【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

漢文で陶淵明の「帰去来辞」の冒頭「帰去来兮」を書き下し文にすると「帰りなんいざ」となると授業で習いました。日本語の助詞、助動詞のあたる部分は書き下すときにひらがなにするという原則も習いましたが、なぜ「りなんいざ」のところがひらがなになるのでしょうか?自分なりに考えましたが、「帰り」は動詞の連用形、「な」は完了(確述)の助動詞の未然形、「ん」は推量(意思?)の助動詞でしょうか?そうならば、「りなん」の部分がひらがなになるのは納得できます。でも、「いざ」は呼びかけの「感動詞」ではないでしょうか?感動詞でもひらがなにするのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現代日本語に訳すなら、「帰去来兮」で、「帰ろう」という意味です。

ですが、漢文訓読はできるだけ一字一字の漢字を直訳しようとするのが原則ですから、「帰りなむいざ」になるのです。

「去来」二語を「いざ」と訓読みします。「去来」を「いざ」と読むのは『万葉集』などでも使われています。

「去来」は古代中国語の文法において方向補語と呼ばれているものです。動詞について動詞の方向性を表す文法的機能しかなく、具体的な意味はありません。日本語に直訳しにくいものです(英語のcome onのonだけ取り出して直訳しにくいのと同じ理屈です)。
そこで昔の日本人は、前に進んでいくという感じを感動詞の「いざ」で意訳したわけです。中国語原文と日本語訳では文法的に異なるものになってしまっています。
ちなみに文末の「兮」は詩などでリズムを整えるための休止符であって、これも具体的な意味はありません。この助字は読まないことになっています。

漢文訓読の書き下し文で助詞・助動詞はひらがなにすることになっていますが、「去来」などの慣用語もひらがなにするのが普通です。他にも「所謂」(いはゆる)、「以為」(おもへらく)など。

「帰」につけられた「かえりなむ」という訓読は「かえり(四段・連用形)+な(完了「ぬ」・未然形)+む(推量「む」)です。「な+む」の組み合わせで「実現を望む強い意志(きっと~しよう)」の意味になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくこたえてくださいましてありがとうございました。少し専門的で難しい部分もありましたが、納得しました。受験勉強もがんばります。

お礼日時:2005/01/17 23:31

確かに「いざ」は自立語で現代語の「さあ」に当たりますね。


では、なぜ仮名書きにされているかと言うことですが、次のように考えてはどうでしょうか。
たとえば、「嗚呼」や「噫」を「ああ」と読みますが、これはある程度お定まりの読みであり、辞書にも出ています。ですから、漢字で表記して振り仮名を附けるということに何の不自然さもありません。
これに対して、問題の「帰りなんいざ」はこれを訓読した先人の工夫を凝らした、いわば「意訳」なのです。
「兮」に「いざ」という読み方があるわけではなく、「帰去来兮」全体を「帰りなんいざ」と読んだ(訳した)ので、どの字を「いざ」と読んだと言いにくいところがあるため、仮名書きされていると思われるのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。漢文て難しいですね。でもこんなふうにこたえてくれる方がいるので本当に助かります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/17 23:32

>なぜ「りなんいざ」のところがひらがなになるのでしょうか?



文法的なことはよくわかりませんが、単に「りなんいざ」に相当する漢字がない(ひらがなでしか表記できない)からではないでしょうか。

>「いざ」は呼びかけの「感動詞」ではないでしょうか?
そうです。(辞書を見てみましたが、漢字は載っていませんでした)

「帰りなんいざ」は現代的な表記であり、伝統的には「帰りなむいざ」になりますね。
意味は「さあ帰りましょう」…でよろしいかと。

以上全くの素人意見ですので、詳しい方補足をお願いします<(_ _)>
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定年退職者に贈る言葉(四字熟語)

みなさん、こんにちは。
 定年退職者へ贈る言葉として、どのような言葉が
ふさわしいか教えてください。
在職者一同から色紙に記入するので、
出来れば『四字熟語』で簡潔に表したいのです。
勝手いってすみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職後 社会に関わるのであれば
「率先垂範」
第二の人生が未定であれば
「深謀遠慮」
などいかがでしょう

Q係り結びでもないのに文末が連体形なのはなぜ?

「そこなりける岩に指(および)の血して書きつけける」という文の文末の「ける」は過去の助動詞「けり」の連体形だと思うのですが、係り結びの係助詞もみあたらないのに、なぜ文末ば連体形なんでしょうか?疑問の副詞があるときも、係り結びになるらしいですが、それもみあたりませんし。。よければ、意見きかせてください。ちなみに、出典は伊勢物語です。

Aベストアンサー

当該箇所の場合、「書きつけける」の直後が歌なので、

書き付けた(歌(は以下の通り)):~

みたいなことを言いたいのを省エネしていると考えれば良いと思います。用言が体言的に働く歴とした準体法で、このような場合は、「余韻」とはあまり関係なかろうと思います。

また、既に例が出ていますが、連体形で文を結ぶことによって「余韻を与える」とされる用例もあります。連体形というのは本質的に体言的なもので(だからこそ準体法が可能なのですが)、文を連体形で終えるということは、文末に体言があるのと同様の効果となります。これは現代語で言えば「~の(だ)」に相当します。

 紫たちたる雲の細くたなびきたる(『枕』)
  →紫がかった雲が細くたなびいているの(ウットリ)。
 雀の子を犬君が逃がしつる(『源氏』若紫巻)
  →雀の子を犬君が逃がしちゃったの!(プンプン)

みたいなもんです。意訳ですが。これをただ「余韻」という曖昧極まりない用語で説明して片付けるのは学校文法の怠慢だと思います(室町時代になって、活用語の終止形は連体形に合流してしまうので、仮に連体形=余韻だとすると現代の全ての文が余韻含みになることになってしまう。だいたい「余韻」って何でしょう)が、まあこのように説明される用法もあるということです。

一応この二つを、学校ではあまり説明してくれませんが、気に留めておくと良いでしょう。

当該箇所の場合、「書きつけける」の直後が歌なので、

書き付けた(歌(は以下の通り)):~

みたいなことを言いたいのを省エネしていると考えれば良いと思います。用言が体言的に働く歴とした準体法で、このような場合は、「余韻」とはあまり関係なかろうと思います。

また、既に例が出ていますが、連体形で文を結ぶことによって「余韻を与える」とされる用例もあります。連体形というのは本質的に体言的なもので(だからこそ準体法が可能なのですが)、文を連体形で終えるということは、文末に体言が...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較