かれこれ15年以上も偏頭痛に悩まされています。

この度初めてカフェゴットを処方されました。
先生より、始まるなと思った時にカフェゴットを飲み、
しばらくして効かなければドロビッドを飲むようにと言われました。薬の本を読むと、ドロビッドはアスピリンで、血管を広げて痛みを和らげる作用があると書いてありました。そうなると矛盾になりますよね。もともと偏頭痛は血管が広がるために起こるんですから。。。

ただ、別のURLでドロビッドを調べると、アスピリンとは書いていませんでした。(何と書いてあったか忘れましたが、皆さんがよく参照URLとして載せて下さっている薬大辞典です)

南アジア地区に住んでいるため、Doctorもこの国の人で、あまり信用が置けません。薬事体は大丈夫だと思うのですが。。。

正しい飲み方をご存知の方、教えて下さい。
処方されたのは
1)カフェゴット(ビオフェルミンぐらいの大きさで、色は黄土色、真ん中に線が入っていて、その左にXの文字、右にはLの文字が入っています)
2)ドロビッド(製薬会社:MSD、500ml、オレンジ色、薬にはMSD697の表示アリ)

ご返答、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)カフェゴットは日本では扱われていませんが、酒石酸エルゴタミンと無水カフェインをあわせた製剤で


血管性頭痛、片頭痛、緊張性頭痛
に用いるものです。
(2)ドロビッドはジフルニサル製剤(サリチル酸系の消炎・鎮痛剤)で
慢性関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、上腕骨上顆炎、手術後・外傷後・抜歯後の消炎・鎮痛、急性上気道炎
に用いるものです。

カフェゴットは通常一日2回2~3錠ずつ、或いは、前触れ症状がでたときは2~4錠を服用します(一錠あたりのエルゴタミン含有量によって異なりますので、主治医に尋ねてください)。
ドロビットは頓服として飲む場合、一日1000mg(ジフルニサルとして)を限界として250~375mg分を飲みますが、処方されたものは500mg錠ということのようですから、一日2錠を限度として、1回1錠を飲むことになりますネ(これについても主治医に確認してくださいネ)。
お大事に
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報をどうも有り難うございました。
ドロビッドの服用が1日1000mg以内でないとだめだということは、薬をもらったときに言われませんでした。きちんと説明されなかったってことですよね。恐ろしいことです。

カフェゴットは必要に応じて一錠飲むようにとのことですが、きっと通常よりエルゴタミンの含有量が多いってことでしょうね。

本当にどうも有り難うございました。

お礼日時:2001/08/01 02:00

このホームページはどうでしょうか?薬に関しては一番詳しいと思います。


上覧で、「カフェルゴット」「ドロビッド」と入力すると出ます。
日本語入力が出来ない場合は下記のURLを直接参照にして下さい。

カフェルゴット
http://yakuyaku.ouchi.to/drug/02/02_04_04.htm#er …
ドロビッド
http://yakuyaku.ouchi.to/drug/08/08_01_01.htm#di …

参考URL:http://yakuyaku.ouchi.to/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわー、すごいですね。。。さっそくお勧めURLにアクセスしてみました。専門書みたいですね。
今後もこのURLを参考にさせていただきます。
有り難うございました。

お礼日時:2001/08/01 02:21

片頭痛は、脳血管の収縮に引き続き起こる血管拡張による拍動性の頭痛と理解され、エルゴタミン製剤、カルシウム拮抗剤など血管に作用する薬が用いられてきました。

ただこれらは、予防薬でいったん起きてしまった頭痛はなかなかコントロールできないのが現状です。

酒石酸エルゴタミン(本邦での商品名はカフェルゴット)は、服用のタイミングとして片頭痛の前兆を感じた時に内服するのが効果的です。ただし発作に対する不安感などから頻回に服用すると、慢性化したり末梢血管収縮作用により副作用が問題になることがあります。
代謝の早いジヒドロエルゴタミン(本邦での商品名ジヒデルゴット)は、急性期の治療に適さず予防的投与を行いますが、欧米では発作時に静脈注射で投与され有効といわれています。(日本では注射薬は認可されていません。)

急性期の治療としては酒石酸エルゴタミンの他に、非ステロイド系消炎鎮痛剤(アスピリン、アセトアミノフェンなど)、制吐剤、抗不安薬などが用いられます。
近年片頭痛の急性期治療薬として、セロトニンレセプター作動薬という機序を持ったスマトリプタンという薬剤が日本でも2000年から、使用されはじめています。日本では、現在のところ皮下注射剤だけなので病院でしか使用できませんが、世界的には経口薬や点鼻薬が使用され、有効性が確認されています。
現在どちらのお国におられるのかはわかりませんが、一度担当医に確認してみたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本でもトリプタン系の薬が認可されたと本で知りました。アメリカを始め、他の国では10年以上も前から使用されている薬ですよね。

日本にいた時は、偏頭痛としての治療をしてこなかったため、随分苦しみ、薬もデパスなどの精神安定剤的なものをもらっていましたが、効果はありませんでした。

この国(スリランカ)では、偏頭痛の人がとっても多く、
カフェゴットがよく効いたと知り合いが言っていました。
また、予兆があれば真っ暗な部屋で横になり、ミントの匂いがするオイル(頭痛を和らげる液状の薬)をこめかみなどに塗ってねると、早く良くなると言われています。

blackleonさん、詳しく教えていただき有り難うございました。次回発作が起こった時には、安心して飲めます。

お礼日時:2001/08/01 02:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院で採血する時に良く看護士さんに血管が細く血管が硬いから腕からの採血

病院で採血する時に良く看護士さんに血管が細く血管が硬いから腕からの採血は無理といわれす。 血管が硬いのは健康に悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

本当に血管が硬いかどうかは、脈波を計測して分かります。
よく看護師さんはそういうことをいいますが、それは自分の技術のなさを患者のせいにしているだけです。
血管が見えにくい、逃げる、固い、もれやすい・・・
いろんな言葉で表現しますが、技術がしっかりしていればそういうことは関係ありません。
うちのクリニックでは、絶対に患者さんにそういうことを言わないように指導しています。
失敗するのは、技術が未熟なだけだから練習をすればいいだけで、罪のない患者さんのせいにするのは恥ずかしい話です。

Qそのままうつ病と診断され、最初にデパスを処方されましたが追加で先日ジェイゾロフトも処方されました。

そのままうつ病と診断され、最初にデパスを処方されましたが追加で先日ジェイゾロフトも処方されました。
ジェイゾロフトは抗うつ薬の中でも副作用が少ないと聞いていましたが、昨夜寝る前に初めて飲んで寝たところ5時間後に気持ち悪くて目が覚め、同時に不安からか動悸が止まらず起き上がることさえ困難な状態になりました。
今日は一日動けず気持ち悪さと不安感、動悸、貧血のようなかんじで苦しみました。
初めて飲んでこんなにすぐに副作用は出るものなのでしょうか?
飲む前から新しい薬に対する不安もあったのでその気持ちから症状が出てしまったということもあるのでしょうか?
ジェイゾロフトを飲んでこのような副作用が出た方おられますか?
ちなみに最初からジェイゾロフト50mgを飲みました。
普通は25mgからの方がよかったのでしょうか?
今日は怖くて飲めそうにありませんが、ちゃんと飲んだ方がよいのでしょうか?
いろいろ質問してしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

調剤薬局で働いてます。
新しい薬を始めた時に気持ち悪さなど出ることはわりとよくあるのですが、体が順応していくと段々症状が薄れていく方も多いです。
ただ、動悸は心配なので、明日クリニック受診もしくはかかりつけ薬局に相談した方がよいかもしれません。
通常、25mg→50mgと量を増やしていく処方が多いように感じますが、今夜はジェイゾロフトはやめておいてデパスのみでもよいと思います。
25mgの量で飲みたい場合、包丁やカッターで50mgを半分にすることも可能です。
参考になれば。

Q漢方とビタミン剤とビオフェルミン

小青竜湯とビオフェルミン、ビタミン剤を一緒に服用しても問題ありませんか?

Aベストアンサー

中国古来の処方による小青竜湯でしたら、ビオフェルミンやビタミン剤との飲み合わせになるような成分は含まれてないと思いますので、私なら一緒に飲みますが、薬のことですから、どなたにもお勧めできるものではありません。

もし医師から処方された小青竜湯でしたら、飲み合わせに関し医師または薬剤師にお問い合わせください。

QビオフェルミンR錠って

抗生物質など一切服用していない時にも、乳酸菌をとって腸内を活性化する目的でビオフェルミンRを飲んでも大丈夫なものでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

もちろん大丈夫です!!

私は「過敏性腸症候群」の気があるので、医師から処方してもらっています。
(「抗生物質」などは飲んでいません。)

おかげで腸の調子は大変良いです。

「腸内環境を良くするため」にビオフェルミンRを飲むことは「良いこと」はあっても「悪いこと」は何もありませんよ。
「善玉菌を増やす」のが目的なわけですから。



以上、私の経験も踏まえて書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。

Qバイアスピリンとワーファリン

不整脈(心房細動)を長く患っている父の薬に関する質問です。
血液がドロドロにならないようにバイアスピリンを服用しています。1年ほど前に主治医が代わり、そのときに「ワーファリンに変えますか?」と言われたようなのですが、いままでの薬でとくに不満はなかったので、「いままでのままでいいでです」と答えたとのこと。

先日、改めて薬の話になり、「以前、ワーファリンは飲みたくないと主張したから変えなかった」「一般的にはワーファリンを使う」とかなり強く言われました。(今回はほかの検査のために一時的に薬をやめる話で相談したので、今後の薬については結論が出ていません)

素人なので判断はできないのですが、ワーファリンは飲み合わせ(ビタミンKなど)の注意が必要だと聞いています。

それと検索したところ、これは脳梗塞の再発防止について書かれたもので「脳卒中評議会ガイドライン」となっていますが、「心原性脳塞栓症のうち明らかな塞栓源が認められるタイプには,抗凝固薬の使用を、それ以外については、すべて抗血小板薬(特にアスピリンが第一選択)の使用を推奨している。この点、抗凝固薬と抗血小板薬を使い分けるポイントとなるわけである。」(平成14年2月28日号 Medical Tribune P24~25)とありました。
ネット情報で、雑誌に当たったわけではありませんし、情報としてはもっと新しいものがあるのかもしれません。

前置きが長くなりすみません。
明らかな塞栓源が認められるタイプとありますが、脳梗塞を起こしていない場合であっても、心原性の場合はワーファリンが有効でしょうか。
そうであれば今後変えてもらうようにお願いしようと思うので、現在の動向など判断材料をいただければと思います。
よろしくお願いします。

不整脈(心房細動)を長く患っている父の薬に関する質問です。
血液がドロドロにならないようにバイアスピリンを服用しています。1年ほど前に主治医が代わり、そのときに「ワーファリンに変えますか?」と言われたようなのですが、いままでの薬でとくに不満はなかったので、「いままでのままでいいでです」と答えたとのこと。

先日、改めて薬の話になり、「以前、ワーファリンは飲みたくないと主張したから変えなかった」「一般的にはワーファリンを使う」とかなり強く言われました。(今回はほかの検査のた...続きを読む

Aベストアンサー

 脳神経外科医師です。

 「非弁膜症性心房細動患者での脳卒中の一次予防に関しては5 つの大きな臨床試験をまとめたデータ解析の結果があり,年間の脳卒中発症率はコントロール群4.5 %に対してワーファリン内服群1.4 %であり,相対的危険率低下は68 %(50-79)である。また,その際の重篤な出血性合併症はコントロール群とアスピリン群が両方とも年間発症率1.0 %に対してワルファリン群では1.3 %と比較的安全に使用できることも示されている.」
※一次予防:脳梗塞を起こしていない人に対する予防

<<以上は以下の論文より>>
"Risk factors for stroke and efficacy of antithrombotic therapy in atrial fibrillation. Analysis of pooled data from five randomized controlled trials. "
Arch Intern Med 154 :1449-1457, 1994

 アスピリンにも一次予防効果はありますが、その効果はワーファリンよりも劣ると言われています。上記は1994年の論文ですが、現在でも非弁膜症性心房細動患者の脳梗塞一次予防はワーファリンがfirst choiceと思います。

 ワーファリンを内服すると食事に制限が必要(納豆など)ですので、実際に内服するかどうかは主治医の先生とよく話し合ってください。

 脳神経外科医師です。

 「非弁膜症性心房細動患者での脳卒中の一次予防に関しては5 つの大きな臨床試験をまとめたデータ解析の結果があり,年間の脳卒中発症率はコントロール群4.5 %に対してワーファリン内服群1.4 %であり,相対的危険率低下は68 %(50-79)である。また,その際の重篤な出血性合併症はコントロール群とアスピリン群が両方とも年間発症率1.0 %に対してワルファリン群では1.3 %と比較的安全に使用できることも示されている.」
※一次予防:脳梗塞を起こしていない人に対する予防

<<以...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報