生理食塩水を動脈に注入していけないのはなぜですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

生理食塩水に限らず、動脈注射というのは基本的に行なわないものです。

抗癌剤などを局所適用するときに使う手法であり、通常、血管に何かを注入する際には静脈注射を行ないます。
これは、末梢血管が詰まってしまったり、或いは、ショックを起こしてしまうためです。
特定のターゲットとしての癌細胞(組織)に流れ込む動脈に抗癌剤を注入した場合、その癌組織に薬剤が希釈されずに分解されずに到達するため、無駄なく効果を発揮するのですが、それ以外の目的では行なうものではありません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kawakawaさん、わたしの質問に答えてくれてありがとうございます。動脈注射と静脈注射の違いを知ることができ、勉強になりました。

お礼日時:2001/07/31 17:33

薬剤の中には、酸性やアルカリ性が強く(抗生物質のミノマイシン、抗痙攣薬のアレビアチンなど)、動脈に注射すると組織障害をおこす危険性のあるものがあります。


静脈注射の場合は、誤って多少の空気が入っても肺で引っかかって大きな問題にはなることは少ないですが、動脈の場合はやはり末梢の血管を詰めて障害を起こす可能性があります。
それに、動脈は圧が高いので普通の点滴では血液が逆流してきてしまいます。
生理食塩水を動脈に注入することで、何か問題が生じるということではありませんが、普通は意味がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

blackleonさん、私の質問にわかりやすく答えていただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/01 18:56

答えになるかわかりませんが・・



心臓の血管撮影など(冠動脈造影)などをするときに、カテーテルをその場所にもっていき、造影剤を流しますが、その前に、ヘパリン入りの(血をさらさらにする薬です)生理食塩水を流すことはあります.

だから、必ずしもいけないというわけではないと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

catabonさん、私の質問に答えてくれてありがとうございます。参考にしていきたいと思います。

お礼日時:2001/07/31 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理食塩水はオートクレーブしない方が良いんですか?

生理食塩水に溶かして撒く菌液があり、生理食塩水のコンタミも考え、生理食塩水のみを培地上に塗布したところ、少量のコロニーが確認できました(-_-; ちなみにその生理食塩水はオートクレーブせずに、滅菌水で溶かしただけでした。

以上のことで担当教員からは『オートクレーブなしで』を言われましたが、コンタミの原因が生理食塩水と考えられる以上、それをオートクレーブすべきと考えました。

しかし、生理食塩水をオートクレーブすると、やはり少なからず濃度が変わってしまうのでしょうか?

初歩的な質問でスミマセンが、宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

微生物の培養試験に用いる生理食塩水は、オートクレーブなどで滅菌をしたものを使う必要があります。おそらく容器は滅菌されたものを使用されたと思いますので、食塩が無菌状態でなかったのでしょう。生理食塩水のコンタミを考慮されて、あらかじめ培養されたのは賢明な判断だったと思います。

担当の先生がどのような意図でそのような指示をされたかわかりませんが、滅菌生理食塩水は通常オートクレーブするものだと思います。熱に弱い成分の培地を滅菌する場合は、濾過滅菌を行いますが、生理食塩水は液量に対して十分大きな容器を使えば、オートクレーブで問題になることはないと思います。私も、過去に仕事で細菌検査に携わっていたことがありますが、オートクレーブした生理食塩水を使って問題になったことはありません。

後は、市販の滅菌済み生理食塩水を購入して使用するという方法もあると思いますが、いずれにしても、先生とよく相談されて実験をされるのが良いと思います。

Q心電図の四肢誘導のガーゼを生理食塩水で湿らせるのはなぜですか?

心電図の四肢誘導のガーゼを生理食塩水で湿らせるのはなぜですか?
接触抵抗を下げる以外の理由があったら教えてください。
水道水ではなぜダメなのでしょうか?
初歩的な質問だとは思うのですが、どうしても分からないのです。

Aベストアンサー

食塩(Nacl)を水に溶かして塩水を作るとナトリウムイオン(Na+)と塩化物イオン(Cl-)となり、それぞれが電気を運ぶ粒子となります
不純物の無い純水ではこのイオンがありませんから電気を通しません
水道水にも不純物が溶けていますのである程度は電気を通しますが、さらにその導電性を安定させるために食塩を加えます
濃度は生理食塩水と決まったのもではありませんが、病院では手近にありますから生理食塩水なのでしょう

ただ、水道水で作り置きをしたり、注射用でも開封後放置しますと雑菌の繁殖が危惧されます
注射用よりも安価で防腐剤が入った輸血検査用のものがいいでしょう

同じ理由でガーゼもその日限りの使用とし、感染の危険性が高まる入院患者さんには使用せず、クリームだけやディスポ電極を使いましょう
(クリームやディスポ電極のゲルにも塩類が入っています)

Q生理食塩水の用途

生理食塩水が医療で使われる用途について質問なんですが、

血液が溶血を起こさないために、血液保存として生理食塩水を用いる。

の他になにかありませんでしょうか?

分かるからよろしくお願いします。。。。

Aベストアンサー

内科医です.血液と等張液である生理食塩水と5%ブドウ糖液は輸液の基本です.脱水や出血の方に輸液するときこのふたつを中心に使用します.たとえば事故で大出血している人には循環血漿量をあげるためにはまず生理食塩水です.高度の下痢で脱水症状のある人にもです.実際臨床では生理食塩水を基本に他の電解質が多少は含まれた液(リンゲル液など)を使うことが多いのですが基本であることは変わりません.ただ、生理食塩水は500mlで4.5gのNaClを含みますので心不全の方に大量に生理食塩水を輸液すると心不全を悪化させてしまいます.そういう方の脱水はブドウ糖主体です.
あと、抗生剤などを点滴するときに溶解する液などに生理食塩水は普通に使われます.

Q生理食塩水は処方してもらえますか?

生理食塩水は普通の病院(小さい病院)でも処方してもらえますか?

Aベストアンサー

#4です。追加質問の件です。

水道水で大丈夫です というか、生食よりも皮膚への刺激性・攻撃性が少ないのでかえって良いです。
とっても広い面積にわたっている重篤な火傷、腹膜に直に触れる状態、沢山の出血を伴っている場合など以外でしたら、水道水は「日常的在宅皮膚洗浄」には最良の素材です。

※医療現場では一般的に「手術時など外科系の洗浄が教科書的基本になっている」ので、浸透圧の関係や、血管に流れ込んだりした場合を考慮して生食を用いようとします。
でも、皮膚表面などでしたら、生食洗浄をおこなった最後に「ただの水(蒸留水=精製水)」で塩分を除去しないとダメです。
学生時に習った知識がどんな場合にも通用すると鵜呑みにして意味を理解していないor二度手間を怠けている そんな医師・看護師は多いですけどね。

他にも医療機関ですと、単に沢山お金を動かしたいとか、患者様が「あそこの病院じゃ水道で洗われたよ」と不満を仰らないよう過剰的に という、困ったちゃんな生食使用理由もありますけど(笑)。

洗浄ですと、「湯冷まし」を使おうとする看護師もいますが、こういった水は冷ます間あるいは運搬中に細菌汚染され易いですので注意です。煮沸消毒した水は(時間経過後も)水道水より無菌的だ と、テキスト執筆者が勘違いしている場合もあるようです。
それに較べて水道水は、蛇口まで塩素が微量残留するように管理されています。つまり「水道水は一番綺麗で安価」な訳です。素晴らしい上水道に感謝です。

但し、「直接の水道流水下」でない場合は、運搬容器等が細菌汚染されていないことをきちんと確認してからにしてくださいね。
(一般家屋内の空気中に居る程度でしたら問題ありません。容器に埃が溜まっているとか、前に容器洗浄した際のしずくが乾かないまま端っこに溜まっていて、その部が少しヌルヌルしている とかはバツです。)

早期に皮膚症状が軽快されますようお祈り申し上げます。

#4です。追加質問の件です。

水道水で大丈夫です というか、生食よりも皮膚への刺激性・攻撃性が少ないのでかえって良いです。
とっても広い面積にわたっている重篤な火傷、腹膜に直に触れる状態、沢山の出血を伴っている場合など以外でしたら、水道水は「日常的在宅皮膚洗浄」には最良の素材です。

※医療現場では一般的に「手術時など外科系の洗浄が教科書的基本になっている」ので、浸透圧の関係や、血管に流れ込んだりした場合を考慮して生食を用いようとします。
でも、皮膚表面などでしたら、生食洗...続きを読む

Q生理食塩水が売っていません。

生理食塩水が薬局に売っていません。
精製水などは普通に売っています。
コンタクトレンズ洗浄液としては
ほぼ?生理食塩水が売っています。
ネットで調べたら、
生理食塩水はある時から処方薬となり
一般には販売されていないということが
かいてありました。
生理食塩水を処方薬として
購入に処方箋が必要とすることに
何の意味があるのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、注射の溶液として使われるからと言うのが第一のようです。
麻薬乱用や、覚せい剤、脱法ドラッグなどでの使用が想定されるからでしょうね。

Q生理食塩水を点滴する?

ERで重体の患者が運び込まれてくるとすぐに生理食塩水を点滴しているのを見るのですが、
なんでなんですか?
それとすぐに血液を輸血してますが、
アメリカでは自分の血液型を知らない人が多いと聞きました、
救急車の中で血液型を調べるんですか?

Aベストアンサー

血液が一度に大量に無くなるなどすると、血圧が低下します。収縮期血圧が90mmHgを切ったとき、これをショックといいます。血圧の低い状態では、末梢まで血液を循環させることができません。ここで、ショックを緩和するために点滴を行います。アメリカでは生理食塩水を点滴するようですが、日本では開始液、あるいは1号液と呼ばれる輸液製剤を点滴します。これは生理食塩水よりもより細胞外液に近い組成をしていて便利なのです。日本ではヴィーンF(商品名)と呼ばれる、乳酸の代わりに酢酸の入った輸液を使うことが多いです。こういう輸液製剤は、体内の電解質のバランスを保つのに便利です。アメリカではこういう便利なものはないということを聞きました。電解質の補正は生理食塩水に電解質を加えてその都度調節するそうです。
輸血は、日本でも血液型を確認してから行います。輸血する前に血液型は簡単に調べることができます。

Q希釈系列を生理食塩水で作製するのはなぜ?

先日実習で、尿蛋白定量のための検量線を作製するために、
アルブミンと生理食塩水で希釈系列を作りました。
ふと思ったのですが、今までの実習では何か希釈系列を作るときは純水で希釈していました。
なのに、どうして尿蛋白定量では生理食塩水で希釈しなければならなかったのでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。
アルブミンは電解質を含まない真水で稀釈すると溶解度が低下し、量によっては析出してしまいます。
尿タンパクならスルホサリチル酸による反応だと思いますけど、反応して出来た析出分による白濁を比較したいのに、溶解度の低下による析出が出てしまっては誤差要因になってしまいます。

同じ理屈で生理食塩水で稀釈する物に、ビリルビンの指標であるモイレングラート値(MG)があります。
精製水で稀釈すると血清タンパクが析出して白濁し、観察数値が低下します。

Q麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければ

麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければいけませんか?

Aベストアンサー

漏らしたら 壊死をつくる事有り、よって血管から漏らしてはダメ

Q生理食塩水とオプティフリー

先日薬局へ行ったら「コンタクト用生理食塩水」が売っていて「コンタクト洗浄・保存に」と書いてました。
今、ソフトレンズでオプティフリーを使ってるんですが
生理食塩水に変えても問題ないのでしょうか?
「同じ様なもの」あるいは「同じ」ですか??
あまりの安さに(600ミリ200円程度?)びっくりしちゃったんで・・。

Aベストアンサー

生理食塩水だと、洗浄時のすすぎと保存にはつかえますが、オプティフリーのようにそれ自体が汚れを落とすとか消毒するとかの効果はありません。なので、他に洗剤が必要ですし、消毒も別にやらないといけません。
すっごく前は1本で洗浄から消毒、保存なんてことはできなかったので、洗浄液・保存液・消毒液と別々のものを使っていたわけですが、生理食塩水はそのなかの「保存液」にあたります。なので、安くても他のものを買う必要がありますし、メンドクサイですよ…

Q動脈血は誰が採血しますか?

看護師で働いている者です。以前働いていた病院では、血ガスは医師が行っていました。でも今の病院では看護師がしています。私は怖くてできません。医師が行うものと思っていました。看護師が採血してもいいのですか?

Aベストアンサー

NO.1です、再度おじゃましますね。

検索してみたところ、以下のようでした。

◎看護師による動脈採血(注射)は違法か?
→「医師法」「保助看法」に関わる
→医師法・第17条「医師でなければ、医業をなしてはならない」
→保助看法・第5条 この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。
→保助看法・第31条 看護師でない者は、第5条に規定する業をしてはならない。ただし、医師法又は歯科医師法(昭和23年法律第202号)の規定に基づいて行う場合は、この限りでない。

このように、法律上は「静脈はいいけど動脈はダメですよ~」と明確に書いてはいません(当たり前か。。)
ではこの条文をどのように解釈するのが一般的かということで、以下の参考サイトを。
「看護師による医療行為」http://www.medica-gakko.com/map/sub5.htm
(以下サイトより引用)
>「医師でなければ、医業をしてはならない」がある範囲の医業は医師の指示により看護師の「診療の補助」業務として許される。そこで看護師による動脈注射が医師法17条違反になるかどうかは、動脈注射が医師自らなさなければ人体に衛生上危害を生ずる恐れのある医行為か、看護師に任せても危害が及ばない行為か?
>まず一般的には看護師による動脈注射は行われていない、動脈は静脈の場合より患者への危険性が高いことは当然であるから「診療の補助」業務の範囲を逸脱している。

ということで、様々な見方はあるものの現在のところ一般的には「看護師による動脈注射は違法」と言えそうです。日常はそれで問題無くても、何かトラブルがあった場合に看護師が行っていたとわかれば追求されるのではないでしょうか?
ただし引用箇所の後ろを読むと、今後おおっぴらに認められる可能性もあるようですね。法律の解釈も時代によって移り変わっていくものなんですね。

NO.1です、再度おじゃましますね。

検索してみたところ、以下のようでした。

◎看護師による動脈採血(注射)は違法か?
→「医師法」「保助看法」に関わる
→医師法・第17条「医師でなければ、医業をなしてはならない」
→保助看法・第5条 この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。
→保助看法・第31条 看護師でない者は、第5条に規定する業をしてはならない。ただし、医師法又は歯科医師法...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報