人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

文章の品詞分解をする際、「そう」という単語がさまざまな形で現れるので、困っています。

「そうなんだ~」などと言う場合の「そう」の品詞は何にあたるのでしょうか?
代名詞と考えているのですがどう思われますか?

また、「そういえば」は接続詞の一単語として考えていいのでしょうか?

さらに、何かを思い出した時に、文頭で「そうそう!」というときの品詞は感動詞でしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1の再質問の回答です。



>(1)副詞「そう」+助動詞「です」
>(2)助動詞「そうです」
>のどちらになるのでしょうか??

これは(1)です。(前文を肯定する意味で使われているため)
助動詞「そうだ」は伝聞、様態を示すのに使います。
「次期部長は誰になりそうだ?」「私だそうです」
であれば、左側が様態、右側が伝聞の助動詞です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

二度目のご回答感謝です!
例文も分かりやすかったです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/01/16 14:29

用言にかかる「そう」はすべて副詞です。


一般に「指示語」などといってひとくくりにしている感のある「こそあど言葉」ですが、
「それ」は代名詞、「その」は連体詞、そして、「そう」は副詞です。
入試問題などでもよく出題されます。
また、「そういえば」は、「そう」が副詞、「いえ」が動詞「いう」の仮定形、「ば」は助詞です。
あと、「そうそう!」の「そう」は、感動詞です。
形は同じですが、感動、返答、あいさつなどをあらわし、一語で一文をつくる能力がある単語は感動詞です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「そういえば」というのは接続詞ではないのですね。
他にも詳しく教えてくださり、ありがとうございました!

お礼日時:2005/01/16 14:32

そう考える、そうしてみる、そうなった→副詞「そう」


そういうこと、そういう人→連体詞「そういう」
そうして、物語は終わった。→接続詞「そうして」
もうすぐ雨が降りそうだ、こわれそうな機械→助動詞「そうだ」
今日は雨だそうだ、彼は来ないそうだ→助動詞「そうだ」
そうですね、考えてみましょう→接続詞「そうですね」
そう、君の言うとおりだ。→感動詞「そう」
これは、そうそうできるものではない。→副詞「そうそう」
そうそう、出かけるんだった。→感動詞「そうそう」

新明解国語辞典(三省堂)ではこんな分類でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
自分で思ってた以上に種類があって大変助かりました。やはり代名詞ということはないようですね。

あと、あまり使われるパターンではないと思いますが、
「部長はどなたですか」「私がそうです」
のような場合は、
(1)副詞「そう」+助動詞「です」
(2)助動詞「そうです」
のどちらになるのでしょうか??
(2)の場合、助詞のあとに助動詞が来ることになりますが、そのようなパターンは他にもありますか?
もしあるようでしたら教えてくださると助かります。。

追加で申し訳ないのですが、どなたか分かる方お願い致します。

お礼日時:2005/01/15 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~したい」はなんの品詞?

1.「~したい」は何の品詞ですか?

2.形容詞の簡単な見分け方を教えて下さい。
例 「~い」が「~く」と言い換えられれば形容詞

Aベストアンサー

1.
サ変動詞「する」の連用形「し」+願望の助動詞「たい」の終止形。
助動詞「たい」は形容詞型の活用で、動詞型の活用語の連用形接続。
例:やりたい、助けたい、死にたい

2.
活用の型以前の問題としてものごとを「形容」しているかどうかでまず判断します。「~い」が「~く」と言い換えられれば、などと考えるのはその後です。
形容詞例:美しい、暑い、青い、楽しい、早い、すさまじい

これと同じく注意が必要なことばに「~ない」があります。
「お金が無い」の「無い」は形容詞で「来ない」「食べない」の「ない」は否定の助動詞。

Q国語(品詞・副詞・代名詞)

 国語の品詞に関する質問です。
(1)いつ 東京を 出発しましたか。
という文における「いつ」の品詞は何ですか?学校では、どのように分類し、教えていますか?
 多くの辞書や『日本文法事典』では、代名詞と考えているようです。
 しかし、教科書準拠のある問題集では、「いつ」を呼応(陳述)の副詞と考えているようです。また『国語学新講』(東條操)などでも、陳述副詞と考えているようです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学校では「名詞」と教えています。

正確には「代名詞」ですが、学校では日本語の品詞は10。「代名詞」は「名詞」に含まれます。

「名詞」の条件は、そのあとに「は」「が」をつけると主語になることができる単語だと考えます。

「いつ」に「が」をつけると主語になります。「いつがチャンスだ?」など、そうですね。
「いつ」も「何時」も「明日」も「3時」も同じ「名詞」です。

Q「の」の品詞は何ですか?

 所有格や修飾で使われる「の」が助詞だということは、わかるのですが、動詞、形容詞、形容動詞の後に使われる「の」(食べるのが好き、赤いのがほしい、好きなのを選んで)の品詞がわかりません。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

下記辞書にある、
【2 (活用語に付いて)その語を名詞と同じ資格にすることを表す。「読む―が速い」「彼を行かせる―はまずい」「こんな―が欲しい」】
という用法の準体助詞です。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/171157/m1u/%E3%81%AE/

Q身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

現在外国人に日本語を教えています。
「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、
他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか)
同じような活用をするかが知りたいです。

簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。
また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

Aベストアンサー

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か、好き、嫌い、上手、下手、暇、いろいろ、有名、親切、元気、便利、不便、素敵、簡単、大変、大切、大丈夫、無理
などです。

広辞苑などの多くの辞典では名詞にして形容動詞を品詞として扱っていません。名詞を修飾する時に「な」でなく「の」がつくこと以外に活用が名詞と同じだからです。「~だ。」の形は名詞と同じです。
一方、
普通、赤色、昔、最高
などは形容詞のように見えて名詞に分類されます。これらはナ形容詞にはならないようです。
ところが、
普通、沢山
などは手元にある小学館の新国語辞典では形容動詞になっています。

形容詞か名詞の見分け方は副詞に修飾されるかどうかになります。たとえば「すごい」がつかく「すごく」が前につくかどうかです。

しかし
元気、健康、自由、特別、最高、親切、安全、不思議、厄介
などは主語にもなります。名詞を修飾する時には「な」の時も「の」時もあります。形容動詞と名詞の両方の品詞に分類されます。


深入りすればするほど何が何だか分からなくなります。外国人に教えるときは形容動詞ははじめにあげたような基本的な形容動詞だけに限って教えたほうがいいようです。


ナ形容詞か名詞かを見分ける方法があれば、ぜひ知りたいのですが。
名詞を修飾する文節にした時、結果としてナがついた時は、ナ形容詞と呼ぶしかないように思います。

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か...続きを読む

Q「あるいは」の品詞を教えてください。

「あるいは」の品詞をインターネットで調べたところ、副詞やら接続詞やら、さまざまな考えがありました。
一体全体、品詞は何でしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使用する状況によって品詞は変わります。

「一方では」という意味で「―歌をうたい、―笛を吹く」のように使う場合や、
「ひょっとしたら」という意味で「―私がまちがっていたかもしれない」「明日は―雨かもしれない」のように使う場合は副詞になります。
「または。もしくは」という意味で「みりん、―酒を加える」のように使う場合には接続詞。
http://dic.yahoo.co.jp/detail?p=%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%84%E3%81%AF&stype=1&dtype=0
  

Q形容詞の「ない」と助動詞「ない」の見分け方

日本語文法では形容詞の「ない」は「ぬ」におきかえられない、助動詞の「ない」は「ぬ」に置き換えられる。などと習いましたが、外国人に教えるとき、その見分け方では説明になりません。どのように外人に説明したか経験を分かち合っていただけますか。
例:うかない顔 止まらない駅 ケーキがない 

Aベストアンサー

「うかない」「止まらない」がわかるということは、これらが動詞「うく」「止まる」の否定形であることは認識しているのですよね?

なら、動詞の否定形‘ない’なら「ぬ」が使える、‘(物事が)無い’という動詞なら使えない・・・という事では駄目ですか?

Q[国語] 「大きい」→「大きな」、「小さい」→「小さな」 (連体詞、それとも......?)

形容詞である、「大きい」、「小さい」は、名詞の修飾語になるとき、「大きな」、「小さな」に変化しますよね。

(1) これは、形容詞の活用形の例外ケースなのでしょうか?(一般的には、「....な」に変化するのは形容動詞のはず)
それとも、「大きな」、「小さな」は形容詞ではなく、連体詞なのでしょうか?

(2) このような例外(変則)ケース(= 形容詞の「....い」が「....な」に変化する)は他にありますか?
「大きい」、「小さい」以外に思い付かないのですが。


下記の2つのページを読んだのですが、文法の解釈が一意ではないようで、どれが「正解」(正論)なのか、判断がむずかしいところです。

[ 修飾語 連体詞・副詞 ]
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/3032/kb-syushokugo.html#rentaishi-toha

[ - goo辞書 - ]
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CF%A2%C2%CE%BB%EC&kind=jn&mode=0&jn.x=48&jn.y=11




[ Google 検索: 形容詞 形容動詞 連体詞 修飾語 活用 ]
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E8%A9%9E+%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E5%8B%95%E8%A9%9E+%E9%80%A3%E4%BD%93%E8%A9%9E+%E4%BF%AE%E9%A3%BE%E8%AA%9E+%E6%B4%BB%E7%94%A8&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

コメントお待ちしております。

形容詞である、「大きい」、「小さい」は、名詞の修飾語になるとき、「大きな」、「小さな」に変化しますよね。

(1) これは、形容詞の活用形の例外ケースなのでしょうか?(一般的には、「....な」に変化するのは形容動詞のはず)
それとも、「大きな」、「小さな」は形容詞ではなく、連体詞なのでしょうか?

(2) このような例外(変則)ケース(= 形容詞の「....い」が「....な」に変化する)は他にありますか?
「大きい」、「小さい」以外に思い付かないのですが。


下記の2つのページを読んだので...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

 諸説存在するようですが、一般的には、以下のように解釈されていると思います。
 学校文法では、「大きい」は形容詞、「大きな」は「この」「その」などと同じ範疇である『連体詞』に分類されています。「大きな」が『連体詞』とされる理由は、「大きだ」のように活用せず、常に連体修飾のみに用いられているためです。「大きな」を『形容詞』と考えるのは問題があります。「大きな」などの場合はたまたま対応する「大きい」がありますが、これ以外の『連体詞』、例えば「ひょんな」には対応する『形容詞』がありません。
 「大きい」と「大きな」が両方存在するのには歴史的な理由によるものです。もともとは「大きな」のもとである『形容動詞』「おほきなり」が使われていたのですが、後に「大きい」が生じたため、「おほきなり」のほうはもっぱら連体形「おほきなる」が使われ、「る」が脱落して「大きな」として定着したようです。つまり歴史的に見れば「大きな」は形容動詞だったということになります。
 しかし現代語では活用しないので、「大きな」は分類の上では形容詞ではなく連体詞ということになります。

こんにちは。

 諸説存在するようですが、一般的には、以下のように解釈されていると思います。
 学校文法では、「大きい」は形容詞、「大きな」は「この」「その」などと同じ範疇である『連体詞』に分類されています。「大きな」が『連体詞』とされる理由は、「大きだ」のように活用せず、常に連体修飾のみに用いられているためです。「大きな」を『形容詞』と考えるのは問題があります。「大きな」などの場合はたまたま対応する「大きい」がありますが、これ以外の『連体詞』、例えば「ひょんな」には対応...続きを読む

Q助詞の『と』と『に』の使い方について

この種の質問は多いのでしょうが、『と』も『に』も質問文章中に、多用されているせいか、数が多すぎて求める検索結果が得られません。

ところで、質問ですがビジネス文書(この質問で言えば、稟議書)で使用する場合、次の表現ではどう違うのでしょうか?
「○○すること『と』していました」
「○○すること『に』していました」
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

格助詞「に」置き換えられる格助詞「と」は結果を示すときに使うものですね。
ネットの辞書には次のような用例がありました。
・夜半から雨は雪となった
・彼は3年後りっぱな選手となった
・彼はついに大科学者となった
・そうしているうちに冬となった
しかし、「に」との置き換えについては言及されていません。手元の新明解も同様でしたが、岩波国語に少し解説がありました。
その岩国から引用してみます。
「一般に「に」でも表せるが、「に」がその帰結に対して自然だととらえる表現なのに対して、「と」は多少とも意外またはあえて言うという気持ちを伴う」
この説明はネット辞書の4例文すべてにちゃんと当てはまるようです。
したがって質問者さんの例文の場合は、次のように適用できるかと思われます。

「○○すること」の意思・意識・認識がより明確であった場合、もしくはより明確だったと区別したい場合、「と」
単に習慣であったり不明確であったり、また自然な流れであったりしたならば「に」

しかし、これだけで区別すべきではないような気がします。稟議書であれば、この後の文には逆説が続きそうですね。むしろこの逆説文の内容に従うのではないでしょうか。
その逆説の度合いにより、たとえば今後の○○の明確化や厳密適用などであれば「に」、明確な○○を明確な理由をもって△△にしたいというような文であれば「と」というようなことになるのだと思います。

格助詞「に」置き換えられる格助詞「と」は結果を示すときに使うものですね。
ネットの辞書には次のような用例がありました。
・夜半から雨は雪となった
・彼は3年後りっぱな選手となった
・彼はついに大科学者となった
・そうしているうちに冬となった
しかし、「に」との置き換えについては言及されていません。手元の新明解も同様でしたが、岩波国語に少し解説がありました。
その岩国から引用してみます。
「一般に「に」でも表せるが、「に」がその帰結に対して自然だととらえる表現なのに対して、「...続きを読む

Q「~である」の「ある」は、どうして五段活用??

たとえば、
シェイクスピアの代表作として有名である。

といったときの「ある」は五段活用らしいのですが、
なぜ五段活用なのでしょうか?
~ない、をつけて五段活用かどうか判断してるんですが、この場合、~ない、がつけられないのですが。
あとどうして、「ある」はラ行の五段活用になるのかもわかりません。
そもそも、ラ行~活用とか、ア行~活用とかの意味がわかりません。~行~活用ってどういう意味でしょうか。
サ行とカ行はわかるんですが・・・・。

Aベストアンサー

>~ない、をつけて五段活用かどうか判断してるんですが、この場合、~ない、がつけられないのですが。

~ないでなくても~ずでも判断できます。するとこのばあい「あらず」となり、未然形があ 「ら」になるので五段活用になります。(未然形がア行になるのは五段だけ)未然形とかは大丈夫ですよね

そもそも、ラ行~活用とか、ア行~活用とかの意味がわかりません。~行~活用ってどういう意味でしょうか。

まず~行ということについてですが、言葉には語幹というものがあり、この部分は未然形、連用形・・・と変化させていっても変わりませんが、語幹ではない部分は変化します。この変化する部分と言うのが必ずどこかの行(ア~ワ)に属するのです。例えば走るという言葉だったら、語幹が「走る」(あるはちょっと微妙なので)で、未然形が「ら」連用形が「り」終止形が「る」連体形が「る」仮定形が「れ」命令形が「れ」となりますよね。これらの変化している言葉をみると、すべて「ラ行」に属していることがわかると思います。よって「走る」は「ラ行」です

つぎに~活用ですが
先ほど「走る」で述べたように、語幹でない部分は変化しますが、この変化の仕方にも一定の法則があるのです。「走る」の場合は、母音が未然形からa,i.u.u.e.e と変化しています。この場合のことを5段活用と呼びます。
次に「見る」の場合の変化を考えてみると、未然形から母音がi.i.iru.iru.ire.iroと変化しています。この場合のことを上一段活用と呼びます。
他にも下一段活用 カ行変格活用 サ行変格活用などがありますが、すべての動詞はこの5種類に分類できるのです。この場合「走る」は五段活用であることがわかったので、「走る」はラ行五段活用であることがわかりました。
どのような変化にどのような名前がついているかは覚えるしかありませんが覚えることは少ないので楽ですし、活用自体は普段から無意識に使い分けているのでちょっと考えてみればすぐわかります。
ちょっとわかりにくかったかもしれません

>~ない、をつけて五段活用かどうか判断してるんですが、この場合、~ない、がつけられないのですが。

~ないでなくても~ずでも判断できます。するとこのばあい「あらず」となり、未然形があ 「ら」になるので五段活用になります。(未然形がア行になるのは五段だけ)未然形とかは大丈夫ですよね

そもそも、ラ行~活用とか、ア行~活用とかの意味がわかりません。~行~活用ってどういう意味でしょうか。

まず~行ということについてですが、言葉には語幹というものがあり、この部分は未然形、連用形・...続きを読む

Qこれらの言葉は、形容動詞でしょうか?

「形容動詞」と<「名詞」+「だ」>の区別がよくわかりません。例えば、以下の言葉は、「形容動詞」でしょうか、それとも<「名詞」+「だ」>でしょうか? もし、形容動詞だとしたら、括弧内の例文は正しいでしょうか?

(1)美人だ (彼女は、美人な人だ)
(2)巨人だ (彼は、巨人な人です)
(3)黄色だ (黄色な花が咲いている)
(4)赤色だ (赤色な花が咲いている)
(5)高速だ (高速な自動車が走っている)
(6)恐怖だ (恐怖な一夜を過ごした)
(7)接戦だ (接戦な勝負が行われた)
(8)好みだ (私の好みな果物はいちごです)
(9)誤解だ (それは、誤解な話だ)
(10)決定だ (それは、決定な話です)
(11)馬鹿だ (彼は、馬鹿な男です)
(12)痴呆だ (彼は、痴呆な男です)

Aベストアンサー

>このような場合、「黄色だ」が本当に形容動詞がどうかを確認できる辞書などはないのでしょうか?

http://www.goo.ne.jp/

「○○だ」の○○だけを入力して「国語」をクリック。
(形動)か(名・形動)が出れば形容動詞です。
一度で出ないときは左の候補から選んでください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング