清水義範氏の『バールのようなもの』に収められていた「新聞小説」という作品を読みました。さまざまな新聞に連載されている小説をいろいろな文体で書いていくというもので漢語調あり、女子大生のエッチな告白調あり、海外の小説の翻訳調ありともの凄く面白かったです。「これだ! 読んでよかった!」と思いました。思ったのですが、この種のとても個性的な、きわだった、なんだかえらく偏っ(←なんでもありません)文体で書かれた文章はどういうところで見られるでしょうか? 意図的にいろんな文体をまねて書かれた小説でも結構ですし、意図的に書いたものではないだろうけどものずごく目を引いてしまっているものでも結構です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

イラストレーター(映画監督?)の和田誠さんが『倫敦巴里』(1977年、絶版)という本の中で「文体模写」というのをやってましたね。


川端康成の『雪国』を当時の流行作家が書いたらどうなるかというもので、えーっと、調べたら、庄司薫・野坂昭如・植草甚一・星新一・淀川長治・伊丹十三・笹沢左保・永六輔・大薮春彦・五木寛之・井上ひさし・長新太・山口瞳・北杜夫・落合恵子・池波正太郎・大江健三郎・土屋耕一・つげ義春・筒井康隆・川上宗薫・田辺聖子・東海林さだお・殿山泰司・大橋歩・半村良・司馬遼太郎・村上龍・つかこうへい・横溝正史・浅井慎平・宇能鴻一郎・谷川俊太郎の32名でやってました。
この他にも童話の『ウサギと亀』を当代の名監督たちが撮ったらどんな映画になるか……なんてこともしていてとても面白い本でした。

参考URLは、それを真似してる人のHP。

参考URL:http://www.na.rim.or.jp/~achi-oya/hiroko/33333.h …
    • good
    • 0

パロディーという形式がありますが、それをもっとテキストに密着させて文体模写、場合によっては原作者の思想や思考癖まで真似てしまおうという形式がたぶんパスティーシュなのでしょう。


この第一人者が清水義範氏で、少なくとも日本において質量ともにこの方の右に出る人はいないと思います。
ですから、折角ですからこの作家の他の作品に目を通されてはいかがかと思いました。

たとえば「似ッ非イ(エッセイ)教室」(講談社文庫)は、28編一冊丸々が著名なコラム・批評のスタイルのパスティーシュ集になっていますし、
「秘湯中の秘湯」(新潮文庫)にはガイドブック、取扱説明書、アンケート、会議での会話などがパスティーシュされています。

(以下、どの短編集に入っていたのか、ばらばらに思い出すままに)
私にとって今でも印象深いのは、国際マラソン中継時の日本選手に肩入れしまくる偏向放送とか、
翻訳者があとがきで原作者紹介をする文章の恐るべきパターン化の暴露などですが、
最も感嘆したのは、ジェームズ・ジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」を本歌取りした一編で、
当の翻訳者・柳瀬尚紀さんが解説で驚かれていたように、
この前衛極まりない小説のアクロバティックな翻訳を単にパスティーシュしただけでなく、歌がありリズムがある一つの独立したテキストとして完成してしまっていることでした。見事というほかはないと思ったものです。

以上、参考にしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q清水義範さんの小説でイギリスの通貨について語った作品

清水義範さんの小説でイギリスの通貨について語った作品があったと思います。

正確な文章は思い出せませんが、
「ペンスやポンド、シリングなどの位上がりが複雑なので、自分が今、いくらもってるのかすぐには分からない」、というような記述があったはずです。

この小説はなんという題名でしょうか?

Aベストアンサー

「単位物語」の中の "円は異なもの" に
似たようなフレーズを発見しましたが
こちらでしょうか? 

Q中国語から英語への自動翻訳

エキサイト翻訳やyahoo翻訳のような中国語から日本語への
翻訳サイトはあるのですが、標記のような中国語から英語への
翻訳サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理と思います。

 利用者にもこれらを使いこなせるだけの力が要求されます。
 入力は出来るだけ単純な文章を入力すること、翻訳結果が分かっている文章を使い、Trial Errorを繰り返して、機械の癖をつかむこと。(機械が理解しやすい様なロジックに合わせて入力する)

等等の準備が必要だろうと思います。

自動翻訳を使いこなすための力を身につけるのと自分の力で翻訳する力を身につけるかどちらが先に駆け着くかでしょうね。

完璧とは言わなくても、ある程度語学力が身につけば、それこそWaveの辞書を使えばかなりな事は出来るのではないでしょうか。

がんばってください。

 無料の中国語から英語への翻訳機能はgoogleにあります。中国語のサイトでは「百度」がありますが、翻訳エンジンはGoogleのものを使っているようです。
 この機能もここ5,6年で急速に発達しているようなので、未だ探せばいろいろあるかも知れませんが、実用段階には未だ少し違和感があるようです。
 あいさつ文、定型文などは問題はあまりないのですが、複文など少しロジックが複雑になってくると、結果が非常に厳しくなる傾向にあるようです。
 また、専門用語の入る文章は現時点では無料の自動翻訳は無理...続きを読む

Q柔らかい文体の女性作家

 日本語を勉強中の中国人です。私の書いた日本語は堅苦しくて、いつも男性の文章と思われます。柔らかい文体の女性作家の文章をたくさん読んでこの点を改善したいのですが、お勧めの女性作家はないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 やわらかい、女性らしい文体なら武田百合子の『富士日記』がお勧めです。
 何気ない日常の出来事を美しい日本語で切り取ってみせる文体はとても素晴らしいです。

 日本人で男性の私でも真似してみたくなる文章が溢れている日記文学の傑作です。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%AD%A6%E7%94%B0-%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90/dp/4122028418/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1267745364&sr=1-1

Qgoogle翻訳 apiで pdfを翻訳する方法

google翻訳 apiで pdfを翻訳する方法
いつもお世話になります。
google翻訳 api を使ってpdfを翻訳できるということを知り試してみました。
pdfファイルのurlを
http://translate.google.co.jp/#ja|en|
へ、ドラッグするとできました。

ここで、質問です。
上記の機能を自作のWEBページに実装することはできないでしょうか。
つまり、あるボタンをクリックすると、翻訳されたpdfのページが表示される。

または、自作のWEBページでボタンをクリックすると、
pdfのurlをgoogoleの上記翻訳ページへ送信して、自動的に翻訳されたpdfのページが開かれる。
と、いう方法でも構いません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「自作のWEBページでボタンをクリックすると、pdfのurlをgoogoleの上記翻訳ページへ送信して、自動的に翻訳されたpdfのページが開かれると、いう方法」

これは、単なるハイパーリンクで出来るでしょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Jump Google Transrate Page</title>
</head>
<body>
<form>
pdfのURL:<input type="text" name="url">
<button type="button" onclick="jump(this.form);">翻訳</button>
</form>
<script type="text/javascript">
function jump(form){
var req = "http://translate.google.co.jp/translate?"
+ "js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&"
+ "sl=en&tl=ja&u=" ;
var url = encodeURIComponent(form.elements["url"].value);
window.open(req+url,"_blank");
}
</script>
</body>

「自作のWEBページでボタンをクリックすると、pdfのurlをgoogoleの上記翻訳ページへ送信して、自動的に翻訳されたpdfのページが開かれると、いう方法」

これは、単なるハイパーリンクで出来るでしょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Jump Google Transrate Page</title>
</head>
<body>
<form>
pdfのURL:<input type="text" name="url">
<button type="button" onclick="jump(this.form);">翻訳</button>
</form>
<script type="text/javascript">
function jump...続きを読む

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。

Q翻訳ソフト

翻訳ソフトについてお聞きしたいのですが、数多くあるソフトのうち一般的な翻訳ソフトの(翻訳の)性能は機械翻訳(エキサイト等)と比べていかほどのモノでしょうか?

う~ん例えば、翻訳ソフトというモノの性能は
サイトの機械翻訳にくらべて 倍近い翻訳の精度である

Aベストアンサー

こちらの話題はお読みになりましたか?
プロの使う翻訳支援ソフトの話がでてきます。
そのTRADOS(トラドス)という支援ソフトは、私も名前だけは知っています。

中身はよく知りませんが、たぶんNo.1さんのおっしゃる「使い込んで辞書機能の精度を上げていく」方式なのではないかと。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2074377

Q横山秀夫氏の臨場

横山秀夫氏の臨場がとても面白かったのですが、
これはシリーズ化してないのでしょうか?
ドラマは長くやってるようなので(見たことはありません)
てっきり本もシリーズのように長く続いているのかと思ったのですが、
検索してもヒットしませんでした。

臨場のシリーズがなければ、横山氏の本の中で、
警察をテーマにしたもののお勧めを教えてください。

Aベストアンサー

「罪つくり」「墓標」「未来の花」「カウントダウン」

この4作品の光文社文庫「臨場」未収録作品
がスペシャルブックには入ってますよ。

Q英語で「高価なものしか無かった(売ってなかった)」と書くには???? Google翻訳にかけると、

英語で「高価なものしか無かった(売ってなかった)」と書くには????






Google翻訳にかけると、
「There was only expensive one」
と出てきます。

「無かった」=「There wasn't 」
とは表現できないのでしょうか?

Aベストアンサー

〜しかない
という日本語は、”ない”という言葉を使ってますが、「〜だけ」という意味なので「〜しかない」をOnlyと訳すことができます。だから、
There were only expensive ones.と訳す事ができます。
あえてNotを使いたいなら、

There weren't anything but expensive ones.

Q吉川英治氏の宮本武蔵とバカボンドの差

こんにちは。

コミックのバカボンドを読み進むうちに、ふと「原作との差はどれぐらいあるのだろう?」と疑問に思いました。

吉川英治氏の「宮本武蔵」と「バカボンド」のストーリーにどれぐらいの差があるのでしょうか?「かなりコミックは脚色がついてて違うよ~」というのであれば、原作も買って読んでみようかな?と思いますし、「まったく同じ!」というのであれば、漫画が楽しみなので読まないでおこうと思います。

恥ずかしながら、今まで宮本武蔵関連のお話はあまり読んだことがありませんでした。原作での佐々木小次郎のくだりはどうなのだろう?とかいろいろ気になってます。

ご存知のかた教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
わたしはバガボンドの続きが待ちきれず、小説全巻読んでしまいました。

大分違いますね。
No.1さんの言うとおり、大まかなストーリーや登場人物は同じですけど、わたしの感想では。

小説   殷舜や吉岡一門たちとの戦いそのものよりも武蔵の精神的な成長を描いている。(静の物語)
コミック 戦いの場面を重視し、ひたすら天下無双を目指す、熱血。(動の物語)

といったところでしょうか。私見ですが。
なので、小次郎の幼少の頃のエピソードや殷舜とのくだりはかなりあっさりしたものです。
ストーリー自体は似てるので、小次郎の印可状の謎などは楽しみに取っておきたければ、原作を読むのは待った方がいいかも。

蛇足。 わたしもここのサイトで知ったのですが、バカボンドではなく、バガボンドです。
武蔵は剣一筋の剣バカなんで、ずっとバカボンドだと思ってました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報