新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

--------------------------------梅と鶯の物語り-----------------------

(鶯)鶯の留守に情けない梅が、事もあろうにあの夜カラスに宿を借すとは。
(梅)昔聞き馴れた鶯の鳴き声、落ち葉になったのでもー聞くことはできません。
(鶯)梅と鶯は離れられない縁なのに、他人の心に迷って慣れていくんだろうね。
   こーなったのはいったい誰のせいか。
(梅)暫しの慰めに夜カラスに心迷い、あとは心悔やんで泣くのはなんと情けないことか。
   そーなったのはいったい誰のせいか。

-----------------------------------------------------------------------

さて質問ですが梅と鶯の物語り、哲学的に解釈するとどーなりますか。

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

誰のせいでもなく



ただ、そういった事象がおきただけだと思いますよ

この物語で、登場人物が一人でもかけたら
この物語は成り立たないですもんね

世の中も同じことが言えて
誰かの責任を求めやすい時代だけど

誰かひとりでもかけてたら
起きるべき事象は起きないで、違った事象が起きるのが世の中ですもんね
    • good
    • 0

アルケーの所作であると、解釈できます。

    • good
    • 0

梅には鶯


割れ鍋には綴じ蓋。
    • good
    • 3

梅は咲いたか?


桜はまだかいな〜♪
    • good
    • 3

だーれのせいでも


ありゃしない。
みんなオイラが
悪いのさ〜♪
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング