と母国語 英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベル

英語と母国語

英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベルが頭打ちになると思うのは偏見でしょうか?

通訳レベルの方々って母国語も上手いと思うので…

Aベストアンサー

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひどくはなかった、すなわち、常に日本語で考えていて、英語で話していたのですが、家庭で英語しかつかっていないと、頭のなかに浮かぶ言葉が、英語70%、日本語30%ぐらいになってしまい、独り言まで英語になるようになりました。

困るのは、仕事をしているときです。 職場では日本語しかないので、疲れたときなどは、つい思ったことを英語で言いそうになり、それだと「変な人」と思われるので、無理に日本語を意識して話そうとすると疲れるのです。 それと、話し手が日本語だと、テレビのようなきれいな日本語ではないのと、日本語は無意識にきけること、英語は出だしに重点があり、日本語の出だしは意味のないことが多いので、言いだしのところだけしか注意がいかず、肝心な動詞など日本語の最後の部分をきいていないことがおおくなりました。

それや、日本語の近い発音、たとえば人名の「中川、古川」などをしばしば間違えます。

二か国語を使わないといけないと、そうとう頭をフル回転させないといけません。 それで、どちからというと、わたしは母語の日本語も英語も、なんかへたくそになったような気さえします。

夢も英語でみる場合と日本語でみる場合があります。 寝言も同じようになります。 妻にきくと、寝言はわたしはよくいうようで、英語でいうときと日本語でいうときと、半々ぐらいだと言っていました。 ただしどちらも何を言っているかまではわからないそうです。

外国人と結婚しているような人とか、仕事で英語を使わないといけない人は極めて限られるので、お答えにはなりませんが、やはり外国語は使わない限りは上達もしないし、また、使わないと忘れるものです。 母語でもそれに近くなります。

ネットなどで外国人の友達をみつけて、いろいろ話をされるような努力をされないと、日本語だけの環境で英語が上達するのは無理があります。

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひど...続きを読む

Q英語を第二言語として学習する学習者の学習法について

鈴木孝夫著『日本人はなぜ英語ができないか』という図書を読み、鈴木氏の「日本人はまず自国の文化を英語でしっかり学び、それを英語で発信できるように学習すべきだ」という主張に感銘を受け、現在似たような主張、つまり、「自国の文化を英語でまず学ぶことが大切である」という主張をしている『洋書』(ネットなど比較的入手しやすい洋書)を探しています。ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

再投稿します。

近江 誠の「間違いだらけの英語学習」常識38のウソとマコト、小学館から出ています。

的をえたことが書いてあり、役に立ちます。

Q不思議な体験です。MDから聞こえる英語が・・

最近のおはなしです。
MDから聞こえる英語が
 イヤホン(耳)でなく
頭の中央らへんから聞こえました。
 内容もクリアーに
理解できるのです。
 (完璧ではありませんが) 
まるで
外人の綺麗なご婦人が
 すぐそばで語ってくれてるような
そんな心地よい気持ちです。
 今までこんな経験初めてです。
なぜでしょうか?
有識者様教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

バーチャルサラウンドを用いた技術ですね。

http://www.ari-web.com/service/kw/sound/surround2.htm

Q中学2年の英語学習。保護者の方が英語が得意な方教えてください。

中学二年生の子どもがいます。
最近やっと単語などは覚えられるようになってきましたが、
当初はこのままで大丈夫だろうかと思ったほどなので、もともと
英語は得意な方ではありません。

英検3級は持っているのですが、学校の定期テストも平均点ぐらい。
学校の場合テスト問題の1/3くらいが和文英訳です。
この和文英訳がとても苦手。

このまま準2級のテスト勉強をした方がいいのか、教科書の和文英訳に
力を入れたほうがいいのか迷っています。

もともとは英検2級くらいまで終了した後、TOFLEかIELTSを受けさせるのが
順当かなと思っていたのですが、学校や模試の成績が伴わないので、
そちらをまずは優先させるべきなのかと心が揺れています。

英語が得意な保護者の方、実用で英語を使用していらっしゃる方、
実際のお子さんに対する英語教育はどうされていらっしゃいますか?
どうぞお教えください。

追記:私個人の英語力は海外におりましたので、CFER C1~C2程度の英語力です。

Aベストアンサー

>味気ない授業が淡々と続いているようです。

>自信を付けるには点数を上げること、そうかもしれないなと思いました。
>学校で使っている教材の英語例文があまりにひどくて(びっくりするような
>文脈無視の例文が多発しているんです)、これを覚えさせていいのかと

#3にいただいたお礼を拝見しました。なるほど、そういうことでしたか。だったら、授業に限らず、何らかの形で目に見える成果をご本人が実感できればいいのではないかと思います。

例えば、すでになさっているかもしれませんが、受験用の問題集などから、質問者さんが優れていると感じる出題をピックアップしてご本人に正解させてみて「これができれば、あの優秀な高校の合格者と同等よ」と教えてあげるとか。また、学校のテスト結果に関しても「この理不尽な問題はできなくても平気。むしろ、あの優れた問題で正解できたのだから、あなたには英語のセンスがある」などと伝えてあげられるといいのではないかと思います。

こういうことは「英語が得意で、実用で英語を使用している」保護者でこそできることです。加えて申しますと、一緒に勉強をしていてご本人が躓いた時にも、英語が堪能な保護者なら的確なヒントを出せます。

ちなみに私は、日本の中学で英語を学び始める前に、英語がすでに日本の中学生なみにはできるようになっていました。そのおかげで、授業中にわかりにくくて複雑な説明が登場した時にも、自分で取捨選択ができ、自信を失うことなく英語を学び続けることができました。例えば多くの子は、前置詞や冠詞で躓くと、そこから先へ進めなくなったりします。しかし私は「前置詞で躓いている暇があったら動詞の活用を固めたほうがいい」と自信を持って思うことができたので、躓かずに前へ進めました。実は我が子も、ようやく大学で授業に恵まれて、英語を真面目に学習するようになったのですが、その時に、私が本人の質問に答える形で、こうした取捨選択をしてあげたり、本人の長所を活かす項目や考え方に水を向けることができたのは有益だったと思っています。

>味気ない授業が淡々と続いているようです。

>自信を付けるには点数を上げること、そうかもしれないなと思いました。
>学校で使っている教材の英語例文があまりにひどくて(びっくりするような
>文脈無視の例文が多発しているんです)、これを覚えさせていいのかと

#3にいただいたお礼を拝見しました。なるほど、そういうことでしたか。だったら、授業に限らず、何らかの形で目に見える成果をご本人が実感できればいいのではないかと思います。

例えば、すでになさっているかもしれませんが、受験用の...続きを読む

Q英語ボキャブラリー増強法(エキスパート編)

こんにちは。英語上級者の方にご質問します。


英語のボキャブラリー増強にはどういう方法をとっていらっしゃいますか?



参考書をお使いですか?



私は目に飛び込んでくるもの全てを英語に訳すような練習をしたことがあります。「木漏れ日」、「ひだ」、「口内炎」、「手押し車」、「外輪山」、「たれパイ」等々。この方法の欠点は、どうしても、名詞に片寄る点ですが。

どうか、名人、達人のボキャブラリー増強法を教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

News、映画、等日常的に近いもので反復利用する単語でわからないものは何度も使って覚える様にしていました。
専門性の高い言葉(例に出された口内炎、外輪山等)は利用頻度が低く、そもそも反復利用できないので覚える努力もしませんでした。

私は上級者とは程遠いですが、英語の単語の場合は部分部分を区切って接頭語、接尾語、外来語等の組み合わせのツボを理解するようにして覚えた記憶があります。こちらの方が効率的に語彙が増えました。
あとはわからない単語は辞書で調べないこと。想像力を働かせてguessする訓練をしましたね。
当初は打率が低いですが、経験値が上がると打率も上がります。もちろん最終的には英英辞書で内容を調べました。
この時にsynonym, antonym も同時に覚えるようにしました。

ご参考まで


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報