OCNのモバイルに新コース登場!キャンペーン続々開催中

抗がん剤の副作用からの、発熱性好中球減少症による発熱は、インフルエンザ予防接種で防げるものですか?

A 回答 (1件)

抗がん剤後、好中球減少症という副作用に対して、好中球を増やす目的でグランという注射をします。

注射に対する反応で発熱することがあります。
インフルエンザの予防接種は、ワクチンの投与になりますので、副反応で腕が腫れたり、軽いインフルエンザ様の症状が出ることがあります。血中の抗体を増やす働きがあります。
発熱している状態での予防接種は望ましくありませんし、インフルエンザの予防接種で、好中球減少症のおそらくグランの副作用の発熱には、効果がないと思われます。
大変な折ですが、お身体大切になさってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング