4つの連続した正の整数の積は24の倍数になることを証明せよ。

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

2つの連続した数のうち1方は2の倍数です。


3つの連続した数のうち1つは3の倍数です。
4つの連続した数のうち1つは4の倍数です。

したがって4つの連続した数の中には2の倍数と3の倍異数と4の倍数が含まれるので、その積は
    (2の倍数)×(3の倍数)×(4の倍数)=(24の倍数)    …(証明終)

同じように考えればもっと一般の場合にも同じような事が言える事が分かります。
すなわち、n個の連続した数の積は、1からnまでの数の積の倍数となります。
数学的帰納法で出来ますからお時間があったらやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数学的帰納法の存在を忘れていました。
なんとか出来そうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 16:14

次のような関係が成り立つようです。


証明は数学的帰納法で良いでしょうか?
それなら簡単に証明できます。

N1=n・・・・・・・・・・・・・・・・1の倍数
N2=n(n+1)・・・・・・・・・・・・・2の倍数
N3=n(n+1)(n+2)・・・・・・・・・・・6の倍数
N4=n(n+1)(n+2)(n+3)・・・・・・・・24の倍数
N5=n(n+1)(n+2)(n+3)(n+4)・・・・・120の倍数
N6=n(n+1)(n+2)(n+3)(n+4)(n+5)・・・720の倍数
・・・・・

では、証明は、ご自分でやってみてネ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
数学的帰納法でやってみます。

お礼日時:2001/08/08 16:16

ここは宿題の回答を求めるサイトではないですよ。


まあよいです。
ヒントだけなら。
まず、1つめの数をnとします。
その次の数はn+1、n+2、n+3になります。

まず、nが4で割った時のあまりを考えると、4つのうちどれか1つは4の倍数だってわかるはずです。
そして、それに2を足す(引く)したものは必ず2の倍数です。
同じように、どれかは3の倍数になります。
(4の倍数)×(2の倍数)×(3の倍数)=?

ということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ここは宿題の回答を求めるサイトではないですよ。
すみません。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 16:11

4つの連続した正の整数ってことは、



・4の倍数が一つだけ含まれる(4つごとに現れるから)
・4の倍数以外の2の倍数が一つある(4の倍数の二つ前か二つ後)
・3の倍数が最低一つ含まれる(3つごとに現れるから)

ので、4×2×3がくくり出せるから、24の倍数。

式で表現すると、

・3の倍数が奇数のとき

4・n×2・m×3・k×(残り)

・3の倍数が4の倍数のとき

4・3・n×2・m×(残り)

・3の倍数が4の倍数ではない2の倍数のとき

4・n×2・3・m×(残り)


# 数学の証明らしい表現じゃないんだけど (^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…このような証明の仕方もあるのですね。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 16:05

連続4整数の中には必ず、2の倍数、3の倍数、4の倍数が含まれます。

そのため2×3×4=24の倍数になるんですが、そのことをうまく言葉と式でもっていけば大丈夫でしょう。とりいそぎこんなかんじで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のリプライありがとうございました。なんとかして言葉と式で証明したいと思います。

お礼日時:2001/08/08 16:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連続する3つの整数の積は6の倍数?

もしかしてすごい簡単なのかもしれないのですが、
さっぱり数学オンチなので教えてください(泣)

「連続する3つの整数の積は6の倍数であることを
証明しなさい」という問題の解答を教えてください~。

Aベストアンサー

「連続するする3つの整数」ということは、
・その整数3つのうち一つは必ず「2の倍数」である。
・その整数3つのうち一つは必ず「3の倍数」である。
ということは、「2の倍数×3の倍数」を必ずすることになる。
「2の倍数×3の倍数=6の倍数」なので、「連続する3つの整数の積は6の倍数である」となります。

Q3連続の整数が、2と3の倍数になることの証明

高校数学の数列の問題です。

数列{an}の初項a1 から、第n項での和を、Snと表す。
この数列が、(n+2)an=3Sn(n=1,2,3,・・・)

をみたす。数列{an}の初項a1が整数であるとき、Snは整数であることを示せ。




(n+2)a[n]-(n+1)a[n-1]=3( S[n]- S[ n-1])
これから、一般項を求めて、


a{n}=(n+1)/(n-1) a {n-1}

an={(n+1)/( n -1)}×{n/n-2}×{ n -1}×{ n -1/ n -3}×
{ n -2/ n-4}×… {5/3}×{4/2}×{3/1}a1


約分して、
これから一般項求める

an={n(n+1)/2}× a{ 1}

(ここからは、ある人からの回答です)


a[n]={n(n+1)/2}× a[1]
を求めた時点で、

n(n+1)/2
は1からnまでの和ですから
a[1]が整数なので、
a[n]は整数であることが分かります。

a[1]からa[n]までの和である
S[n]も当然整数となります。

もし計算で出すのでしたら
n(n+1)(n+2)/6×a[1]
となります。

これが整数であることは
n(n+1)(n+2)
は連続する3つの整数なので、
2の倍数と3の倍数を含むことから6の倍数となります。

つまり分母の6が約分されるので整数となります。



とあるのですが、

この「 n(n+1)(n+2)
は連続する3つの整数なので、
2の倍数と3の倍数を含むことから6の倍数となります。」

この部分は、証明なしで使っていいのでしょうか?
いわれると何となくわかるのですが・・・

また、これを示すには、どうすれば示せますか?

お願いします。

高校数学の数列の問題です。

数列{an}の初項a1 から、第n項での和を、Snと表す。
この数列が、(n+2)an=3Sn(n=1,2,3,・・・)

をみたす。数列{an}の初項a1が整数であるとき、Snは整数であることを示せ。




(n+2)a[n]-(n+1)a[n-1]=3( S[n]- S[ n-1])
これから、一般項を求めて、


a{n}=(n+1)/(n-1) a {n-1}

an={(n+1)/( n -1)}×{n/n-2}×{ n -1}×{ n -1/ n -3}×
{ n -2/ n-4}×… {5/3}×{4/2}×{3/1}a1


約分して、
これから一...続きを読む

Aベストアンサー

手間がかかるが、次のようにし証明しても良い。

N=n(n+1)(n+2)として、mを整数とする。
(1) n=6mの時、N=n(n+1)(n+2)=(6m)*(6m+1)*(6m+2) つまり、6の倍数。
(2) n=6m+1の時、N=n(n+1)(n+2)=6*(2m+1)*(3m+1)*(6m+1)つまり、6の倍数。
(3) n=6m+2の時、N=n(n+1)(n+2)=6*(3m+1)^2*(2m+1)*(6m+4) つまり、6の倍数。

以下、n=6m+3、n=6m+4、n=6m+5 も同じように証明できる。続きは、自分でやって。

Qnを正の整数とする時、6の倍数であることを証明する n(n+1)(n+2) n3乗+5n

nを正の整数とする時、6の倍数であることを証明する n(n+1)(n+2) n3乗+5n

Aベストアンサー

n~3+5n も、n(n+1)(n+2) と同様、
必ず 6 の倍数になります。

簡単なのは、mod 6 で
n~3+5n ≡ n~3+(-1)n ≡ (n-1)n(n+1)
として、前小問に帰着することですが、
これだと、多少、知識が要りますね。

n を 6 で割った商を q、余りを r と置いて、
n = 6q+r を式に代入すると、
n~3+5n を 6 で割った余りが
r~3+5r を 6 で割った余りと一致する
ことが判ります。
あとは、r = 0,1,2,3,4,5 の各々について
余りを求めてみればよい。

Q(1)2つの上三角行列A、Bの積ABは上三角行列になることを証明せよ。

(1)2つの上三角行列A、Bの積ABは上三角行列になることを証明せよ。
(2)2つの上三角行列A、Bの積ABの行列式|AB|は|A||B|に等しいことを証明せよ。

明日提出の宿題で困ってるので教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

計算するだけなので、困るような問題ではありません。

Qbが6の倍数ではないことを証明せよ

数学IIを解いていたら、どうしても『自然数a、bがあり、b=9a+8(1≦a≦13)のとき、bが6の倍数ではない』ということを証明しなければ進めなくなる問題がありました。

何かいい方法はありますか?

13くらいまでなら代入するしかないですか?

Aベストアンサー

別に難しく考えることはないのでは…。

6=2・3と素因数分解できるので、6の倍数は3の倍数でなければなりませんが、
b=9a+8=3(3a+2)+2 なので (aは自然数で 1≦a≦13)
aは3の倍数にはなりません。(3で割ったら2余る整数です)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報