私立大学に不謹慎な教師がいる場合、文部科学省に
届ければいいのでしょうか。
公立だったら、自治体の窓口で済むことだと思うのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その 知り合いのジャーナリストさんが 大手メディアに記事を書けるなら、メディアに載せれば 大騒ぎとなると思いますが・・。



読者が喜ぶような 大学 なら、結構 話題になるかも。

その時点で 監督官庁など 関わらずを得ないでしょう。

この回答への補足

知名度は全国的にあると思います。野球などで話題になることもあるようです。

補足日時:2004/12/26 17:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/03 22:53

#1、#3です。


教師が学歴詐称しているのではなく、教え子を二部卒業の人を一部といって学歴を詐称しているということでしょうか?

二部の学生の就職斡旋をする場合、積極的に二部学生だと言うことは普通はしないでしょう。そのため企業が結果的に一部学生と誤解することはありうる話だと思います。

二部学生を特に「二部学生」といわないことが、学歴詐称になるとは思えません。○○大学の卒業生にはかわりないわけですし、学士号が異なるわけではありません。

まあ、二部学生を一部学生と偽れば問題かもしれませんが。

この回答への補足

>二部学生を一部学生と偽れば問題かもしれませんが。
偽っているんです。
わたしが学生の頃からですので、既に10年以上。不況下でこれやられると、きついです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1127370

このサイトの回答の2番です。

補足日時:2004/12/31 16:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/03 22:59

#1です。



>学歴詐称し、

これは、#2さんのおっしゃるとおり、知り合いのジャーナリストの方にいうのが一番でしょうね。ただ、学歴詐称といっても証拠がないとだめですよ。

>企業に学生をコネ就職させ

これは良くあることです。学生にとってデメリットがない限り問題にならないのでは?

この回答への補足

>企業に学生をコネ就職させ

二部の学生を教授が企業側に一部と騙して採用させることなので、道義的にどうか、あるいは、騙される企業側がいけないのか・・・?やはりどの大学でもしているのでしょうか。わたしの母校では、履歴書に第一、第二、と書くので・・・。

補足日時:2004/12/28 16:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/03 22:57

内容にもよりますよ。



基本的には、私立大学は文部科学省から独立しています。ですので、不謹慎な教師がいるとしても、文部科学省から直接的な指導はできません。問題があれば、当該私立大学の理事長なり学長なりが指導すべきでしょう。

ただ、あきらかに違法な行為をしている場合、たとえば科学研究費等の補助金をあきらかに不適切に使用しているなど、文部科学省が直接的に関係している問題ですと、文部科学省に届け出るということはあり得ます。

また、刑法に触れる行動をしている場合、-たとえば、モルヒネなどを横流ししている、公金を横領しているなどについては、警察になるでしょう。

この回答への補足

ジャーナリストの方に伺ったら、民事だということでした(大学ぐるみでやっている向きもあります)。学歴詐称し、企業に学生をコネ就職させ続けています。

補足日時:2004/12/25 21:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/03 22:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文部科学省について

文部科学省とはなにをするところですか??
どなたかわかりやすく、詳しく教えていただけませんか。
まったくわからないもので。

Aベストアンサー

一応 文部科学省設置法ってのがあってそれに基づいてになりますが
簡単に書くと「教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務」ってなかんじです
昔の文部省と科学技術省がくっついて今の文部科学省になってます
管轄の独立行政法人に宇宙航空研究開発機構 とか 日本原子力研究開発機構 とか 高専もここの管轄ですね

Q文部科学省

将来、文科省になりたいのですが、実はまだどんな仕事をするのかかわかっていません。詳しく教えて下さい。また、東大、早大、慶大のいずれかに進むとしたらそれぞれどこの学部に進むと良いでしょうか。こちらもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

中央省庁で働いています。あいにく文科省ではありませんが、就職のときに文科省も回ったので、多少の知識はあります。

文科省はNo1が挙げた以外にも、科学技術行政、スポーツ行政、文化行政もやっています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/05.htm

これ以上具体的な仕事内容が知りたいなら、このあたりのサイトを順次みてください。

http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/06011907/001.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/06011907/002.pdf
http://www.mext.go.jp/booklet/link.htm

文科省に入るには、国家一種、国家二種、国家三種の選択肢があります。

国家一種は幹部候補で省内の全分野をほぼ二年ごとに異動します。

国家二種は中堅候補で、ある程度までしか出世できません。そして、省内の一分野、たとえば大学教育などに特化して勤務することが多いです。

国家三種は雑多な事務をします。

早慶東大を出る人は、国家一種で受験することが多いです。また、東大では国家二種で受験する人は国家一種を落ちた無能な人だとみなされて、国家二種では採用されにくいです。

したがって、国家二種を視野に入れるなら、早慶が良いです。国家一種なら、東大が便利です。東大教授が文科省の審議会で委員などしていて、教授と採用担当者のつながりがあったり、OBが多いので、話も聞きやすいです。

仮に国家一種を受ける場合、主に法律、経済、その他理工系から採用が多いです。以下URLのP18参照。

http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/06011907/002.pdf

そのあたりの学部を目指すのが良いでしょう。

ただし、同じ一種でも理工系は事務次官にはなれません。慣例で事務次官になるのは、法律・経済で受験した事務官と決まっています。

また、理工系は専門分野が影響するというよりも、理系の人をひとくくりにして、面接で気に入ったのを採用するという感じなので、あまり専門分野は気にしなくても良さそうです。実際働き始めてからも、大学の専門分野とは関係ない仕事ばかりです。

東大に関して言うならば、受験区分が変わりつつあり、質問者が受験する時にどうなっているのかわかりません。

これまでなら、文一→法学部、文二→経済学部だったのですが、なにかが変わるようです。

公務員削減の流れで、一種採用者は三割削減されるそうです。ますます狭き門になりますが、がんばってください。いつか霞ヶ関で会いましょう。

中央省庁で働いています。あいにく文科省ではありませんが、就職のときに文科省も回ったので、多少の知識はあります。

文科省はNo1が挙げた以外にも、科学技術行政、スポーツ行政、文化行政もやっています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/05.htm

これ以上具体的な仕事内容が知りたいなら、このあたりのサイトを順次みてください。

http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/06011907/001.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/06011907/002.pdf
http://www.mext.go.jp/booklet/link.ht...続きを読む

Q文部科学省作り直し

文部科学省を作り直すにはどうすればいいのでしょうか

Aベストアンサー

国土交通省大臣官房 官庁営繕部に配属されて、
霞が関の 中央合同庁舎7号館の改築を
提案する

でも2007年にできて、移転して間もないから
30年ぐらい先の話になるが\(^^;)...

Q文部科学省の仕事について

 文部科学省とは具体的にどのような仕事をしているのですか?実際に子供たちと触れ合う仕事もあるのでしょうか?
 また国立の小学校などの教師は国家公務員なのですか?普通の公立の教師とは色々違うのですか?教えてください。
 

Aベストアンサー

「文部省 子どものためのホームページ」の中の「文部科学省って何をしているところ」(参考URL)に、各部局の具体的な仕事内容が書かれています。
文部科学省は基本的に、各教育機関が教育活動をおこなうための予算配分、施策、制度の策定などをおこなうところなので、子どもと直接触れ合う仕事はあまりないと思います。

また、国立の各種学校の教師はすべて国家公務員です。
自治体立校の教師と違うところは、その業務にあたって国家公務員法(http://www.houko.com/00/01/S22/120.HTM)が適用されることですね。
もちろん、児童・生徒・学生に接するにあたって他の公・私立校と差別的な違いがあるわけではありませんが。

参考URL:http://www.mext.go.jp/kodomo/1what/index1.html

Qゆとり教育で文部科学省の官僚たちは?

「ゆとり教育」については、結局は当初から心配されたとおり、文部官僚たちによる机上の空論であったと概ね結論が出たように思います。

4~5年前になりますが、当時この空理空論を一生懸命になって推進しようとした文部官僚たちがTV番組に出演していたのを昨日のように記憶しています。

そこで質問ですが、当時国民のための最善策と信じて推進した彼ら文部官僚たちは、自分の子供たちを :

1.当然、公立の小・中学校に通わせているんでしょうねえ?  自分たちが非難した私立の進学校なんかには、まちがっても通わせたりはしていないでしょうねえ、マサカ?

2.当然、自分たちが目の仇にした 「塾」 なんかには、まちがっても通わせたりはしていないでしょうねえ、マサカ?

3.当然 「ゆとり教育」 のレベルで自分たちが卒業した東京大学の入試に合格できるハズって信じているでしょうねえ、ホントに? 塾無しで。

と、文部官僚たちの人間としての心を信じていたんですが、このまま信じ続けていてよいのでしょうか?

彼らの実態についてご存知の方、教えて下さい。

「ゆとり教育」については、結局は当初から心配されたとおり、文部官僚たちによる机上の空論であったと概ね結論が出たように思います。

4~5年前になりますが、当時この空理空論を一生懸命になって推進しようとした文部官僚たちがTV番組に出演していたのを昨日のように記憶しています。

そこで質問ですが、当時国民のための最善策と信じて推進した彼ら文部官僚たちは、自分の子供たちを :

1.当然、公立の小・中学校に通わせているんでしょうねえ?  自分たちが非難した私立の進学校なんかには...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

文部官僚ではないのですが、教育関係者として「ゆとり教育」について一言。

「ゆとり教育」とは、それ以前の「偏差値至上主義」や「詰め込み式学習」「受験戦争の早期化」などの弊害を除こうとして生まれたものです。

決して、私立学校を否定してませんし、塾も否定してません。むしろ「ゆとり教育」の提唱と共に塾との共存を打ち出しています。画期的な路線変更です。

では「ゆとり教育」の本質は何だったのか。
それは「底辺の底上げ」です。簡単に言うと「落ちこぼれ(最近は使ってはいけない表現と言われてますがね。)を無くそう」と言うことです。
ですから、指導要領では「最低限教えなければならないこと」に特化して「3割削減」などにつながっているわけです。

決して、「教科書以上のことを教えてはならない」と言うことではありません。

ですが、「公立学校」の性質上、子供たちの能力にばらつきがあるのは当然で、クラス編成などを弾力化したとは言え、最低限のレベルを教えることが精一杯なのが現実です。

よって、「できる子供」は「私立」や「塾」などで能力の伸ばせる環境に行ってしかるべきなのです。ついでに言うと「公立」と「私立」でそう言う「役割分担」をしているかと言えば、そんな部分もありますが、「公立」でも「中高一貫」が有名ですが「小中高」の境目をなくした「一貫」校で対応している部分もあります。

「ゆとり教育」がなかなか結果を出せないでいるのは、学校単位での教員の数を以前の倍に出来ない点です。「基本」をじっくり教えなければならない子供と、そうでない子供が共に学ぶ公立学校で、「発展」的内容を教えるためには「能力別クラス編成」が必要になってきます。しかし、そのためには教員数の倍増が必要なのですが、予算の都合で出来切れていません。

「ゆとり教育」の本質とは、「落ちこぼれ」を作らないようにして、子供一人一人に合った教育環境の創造を目指していこうと言うことです。

「ゆとり教育」は文部官僚の机上の空論と言う意見について、予算配分まできちんとレールを敷かなかったという点では不備があり、当たっているかも知れませんね。

しかし、学校制度の面でも予算の面でも流れは出来つつあり、いい方向に向かっているのが現状です。
問題は、「教員の質」ですね。
「教え方マニュアル」を交付しなければ何もできないレベルですから。

こんにちは。

文部官僚ではないのですが、教育関係者として「ゆとり教育」について一言。

「ゆとり教育」とは、それ以前の「偏差値至上主義」や「詰め込み式学習」「受験戦争の早期化」などの弊害を除こうとして生まれたものです。

決して、私立学校を否定してませんし、塾も否定してません。むしろ「ゆとり教育」の提唱と共に塾との共存を打ち出しています。画期的な路線変更です。

では「ゆとり教育」の本質は何だったのか。
それは「底辺の底上げ」です。簡単に言うと「落ちこぼれ(最近は使って...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報