色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

個人から借金をする時連帯保証人が欲しいといわれ
連帯保証人がいない場合は何が変わりになりますか?

gooドクター

A 回答 (9件)

連帯保証人になった人は借りた本人よりも辛い立場になることが多いですよ。

元本だけでなく考えもしなかった利息や延滞利息に責められることが多いからです。恐らく「迷惑を掛けないから、頼む」なんてことを言われたのではないですか?。どうしても断れない人なら、私なら連帯保証人にならずに頼まれた金額を貸してやり、それで終わりにします。これなら損をしても元本分だけで済み、金貸しから利息や延滞利息を責められることがないですから。また、どうしても保証人にならなければならないなら、連帯保証人ではなく物上保証人と言って、例えば自分の持ち物を担保に提供するという方法も一つの保証人の方法です。これなら友達が返済出来なくなった場合、担保物件が質流れのように取られるというだけで、借金の返済まで求められることはないですから、担保が返るのを諦めればそれで済むわけです。
    • good
    • 0

個人で連帯保証人を取る時点で怪しいですよ。

    • good
    • 0

借金に見合った不動産担保でしょう!

    • good
    • 0

個人相手なら何も決まりはない。

相手があなたの案を許すかどうかだけ。
    • good
    • 1

連帯保証人を引き受ける会社が ありますよ

    • good
    • 0

個人から貸借するのはお勧めしません。

きちんと会社との取引をした方が良いです。何かとトラブルになりますので。

その上で…

連帯保証人とは、いわゆる人質です。それに変わるのなら「貢ぎ物」つまり物で、或いは「奉仕」を代わりに立ててはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

そんなの第三者の提案に何の意味もないですよ。


相手が納得する代替案を尋ねて交渉するしかない。
自宅や不動産・高級車の権利証などを預けるとかしか
ないでしょう。
    • good
    • 0

然るべき資産への抵当とかですかね・・・・

    • good
    • 1

個人の保証会社なんてないよなぁ。


向こうも仕事だし一応きいてみたらどうですかね^^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング