あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

著作権に関して質問させていただきます。
ブログや個人のウェブサイトにて、旅行先を紹介する際、旅先で入手した無料のパンフレット(観光協会の作成した観光マップ、寺社や博物館のパンフレットなど)を紹介したいと考えています。
全て無料で入手したものです。個別に写真掲載の許可は取っておりません。
出典を明記し、画像の転載を禁止する旨記載したとしても、このような行為はインターネットに公開する点で私的利用を超え、著作権法に反するものでしょうか。
教えていただければ幸いです。

A 回答 (3件)

はい。


「ブログや個人のウェブサイト」で「全人類に向かって公開」した時点で、私的利用を完全に越え、著作権法に違反します。
いわゆる、違法アップロードです。


個人が運営しているかどうかは問題ではなく、どこに向かって公開されているかが問題になります。
公開範囲が「自分」或いは「同居している家族」を越えたら、私的利用の範囲を超えます。
厳密に言うと、「同居していない家族」に向けて公開するのも違法です。


観光パンフレットは、特殊な方針がなければ、出来る限りみんなに見てほしいと言うものがほとんどですから、ほとんどのそのパンフレットを公開している会社や団体は、ブログで紹介したいと申し出れば、喜ばれるはずです。



ですが、無断公開は犯罪です。



ごく僅か、たったのメール一本、電話一本で、一言許可を貰うという、わずか、ごくわずか、かすかな、わずかな、ちょっとだけ、たったの数分だけ無駄にすれば、犯罪が、合法に変わります。

数分を惜しんで犯罪行為に走らないようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にご説明くださりありがとうございました。
公開の範囲によって私的利用を超えること、理解できました。
これまでに入手したものの掲載は諦め、今後は必ず作成した自治体等に確認を取り、許可をいただいたもののみ掲載させていただこうと思います。

お礼日時:2019/04/19 22:48

そのパンフレットには取材費や製作費や人件費などがかかっており、明らかに協会の財産となります。


なので、構成、文章、写真、レイアウトなどのすべてに知的財産権が設定されます。

である以上、それを無断で使用すると「他人の財産の侵害」となり、この場合は著作権法違反に問われます。

厳密には、です。
そこまで厳しくこだわる人や組織はあまりいないでしょう。
しかし原則はそういうことです。
向うが故障を言い立てたとき、言い訳ができなくなります。

法律のどうこうを抜きにしても、礼儀として、やはり
人が作ったものを使わせてもらうときは一言断りを入れるくらいの心を持ちたいものです。
それがお互いを尊重し合う社会を作る基本になるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にご説明くださりありがとうございました。
無料かどうかは関係なく、作成者に知的財産権があること、無断公開はその権利に反していること、理解しました。
今後公開したいものは、必ず作成した自治体等に確認し、許可を得てから公開したいと思います。

お礼日時:2019/04/19 22:50

①営利目的ではないこと


②不特定多数のその他大勢が入手できるような方法により配布されていたこと
を鑑みると、著作権法違反となる可能性は低いですが、なんにせよ、念の為ということで問い合わせてみることをオススメします。
中には、パンフレットのデータをPDFなどにして送ってくれる会社や地方自治体もあるので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にご説明くださりありがとうございました。
安心して掲載できるよう、今後作成した自治体等に確認を取り、許可をいただいたもののみ掲載しようと思います。

お礼日時:2019/04/19 22:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇陛下が乗られるセンチュリーロイヤルにナンバープレートがないのは道路交通法違反なのでは?

天皇陛下が乗られるセンチュリーロイヤルにナンバープレートがないのは道路交通法違反なのでは?

Aベストアンサー

ナンバープレートついてますよ。
普通の形状のものはついていませんが、皇室車専用のナンバープレートがついています。
「皇室専用ナンバープレート」で検索すると画像などで確認できますよ。
ちなみに、きちんと車検も通してあります。

Q人の内情知らないで偉そうなこと言われるとむかつきますよね?

人の内情知らないで偉そうなこと言われるとむかつきますよね?

Aベストアンサー

さーて 具体的な事象じゃないと何ともいえませんね。
相談に来たのに「人の内情」を話さない奴もどーかと思いますけどね。

Q働き方改革関連法案による法改正を、就業規則に盛り込まれたのですが・・・。

タイトル通りですみません。
働き方改革関連法案で年間5日以上の有給取得が義務化しましたが、それについてです。
単刀直入にお伺いします。

会社は、前項による年休を10以上有する労働者に対して、その内5日については、前項の各期間1年以内の期間に、労働者にごとにその時季を定めることにより付与し、労働者は付与された年休を取得しなければならない。ただし、労働者本人の年休申請に対して、または、計画年休により年休を付与した場合には、当該与えた年休日数(当該日数が5日を超える場合には、5日とする)分については、会社の指定した日時の年休付与をしない。

↑これは、どういう意味ですか?
特に、『ただし、労働者本人の年休申請に対して、または、計画年休により年休を付与した場合には、当該与えた年休日数(当該日数が5日を超える場合には、5日とする)分については、会社の指定した日時の年休付与をしない。』
を、小学生でも分かるように教えていただけないでしょうか?
お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは、
 労働者にごとにその時季を定めることにより付与
 → 会社から「お前、この日に年次休暇とって休め」と5日指示する必要が有る
っていう前半部分に対する補足で、

『労働者本人が年次休暇を使ったのなら、その日数は指示する5日から引いていいよ』
(6日以上引いちゃうとマイナスになるから、引くのは5までですよ)

という意味です。

なので、
結局の所「計画休暇は5日以上取得させなさい」っていう意味になります。

Q受けた側で証明書なしで、役場や法務局で実印と確認できますか。

書類に、会社印と代表者の実印があり
証明が無いと受けた側は実印かどうかわかりません。
この時、受けた側で証明書なしで、役場や法務局で実印と確認できますか。
方法等教えてください。

Aベストアンサー

実印とは市町村役場に「印鑑登録」した印を指します。
その手続きが行われていなければ、いかに立派な印であろうと実印とはなりません。

実印を必要とする場合は、印鑑登録に基づく「印鑑証明書」を併せて求めるのが一般的です。
この手続きを行わない場合、要するに
「口では実印と言いましたが実は訂正印でも何でもよいのです」
と言っているのと同じことです。

あとは不利になるのを承知でその言葉どおり行動するか、
恥を忍んで「すみませんが印鑑証明書の追加提出をお願いします」と頼むことになります。

Q“合体フィギュア”販売で逮捕は、どこがまずかったのか?

“合体フィギュア”販売で49歳男を逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00042842-houdouk-soci

これのどこがどのように法に触れたのか教えてください。

1.アニメキャラのイメージを悪くした
2.加工して販売する点
3.稼ぎ過ぎた点

それとも、いくつかのギリセーフが重なってるから、「合わせ技一本」みたいな逮捕というところでしょうか?

例えば、ガンプラも市販のキットを自作とか他のプラモのパーツを流用して製作・完成させて販売しているケースもあります。本来はそれもマズイのでしょうか?
カスタムモンキー(改造車)を販売するのもアウトなんでしょうか?

Aベストアンサー

本来全部まずいのです。
著作権侵害は親告罪なので、著作権利者がうるさきゃ逮捕されます。
音楽、映画、マンガ、アニメ、フィギュアでは著作権管理団体があったりなかったりで、媒体物によって対応が違うのです。

リンク先の写真のフィギュアはラブライブでしょう?
ラブライブの権利を持つサンライズとバンダイは法務部がネット上の監視と直接連絡を怠りません。バンダイはプラモやフィギュアも販売していて、おそらく今回の事件がベースがバンダイのプライズ商品を加工し販売しているので、直接被害を受けていますし。
サンライズとバンダイはガンダムの権利も持つわけですが、著作権というのは権利者が自由に寡占できる権利なので、著作権侵害を自由に選ぶ権利もあります。
ガンダムだってMAD動画などには比較的目をつぶりますが、キャラクタービジネスに対しては厳格な対応に出ます。

二次創作の同人活動は、マンガはコミケットが、フィギュアはワンフェスが引導して権利者許諾とのグレーゾーンをそれぞれが長年模索してきたので、
マンガやイラストより立体物のほうが、二次創作者が直接許諾申請できる環境が整っていて、著作権利者も訴えでやすいシステムが構築されているのです。

カスタムモンキーは著作権が存在しないので、全く別の話。

本来全部まずいのです。
著作権侵害は親告罪なので、著作権利者がうるさきゃ逮捕されます。
音楽、映画、マンガ、アニメ、フィギュアでは著作権管理団体があったりなかったりで、媒体物によって対応が違うのです。

リンク先の写真のフィギュアはラブライブでしょう?
ラブライブの権利を持つサンライズとバンダイは法務部がネット上の監視と直接連絡を怠りません。バンダイはプラモやフィギュアも販売していて、おそらく今回の事件がベースがバンダイのプライズ商品を加工し販売しているので、直接被害を受けてい...続きを読む

Q著作権についてです。

ボランティアしている先で、本棚にカーテンをつけることになりました。
ただの布ではつまらないので、絵本の主人公たちをフェルトでアップリケしようと思ったのですが…。
これって著作権的にまずいですか?
場所は学校の中なので、先生や子供たちが通りますが、一般の方の出入りが自由な場所ではありません。

Aベストアンサー

基本的な考え方をまずお示しします。
著作物は著作権法で守られています。つまり、著作物を創作した著作者が、その著作物の著作権を持っています。この著作権の中に複製権があり、著作権者にはその利用(複製などをすること)を許可(許諾と言います)する権利があります。ですから、勝手に、許可なく複製をすると、著作権侵害となります。ちなみに、この複製は、有償無償、売る売らない、に無関係です。商用でないからいいんだとはなりません。

著作権については、その権利の主張ができない例外がいくつかあります。たとえば、公的な学校での授業の一環で利用するのは自由だと、著作権法で認められています。これが許されるのは、あくまでも授業の一環なので、本棚のカーテンでは対象にならないでしょう。
学校の中で一般の人が入らなくとも同じです。それにPTAとか授業見学とかあると思います。校長や先生方が注意されるかも知れませんね。
それに、子供たちの著作権意識に影響します。これが一番大きいかも。他人の作品を無断で使うことは避けるべきです

複製が下手くそで似ていないからいい、とも言えません。
まったく似ていないなら、誰も注目してくれないかも知れない、と思いがちですね。
お勧めは、ご自分で独自に主人公を作ってしまうことです。
また、わざと似ていない故意に(?)下手くそなデザインにすれば、著作権者も見逃すでしょう。

基本的な考え方をまずお示しします。
著作物は著作権法で守られています。つまり、著作物を創作した著作者が、その著作物の著作権を持っています。この著作権の中に複製権があり、著作権者にはその利用(複製などをすること)を許可(許諾と言います)する権利があります。ですから、勝手に、許可なく複製をすると、著作権侵害となります。ちなみに、この複製は、有償無償、売る売らない、に無関係です。商用でないからいいんだとはなりません。

著作権については、その権利の主張ができない例外がいくつかありま...続きを読む

Q自転車を飲酒運転しながらタバコを吸っている中学生を引きずり下ろして殴る行為は社会正義なんですか

自転車を飲酒運転しながらタバコを吸っている中学生を引きずり下ろして殴る行為は社会正義なんですか?

殴った人は正義で正しい行いで中学生が悪いんですかね?
殴った人は警察官でもなく先生でもないとすれば暴力行為だと思いますけどどうなんですか?

Aベストアンサー

DQNの不良底辺の中学生と言えども、仲間呼ばれて報復されたら怖い。
そこは、川口や川崎、尼崎みたいな外国人労働者が多い地域では??

Q僕は今飲食店を立てたくて5000万円必要です この前投資家サイトのFounderにとうろくしました!

僕は今飲食店を立てたくて5000万円必要です
この前投資家サイトのFounderにとうろくしました!
そこで通る外国人から投資してもらえることになりました、契約書とかも英語で送られてきて、あとはサインだけなのですが、日本語に直してもとくにおかしいところはありませんでした、詐欺とかじゃないですよね?これでお金請求されることってありますか?メールで何回も契約の確認はしています、なのでメールに証拠は残っています、サインしても大丈夫でしょうか?あまりにも話がうまく行きすぎて少し不安です、

Aベストアンサー

不安なら、
弁護士に契約書を見て貰う
それからサインでも、
良いと思いますよ

Q図書館に貼ってあった著作権啓蒙ポスター(下の画像)を見て疑問が湧きました。 個人的に複製するのはOK

図書館に貼ってあった著作権啓蒙ポスター(下の画像)を見て疑問が湧きました。
個人的に複製するのはOKだったような気がするのですがどうなのでしょうか?

ポスターの内容を説明すると
①甲がCDを買う
②甲が乙にCDを貸す
③乙がそのCDをCD-Rにコピーする
④「それは著作権侵害に該当します」
となります。

Aベストアンサー

【「④「それは著作権侵害に該当します」】は,甲の行為(貸すという行為)とは無関係に,乙の行為について指摘していると考えられますが,直ちに著作権侵害とは言えません
しかし,そのポスターで啓蒙しようとしている意図は理解できます.おそらく,私的使用目的を拡張解釈した複製が少なくないという現状を考慮していると考えられます.多少は勇み足のきらいはありますが,警告なら見逃してあげてもよいのではないでしょうか.

現行法の30条1項により,乙は,乙の私的使用の目的で,複製(CDの複製)を自身で許諾無しに作成することは可能です.
乙が甲その他の誰から借りたかによりません.乙が甲にそのCDを(複製後)返却するか,譲渡されて乙の所有になるか,はどちらでも構いません.かりに,甲から借りたCDが違法著作物であったとしても,私的使用の目的で複製することも禁止されていません.

「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用」についてですが,乙が家族なら認められますが,友人なら対象外です.友人とは友人の友人も含めて不特定になるからです.
また,家族内で,子供や,障がい者など,自分で複製できない人のために,本人の代行で複製することは可能です(使用する本人ではないが).

【「④「それは著作権侵害に該当します」】は,甲の行為(貸すという行為)とは無関係に,乙の行為について指摘していると考えられますが,直ちに著作権侵害とは言えません
しかし,そのポスターで啓蒙しようとしている意図は理解できます.おそらく,私的使用目的を拡張解釈した複製が少なくないという現状を考慮していると考えられます.多少は勇み足のきらいはありますが,警告なら見逃してあげてもよいのではないでしょうか.

現行法の30条1項により,乙は,乙の私的使用の目的で,複製(CDの複製)を自身で許...続きを読む

Q自分のサイト(ブログ、ホームページ)にユーチューブの動画を貼り付けてもOKか

自分のサイト(ブログ、ホームページ)にユーチューブの動画を貼り付けてもOKか、どうか
知人に聴いたら、そもそもユーチューブに投稿されているのは皆に見てもらいたいから、投稿
されているので、それをブログに貼り付けても、ブログを通して見るという形に変わるだけで
見るということには変わりないから、違法ではないんだよ、と言われ信じてました。
ただ、著作権がどうのこうのという話をニュースなどで耳にすると不安になり、念のために質問にふみきった次第です。
特にブログでは挿入ボタンからいとも簡単にユーチューブの動画の貼り付けができます。
また、動画のところで右クリックすると「埋め込みコードをコピー」という表示が出て、これを
コピーするとこれも簡単にブログに貼り付けでき投稿できます。
簡単にできるから、OK、違法ではないということですね。
もし、著作権があってだめですよ、というのであれば何らかのブロックがされてコピーできないはずですよね。
どこかの大学の学園祭の模様が投稿されているのを見ましたが、試しに右クリックしたら、「埋め込みコードをコピー」という表示がでました。
これは自分のブログにも貼り付けてよい、ということですね。
話を簡単にすると、動画のところで右クリックして「埋め込みコードをコピー」という表示がでれば
この動画は自分のブログ、ホームページのサイトに貼り付けしてよい(貼り付けて投稿してよい、つまり使用してよい)という認識でよろしいでしょうか?
違法ではないですね?

専門的なことがわかりませんのでわかる方、教えて頂ければ幸いです。
(おそらくブログを始めた人達もやがてこの疑問にぶち当たることになると思います)
よろしくお願い致します。

自分のサイト(ブログ、ホームページ)にユーチューブの動画を貼り付けてもOKか、どうか
知人に聴いたら、そもそもユーチューブに投稿されているのは皆に見てもらいたいから、投稿
されているので、それをブログに貼り付けても、ブログを通して見るという形に変わるだけで
見るということには変わりないから、違法ではないんだよ、と言われ信じてました。
ただ、著作権がどうのこうのという話をニュースなどで耳にすると不安になり、念のために質問にふみきった次第です。
特にブログでは挿入ボタンからいと...続きを読む

Aベストアンサー

OK・・・でしょうね。
コンテンツ制作者は、アップロードした動画を、YouTubeの設定で「埋め込みタグ」を非表示・禁止にすることが出来ます。


「埋め込みタグが表示される動画は、制作者が埋め込みを禁止しなかったのだから、なし崩しで制作者は他者の埋め込みを許可している・・・と言うことですよね?」

こういう、いかにもGoogleらしい嫌らしい感じで、合法と言う事でしょうかね。


但し、違法な動画(つまり他人の動画を無許可で上げたモノ)はYouTube側、つまりgoogle側で明確に「アップロードを禁止」しています。

現在は、リーチサイトも違法と判断されますから、それと似た形式の埋め込みも、罪を問われる可能性があります。

googleはユーザーが勝手に違法に動画を挙げただけだから、ウチは関係ないと言って逃げる算段は完全に出来ています。
しかしながら、違法な動画を引用したあなただけは、違法アップロードをした犯罪者の共犯を問われる可能性はありますので、違法かどうかの見分けだけは、十分ご注意ください。


いい加減制作者側もキレているところが多いでしょう。
タダで映像は作れませんからね。
勝手に他人に動画を使われるほど、制作者をキレさせる行為は無いと言っても過言ではないですからね。

リーチサイトも起訴されていることを十分考慮して安全にご利用ください。

OK・・・でしょうね。
コンテンツ制作者は、アップロードした動画を、YouTubeの設定で「埋め込みタグ」を非表示・禁止にすることが出来ます。


「埋め込みタグが表示される動画は、制作者が埋め込みを禁止しなかったのだから、なし崩しで制作者は他者の埋め込みを許可している・・・と言うことですよね?」

こういう、いかにもGoogleらしい嫌らしい感じで、合法と言う事でしょうかね。


但し、違法な動画(つまり他人の動画を無許可で上げたモノ)はYouTube側、つまりgoogle側で明確に「アップロードを禁止」し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング