安土城のこについて調べたいのですが。

A 回答 (5件)

とにかく「安土城跡」に行ってみて下さいませ。

私歴史は一応プロフェッショナルですが、あの遺構をみるとアマチュアの方ともども、「何でこんな構造にしたんだ、信長は何を考えていたのか。」と思います。
    • good
    • 0

こんなサイトもあります。

参考までに

参考URL:http://www.de-club.net/azc/
    • good
    • 0

関連したサイトを見るのも結構です。


しかし、百聞は一見にしかず何よりも現地の安土町に行くのが一番。
それが駄目なら、やっぱり検索エンジンで「安土城」を検索してください。
個人サイトの方が「詳しい」です。
    • good
    • 0

織田信長が


1567年 安土城を築きここにうつっています。
1579年 安土城の天守閣が完成。
1582年 本能寺の変で焼失

資料によると、安土城築城の際に、同じ山内にたてた臨済宗寺院「摠見寺」というのがあるようです。
    • good
    • 0

「滋賀県安土城郭調査研究所」のサイトをごらんになってはいかがですか?



参考URL:http://www.pref.shiga.jp/a/seisaku/azuchijo/shir …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q安土城天主 内部の謎

この間安土城に行ってきました。
そこで復元天主を見て思ったのですが、なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとしたのに安土城天主の内部は仏教の絵が描いてあるのですか?
それとも信長は仏教は嫌いではなく、敵対してきた勢力だから攻撃したのでしょうか?
少し歴史(特に戦国時代)が好きな中学生です。
よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

>なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとした

他にも回答がありますが、信長は仏教排除を目的としていません。
安土山にある摠見寺は、信長の菩提寺ですよね。
同時に、若き日の信長の傅役(養育係)であった平手政秀菩提の為に「政秀寺」を建てています。
信長は、宗教が政治に関与する+宗教が武力を持つ事を嫌ったのです。
ですから、信長と敵対した寺院は「多くの僧兵を抱えた武装集団」としての機能が強かったのです。
キリスト教の場合は、直接武力で他国を侵略するのでなく「文化・思想を武器」としていますよね。
信長も、本能寺で倒れなければ「キリスト教宣教師排除」を行ったでしよう。
今でも日本では、「政教分離」が政治の原則ですよね。
※自民創価学会連立政権の判断は、色々分かれますが・・・。

>安土城天主の内部は仏教の絵が描いてあるのですか?

先に書いた通り、仏教を攻撃していた訳ではありません。
僧侶といいながら、お経の意味を説明できない僧侶に激怒した訳です。
それと、「中国などの思想家」の肖像もありませんでしたか?

>信長は仏教は嫌いではなく、敵対してきた勢力だから攻撃したのでしょうか?

その通りでしよう。
比叡山・本願寺なども、領土(寺領)を持ち+政治的な関与を行い+武装集団を抱えた事が「敵対勢力」と看做されたのです。
高野山も、同様に攻撃対象になりました。
が、信長亡き後に秀吉が攻撃。山麓の根来寺が陥落。いよいよ高野山攻め!という時。
「高野山の僧侶として、最も大切なことは何か?」
「戦うことではなく、仏の教えを広めることではないか!」
という高野山僧侶の方針転換で、秀吉の攻撃を免れて今に至っています。
その後、秀吉は高野山に青嚴寺を建立するなど高野山を保護しています。
※青嚴寺は、今も金剛峯寺と名をかえて存在しています。

>なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとした

他にも回答がありますが、信長は仏教排除を目的としていません。
安土山にある摠見寺は、信長の菩提寺ですよね。
同時に、若き日の信長の傅役(養育係)であった平手政秀菩提の為に「政秀寺」を建てています。
信長は、宗教が政治に関与する+宗教が武力を持つ事を嫌ったのです。
ですから、信長と敵対した寺院は「多くの僧兵を抱えた武装集団」としての機能が強かったのです。
キリスト教の場合は、直接武力で他国を侵略するの...続きを読む

Q安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?

安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
http://www.asahi.com/culture/update/0819/001.html

という記事がありました。
広場が見つかったからといってそれが天皇を迎えるためと考えるのは何故でしょうか?
全くの空想としか思えないのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
結論としていえば、十分に考えられるということでしょう。

安土城の発掘の成果からすると
(1)本丸御殿は、天皇の御所の清涼殿と東西が逆になっているものの、同じ構造であった。これは、天皇を迎えるための特別な御殿があったことは、「信長公記」にもかかれています。
(2)大手道は、戦国期の城郭の常識をはなはだしく逸脱しており、伝秀吉邸・伝利家邸にしてもかなりの規模で大手道を飾る屋敷跡と考えられます。また、大手に三つの虎口があることもかなり異常です。この、三門形式は平安京の宮城門(朱雀門)を模したもので、目的によって使い分けられていたと考えられるようです。天皇を迎えるために使う門も想定できます。

安土築城の頃の信長の意図として、「天下統一」を目指しているわけでして、それも無位無官のままで天皇の権威を必要としない自信があったのではないか。それが、天皇行幸で信長と天皇の位置を示すことで天下に示そうとしていたと思えます。
天皇を安土に迎える必要が信長としては必要であったと思えます。そのためのお城でもあったのは・・・。

ですから、
「安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため」は考えられることと思えます。

>安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
結論としていえば、十分に考えられるということでしょう。

安土城の発掘の成果からすると
(1)本丸御殿は、天皇の御所の清涼殿と東西が逆になっているものの、同じ構造であった。これは、天皇を迎えるための特別な御殿があったことは、「信長公記」にもかかれています。
(2)大手道は、戦国期の城郭の常識をはなはだしく逸脱しており、伝秀吉邸・伝利家邸にしてもかなりの規模で大手道を飾る屋敷跡と考えられます。また、大手に三つの虎口があることもかなり異常...続きを読む

Q【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか? 戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ? 大阪

【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか?

戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ?

大阪に住んでた?

Aベストアンサー

千利休は堺に生まれ、秀吉が聚楽第を作るまでは堺に住んでいました。 京都の聚楽第ができてからは聚楽第内に邸宅を構えて住んでいましたが、1591年に秀吉の逆鱗に触れた際、堺に蟄居を命じられ、その後京都に呼び戻され、聚楽第の屋敷内で切腹させられました。 戦国時代、安土桃山時代の京とは京都のことです。

Q日本の朝廷制度の改革について。 日本の朝廷の歴史に詳しい人に聞きたいのですが、戦国時代、安土桃山時

日本の朝廷制度の改革について。

日本の朝廷の歴史に詳しい人に聞きたいのですが、戦国時代、安土桃山時代でも時の大名の天下人が朝廷制度の改革は出来ますか?

例えば、大政大臣というポストは今でいう
最高栄誉職みたい?だと自分では思ってます。

もしこの時代でもそういう認識なら、権力、権威なども持たせることは出来ますか?

やはり朝廷や王朝は儀礼、伝統、前例などを重視する為、織田信長、豊臣秀吉などでも無理ですか?

Aベストアンサー

権威は自分から唱えてもだめです。万人がそれを認めなければ。武家政権は力で国家権力を握りました。されどその正当性を認識させるためには、天皇から征夷大将軍の任命を受ける必要があったのです。織田信長は統一半ばで没してしまったので、権威などは無視したとも思われていますが、京に上るに際しては足利将軍の権威を利用しましたし、戦の和解にはたびたび天皇の綸旨をも利用しています。
日本の朝廷制度は大和政権の成立から、その利用の便宜性に支えられて存続してきました。天下人といえども利用できる権威の存続は望ましかったと思われるのです。そしてそれに手を付けることが、権威の低下、失墜に及ぶことを危惧したのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報