へその緒の中にある「さい帯血」のDNAは、胎児のものでしょうか、それとも母親のものでしょうか?へその緒自体のDNAは、受精卵(胚)から発生するので胎児のDNAと推測されますが、そこを流れる血(さい帯血)のDNAは、果たして胎児/母親のどちらのものでしょうか?
また、母親と胎児で異なった血液型の場合、その境界線というのはどこになるのでしょうか。
どなたか御教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記URLに胎盤の構造が図示されています。


胎児からの血液は、胎盤の中で絨毛という構造で母親の血液の中を浮遊するような形で酸素や栄養を受け取ります。

したがって臍帯血に流れる血液は、胎児のものです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/fetal-appendage …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、有り難う御座いました。
御教示のURLの図及び解説は非常に参考になりました。

お礼日時:2001/08/27 20:33

胎盤からというよりは子宮内膜にかこまれた範囲は母体内であっても胎児のものであると考えればよいでしょう。


臍帯血バンクが誰のためにあるのかを考えると分りますよネ。胎児の遺伝情報が詰まっているので、将来胎児のために拒絶反応なく使うことができるのですネ。
母体と胎児の境界線は胎盤です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難う御座います。
仰せの通り、さい帯血バンクの目的を、考えると良く分かりますよね。
となると、インフォームドコンセントは赤ちゃんにとらなくてはならないのでしょうかね?(^^)

お礼日時:2001/08/27 20:38

胎児のものです(たぶん)。

胎盤自体は胎児のものですからその中に流れている血液も胎児のものです。胎盤が子宮にぺたっとくっついて母体と栄養とか老廃物の交換をしている(血液自体は交換していない)ので、血液の境界線というのは子宮壁と胎盤のくっついてるところ?だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民間の臍帯血バンクを教えてください

出産を控えていますが、上の子が血液の病気とわかり、
今回からの出産では臍帯血保存をしようと思いました。
ステムセル研究所は資料請求中です。
その他に臍帯血のプライベートバンクはありますか?
また、公的な臍帯血バンク等で、保存をしてもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

お住まいはどちらなのでしょうか?
臍帯血保存を実施している施設を探すことから始めるのも一手ですが、
臍帯血による研究をしている病院を通すというのも一手です。

大学病院などの研究機能もある病院では、臍帯血を研究に用いており、そういった手法には長けていますし、施設も良くご存知です。
遺伝子センター(遺伝子研究所など、名称は様々)を設けている病院が増えており、そのセンターに相談してみると、もしかしたら最善の方法が見つかるかもしれません。

なお、臍帯血バンクというのは、確かに保存してくれますが、献血と一緒で、他の誰かのために使われる可能性があり、必要とする時期まで残っているとは限りません。

既に出産を控えているということで、時間が限られているようですが、いい施設が見つかるといいですね。

Q妊娠・DNA鑑定

妊娠中の子供のDNA鑑定ってできるんですか?
できるとしたら、いくらくらいかかるもんなんですか?

Aベストアンサー

ご参考まで。
http://www.rocus.co.jp/dnatesting/prenatal2.htm

Q臍帯血について

現在妊娠十ヶ月目なんですが、臍帯血を役立てたいと考えています。
まったく知識がないのでインターネットで色々検索してみたんですが、疑問が残るので教えてください。

(1)臍帯血バンクと臍帯血の保管とでは利用目的は異なりますか?
・子供やその家族のためだけ(?)に冷凍保存する機関(保管)?
・白血病など難病の人達への利用目的としたバンク?
利用目的はどちらか一方のみになってしまうんですか?

(2)出産予定の産婦人科が臍帯血機関と提携していなければ登録できないと目にしたんですが本当ですか?

(3)機関への登録や保管には費用はかかるのでしょうか?

よろしくお願いしますm(--)m

Aベストアンサー

下の子を産んだ病院では臍帯血の提供ができたと思います。私はしませんでしたが。
その時に説明書のようなものがあり、そこに書いてあったことぐらいしかわかりませんけれど。
まず、臍帯血バンクは「献血」と同じように、ボランティアです。ですので、提供するのに費用負担はありません。もちろん子ども自身が将来それを使うことは想定されていない。
それに対して、子ども自身が将来使えるように保管するというサービスを行っているところは私企業なので、費用はかかります。あくまでも私企業なので、将来的に同じサービスが受けられるかどうかは、保証されるものではないと。自己責任ですということでした。
バンクと提携している病院でないと提供はできないというのは、臍帯血は、出産直後に特殊な方法と設備ですみやかに採取して、しかるべき方法で保存して、すみやかに送らなければならない。
それだけの準備を常にしていて(いつ出産があるかはわかりませんからね)、スタッフも必要、となるとどこの病院でもやれるわけではない。また、送られたバンク側も、保存するための処理に、時間も手間もかかり、一日に受け入れられる量に限りがあるのだそうです。いつ、どのくらいの妊婦が出産して臍帯血を提供するか予想することはできませんので、無制限に受け入れることはできないということらしいです。
自己保存した臍帯血を、将来子ども自身が必要になって使う確率は数百万分の1とか(あいまいですが)の限りなく低いものだとも書かれていました。

下の子を産んだ病院では臍帯血の提供ができたと思います。私はしませんでしたが。
その時に説明書のようなものがあり、そこに書いてあったことぐらいしかわかりませんけれど。
まず、臍帯血バンクは「献血」と同じように、ボランティアです。ですので、提供するのに費用負担はありません。もちろん子ども自身が将来それを使うことは想定されていない。
それに対して、子ども自身が将来使えるように保管するというサービスを行っているところは私企業なので、費用はかかります。あくまでも私企業なので、将来的...続きを読む

Q水銀の胎児に与える影響

今妊娠8ヶ月なのですが厚生労働省の通達で妊婦はメカジキや金目鯛の摂取量が決められてますよね。
いつもは気をつけていたのにその日はうっかり80グラムの指定よりもはるかに多い200グラムくらいマグロを食べてしまいました。
これによって赤ちゃんにどのような影響が出てしまうのでしょうか?
毎日気になって仕方ありません。
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

8ヶ月と言えば出産間近なので、胎児の身体は殆ど完成しており、このことを気になさることはないでしょう。役所の通達の数値は、安全係数を見込んだものですから、直ちにどうこうすることはなさそうですね。
 食物全体が各種のもので汚染されているのが現状ですが、気にしすぎると精神的に宜しくないですよ。それよりも、色々なものを食べるようにするのが、食生活全般に言えることです。

 ただ、出産というのは人間に限らず、動物にとっては命を架けるほどのことであるのは、医学が進んだ今日でも言えると思います。その覚悟は、必要だと思います。

 元気な赤ちゃんが生まれるよう、祈っています。

Q臍帯血の民間バンクについて

今年の夏に子どもが生まれる予定です。

今、臍帯血について調べています。
民間バンクと公的バンクがあるようですが、いまいちはっきりとした情報がなく困っています。詳しい方や既に経験されたことのある方がいらっしゃいましたら是非アドバイス願います。

当初は、愛する我が子のために民間バンクに残しておこうと思っっていたのですが、臍帯血が必要となる病気の学会「造血細胞移植学会」では民間バンクで保管した臍帯血は使用しないという声明文を発表しているという話を聞いたり、本人の臍帯血では再発の可能性が高く、他人の臍帯血を使ってこそ治療の意味があるような記事も読みました。

少しでも可能性があるものなら民間バンクに保存することを検討しようと思っているのですが、全く意味のないものにお金は掛けたくありません。(誰でもそうだと思いますが・・・)

実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

ご希望でしたので、自己臍帯血の民間業者保存が無駄なことを説明します。
学会の否定もこの理由によるものです。

二つあります。
「細胞数確保」と「無菌採取」の問題です。
造血幹細胞が胎盤血にも存在し、移植に使えることがわかった当初は、「量が少ない」ので小児白血病の治療にしかつかえない、成人患者には役に立たないと考えられていました。 量というのは正確でなく、細胞数なのですが、当初は液量で考えられていました。 液量でも細胞数でも、患者の体重あたりどれだけ必要だ、ということになり、小児の必要量は少なく成人は体重相応にたくさん必要です。
現在でも、アメリカでは一人の成人患者に対しては、二人分の臍帯血のカクテル移植が標準治療です。 臍帯血は、新生児ですから 「個性が発達していない」 という理解をしていただければよろしいですが、HLAが完全一致していなくとも移植可能なのです。 それでカクテル移植もできるのです。
臍帯血移植は、当初は小児白血病だけと思われていたものが、HLAが完全一致していなくとも移植できることから、骨髄バンクではドナーが見つからない成人患者にも多く使われるようになりました。 最初は日本でもカクテル移植です。
それは、採取費用・検査費用・処理費用・保存費用が二倍かかるということです。

そして現在は、日本の公的臍帯血バンクネットワークでは、「契約医」 と協力して、液量をたくさんではなく細胞数をたくさん採取する技術を磨きました。 8億個とか10億個とかの細胞数です。
それで、欧米ではカクテル移植ですが日本では一人分の赤ちゃんの臍帯血で治療できるようになっています。

民間業者が言う 「幹細胞の増殖」 はまだ実現していません。 すく゛できるようになるかのような宣伝文句は嘘です。

ところがところが、この細胞数確保について、公的さい帯血バンクネットワークの契約医師でも、10億個の細胞数を確保できる確率は、「二割から五割」 なのです。
白血病は、二万人に一人の発症率で、発症年齢は小児から老人まで幅広く分布していますが、比較的40代50代の働き盛りに多く発症します。
ある子供が白血病になった時、子供だから保存臍帯血が役に立つかもしれません。
ところが確率の高い50代になって発症した時、保存臍帯血が役に立つか。
手慣れた公的バンクの契約医でさえ成功率が2割から5割の細胞数確保が、民間バンク業者と提携している経験数の多いわけがない医師に(産科医としては優秀であるとしても) できるわけありません。
10年ごとの保存契約更新を4回も5回もやって、発症に備えたとしても、その時は公的臍帯血バンクの臍帯血とカクテル移植するしかなく、それなら自分の臍帯血ははじめっからいりません。

次に、無菌採取です。 新生児は子宮から産道をとおって、ばい菌だらけの世界に誕生してきます。
そこで臍帯血の無菌採取というのは、産科医として優秀でも、問題が別です。
造血幹細胞移植が必要な時というのは、抵抗力がゼロで、日常生活で当たり前に存在する菌でも死に至る可能性があります。

民間臍帯血バンク業者の中には、「アメリカ血液銀行協会」 の安全基準を満たし、ライセンスを取っていると標榜しているところもあります。 その業者に限らず、レストラン・食堂業者があたりまえにわきまえている衛生概念以上に、臍帯血バンク業者は厳しい衛生感覚を持っていると信じたいと思います。
ところが出産現場は、アメリカ血液銀行協会の安全基準なんかは関係ありません。
ですから、民間の保存臍帯血が無菌保存されているかは、疑うのが当たり前です。
造血幹細胞移植が必要な時に、公的バンクなら助かったものが、民間バンクに保存していた自分の臍帯血を使ったばっかりに死んでしまうことはあり得ると考えなくてはなりません。

あなたの病院は、公的バンクにも民間バンク業者にも対応しているということは、どちらの点でも安心ですね。
しかし、いくらの費用をかけて二万人に一人の病気に備える必要があるのか。
欧米は、(特にアメリカは人種の坩堝といわれる) 地続きで人種民族の混交が激しく、HLA型が多様です。
ちなみに世界最初の骨髄バンクはイギリスにできましたが、患者登録・ドナー募集を始めてから最初の骨髄移植を行うまでに7年かかりました。 同じ型の人がそれだけ少ないのです。
日本の骨髄バンクでは、患者登録、ドナー募集をはじめてから七か月で最初の骨髄移植が実現しました。
単一民族というと、政治家が失脚しますが、日本人のHLA型はあんまり多様ではないのです。 人種民族が違う=遺伝がつながらないとHLAは一致しない。

国際結婚で、こどもが母親の母国の骨髄バンク・臍帯血バンクも、父親の母国の骨髄バンク・臍帯血バンクも当てにできないことが分かっているならば、経済的余裕があれば二万人に一人の病気に備えるのも、その人の人生観です。

自分の造血幹細胞ではGVL効果が働かず、再発率が高いというのは、自分の保存臍帯血の移植例が世界中を見ても少なく (ゼロではない) 症例というものが皆無ですから、自己臍帯血ではわかりませんが、以前から行われている 「自家移植」ではその通りで、自分の造血幹細胞では再発率が高いと自家移植でわかっているのだから、症例が皆無とは言え自己臍帯血もそうだろうというのは、当たり前の解釈だと思います。

ご希望でしたので、自己臍帯血の民間業者保存が無駄なことを説明します。
学会の否定もこの理由によるものです。

二つあります。
「細胞数確保」と「無菌採取」の問題です。
造血幹細胞が胎盤血にも存在し、移植に使えることがわかった当初は、「量が少ない」ので小児白血病の治療にしかつかえない、成人患者には役に立たないと考えられていました。 量というのは正確でなく、細胞数なのですが、当初は液量で考えられていました。 液量でも細胞数でも、患者の体重あたりどれだけ必要だ、ということになり、小児の...続きを読む

Q妊婦のおたふく風邪の胎児への影響についてご存知の方

妊娠初期で上の子のおたふく風邪に感染してしまいました。ウィルスの胎児への影響等、何か実証例のようなことをご存知の方、どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

病院へは行かれましたか?
妊婦さんはしばしば感冒疾患に罹患しますが、ほとんどが表面感染であるため、ウイルス血症を起こす事は少なく、したがって胎児に対する影響は少ないです.しかし、インフルエンザのように高熱をきたす場合はそれにより流産をきたす事もありますので、十分ご注意下さい.
おたふくの原因となるムンプスウイルスの場合、未熟児、低体重児、発達奇形などの発生はあまり報告がないと思いますとので、あまり心配し過ぎないように.
ちなみにそれに対して、風疹、ヘルペスなど一部のウイルスは重篤な先天異常をきたします.
お大事に.

Q臍帯血

 出産後、4ヶ月経つのですが、最近ふと出産時のことを思い出したので書かせていただきました。
 というのは、タイトル通り「臍帯血」のことです。よくコマーシャルで「臍帯血」」の宣伝がながれてますよね。私もあの宣伝に影響され通っていた大学病院から臨月に提供書みたいなものを事前に渡されたので、申し込みました。ところが、出産当日、日曜日だから業者が休みなので提供できないと大学病院側から断られました。
これは、とても納得できないことだと思います。臍帯血って大切なものではないのでしょうか?土・日だからといって捨ててしまっていいのでしょうか?臍帯血を待っている人が宣伝を見るかぎりたくさんいるのではないのですか?冷凍保存とかはできなかったのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

3歳児の母です。私も臍帯血をぜひ利用してもらいたいと思い、CMだか特番だかのTVから電話番号を控えて電話しました。
するとまず、大学病院など設備の整った病院でないと扱えない、と言われ、別の電話番号を教えられ、
そこに電話すると東海地域では(私は神奈川県の川崎市で出産しました)、県内に臍帯血採取の設備のある病院は、ありませんと言われました。
電話口の人は「せっかくのご好意ですが、まだ歴史が浅い事もあって発展途上というのが全国的な実情なんです。
申し訳ないですが、採取可能な病院内で協力していただける方からのみ受け付けているのが現状です」と言ってました。
現実問題として技術の難しさや、設備的な問題で全国的に広がっていくのが難しいのはわかりましたが、
納得はできませんでした。
CMや番組制作など広告に使える予算があるのなら、設備投資に使って欲しいと思いました。
各地方に片手で数えられるほどの施設しかないのに、全国的に大々的にCMなど流す必要があるんですかねぇ。
まったく矛盾していて、すっかり協力したい気持ちが萎えました。(百歩譲ってCM流すとしても、地域により採取不可能な場合があります、とか言っておくべきですよね。)
しかし、業者が休みって・・・。
休まず働けとは言いませんが、常時待機ぐらいの真剣みが欲しいですよね。
採取可能な施設でさえ、「休日だから無理です」なんて
お役所体質なこと言ってるようじゃ、全国的に広まるわけなんてありませんね。読んでて、あきれてしまいました。
本当に、協力者・白血病患者をバカにしたシステムです。
正直、やる気ないんならやめて欲しいって言いたいです。そのお金を病気を持つ人の治療や支援に当てて欲しい。
ちなみに電話した時に聞いたのですが、冷凍保存はできないそうです。臓器移植のように、新鮮な臍帯血でないといけないような事言ってました。
搬送などもできないんだって。
全国に、「臍帯血のおかげで病気を治せました!!」って人が一体どれくらいいるんでしょうね。
全国に待っている人が大勢いること、白血病に画期的な治療効果が見られることは本当のようですが。(HPなど見る限り)

3歳児の母です。私も臍帯血をぜひ利用してもらいたいと思い、CMだか特番だかのTVから電話番号を控えて電話しました。
するとまず、大学病院など設備の整った病院でないと扱えない、と言われ、別の電話番号を教えられ、
そこに電話すると東海地域では(私は神奈川県の川崎市で出産しました)、県内に臍帯血採取の設備のある病院は、ありませんと言われました。
電話口の人は「せっかくのご好意ですが、まだ歴史が浅い事もあって発展途上というのが全国的な実情なんです。
申し訳ないですが、採取可能な病...続きを読む

Q血腺腫

母が去年から病気になっています。背骨の一つ(第3か第4かどちらか忘れましたが)が、ぼろぼろになっていて、身体を動かすとずれたりして神経を圧迫し、足がしびれたり、痛くなったり(ひどい時には歩けない)します。(一部だけ骨粗鬆症みたいになっている状態らしいです。)
母の行っている病院は、病名をきちんと教えてくれなくって、コルセットをして様子をみましょうということをいわれたらしいです。ただ、悪性ではありません(ガンではない)ということは、言われたらしいのですが。
最近になって、「転移してないな・・」とか、「ちっとも良くならんから、放射線治療でもはじめよか。」という事を、母に言うらしいのです。母は、自分がガンではないかということを、何回も医者に聞くようですが、「それならば、放射線治療はよめよか。」と答えるらしいのです。はっきりしなくて、不安な状態が続き、母にとっても精神的に良くありません。母がカルテかメモだか何かをちらっと見ると、「血腺腫」という事が書いてあったらしいのです。
この病気の事を知ってる方いらっしゃいますか?これはガンなのですか?

Aベストアンサー

病気は脊椎のみなんでしょうか。何科に入院しているのでしょうか。
病名を教えてくれるようにまずは言うべきですね。その代わりもし悪い結果であってもそれはそのように受け止めなければなりませんが。
治療の選択に関しても、癌で無いならばいろいろな情報を患者に与えた上で患者に選択させる(インフォームドコンセントってやつですが)のが医師の義務ですので、それは当然求めるべきです。
他の方法として、CT等の貸し出しを申し込むという方法があります。それを違う病院に持っていって診断をしてもらうのです。もちろん、血液検査の結果などがわからないと思うのではっきりしたことは言えないと思いますが、原因が骨にあるのか、それとも骨以外の場所からきたものなのかと行ったことはわかると思いますので。
いざとなったら転院という手段もありますので。やはり家族や患者があまりに不信感をもつようでは、満足な治療結果が得られないと思うので考えてみてください。

Q臍帯血保管

ただいま25Wの妊婦です。

前々から考えていたのですが、皆さんの意見も聞きたいので、教えてください。
臍帯血の保管についてです。

臍帯血を保管しておけば、仮に子供が大きな病気にかかった時に役に立つのは分かっています。
血縁者にも適合する可能性もあるので、私達夫婦やその他親族にもメリットがあるのも分かります。
でも、金銭面がネックです。
会社によって多少違いますが、10年保管で30万。
その後は1年ごとに1万って感じのようです。
命が助かるのなら30万は安いですが、今の現状を考えると簡単にお願いしますって言えません…

夫婦二人の生活ですが、現在は旦那の稼ぎだけではかなりの赤字です。
(出産の準備で色々買っているせいもありますが)
共働き時の貯金を崩して生活していて、まぁ何とか普通の生活が出来ている状態です。

友達に出産した人はまだ少ないので、子供を産んだ方がどれぐらい臍帯血保管しているのか?とか分かりません。

実際のところ、臍帯血保管は必要なんでしょうか?
臍帯血保管している人や、考え中の方、保管しなかった人など、それぞれの意見を聞かせてください。

ただいま25Wの妊婦です。

前々から考えていたのですが、皆さんの意見も聞きたいので、教えてください。
臍帯血の保管についてです。

臍帯血を保管しておけば、仮に子供が大きな病気にかかった時に役に立つのは分かっています。
血縁者にも適合する可能性もあるので、私達夫婦やその他親族にもメリットがあるのも分かります。
でも、金銭面がネックです。
会社によって多少違いますが、10年保管で30万。
その後は1年ごとに1万って感じのようです。
命が助かるのなら30万は安いですが、今の...続きを読む

Aベストアンサー

大学での再生医療の研究者です。自己臍帯血が役に立つかどうかは、ケースバイケースです。

白血病等の治療に有効な造血幹細胞移植ですが、他者の臍帯血や骨髄を移植する治療法が確立しています。発症頻度、他の治療法、治療効果などから考えると、血液疾患を懸念しての自己臍帯血の保管は必要ないと思います。

ただし、家族や血縁者で白血病などの患者がいるなら、子供にも発症のリスクが高くなります。公的バンクに臍帯血を提供しても、それを指定して使うことはできません。ですから、子供本人や身内のために保管しておくのは、治療の幅が広がるという意味で、安心材料になります。

ただし、自己の細胞を戻すと疾患が再発する可能性もある遺伝的な疾患の場合などでは、自己細胞の移植はおこなわれません。もちろん自己の細胞といえど生着しないこともありえます。

また、現在研究中の再生医療的な用途については、自己の骨髄や末梢血細胞でも同様の効果が得られています。自己臍帯血を用いるメリットは、採取時の大きな負担がないことが第一、治療後免疫抑制剤を使用しないのが第二です。デメリットは、今後の研究開発次第ですが対象となる疾患がかなり限られているということです。

まとめると、身内に血液疾患や遺伝疾患の患者がいる場合は保管したほうがよいです。そうでないなら、リスクと経済面のバランスで判断するとよいでしょう。保存するのに越したことはありませんが、普通の保険と同じく支払が家計を圧迫するとすれば、無理にすべきではないでしょう。

なお国内の民間バンクが従うべきガイドライン・法律には規制が今のところありませんが、今後製薬レベルにまで規制がすすむと考えられます。保管会社を選ぶには、実際に臨床で使うことができるかを重要な判断基準におくべきでしょう。アメリカの臨床の品質管理基準の認可をとったバンクも国内にあり、求められる品質管理基準は、以下に解説されています。

参考URL:http://www.saitaiketsu.com/point.htm

大学での再生医療の研究者です。自己臍帯血が役に立つかどうかは、ケースバイケースです。

白血病等の治療に有効な造血幹細胞移植ですが、他者の臍帯血や骨髄を移植する治療法が確立しています。発症頻度、他の治療法、治療効果などから考えると、血液疾患を懸念しての自己臍帯血の保管は必要ないと思います。

ただし、家族や血縁者で白血病などの患者がいるなら、子供にも発症のリスクが高くなります。公的バンクに臍帯血を提供しても、それを指定して使うことはできません。ですから、子供本人や身内のた...続きを読む

Q母親が背骨を骨折しました。

実家の母(80才)が、4~5日前から腰が痛いと痛がっていましたが、かかりつけの整形外科にいっていろいろしらべてみたら、背骨が一部折れているといわれ、即刻入院になりました。
ギブスをはめて安静にしてるしかないと20日間の入院を言い渡されたようです。
年齢的に手術をするのはかえってよろしくないという判断でしょうか。
私は東京、両親は九州・大分と離れていますので早速介添えに行くつもりではいるのですが。
高齢の骨折について知識が何もないもので、詳しい方や同じようなケースを経験された方のご意見を聞きたいのです。

Aベストアンサー

脊椎の圧迫骨折ですかね?もちろんケースにはよりますが、骨セメントなんて治療方法も最近行われるようになってきました。骨が固まっていないのであれば有効だと思います。

http://www.hop.fukuoka-u.ac.jp/shinryou/seikei/
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/hospital/about/f_division_info.html

圧迫骨折は骨粗しょう症が原因です。食事はカルシウムなど特定の栄養素を気にする必要はなく、バランスよくとることを心がけましょう。一番大事なのは運動です。高齢者の方は “屋外ウォーキング” をご自分の体力(数十分)にあわせて行いましょう。一時間などやりすぎや、週一回ほどでは効果が表れなかったり、逆効果になる場合があります。最低週3回以上心がけて運動しましょう。

とりあえず今は治療が優先です。医師とよくご相談ください。お大事にして下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報