子供に尋ねられた事なのですが、乾電池を休ませると幾分電力が回復します。なぜなのでしょうか。
化学反応で電気を起こしているので、電極部分が何らかの理由でリフレッシュされているのかなあとも思うのですが、正確な理由は何でしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

shunpakuさんの考えで正解だと思います。


お子さんがどの程度の答えを要求されているか分りませんので、詳しくは書きませんが、この時の化学反応は電極の表面でしか起きません。そしてこの過程で反応に必要な物質は減少し、反応で生じた邪魔者は増えるわけです。ですから全体の平均濃度と比較して反応の起きている電極表面の必要な物質の濃度が下がります。(これを濃度勾配:濃度の偏りと言います。)乾電池では出来る限りこれを抑えて電圧を一定にするようにしていますが中身を混ぜることが出来ない以上生じるのは仕方ありません。
では、電流を流すのをやめるとどうなるでしょう?
ご存知とは思いますが、拡散によって濃度は均一になろうとしています(電池が働き続けられるのもこの作用です。)ので、電極表面での必要物質の濃度が上昇し、電力(正確には電圧)が回復することになります。
御納得頂けましたでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
良く分かりました。
もう一つ、子供が友達から聞いたという事ですが、冷蔵庫にいれて置くと、より良く回復らしいのですが、そうした事はあるのでしょうか。
保存(劣化しない)の為には温度を下げておいた方が良さそうな気がしますが、Zincerさんの回答の必要物質の濃度とは関連するものでしょうか。
子供には、冷蔵庫に入れておいたものと室温で置いておいたものと比較してみたらと、アドバイスはしたのですが。

お礼日時:2001/09/01 00:50

No.1のZincerさんの回答でいいと思いますが若干補足します。


反応で生じた邪魔者は「減極剤」と言うものと反応して(酸化されて)無害になります。これが間に合わなくなった状態が「電圧低下状態」です。
しばらく放置すると「拡散により」邪魔者が移動して徐々に酸化されて行きますので回復すると言うわけです。

過去の似た質問に答えていますので、参考URLをご覧ください。

余談ですが、電池の場合、特に重要なのが「減極剤」です。だから、減極剤の名前をつけた電池が結構あります。
電池名称:減極剤
マンガン電池:二酸化マンガン・・・・普通の乾電池のことです。
空気電池:空気中の酸素

くどくて、失礼しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=94866
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、密閉された、電池では、邪魔者を除去する事が重要なのですね。
理科の実験のように、気体になって空気中に拡散されてゆくという訳には行かないのだから。
マンガン電池などと何気なく使っている名称にもそれなりの意味があるのが良く分かりました。
子供には、わかりにくい内容かも知れませんが、何とか説明してみます。
まず、色々と教えていただいた事に対するお礼の気持ちを教えねばと思っております。

お礼日時:2001/09/04 02:57

簡略化のために「表面のみで反応する」と書きましたが、実際には少しですが内部でも起こっています。

全くの未使用でも放置しておくと消耗するのはこの為です。shunpakuさんの仰るように化学反応の速度は温度に依存しますので、この消耗を抑えるために、保管は低温の方が適しています。
しかし、私の説明した拡散速度も温度依存し、これも温度が高い方が早いですから(どの程度の差が有るかは疑問ですが)回復は温度が高い方が早いはずなんですが?
結果が出たら御知らせ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、長く放置しておくと電池が弱るのはその為なのですね。よく分かりました。
実験結果は、後程お知らせいたします。

お礼日時:2001/09/04 02:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒いマンガン電池は回復しますか。 時計に使うならどちらがいいですか?

黒いマンガン電池は回復しますか。
時計に使うならどちらがいいですか?

Aベストアンサー

電波時計とかで、アルカリ乾電池とか指定されていない以外は、マンガン電池でも問題ありません。
黒マンガンだろうが、赤マンガンだろうが青マンガンでも問題ありませんので

容量的に言えば、黒>赤>青>緑(日本では見かけない)だから、黒の方がよい

マンガン電池は、一時的にやすませて使っていると、ある程度は回復する。アルカリでも同様だが、大容量とかの連続利用は、アルカリの方が向いているだけ

時計(電波時計除く)やリモコン、懐中電灯などは、マンガンでも十分です。
といいつつ、私はすべてアルカリですが

Q銅電極と亜鉛電極の標準電極電位

ダニエル電池の実験を行ったときのレポートで、「銅電極と亜鉛電極の標準電極電位を調べよ」とあるのですが、自分では解りません。
どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方は、化学系の学生ですか。物理化学(量子化学、統計力学、熱力学)は、化学の基礎です。化学系の学生であれば、参考URLを示しますが、図書館などで調べてください。

参考URL:http://m-hagura.parfe.jp/sub2_2.htm

Qアルカリ電池とマンガン電池の見分け方を教えて下さい。

皆様、こんにちは。
アルカリ電池とマンガン電池の見分け方を教えて下さい。日本製の乾電池には「アルカリ電池」、「マンガン電池」と本体に表記されている物が多いと思いますが、日本のメーカーでも外国製の物は表記がほとんどないと思います。使用している乾電池がアルカリ電池なのかマンガン電池なのか見分ける方法を教えて下さい(写真は中国製maxellの単3電池です)。

Aベストアンサー

写真の電池は赤マンガン電池です。
出力や容量で電池の色が決められてそれに応じた記号が付いています。
この電池だとR6Pです

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E4%B9%BE%E9%9B%BB%E6%B1%A0

Q【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。 アルカリ

【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。

アルカリ乾電池の原材料は陽極にオキシ水酸化ニッケル、陰極にカドニウムの金属板をミルフィーユ状に重ねて水酸化カリウム水溶液で浸してその周りを鉄で覆ってさらにプラス極側には出っ張りをプレス加工して付けてマイナス極も接点が当たりやすいようにサークル状の切れ目を入れて作られています。

どう考えても原材料代だけで100円オーバーしてますよね?

さらにラッピングして輸送してってどうやって利益が出ているのでしょう?

プラスチックの合成樹脂で乾電池型のプラスチック小物入れと同じ100円ですよ。凄くないですか?

Aベストアンサー

回答No.10への追記です。

プラスチック小物入れと比べて「凄くないですか?」と言っていますが、プラスチック製品は材料費は安くても、それを成形する金型はメチャ高いんです(超簡単な金型でも数百万円はします)。それにプラスチック小物入れが売れる数はアルカリ乾電池よりも桁違いに少ないので、アルカリ乾電池ほどの量産効果は出ません。

仮にプラスチック小物入れが10万個売れるとしても、1個あたりの金型償却費は50円とか60円にもなってしまいます(注:何台の金型で作れるかも原価が大きく違ってきます)。
それとプラスチック小物入れでは、必ず手作業(バリ取りなど)が必要で、アルカリ乾電池のような完全自動化で製造できません。人手がかかるんです。

Qなぜヤマダ電機には単4型マンガン電池が売っていないのですか?

私の近所のヤマダ電機は、
電器屋のくせに単4型マンガン電池を売っていません。

私はマンガン電池をリモコンに使いたいのです。

ところが、ヤマダにはアルカリ電池なら売っていますが
安いマンガン電池は売っていません。
たかがリモコンに260円もするアルカリ電池を使いたくはありません。

別に特殊な電池を売ってくれと言っているのではありません。
ごくごく普通の、マンガン電池です。
こんなもの、いまどき近所のコンビニでも売っています。


これまで何度店員に
「今度入れておいてくれ」と頼んでも、無視されました。
この間などは
「私は仕入れの担当じゃないので・・・」と笑われました。

ここで質問です。

なぜヤマダは単4型マンガン電池を置かないのですか?
利潤のない少額商品は売りたくないのでしょうか?

そしてこれは、私の地域のヤマダ電機だけでしょうか。
あなたの地域の店舗ではどうですか?

Aベストアンサー

 某小売店で電器を含む日用雑貨を担当していますが、新しい商品を置く、というのは売り場レベルではとても難しいことなのです。
 ヤマダ電機さんがどのようなオペレーションを行っているのかは知りませんが、チェーン店であれば商品構成は本部からの指示に従って行うのが一般的でしょう。それに新しいものを定番商品として加えるとなると、仕入れや棚割りを行うバイヤーなどに申請して加えてもらう必要があります。その過程は1週間や2週間でできるものではありません。また、そのバイヤーが必要だと判断しなければ入りません。
 店独自の判断で商品を置くこともできるでしょうが、そのためには納品から販売まで担当者がすべての責任を持って管理しなくてはいけません。もしかすると、店独自で勝手な仕入れをすること自体禁じているかもしれませんが。
 さらに、「単4マンガン乾電池」というのはそれほど売上が期待できるものではありません。そもそもマンガン乾電池自体が売れない商品なのです。

 長々と書いてしまいましたが、要するに売り場担当にとって、定番商品として扱っていないものを、次にいつ来るかわからないお客さんのために入荷させるということは、手間がかかる上に本来の売り場の作り方から反しているのでやりたくない、というのが本音でしょう。
 私自身としても、今売り場に無いものを次買いに来るときまでに棚に入れておいてくれと言われるよりも、○○日に取りに来るから乾電池500個用意しておいてくれと注文を受けるほうがはるかに楽なんです。(というよりも、前者はバイヤーに頼むことしかできませんから)

 某小売店で電器を含む日用雑貨を担当していますが、新しい商品を置く、というのは売り場レベルではとても難しいことなのです。
 ヤマダ電機さんがどのようなオペレーションを行っているのかは知りませんが、チェーン店であれば商品構成は本部からの指示に従って行うのが一般的でしょう。それに新しいものを定番商品として加えるとなると、仕入れや棚割りを行うバイヤーなどに申請して加えてもらう必要があります。その過程は1週間や2週間でできるものではありません。また、そのバイヤーが必要だと判断しなけ...続きを読む

Q半導体を作用電極として使った場合、三電極系にする必要がないのはなぜですか?

以前、半導体を作用電極として使った場合、三電極系にする必要がないという話を聞きました。
理由としては半導体表面には電気二重層が形成されない、ということでした。

しかしながら、三電極系にするメリットは参照電極の濃度分極を防ぐことにあるはずなのにこの理由はおかしくないでしょうか?
作用電極の電気二重層の有無は関係ないように思うのですが・・・
また半導体電極には空間電荷層というものが形成されるはずですが、これは電気二重層のように分極が
電圧により変化したりすることはないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

話を聞き違えてるか,元の話が間違ってるかのどちらかでしょう.
半導体電極はむかしさんざんやりましたが,当然,基本は三電極ですよ.

空間電荷層は,電気二重層より電位依存が大きいですよ.半導体のドープレベルによりますが,第0近似としては,電位変化は基本的に空間電荷層で消費される (溶液に接するところのレベルは固定) とみなしていいくらいです.空間電荷層容量と電気二重層容量の大きさを比べて,半導体バルクと溶液バルクでどのような電位配分になるかを見積もってみるといいでしょう.

Qニッケル水素電池とニッケル電池とニッケルマンガン電池の違い

わかる方がいらっしゃれば是非教えてください。
フジのFinePix2600Zを使っています。
今日、母が電気屋さんで電池が安かったからと、ニッケル電池とニッケルマンガン電池を買ってきました。これって、このデジカメで使用しても良いのでしょうか?取説には
「単3形ニッケル水素電池 2本(付属または別売)
または、専用ACパワーアダプター AC-3V (別売)
単3形アルカリ電池 (別売)は、緊急時のみご使用できます。 リチウム電池、マンガン電池、ニカド電池はご使用になれません。」と明記してあります。
ネットで調べたらニッケル電池・ニッケルマンガン電池は新しく作られた電池とか・・・。使って良いものやらわかりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ニッケル水素電池は専用の充電器で充電して繰り返し使えます。
ニッケルマンガンはニッケル水素電池と同様の高い電圧
を取り出せる電池ですが充電できず使い捨てです。

ニッケル水素電池が使えるカメラならニッケルマンガンも使えますよ。

ニッケル電池とニッケルマンガン電池は電池としては同じで
呼び方がメーカーごとに利が卯だけです。
東芝ではニッケル電池と言っていて
パナソニックではニッケルマンガンと言っているだけのこと。

Q物理化学の活量及び標準電極電位について標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が

物理化学の活量及び標準電極電位について
標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が1とされていますがこの時の活量は

固体は1[無次元]
溶媒は濃度×活量係数[dm^3]
溶液はモル分率×活量係数(大過剰にある場合は1)[無次元]

という解釈していいのでしょうか?
つまり教科書に載っている標準電極電位の値はこの時の値ですか?


また活量がモル分率×活量係数だったり濃度×活量係数だったりして混乱するのですが、これは
本来、活量はモル分率×活量係数だが溶媒を扱うときは濃度のほうが便利
標準状態(標準電極電位など)を取り直せば活量の代わりに濃度×活量係数を用いても問題ない
例えば
E=E0−RT/F×ln(活量)
の式は活量×濃度を用いてもE0を新しく取り直せば成立する
という解釈であってますか?

Aベストアンサー

おおよそそれで結構ですが、もしあなた様が学生なら物理化学ないし分析化学の教授でも助教授でも
良いからとっ捕まえて訊きなさい、なお確実に「これ読め」と電気化学の教科書を押し付けられますので
しっかり読んで疑問には付箋を付け再度訊きなさい。大卒の理工系なら母校へ戻って訊く。内容から見て
高卒で就職したとは思えないので、問題は文系出たが仕事は理工系というのが一番嫌。

Qアルカリ電池指定の家電にマンガン電池を使うと?

アルカリ電池指定の家電にマンガン電池を使うと、効率が悪いとか以外に、なにかわるいことはあるのでしょうか?
また、使用自体が可能なんでしょうか?
体脂肪計の電源が入らなくなったため、あたらしいマンガン電池をかってきたら、アルカリ用の家電でした。
試しに入れてみたのですが、つかなかったので、
故障なのか、それともアルカリ用にマンガンを入れたらつかないものなのか・・・
教えて下さい!

Aベストアンサー

まったく問題ないです。
アルカリも、マンガンも材質の差だけです。
アルカリの方が、電池寿命がやや長いというだけです。

電源入らないのは、(+)(-)の方向か、接触不良では?

Qカウンター電極を作用電極から遠ざけると・・・

サイクリックボルタンメトリーで
カウンター電極を作用電極から遠ざけると、カウンター電極と作用電極の間の
抵抗値が大きくなるために、CVの波形がオーミックになってきますが、
これはなぜなのでしょうか?
基本的にカウンター電極は電流の受け皿ですので、溶液抵抗が大きくなるとその分、カウンター電極と作用電極の間の電圧値が大きくなるだけで、波形には影響してこないように思うのですが、
なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それと基本的にカウンター電極と作用電極の間の溶液抵抗による影響は、オーミックな波形が可算されるだけで、酸化還元によるピークの位置は影響しないと考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ふつうはそうなりませんので,何か根本的に実験系に問題があると思われます.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報