文系人間ですが、必死の思いでデータの分析をしてます。
スポーツのタイムの傾向を調べており、距離や気温などからタイムが予測できないかと思っております。いくつかの変数となる値を引っ張り出してそれぞれタイムとの相関関係がある程度あることは解りましたが、その他に天候にもタイムが左右されることに気づきました。
質的データを分析するには数量化理論(1)類での分析がよいと本で知りましたが、通常の数値からの分析である重回帰分析とどのように組み合わせて分析すればよいのでしょう?天気は「晴」「雨」「曇」「雪」「小雪」など5つ程度に分けて考えたいと思います。その他にも質的データとなるアイテムが考えられます。
元が文系人間で数学はとても苦手です。分析もexcelの分析ツールで分析しています。
どなたか良い解法の糸口をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何のために分析をされるのか分かりませんが、例えば大学などの論文や、ビジネス上の判断材料にしようとするのであれば、専門家に相談することをお勧めします。

失礼な言い方で申し訳ないのですが、補足欄に書かれているコメントを読む限り、正しい分析をすることは難しいと思います。
多変量解析は、手法の適用も大切ですが、入力する変数の取捨選択(試行錯誤)や、結果的に出てきたモデルの誤差などを読む力が無いと、使えるとは言えません。「タイムに影響するのは、1に○○、2に△△、…」と書いたところで、ちゃんとプロセスを見る力がある人がデータを見れば、穴がいくらでも見つかるものです。

連続変数(←→離散変数)というのは、量的変数(←→質的変数)と同じで、身長や体重のように連続する変数です。

>天気やその他の変数だけでタイムとの関係を見ることは、距離によってタイムが大幅に左右されるので、あまり意味がなさそうです。

よく分からないのですが、距離が長くなればタイムが伸びるのは当然です。もし、距離「以外」の要素だけの影響を解析したいというのであれば、同じ距離のデータだけを分析するか、距離の影響を除くような加工(例えば100mあたりタイムとか、標準タイムからのプラスマイナスとか)をするとかしないと駄目ですよね。しなければ「距離」が最も大きな要因になるのは当たり前で、ならなければその分析は間違いでしょう。普通は距離が一番大きな要因であることは自明で、2番目の要因が何かを探るのではないですか?

>例えば重回帰で数値を持っている変数で予測式を出し、それにI類で出した式をなんとか組み合わせることはできないのだろうか

これはできません。多変量解析というのは、そもそも2つ以上の変数(=多変量)が、どのように1つの被説明変数に影響を与えるかという構造を、一度に分析するためにあるのです。Xという被説明変数をA,B,C…という説明変数で説明しようとするとき、問題なのはAとB、AとC…などの説明変数内の相互に相関が存在してしまうということです。これを加味(というか排除)しつつ、Xに対するA,B,Cそれぞれの「単独の」影響力を測定するために、多変量解析の手法が存在するのです。

↑もしこの文章で言っていることが初耳なら、悪いことは言いませんから書籍等で勉強することをお勧めします。入門書としては、少し古いですが、以下の本がいいかもしれません。
★創造の方法学(講談社現代新書 553)
高根 正昭著
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございました。

スキーレースでこの人であれば順当にいけばこのコースでどのくらいのタイムで滑れていただろうかと予測したいと思って何とか予測式がたてられないものかと考えた次第です。

距離が一番大きな要因で・・という点で例えば100mあたりタイムで分析するということにまるで気づいていませんでした。
このことと、天候や雪面の状況(これはあくまでもアバウトな人の感覚に頼ったwetであるとかsoftといった表現での状況ですが)の各々のケースに分けてもう一度、その他の変数(標高差や旗門の数)などから分析をしてみます。

無論、雪面をスキーの板が滑る際に発生する摩擦熱で雪が溶け・・・・といった、とても難しい領域に入りきれるはずもなく、また、あくまでも人が滑るタイムのこと。技術面のバラツキやコースのセットの難易度などまで考えれば、到底数式だけで表すことができるわけもないのですが、私が得ることが出来る変数を使ってある程度の傾向をみて「大体この程度のタイムならはずれじゃなさそう」という予測式をたてられるよう頑張ってみます。

教えていただいた本、探してみます。もっとちゃんと勉強します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 17:59

多変量解析は面白い領域なので頑張ってください。



お礼を読んで少し思ったのですが、wetやdry(スキーだったんですね…)といった雪面状況によって、そもそもタイムの出る構造が全く異なるという「可能性」はあると思います。
その場合、wetとdryのデータを一緒に分析したのでは、逆にモデルがはっきり出ないということもあります。距離などでも同じ事が言えるのですが。

これはどういうことかというと、統計的手法を用いる前に、経験や知識を総動員して、仮説を立てることが必要なことがあるということです。

そう考えるといろいろ難しいわけですけど、パソコンに数字を入れるだけで結果が得られるなんて、そんな簡単なことでも寂しいですし(笑)。
期待する分析結果が得られるよう祈ってます。頑張ってください。
    • good
    • 0

多変量解析は、とりあえず数字を入れると結果が出てしまうので、計算過程が分かる必要はないものの、分析方法の概要が分からないで使うのは、正直なところあまりお勧めしません。


数量化I類と重回帰分析は、考え方としては似ていますが、説明変数が連続変数でなければ重回帰は使えません。そのあたりを理解していないと、結果の解釈も心配ではあります。

問題設定からすると、タイムが被説明変数で、説明変数の中に天気という5カテゴリーの離散変数があるパターンですから、天気を含む変数セットで予測式を立てる場合は、必然的にI類しか使えないことになります。
(離散変数でも順序があるものについては、無理やり1~5のような数字をつけて重回帰を使うケースがありますが、それは厳密には間違いです)

「どのように組み合わせて」の意味がもうひとつ良くわからないのですが、天気という変数(およびそれ以外の離散変数)がI類を使った結果それほどの説明力が無いということがはっきりするのであれば、その後連続変数のみで重回帰を使ってみるという方式でいいのではないでしょうか。

この回答への補足

tabaさん、早速のご回答ありがとうございます。

まるきりの無知でお恥ずかしいのですが、「連続変数」の意味がわからないのですが・・・。

天気という変数で解析するにはダミー変数として「0」あるいは「1」で天気の種別を区別して数量化I類で分析するのだと考えていますがこれで正しいでしょうか?
そしてexcelの回帰分析を行っているのですが、その他の距離や気温といった数値類の変数と一緒に回帰分析にかけると計算結果がエラーで出てしまいます。
かといって、天気やその他の(多分、離散変数とおっしゃるものの類だと思うのですが、数値を持っていない変数)変数だけでタイムとの関係を見ることは、距離によってタイムが大幅に左右されるので、あまり意味がなさそうです。

「どのように組み合わせて・・・」と言ったのは、例えば重回帰で数値を持っている変数で予測式を出し、それにI類で出した式をなんとか組み合わせることはできないのだろうか・・・などと素人考えで出た言葉です。

そもそも数学が苦手、中学生(1-2年生)程度の知識しか無いので、本を読んでもΣの文字が出てくると既に理解不能のため、ついexcelの機能に頼っています。
こんな無知な私に、是非もう一度お答えをお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/08/22 09:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近々NHKのMUSIC JAPANでアニソンSPがありますが、これと類

近々NHKのMUSIC JAPANでアニソンSPがありますが、これと類似した番組は近々テレビで放送されないでしょうか?
NHKの番組と番組の間に流れるのを見ていたら、MUSIC JAPAN以外で似たような番組があるようなことを放送していたような気がしました。一瞬だったので、見逃してしまいましたが、何か情報がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TV番組ではなくラジオ番組なんですが、
水樹奈々さんがパーソナリティで出演をする
NHK-FMで放送予定の「MJプレゼンツラジオ水樹奈々」のことでしょうか?

http://www.mizukinana.jp/news/index_radio.html


私もNHKの番組の間と間にちらっとMJの番宣を見て、
確かこのラジオの番宣もアニソンSPに続けて流れていたような気がしました。


違っていたらすみません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/mj/

Q文系 理系 仮説 一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか 結論 文系 アウト

文系 理系 仮説

一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか

結論

文系 アウトプットからインプット

理系インプットからアウトプット

がベスト

原因(仮説)

思考プロセスの違いから読み取るに脳の発達部分の差異ではないだろうか
(重点的に働く部分の差異)


説明
一般的に
女性 感情的 共感思考
男性 論理的 結論思考
と言われ
女性に文系が多い
男性に理系が多い
と言われる点は偶然ではないと考える。

すなわち
文系=感情の要素
理系=論理の要素
に依存度が高いと考える。

1インプット=理解
2アウトプット=暗記
と定義すると
1理解は論理と
2暗記は感情 感覚と
それぞれ関連性がある。
1はいわずもがな
2に関して、簡単な例で言えば、スポーツの
「身体で覚える」こと
「習うより慣れろ」の理屈である。
つまりは「感覚」重視である。
感覚とは究極的には、「上手な人に対しての共感、感覚共有」と言い換える。

書くのに疲れたので終わりにしますが
文系=暗記、直感(直接的な感情)、感覚を重視する傾向があるのでは?
となると
得意な学習プロセスは結論→理解
つまりoutput からinput
言い換えると 理論く実践



これは重来の授業や講義の傾向と逆行しています。文系の勉強挫折が起こる一因ではと考えましたがいかがですか

賢い人 意見下さい
想像なので詳しいデータとかはないです
ちなみに僕は文系です

文系 理系 仮説

一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか

結論

文系 アウトプットからインプット

理系インプットからアウトプット

がベスト

原因(仮説)

思考プロセスの違いから読み取るに脳の発達部分の差異ではないだろうか
(重点的に働く部分の差異)


説明
一般的に
女性 感情的 共感思考
男性 論理的 結論思考
と言われ
女性に文系が多い
男性に理系が多い
と言われる点は偶然ではないと考える。

すなわち
文系=感情の要素
理系=論理の要素
に依存度が高いと考える。

1インプッ...続きを読む

Aベストアンサー

対象となるものが自然の法則であるか、人の性質なのかという違いだけで、

理科系、文科系が分かれていると思いますよ。

学問と言うものは全て論理で出来ており、その起源は哲学と呼ばれています。

その目的は、自分の人生で効率よく運用し、無駄を省くことです。

つまり個人として活用して、得するためにあります。

ナイスアイデアと言う奴ですね。


論理学と言うのは数理系の基礎になりますが、これは文科系の学問です。

大学にいくと受講することが出来ますよ。


ビジネスの世界で良く言われるロジカルシンキングと言うのは、

ビジネスコンサルタントが作った造語です。(特定の会社が使った)

つまり文科系専攻の人が作ったものですね。

女性の先生が講師をしてくれたことがあります。


女性が感情的であると言うのは、差別の一つでしょう。

私の時代でも囁かれていましたが。



一般の人よりも知的な職業についている理科系の男性を試験しますと、

論理的でないという評価が出てきます。

つまり、理科系の学問を暗記で凌いでいたということですね。


論理勘みたいなのがありまして、音感と同じある種の感覚に近いです。

音痴は自分が音痴であることが分かりません。

同様に、論理勘がないと、自分が論理的でないことがわからないんです。


これらから、殆どの人間は論理思考ができていないはずです。



本当に音感がしっかりしている人が歌うと、

プロ歌手と変わらないくらいの聞こえ方になります。

また、プロ歌手でも差がありまして、一般の人はこの違いがわかりません。

そのため、多くのプロ歌手が許容されています。


論理の場合も、

論理がしっかりしている人が仕事をすると、

みなビルゲイツとか本田総一郎くらいの成果を出すことになります。

商売で成功している人は、例え個人商店の店主であっても論理的です。

また、こうした成功者にも差があります。

一般の人にはこの違いが分かりません。

そのため多くのエリート(暗記で凌いだ高学歴)が許容されています。


学校の勉強を将来の成功に役立てようとしている人は合理的です。

いまの急場を凌げれば誰かが何とかしてくれるようだ?

と感覚で捉えている人は論理的ではありません。


そういう意味では、子供の殆どが論理的ではありません。

習っている学問すべてが論理で出来ていますから、

急場を凌ごうと言う思考のまま取り組めば、頭が働きません。

成績が悪くなる原因は、ここにあります。



芸術一般も論理で出来ています。

音楽の場合は、数理物理学が基礎になっています。発明者はピタゴラスです。

楽譜の音階は、音が物理的に共鳴する周波数で定められています。

これを活用すると、空気の振動が継続しやすく、長く音が響きます。

これを理解すると、音楽が上達します。


絵画の殆どが、数学で言うときの座標変換を基礎に作られています。

写像と言いまして、3次元の座標を2次元に投影します。


経済などでも確率統計論を駆使します。

理科系の人よりも得意としています。


どのジャンルに進んでも、暗記で不可能な次元が存在します。

上位ランカーはこれを活用して、他を圧倒しています。



論理と感性の感覚の違いについて分かりやすく述べます。


人は数を数えるとき、指を折って数えることがあります。

これを足し算に応用できないか? と考える発想が感性的です。

ここからは筆算の思考が生まれません。



指で数えられる以上、指を進化させる発想になってしまうわけです。

指が足りないことは誰でも気がつきます。

すると、足の指を使うことを思いつきます。

こんな思考の流れを論理ではなく、感性的と表現します。


指が凄かったわけではなく、

数を忘れないように指を折って記録したところが良かった訳です。

こちらに気がつけば、筆算が効率的であるとわかります。


ところが、筆算がよかったため、数学記号を進化させることを思いつきます。

この発想では、コンピューターが発明されません。

多くの数学者がコンピューターを発明できず、

その中で天才と呼ばれるシャノンが(基礎論理を)発明しました。

数学記号が凄かったわけではなく、

数は人にとって分かり辛い、と気がついた事が良かったんです。

ここに気がつけば、計算をする事自体が不利であるとわかるはずです。


つまり、

理系ジャンルが得意である事で個人の論理性が証明されることはありません。

その発想自体が論理的ではなく感性的です。


論理と感性は感覚の違いですから、

どちらが優れていると言う事はありません。

楽をするためには、前者が必要であり、楽しむためには後者が必要です。


感性を鍛え、記号を見ただけでホモセクシャルを感じる女性がいるそうです。

婦女子というらしいです。

感性を鍛えることで、

最終的な満足感に対し、効率を上げることも可能ということです。


例えば音感を鍛えた後に、

昔かった音楽のレコード(其の他の媒体)などを引っ張り出して再度聞いて

見ますと、まるで違ったものに感じます。

これはお得ですよね。


舌を敏感にしてから、食べ物を食べると美味しく感じます。

糖質を減らしてダイエットをした後、

安い焼きそばを食べると、カステラの様に甘く感じます。


これを鍛えている人がいても良いですよね。これも即ち合理的なのです。



人は成長期を過ぎますと、暗記が苦痛に感じられるようになります。

論理と言うのは、暗記の代替品です。

1+1=2と記憶しても良いですし、1+1を計算しなおしても良いのです。

覚えておけば早いのですが、覚えるのが苦痛であれば、

再度計算しても良いです。

大人に成ると、後者のほうが楽に感じるわけです。



代替手段として若いうちに鍛えておくと、成人してからも難しいことに耐久できます。

子供のときに、そうした道筋を作ってあげようと、大人が考えたと言う事です。

論理が上で、感情が下という発想も論理的じゃありません。

EQという概念がありまして、偉人の殆どは感情のコミュニケーションを活用しています。

人は誰かのためにとか、目的が生じたとき、素晴らしい力を発揮します。

この底力は当人でも制御できません。潜在能力に近いですね。

偉人の殆どは、自分や他人の潜在能力を引き出す方法をしっています。

自分にも使い、他人にも使うわけです。

この引き金が感情であるとされています。

感情をプラスの方向に導き、瞬間的に自他の知性を最高レベルまでブーストすることが

出来ると言う事です。


感情が高まると、モウレツに知能が上昇する。

こういう特徴を持つ人を情熱的といいます。

優れている人は、必ずここを鍛えています。

漫画やドラマのヒーローがその様に描かれているのは、

現実の人物をモデルにしているからです。

知能を向上させるには、感情を爆発させることが大事です。

ところが、訓練をしていないと、

「誰が悪い?」

と言う思考になってしまい、知能へ喝が入らないんですよ。

人の性にしないという訓練をしていれば、感情的→情熱的となります。

感情を抑えることが大事なのではなく、人の性にせずに、

その怒りを知の力に変えて燃料とする。

そういう脳の訓練が必要と言う事です。



IQという概念は、アイドリング状態の知性として評価されています。

単に燃費が悪いと言う事です。

アイドリング状態で頭が良ければ、本気を出したとき、もっと凄いんじゃないか?

この発想は、指を使って足し算を考える思考と同じですよね。




理科系も、文科系も、自然法則か人の性質か? 対象が違うだけであり

共に合理性を満たすために存在します。


私は、数学の座標変換を高校時代に覚えましたが、

これは自作のゲームを作るためにどうしても必要だったからです。

このとき、数学の教科書が違って見えました。

先輩方の凄さがわかったんです。

ありがたい。


自分に直接得する目的がありますと、勉強の進度が速いですよ。


勉強が進まないときは、一呼吸置いて、

「これを後で、なんに使うのか?」

と考えて、嘘でもいいから当てはめて見ると良いですよ。

意外とわからないものですよね。


そういうときは、

「そんなことを言っても、今は凌がないといけないんだ!」

と考えずに、

「分からなくて悩む時間が3時間。

 こんなものを何故作ったんだ?とネットで歴史を調べるのが10分。

 後者は一度調べれば終わる。こちらのほうが合理的だな。」

と考えましょう。


自分の運命を知る、一つのチェック方法があります。

例えば?

「回答を教えてください。」

「解き方を教えてください。」

「参考になる本はないですか?」

と聞く人が多いですよね。この方々すべてが感性的です。

そこで、

「何でこんなものをお作りに成られたんですか?」

と聞く様に習慣を変えます。


人の人生にはフラグが立っているらしく、

後者が出来ないように一定比率の人は、脳が制約を受けています。

もし運命が定まっているならば?

それ以上頭が良くなっては困ると運命が判断しますよね。

運命のほうが、勉強させまいと状況を制御するでしょう。

昨今では、こういう力が本当にあるのではないか?と考えられています。

後者を習慣とし、制約を回避することが、何より重要ですよ。

以上ご参考に成れば。

対象となるものが自然の法則であるか、人の性質なのかという違いだけで、

理科系、文科系が分かれていると思いますよ。

学問と言うものは全て論理で出来ており、その起源は哲学と呼ばれています。

その目的は、自分の人生で効率よく運用し、無駄を省くことです。

つまり個人として活用して、得するためにあります。

ナイスアイデアと言う奴ですね。


論理学と言うのは数理系の基礎になりますが、これは文科系の学問です。

大学にいくと受講することが出来ますよ。


ビジネスの世界で良く言われるロジカル...続きを読む

Qふと思いました。NHK受信料って

NHK受信料って、払わなくてもTVは見られるんですかね?(民放各社のこと)

私はNHK見てないし、別に払いたくない!って訳じゃなく。
何となく思っただけです。
払わなくても、警察に逮捕されるとかそう言う類はないんですか?

Aベストアンサー

結論から言うと、テレビ(とアンテナ)さえあれば、NHK受信料を払わなくても観る事はできます。 
 
でもご存知だとは思いますが、NHKを観てる観てないに関係なく、テレビを持っている家庭は受信料を払う義務がありますよ。 
 
それで警察に検挙されたという例は聞いた事ないですが。

Q私は今高校2年生の文系なのですが、 国公立の理系の生活科学部に行きたいと思うようになりました。 文系

私は今高校2年生の文系なのですが、
国公立の理系の生活科学部に行きたいと思うようになりました。
文系でも理系大学に合格は可能ですか?
ご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

もちろんあなたの能力と努力次第ですが、それほど無謀という程でもないでしょう

ざっと二次の試験科目を見てみましたが、数学III不要だったり理科が一つだけなど、工学部に比べれば軽めの所が多いようですし

まずは高校の先生に相談
高校だけで対策が難しいなら、予備校の活用も考えましょう

QNHK受信料について

うちはアンテナ類一切ありません。
ケーブルテレビなども一切契約してません。
しかしテレビはあります。(電源コードしか付いてませんが)
これでもNHKに受信料を払わないといけませんか?

Aベストアンサー

NHKと受信契約をしているなら、払わなければなりません。
ですが、ご質問の状況なら受信設備がありませんので、受信契約は結ぶ必要が無いので、受信契約していなければ払う必要はありません。
ですが、現在NHKはコンテンツのネット配信の強化を理由に、受信設備の有無に係わらず、受信契約の義務化を政府に要望していますので、今後は日本国内に居るだけで、NHKに受信料を取られる日が来るかもしれません。

Q文系、理系で迷っています。 現在高1の者ですが文系に進むべきか理系に進むべきかで迷っています。 僕が

文系、理系で迷っています。
現在高1の者ですが文系に進むべきか理系に進むべきかで迷っています。
僕が通っている学校では高2から文系、理系で分かれます。いろいろ先生方にも話を聞きましたがいまいちピンときません。
なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
学力は学年でも毎回10番以内には入ってて国語、数学の点数には差がないので自分でも文系か理系かも分かりません。

Aベストアンサー

文系で受験する場合、社会科(世界史・日本史・地理・公民)を多目に勉強することになります。理科(物理・化学・生物・地学)の勉強は少なくてすむか、大学によっては必要ありません(理系はこの逆です)。
社会と理科、どちらの勉強が多い方が、あなたにとって楽そう(苦痛が少なそう)ですか? 大学で専攻したい学科が決まっていない場合(たいていの高校生はそうだと思いますが)、これを基準にするのがいいと思います。

> なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
就職のしやすさなどはそのときの状況次第なので、「文系の学問」と「理系の学問」を、それぞれ研究する場合について考えてみます。

まず文系の学問のいいところは、理系とくらべてほとんどの場合、研究費用がかからないことです。理系の学問には、実験をしないと何も始まらないものが多く(数学などは別でしょうが)、設備や予算を確保できなければ、能力があっても成果は出せません。
一方悪いところは、理系にくらべて評価の基準が曖昧なことです。実際には優れた研究でも、指導教官などの気に入らなければ、発表できない場合もあります。不当性を外部に訴えようとしても、その研究が「優れている」と、客観的に証明することは困難です。
理系の学問のメリット・デメリットは、これと真逆です。つまり「優れた成果を出せば、おおむね公正に評価される」のがメリットで、「成果を出すには、先立つもの(設備と予算)が必要」なのがデメリットです。

文系で受験する場合、社会科(世界史・日本史・地理・公民)を多目に勉強することになります。理科(物理・化学・生物・地学)の勉強は少なくてすむか、大学によっては必要ありません(理系はこの逆です)。
社会と理科、どちらの勉強が多い方が、あなたにとって楽そう(苦痛が少なそう)ですか? 大学で専攻したい学科が決まっていない場合(たいていの高校生はそうだと思いますが)、これを基準にするのがいいと思います。

> なので文系の利点と欠点、理系の利点と欠点を教えてください。
就職のしやすさなど...続きを読む

QNHKの受信料の明細書と領収書

NHK受信料を年払いのクレジット決済にしているのですが、請求書・明細書・領収書の類は一切来ません。
そういうものを発送することになっていないのか、郵便事故などによって届いていないだけなのかが分かりません。どちらでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クレジットの場合は3月に請求(4月~翌年3月)され引き落としは
クレジット会社の締めにより、4月または5月になると思います。
(年の途中であれば 該当月から3月まで)

領収書は発行されません、
3月中に、受信料の案内と支払方法の確認、お客様番号カード(契約者カード)が封書で届きます。
(NHKの様々なリーフれとなども入っていますので単にDMが来たと思われたのでは?)
届いていないようであれば確認されたほうがよいでしょう。

Q分析について・・・重回帰?数理分析?? >_<

論文で使用する分析について、教えてください!

以下、論文の簡単な説明と現状の問題を書いています.....
長くなります、、しかもかなり分かりづらいです。。
ご容赦くださいm(__)m

私は論文で大学財務を対象とし、分析しています。
こまかい説明は省きますが、「教育費」の推移を考察しています(「教育費」は大学の会計科目から私が独自で定義しています)。

その分析の過程で国立大学の財務を85校全て収集し、統計的な分析も行うこととなりました。
分析では、「教育費の増減」において、「(1)どのような学校種で増減が発生しているのか」ということと「(2)どのような要因によって増減が発生しているのか」という点を分析する必要があります。
「(1)どのような学校種で増減が発生しているのか」というのは、学校種(たとえば、単科大か総合大か、また文系学部を有しているか、など)と、教育費の増減の関係をみるという形です。
「(2)どのような要因によって増減が発生しているのか」というのは、教育費の増減をもたらしている要因(これは、「総支出の増加」と「総支出に対する教育費の割合の増加」の2つです)と、教育費の増減との関係を考えるものです。

当初、(1)と(2)でそれぞれ別に、教育費の増減との重回帰分析を行いました。
ところが、教授から「(1)と(2)の関係を明らかにし、それをもって最終的に教育費との関係を考えるように」と指摘されました。
しかも教授の説明では、(2)の2つの要因から教育費の増減の計算式が(回帰式的にではなく、数理的に)作れるので、それと(1)を関連付けて、教育費の式を考えてみてと言われました。。

その教授が指摘した教育費の計算式は以下の通りです。
D1-D0=(G1-G0)*P0+(P1-P0)*G0+(P1-P0)(G1-G0)
D…教育費
G…総支出
P…教育費の割合
「1」と「0」は、比較をする時期です。

式のうち、一項目は経費そのものが増えたことによる効果、二項目は教育費の割合が増えたことによる効果、三項目は両方による効果です。

私としては、先生が指摘した意味と、この式の意味は分かります(分かっているつもりです(笑))。
ただ、上の式に(1)の要因をどう関わらせるかが全く分かりません!!!!

私は統計も数理的な分析も全くのど素人です。。
(言い訳をさせていただけるのであれば、当初統計的な分析など予定にありませんでした・・教授の気まぐれで、1か月前になって突然やることに・・・泣)
だれか、なにかいい分析手法をご存じの方や、分析の工夫の仕方を思いつく方がいれば、ぜひこのアホな私にご教授いただけませんでしょうか!!

上の文章自体が分かりづらいし、研究の詳細をかけていないので、そもそも質問をハッキリお伝えできていないのは十分承知の上でございますm(__)m
なんとなくのご提案でも十分ありがたいです。。
だれか、私を助けてください(:_;)

よろしくお願いします!!

論文で使用する分析について、教えてください!

以下、論文の簡単な説明と現状の問題を書いています.....
長くなります、、しかもかなり分かりづらいです。。
ご容赦くださいm(__)m

私は論文で大学財務を対象とし、分析しています。
こまかい説明は省きますが、「教育費」の推移を考察しています(「教育費」は大学の会計科目から私が独自で定義しています)。

その分析の過程で国立大学の財務を85校全て収集し、統計的な分析も行うこととなりました。
分析では、「教育費の増減」において、「(1)どのような学...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも私の推測に過ぎませんが、教授先生は、「(1)と(2)の関係を明らかにし~」というご指摘によって、(1)の分析から明らかになったことと、(2)の分析から明らかになったこととを組み合わせることで、何か新しい発見がありますか、ということを問われていらっしゃるのだと思います。現時点では、(1)の分析と(2)の分析はバラバラで、2つの研究をただ並べているだけになってしまっているのではないですか。

教授先生のご期待に応え、研究の幅を広げる方法はいろいろあると思いますが、私からは、次のことを提案させていただきたいと思います。

1.被説明変数を総支出として、(1)と同様の分析を行う((1)および1.から、学部構成による、総支出の伸び、教育費の伸びの差が明らかになります)。
2.総支出の伸びと教育費の伸びに、教授先生が示された関係を適用する(学部構成による、総支出の伸び、および教育費の伸びに加えて、教育費の割合の変化も明らかになる)。
3.2.の結果を考察する。

教授先生の真意に沿った提案かどうかは分かりませんが、既にデータは揃っているでしょうから、分析は簡単に出来ると思います。分析を重ねて行くと、考える楽しみは級数的に増えて行くものです。大いに楽しんで下さい。

あくまでも私の推測に過ぎませんが、教授先生は、「(1)と(2)の関係を明らかにし~」というご指摘によって、(1)の分析から明らかになったことと、(2)の分析から明らかになったこととを組み合わせることで、何か新しい発見がありますか、ということを問われていらっしゃるのだと思います。現時点では、(1)の分析と(2)の分析はバラバラで、2つの研究をただ並べているだけになってしまっているのではないですか。

教授先生のご期待に応え、研究の幅を広げる方法はいろいろあると思いますが、私からは、次のことを提案...続きを読む

QNHKで放送する番組を見やすく紹介する雑誌

NHK総合・教育は、興味をひかれる面白い番組が多いのですが
あまりにたくさんありすぎたり、放送内容が未定であったりして
なかなか全てを把握できません。
HPもあまり観やすくなく、困っています。
TVガイドなどの雑誌を買ったのですが、あまり一覧性がないので困っています。
1か月分の番組表をつぶさに見ていくというのもやはりミスや取りこぼしがあります。

NHK総合・教育(BS系は含まなくてかまいません)の、
これから放送する番組の一覧を掲載していたりする雑誌等をご存知の方はおられますか?
あるいはそれに類する便利な雑誌やサイトなどでも結構です。
できるだけ見やすい(一覧性のある)、放送内容が分かるものだと助かります。
(たとえば「NHKスペシャル」という番組名だけではどんな内容なのか分からないので・・・。)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NHKが発行している「ステラ」という
雑誌はどうでしょうか。
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

Q文系の方にお聴きいたします。 1、文系学問の意義って何ですか? 2、何の社会貢献ができますか? 私は

文系の方にお聴きいたします。


1、文系学問の意義って何ですか?

2、何の社会貢献ができますか?


私は完全な理系至上主義です。
理系は工学、医療、農学などの様々な科学を進歩させることができます。 それは人類には不可欠です。
理系は衣食住の全てを司ります。

それに比べて文系はどうでしょうか?
腐敗した政治、政府に癒着した司法、過去に起きた事象(歴史)の研究など、とても役立っているとは思えません。

また、小池東京都知事だって豊洲問題が起こるまではベンゼンが何か。 それがどう有害で何がいけないのかさえも知らなかったことでしょう。 そんな科学に対して全く無知な人間が政を行うのでしょうか?


こんなことばかり述べていては文系の方に怒られるんでしょうけど、文系の存在意義がわかりません。

ちゃんと政治をしてくれるんだったら文系の方にも感謝したいところですが、憲法を改正してまで戦争へと向かっている政府には感謝できませんね。

ここでもう一度問いますが、文系は存在意義とは?


(質問に関係のない誹謗はお控えください。)

Aベストアンサー

あと一応言っておくと数学のひっかけ問題に気づくのは文章を読む能力なので文系的な知識がないとひっかけ問題に引っかかりまくりになるだけですけど。
と言うか詐欺師に騙されるのって文系能力に問題がある人が多いのでは?


人気Q&Aランキング