仕事中にあて逃げされ、労災保険で、休業補償と療養の給付を受けていますが、
政府補償事業に、慰謝料を請求できるのでしょうか?   それとも、休業補
償と病院代で、政府補償の枠を使いきってしまうので、請求しても無駄でしょうか?     
 発生から、1年になり、休業中です
 加害車両のナンバーもわからない状態です。
 当方は、鞭打ちになり、現在も治療中です。
 入院はせず、リハビリを含め100日ほど、通院しています。
 (過去ログも見ましたが... 政府補償の慰謝料と労災の給付との、関係が、今ひとつ解りません 宜しくお願いします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

労災と政府自動車損害賠償保障事業の二重取りは法律で禁止されています。



政府自動車損害賠償保障事業では
労災保険により給付を受けたときは
保障事業の給付に相当する金額の限度において
損害をてん補しないことにしています。

請求の流れは
被害者→労災→政府自動車損害賠償保障事業→犯人となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。 
 わかりやすく、回答いただき仕組みについては、良く理解できました。
 ただ、1年も病院に通い、会社も休み、後遺症認定にもならず、
 家族も嫌な思いをしている状況で、慰謝料もでないのは、少し制度に
 疑問を感じずにはいれませんし、辛いです。

お礼日時:2001/08/12 16:38

あて逃げの場合の治療費・慰謝料・休業損害を政府補償制度で請求する場合



1、相手が見つからず、請求するところがない。
2、健康保険等の補償制度を使用したものとして計算をする。
3、搭乗者傷害等で補填を受けている場合も減額の可能性がある。
4、補償範囲は、自賠責と同額である。
5、申請をしてから忘れたくらいに回答がくる。

どの程度労災で補填されているかわかりませんが、以前私の契約者で請求したときに、健康保険を使用し、搭乗者傷害の支払いを受けており、数ヶ月後に補償対象外という連絡がきました。

ケースによって異なると思いますので、保険会社に相談をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答有難うございました。
 休業補償は、200万を超えていますので、自賠責と同じ補償範囲では、
 無理なようですね...。
 一度保険会社に、相談してみます。

お礼日時:2001/08/12 16:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災→休業補償→障害補償給付について教えてください

二年前に仕事中ケガをしてしまいました。

現在、入院はもうしていませんが通院をしています。仕事も休んでいるため、休業補償給付を受けています。

そこで質問ですが
ケガをしてもうすぐ2年になりますが、休業補償給付は2年経過すると支給は停止されますよね?

現在、まだ治療進行中ですが、障害補償給付は受けられるのですか?
申請をしなくても所轄の労働基準監督署から申請用紙が送られてきますか?

Aベストアンサー

休業補償給付は、業務上災害での疾病で療養し、
働くことができず賃金を受けていない場合に給付されます。
2年というのは、請求しないでいると時効になってしまう期間のことです。

治療を続けているものの、1年半経過後ある一定の障害にある場合、
休業補償給付にかえて、傷病補償年金に切り替わることがあります。
そのため1年半経過時報告書を提出、
そして上の年金給付にあたらない場合、
その後毎月また別の報告書を提出することとなっています。
送られてもいないなら、労基署から取り寄せてください。

障害補償給付は治療がおわったときのお話です。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/040325-8.pdf

それぞれ、参考URLにあるパンフをご覧ください。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040325-13.html

Q労災の休業補償給付金について

今の仕事に就いて半年程経った時に仕事中に骨折をしてしまいました。
現在労災で休業補償して貰っているのですが、給付基礎日額が日当の3分の2程度で、支払われてる総額はそこから更に二割程少なくなっています。
給付基礎日額は過去1年の給与から計算されているそうなのですが、私の様に半年しか働いてない場合はどうなるのでしょうか?
また、休業補償給付金とは貰っていた平均給与の6割~7割しか支給されないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>給付基礎日額が日当の3分の2程度で、支払われてる総額はそこから更に二割程少なくなっています。

計算の仕方は決まっています 休業補償給付請求の1回目だけだと思いますが 計算書を添付して監督署に出すようになっています

余談ですが請求は被災者・・つまりあなた・・が提出した書類についています

会社が代理で出していてごらんになっていないなら見せてもらうと納得するでしょう

記入例が見つかりましたのでご覧ください
http://sakamoto-sr.jp/pdf/rs-4-3.pdf

まず平均賃金日額を出します
直近の3ヶ月の支給額を暦日数で割ったものが平均賃金(日額)です

休業補償請求期間・・・暦日数・・日祭含む・・に 上の平均賃金を掛けますと その期間の休業補償額が出ます

これが法で決まった補償額です
60/100を掛けているのに注目してください 法は平均賃金の60%保障です

ただし現在は20%を休業特別支給金として上乗せするようになっていますから、合計では80%の補償になっています

>給付基礎日額が日当の3分の2程度
日給のかたが・・失礼・・週休2日なら つき30日なら22日労働ですから 日給額に22掛けて30で割ると73%です 

上の記入例と比較してみてください

>支払われてる総額はそこから更に二割程少なくなっています。
休業特別支給金20%加えても合計80%ですから おかしくないです

>給付基礎日額は過去1年の給与から計算されているそうなのですが
どのように知られたのかは存じませんが 間違いです
直近の3ヶ月で計算します 勤続何十年あってもそうです

パートアルバイトで3ヶ月以内の勤務の場合はその日数となります

以上のように労災保険は給与日額を100%補償するような制度ではないのです
さらに休日があればそのぶん含めて平均賃金を計算するようになっています

では





 

>給付基礎日額が日当の3分の2程度で、支払われてる総額はそこから更に二割程少なくなっています。

計算の仕方は決まっています 休業補償給付請求の1回目だけだと思いますが 計算書を添付して監督署に出すようになっています

余談ですが請求は被災者・・つまりあなた・・が提出した書類についています

会社が代理で出していてごらんになっていないなら見せてもらうと納得するでしょう

記入例が見つかりましたのでご覧ください
http://sakamoto-sr.jp/pdf/rs-4-3.pdf

まず平均賃金日額を出しま...続きを読む

Q労災の休業補償給付について教えてください。

一年半前に仕事中の交通事故により(過失割合95:5)、未だ後遺症に悩まされ生活しています。初めは、相手側の損害保険で医療費や休業補償をして貰っていたんですが、今年入って自分の健康保険に切り替えるよう要求されました。自賠責も労災も事故から1年半までしかみてくれないと、その保険会社にも強く言われ、健康保険で現在治療しています。有給もなくなり、損害保険の休業補償も打ち切られたので、健康保険の傷病手当に頼ることにしたのですが、60%の支給では到底生活を維持できません。何とか今からでも労災の休業補償給付(休業特別支援金)80%をうけることはできないものでしょうか?
なぜ、業務上の事故にもかかわらず、事故から1年半で全て打ち切られてしまうのかが納得いかないのです。
家族を養っていかなくてはならないので、どうにか良い案があればご教授ください。

面倒な質問ですみません。労災や交通事故(損保)関係で詳しい方、何でもいいです。お願いします。

Aベストアンサー

ご質問のないように疑義があります。
>健康保険に切り替えるよう要求
>健康保険で現在治療
とありますが、労災適用ではないのですか?労災適用でしたら労災保険に請求した場合、過失割合がどうであれ、100%給付されます。一部負担もありません。
もしかしたら、労災の「療養(補償)給付」書類[様式第5号](通勤途上なら[様式第16号の3])を病院に提出していないのではありませんか?(相手がある事故なので[第三者行為災害届]も労働基準監督署へ提出です)
>自賠責も労災も事故から1年半までしかみてくれないと、
自賠責は、治療費・慰謝料・休業損害を含め120万円までです。期間では有りません。労災の休業(補償)給付関係は、1年6箇月です。1年6箇月を超えますと、傷病(補償)年金([傷病の状態等に関する届書]により、労働基準監督署長が決定)と、その時点で後遺障害が残った場合には、自賠責と労災の両方で後遺症の等級認定を受けて後遺損害を請求することになります。
労災関係は、障害(補償)給付で[等級により年金か一時金]がでます(労働基準監督署へ[様式第10号]を提出、通勤途上は[様式第16号の7]です。)障害(補償)給付にも、更に上乗せする形で障害特別支給金があります。年金の場合には、その障害が存在する期間支給されます。死亡するまで障害が存在したならば、死亡するまで補償を受けられることになります。
これに対し、自賠責保険では、身体に残った後遺症の程度に応じた等級によって逸失利益及び慰謝料の一時金が支払われます。
ただ、もし傷害等級が12級や11級より重いのでしたら、保険会社との交渉ではなく、訴訟を提起し裁判所で判決をもらった方が補償額が多くなるケースが多いので検討が必要です。

ご質問のないように疑義があります。
>健康保険に切り替えるよう要求
>健康保険で現在治療
とありますが、労災適用ではないのですか?労災適用でしたら労災保険に請求した場合、過失割合がどうであれ、100%給付されます。一部負担もありません。
もしかしたら、労災の「療養(補償)給付」書類[様式第5号](通勤途上なら[様式第16号の3])を病院に提出していないのではありませんか?(相手がある事故なので[第三者行為災害届]も労働基準監督署へ提出です)
>自賠責も労災も事故から1年半までしか...続きを読む

Q労災保険休業補償給付金の取扱いについて

御世話になります。

労災保険休業補償給付金の取扱いについて教えていただ
きたいのですが,この給付金は給与収入として取り扱わ
れるのでしょうか?
それとも,その他の雑収入として扱うのでしょうか?
ちなみに受給者は,パートタイマーです。

御存知の方がいらっしゃいましたら,御教授ください。

Aベストアンサー

>健康保険の標準報酬を算定するにあたり,
>該当月に支払われた給与を調べているのですが,

標準報酬月額は休業していればその月はそもそも算定根拠から外しますよ。

「報酬が支払われる日数が20日以上の月を算定の月に入れる」

です。該当しなければそもそもその月は排除します。

給付金は報酬ではありません。

Q労災の休業補償給付についてですが

労災の休業補償給付についてですが

1・期間契約で働いて契約期間終了後も継続して給付金は支給されるのでしょうか?

2・1年6ヶ月後も療養のため労務につくことができず、傷病等級に該当しない場合、どうなるのでしょ   か?

3・休業補償給付受けている期間に労働することができないことを理由に契約更新してもらないことは遺  法にはならないのですか?

教えてください。

Aベストアンサー

1.治療のために就業不能であれば、雇用関係の有無に関係なく継続して支給されます。

2.傷病固定(これ以上治療してもよくならない)と医師が判断するまで、継続して治療を受けられ、給付が支給されます。

3.雇用期間満了更新せずは、解雇でありません。雇い止めといい問題ありません。有期契約で解雇とは、期間途中で契約解除することをいいます。ただし雇用期間の定めのない雇用を有期にみせかけているなど、特段の事情があれば別ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報