痔になりやすい生活習慣とは?

2本歯のフォークと3本歯のフォークでは使い分けのルールがあるのでしょうか?

食事用は4本歯で、3本歯以下はデザート用と認識しています。

同じデザート用のフォークでもでも、例えばケーキには3本歯、
フルーツには2本歯といったルールが何かあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

適材適所 ならぬ  適食適具。

(創作四字熟語)

大きさ、形、量、材質によって食べやすい形状のフォークを選択しているのだと思います。
最低でも2本刃があれば、取りやすい、持ち上げやすい機能を満たします。

フルーツ(一口大)の場合、
突き刺した時に、出来るだけ果汁が出ないよう、したたらないようにする。
刃が1本のピック。もしくは刃が2本のフォークが適しているのでしょう。

1本刃で起こる不都合は、突き刺した後、突き刺去った状態で回転する、滑り落ちる 事でしょう。
楊枝は、食材にほぼ真上から突き刺し、木肌表面と食材間に生じる摩擦で滑り落ちる事が
ある程度食い止められるため、持ち上げても実用的に使える用具。
こんにゃくや寒天、ゼリーのような素材には不向きになります。
(ただし、横から刺して持ち上げれば可能ですが・・・自然に手のひらを添えながら慎重に口元に運ぶ動作をします)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデザートフォーク と ディナーフォーク

食事に使うフォークですが、
デザートフォーク と ディナーフォークの違いは何でしょうか?
形状が違うのでしょうか?

他にもミートフォーク、フィッシュフォーク、フルーツフォーク、ケーキフォーク等が
ありますが、小さいのがケーキ用かなとは思うのですが違いがわかりません。
教えて下さい。m(__)m

Aベストアンサー

一度フランス料理のフルコースを食べに行けば一番よく分かりますが、デパートの食器売場の高級なところに行ってみてください。

日本で、家庭で普通に使われているフォークは、実はデザートフォークなんです。ナイフもスプーンも。

日本人は小柄だから、それが普及してしまったのですが、本来ディナーフォーク・ディナーナイフ・ディナースプーンは、二まわりくらい大きくて持つところも太く、しっかりしています。

フィッシュナイフは、お魚の身が崩れてしまっても、すくって食べれるようにギザギザがついていないです。平べったいスプーンみたいですよね。

また、ソースを絡ませていただくクレープシュゼットみたいなデザートのときに出てきたりもします。

ケーキフォークも日本人が考えたもので、本来はナイフとフォークを使って食べるんですよ。

日本人はお皿を手に持って、フォークでケーキを食べますが、西洋はお皿は置いて食べます。

欧米は食器を手に持って食べる文化ではないので、食器が多岐にわたるのです。

日本は器を手に持ち、お箸でいただきますね。
その文化と洋食器が融合したのが、今の日本の洋食器です。

ご参考まで。

一度フランス料理のフルコースを食べに行けば一番よく分かりますが、デパートの食器売場の高級なところに行ってみてください。

日本で、家庭で普通に使われているフォークは、実はデザートフォークなんです。ナイフもスプーンも。

日本人は小柄だから、それが普及してしまったのですが、本来ディナーフォーク・ディナーナイフ・ディナースプーンは、二まわりくらい大きくて持つところも太く、しっかりしています。

フィッシュナイフは、お魚の身が崩れてしまっても、すくって食べれるようにギザギザがつ...続きを読む

Qデザートフォークの形はどうしてああなのですか?

デザートフォークをみると、食べ物を載せたり刺したりする歯(?)が3本くらいついていて、その1つがくびれている形になっていますが、これはどうしてなんですか?

Aベストアンサー

最近、デザートフォークでくびれのあるものは、あまり見かけませんが
カットした果物はフォークで刺しても滑りやすいので、くびれがあるのではないでしょうか?

ケーキフォークは、ケーキがきれいに切れるように
ひとつが太くなっています。

どちらも、食べやすくなるように、工夫されているのだと思います。

http://www.mmjp.or.jp/accent/sw-103.htm

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/accent/sw-103.htm


人気Q&Aランキング