プロが教えるわが家の防犯対策術!

重症筋無力症になった方いますか?

3ヶ月前に重症筋無力症で1ヶ月入院治療しました。
完治はしないとのことなのでクスリを飲み続けてますが1年間にどれくらいの頻度で再発しますか?

退院後2週間ほど自宅療養して仕事復帰しましたが気のせいか、朝起きてもだるさを感じたりします。
自律神経失調症持ちです。 ちょっと前にクスリは、やめました。そのせいでしょうか?

わかる方いたらコメントください。

A 回答 (3件)

ハスミワクチンは元々癌の治療ワクチンとして開発されました。


癌ごとのウイルスと癌細胞膜抗原を抽出された30数種の既成ワクチン(一般ワクチン)があり、疾患に応じて、適合するワクチンを使用します。

癌治療の統計は取られていますが、その他の病気に対しては経過などの統計を取られてはいません。

●重症筋無力症の場合、EBウイルスを前提とするなら、私はK.Mという胃癌などに使用するワクチンが適合すると考えます。
胸腺癌用のワクチンTH.Mが処方されるかもしれませんので、そのあたりご確認ください。(胸腺腫と胸腺癌は、ともに胸腺に生じる腫瘍ですが異なる腫瘍です)
    • good
    • 0

ヴェノグロブリン100ml(人免疫グロブリンです)


ソルメドロール100ml(メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム=プレドニゾロン=ステロイド注射用です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
難しいご病気です。
期間が経過するほど治療も深みにはまり、解決が出来なくなります。
以下、治す可能性を含め、調べてまとめている内容を記しますので、出来ればパソコンでご覧くださって、解らないことは検索などされ、深く追及されますよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

重症筋無力症(Myasthenia Gravis、MG)と胸腺腫 2014.10 2018.3一部修正

 脳の神経細胞(ニューロン)からの命令(思考や運動)は電気信号の伝わりによってなされています。
 神経細胞からはシナプスと言う突起が伸び、次の神経細胞のシナプスを通じて伝わりますが、シナプスの間にはシナプス間隙(かんげき)と呼ぶすきまがあり、様々な神経伝達物質が放出され、それをそれぞれの受け取り口(受容体)で受け取ることで電気信号が伝わり正常な機能がなされます。
https://www.nanbyou.or.jp/entry/120
 アセチルコリンという神経伝達物質は、副交感神経系や運動神経のシナプス末端から放出される伝達物質であり、運動機能を司る骨格筋や心筋、また内臓筋など筋肉の接合部(神経筋接合部)において働き、筋肉の正常な働きがなされます。

 重症筋無力症は中枢神経系である脳の病気ではなく、末梢神経の筋肉のつなぎ目(神経筋接合部)において、筋肉側のアセチルコリン受容体が自己抗体により傷害され、アセチルコリンという伝達物質が充分に伝わらないことから生じます。
 症状としては、まぶたが下がる・物が二重に見えるなど眼の症状が多く、筋力が低下することから手足の動きや飲み込む力が弱くなる場合もあり、重症化すると呼吸筋の麻痺をおこし呼吸困難を来すこともあるものです。
なお、重症筋無力症の患者さんの24%に胸腺腫の合併がみられ、逆に、胸腺腫の22.4%に重症筋無力症を合併しており、何らかの因果関係が考えられています。

・重症筋無力症の発症は、胸腺の筋様細胞(ミオイドセルという胸腺の中にある特別な筋肉の様な細胞)の破壊から始まり、それにより作られた自己抗体によりアセチルコリン受容体の傷害へと進みます。


■重症筋無力症は、EBウイルスが関係しているとの記載があります。(重症筋無力症・EBVで検索)
https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=v1J …

これらの報告が正しいことを前提として、EBウイルスがどのように双方の病気に関係するかと考えれば、
胸腺の筋様細胞はアセチルコリン受容体を持っています。この細胞にEBウイルスが感染する場合、このウイルス感染細胞である筋様細胞を異物とみなしたマクロファージという白血球が貪食破壊し、その成分(抗原)をヘルパーT細胞に提示し、B細胞から抗体(自己抗体)が産生され、その抗体が筋組織のアセチルコリン受容体をも傷害するため、アセチルコリン受容体が減少し神経伝達物質を筋肉の細胞が受け取れず、症状が起きるということになると思います。(胸腺の筋様細胞に対する自己免疫疾患です)
 従って、胸腺を摘出すれば抗体の産生元がなくなるため、解決にはなりませんが、若干、進行が止まることになるのでしょう。

なお、胸腺腫は、EBウイルスが腫瘍ウイルスでもあるため、ウイルス遺伝子により胸腺腫という悪性腫瘍も発生させることとなります。

■根本の病因はEBウイルスにあり、EBウイルスの排除に向けての免疫療法が有効な疾患と考えることから、ハスミワクチンという免疫療法に効果が期待できると思われます。

一般の医師にはハスミワクチンの内容は知られていません。相談されても否定されるでしょうし勧められることはまずありません。
ハスミワクチンはBSL48珠光会クリニックが受診窓口です。
東京都杉並区阿佐谷北1-44-6
https://bsl-48.com/hasumi-vaccine/
電話03-3338-0710
なお、大阪・広島・島根・福岡・こちら徳島には協力医がおられワクチンの手配が出来ます。
沿革についてはhttp://www.shukokai.org/outline.htmlをご覧ください。
「重症筋無力症になった方いますか? 3ヶ月」の回答画像2
    • good
    • 0

>完治はしないとのことなのでクスリを飲み続けてますが1年間にどれくらいの頻度で再発しますか?



あなたは男性ですか女性ですか?年齢は
入院してどのような治療をお受けになったのでしょうか?
今、飲まれている治療薬の名称は何なのでしょぅか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

47歳、男性です。

出先なので… 入院してすぐ、5日間毎日5時間の点滴ヴェノグロブリン100mlでした。
飲み薬もあり。
症状改善されず、3日間2時間、ソルメドロール100mlでした。
飲みは後ほど、お知らせします。

お礼日時:2020/08/31 11:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング