出産前後の痔にはご注意!

タイトル通りです。
第1志望は親会社だけれども、親会社には今は入れなくて、子会社になら入れる場合、親会社への移動が出来るならこの会社で働きたいのですが、そういうことってあるのでしょうか?仕事は同じようなこと(というか同じジャンル)です。
それとも別会社で経験を積んでまた今度、親会社にチャレンジしたほうがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

一部上場企業では非常に困難でしょうね!



私は、現在もコンサルタントとして転職のお世話をさせていただいておりますが、一部上場企業の場合、子会社や関係関連会社からの採用(転職・転籍)は行わない方針を打ち出している企業が多いです。
※会社によるが、一定期間他の企業で勤めている場合はチャレンジ可能などの措置はありますが・・・

これは、通常各関連会社ごとに人事部が責任を持って、人材を採用しているという点が挙げられます。
親会社から子会社への転籍は多いのですが・・・

大手の場合、親会社と子会社で仕事内容が同じということは少ないですね。
これは、規模的な問題です。
たとえば、ある大手IT企業でSEだったとします。
親会社では、扱う開発規模が200億
子会社での開発規模は10億
仕事の内容は同じですが、規模が違えば人脈が異なります。
それによって、実際仕事内容が異なるという事態に陥ってしまいます。

上記のことから、子会社から親会社への転籍があまり現実的でない、ということをお分かりいただけたと思います。

もし、その企業(親会社)へどうしても入社したいのであれば、同等規模の企業で経験を積まれて、転職されるほうが可能性は高いでしょうね。

実際、私がヘッドハンティングでターゲットにしている人材は、同等クラスで仕事をされていた方です。
    • good
    • 12

多くはないですが子会社から親会社への異動はございます。

販売会社で営業企画を担当してしていた人が本社の販売関係の教育担当として異動されたことがありました。いわゆるリストラ対策(構造改革)として子会社で製造していた部品を内製化するにあたり、吸収合併により全従業員を異動させました。この子会社は本社より優れた年金制度を確立してしていたので本社もその制度を導入、新たな年金制度を構築しました。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_笹木正明

職業:就職アドバイザー

私はあなたの主体性を尊重します。あなたの来し方等をお聞きすれば、長所を引き出す事が可能です。また現状の問題点を把握できれば、将来の歩み方について、より良い方向性を共に考えることが可能だと考えます。
http://profile.ne.jp/pf/m-sasaki/

詳しくはこちら

お問い合わせ先

080-2062-3966

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

キャリアアドバイザーをしております。

その立場からご回答します。

子会社から親会社への異動ですが、ご希望の企業様がどのような状況であるかは、その企業様に直接、お尋ねになることをおすすめします。

今まで、そうした子会社から親会社へ異動になった方がいらっしゃるか否か、その可能性は今後においてはあるのか否か。回答可能な範囲で、先方が教えてくださると存じます。

教えてもらえない場合は、他の企業様とのご縁を探すことも、ひとつ選択肢として増やしてみてはいかがでしょうか。

いっそ気持ちを切り替えて、他の企業様で伸び伸びとご活躍になって、幸せなキャリアデザインを描くことも、ひとつの選択としてあります。
    • good
    • 4

専門家紹介

中川裕美子

職業:研修講師

人材開発コンサルタント、研修講師、キャリアアドバイザー、ヒプノセラピスト、地域創生コンサルタント。有限会社SONORI 代表取締役。会社は東京都中央区銀座、自宅とHealingのSalonは、山梨県北杜市小淵沢の八ヶ岳エリア。都会と田舎の二地域活動を実践する移住・田舎暮らしアドバイザーとしても、活動をしています。

●有限会社SONORI HP
http://www.sonori.info

詳しくはこちら

専門家

基本的にはないと考えておいたほうがいいと思います。

私は大手企業の子会社に勤めていますが、ある大規模な工事を受注したときに、書類上どうしても必要な工事担任者を用意できず、うちの会社から親会社に転籍(っていうのでしょうか?要は会社を変わることです)をした人はいましたが、あくまでも名義的なもので、当然工事が終わったらうちの会社に戻ってきました。

ただ、私自身も経験しましたが、出向という形でなら親会社に行くことは出来ると思います。親会社の社員と全く同等の仕事をさせてもらえる機会は少ないかもしれませんが、そこで親会社の雰囲気などは汲み取れるんじゃないかと思います。それを踏まえて、親会社に応募してみるというのも、選択肢としてはアリなんじゃないかと思います。

ただ、出向も有り得ないという場合であるならば、いっそ別の会社で、その親会社に入るのに有利になりそうなキャリアを積んでからチャレンジしてみるという手段をとることもできるのではないかと思います。その見極めをするのはなかなか難しいかもしれませんね。
    • good
    • 10

一般的ではないでしょうね!!



 基本的にはあまりないと思います。あったとしても移籍でなければ・・・・・。出世を考えれば空しいような気もします。会社は、ある程度身分制度的な部分もありますから。

 親会社のなにがしたいの?によると思います。仕事がしたいのならば、ライバル会社から転職の方が賢い気もします。

 ただ単に、待遇ならば、小が親よりいい場合もあります。

 現実的には、ライバル会社経由。

 チャレンジ精神なら、第一志望の親会社に中央突破!!(入れない理由が、募集がないなら、中央突破してみよう!!)

 業務内容は、親・子で同じなら、子でもよいが、違う場合は、ライバル経由の方が賢いよ!!




 
    • good
    • 6

こんばんは。

外資勤務の37歳です。
自分の知っている例では、子会社から親会社へ出向で巣年間過ごし、子会社の再編時に移籍するというパターンです。日系の一部上場企業で何人も見てきました。
現在も行われているかは不明ですが、少なくとも出向時に実績を残していることが求められますね。出向先の上司に認めてもらえていて初めて機会が与えられるかどうかだと思います。ちなみに知っている例は営業職です。

その際のタイトルが変わることは無かったように思いますが、実際の給与がどうなったかまででは分かりません。それでも移籍ですから、給与体系そのものは変更になっています。

子会社へ就職されて、実績を積み重ね、その親会社と言わず、もっと厚待遇の企業を目指すぐらいのモチベーションを持って働ければ最高ですね。
頑張って下さい!
    • good
    • 8

こんばんは。



ありますよ。私の以前勤めていた会社はそうでした。ですので会社によって違うと思います。

ただ可能の会社でもやはり親会社への異動は結構難しいケースが多いです。同じ仕事ならば子会社でもいいかと思います。希望の仕事にも近いと思いますし、万が一親へいける場合があるので、後に悔いを残さないようやられてみてはいかがでしょうか?
後面接の際にさりげなく聞いてみるのもいいですね。是非頑張ってください。
    • good
    • 1

私が以前派遣社員をしていた大手通信会社は、子会社から親会社への


出向は有り得ました。
ただ、出向は出向なので、親会社の社員になれるわけではなく、
ただし、チャンスのある企業もあるようです。

企業によるのではないでしょうか。
    • good
    • 2

私の働く会社に限ってはあります。


その場合は罰ゲーム的なものになります(給料は上がりますが仕事は難儀です)。
まあ、親会社が一部上場企業であればないでしょうけどね。
    • good
    • 3

基本的にはありません。


あったとしても出向で、賃金や待遇は子会社のままです。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子会社から親会社へあがれるのでしょうか?

現在就職活動中の大学3年生です。
もし子会社へ就職して、そこで一生懸命頑張って評価を出しても、親会社へ上がれる事はできないのでしょうか?
今大学の先生から、ある会社を薦められているのですが、そこは子会社なのです。
先生は親会社へも上がれると言うのですが本当にそんな事が可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

ゼロではありませんが、個人の働きで変わるわけではなく、
普通は無理でしょう。

確かに、親会社が子会社を吸収する例もありますが、
こういったところは始めから一体運用がなされている場合がほとんどです。

たとえば、松下の場合、給与システム、福利厚生共に
「松下電器に準じる」と表記していた会社を吸収しています。
つまり、採算を分けることと、意志決定を早くするために
分社化していたのですが、この様な子会社はどちらかというと希な存在です。

つまり、本体で採用してしまうと、親会社の比較的高い人件費で
一生面倒見なければいけないの対して、
子会社採用は、親会社ほど人件費が高くなく、
その事業を廃止するときにも会社の解散で対応できるという
考え方をしているわけです。

そんなわけで、親会社と子会社の関係によって異なるのですが、
普通はわざわざ分社化するときにはそれなりに理由があるはずで、
子会社を親会社が吸収したときにも、子会社出身という事で別扱いに
なる場合があります。

また、個人の働きで所属を変えると言うことは更に希になります。

一体運用されている子会社で非常に優秀な人材が居て、
親会社が別の事業に進出するためにその人材が指名される場合でも、
普通は子会社からの出向、もしくは、子会社からのヘルパーという
形になります。
親会社の名刺は持っているけど、籍は子会社、
こういう人を沢山知っていますが、親会社に転籍した人は知りません。

で、どうしたらよいかですが、
「子会社」という事を考えなかったらどうなのでしょう。
就職するに不適当な会社ですか?
だったらやめて置いた方がいいです。
親会社の出資が100%でも、ずっと関係が続くとは限りません。

逆に、そこが親会社並に立派な子会社だったら
迷うことは無いでしょう。

ゼロではありませんが、個人の働きで変わるわけではなく、
普通は無理でしょう。

確かに、親会社が子会社を吸収する例もありますが、
こういったところは始めから一体運用がなされている場合がほとんどです。

たとえば、松下の場合、給与システム、福利厚生共に
「松下電器に準じる」と表記していた会社を吸収しています。
つまり、採算を分けることと、意志決定を早くするために
分社化していたのですが、この様な子会社はどちらかというと希な存在です。

つまり、本体で採用してしまうと、親会社...続きを読む

Q子会社から親会社への転職は不可能?(28歳)

こんにちは、みなさん!!

【質問】子会社から親会社へ転職する事は不可能ですか?親会社では
募集しています。

【質問の背景】親会社から子会社への出向や、転職は、よくあり
ます。しかし、子会社から親会社への転職は聞いた事がありませ
ん。しかし、親会社では募集をしていて、受けたいなと思います。

子会社にいる、人が親会社の人より、実力が低いという事は得に
ないと思います。ただ、タイミングで子会社の門をたたいて採用
されたにすぎません。親会社も、子会社の人間が仕事ができない
とは思っていないはずです。

親会社でもできない人間は子会社へ飛ばすという事もある
はずです。しかし、給与基準が子会社と親会社では違います。そう
いう観点からこんなできない人でも親会社にいるなら私も行きたいと
思ってしまいます。

私は仕事で親会社と密接につながっています。ですから、実際には
親会社の普段、連絡などしている部署に転職したいと考えています。

しかし、会社的にはそのような事はできないのかと考えています。
一般的にはどうなのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

こんにちは、みなさん!!

【質問】子会社から親会社へ転職する事は不可能ですか?親会社では
募集しています。

【質問の背景】親会社から子会社への出向や、転職は、よくあり
ます。しかし、子会社から親会社への転職は聞いた事がありませ
ん。しかし、親会社では募集をしていて、受けたいなと思います。

子会社にいる、人が親会社の人より、実力が低いという事は得に
ないと思います。ただ、タイミングで子会社の門をたたいて採用
されたにすぎません。親会社も、子会社の人間が仕事ができない
...続きを読む

Aベストアンサー

現在の子会社を一度辞めて別の企業や派遣で働いてから親会社なら行けるかも知れません。

子会社→親会社の直行の転職は考えられません。
回答者が採用担当なら書類審査で落ちますし親会社から子会社にチクリかねませんよ。
リスキーな選択です。

Q親会社と子会社の給料の違い

私は某大手食品メーカーの子会社に内定を頂きました。
そこで、質問なんですが、やはり子会社だと親より給料やボーナスは少ないのでしょうか?

また、昇進などもなかなか出来ないのでしょうか?
これからのことに不安なためどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その会社次第ですね^^

私は大手企業の子会社に就職しましたが、
親会社より格段に多かったですよ。

でも、会社の平均月収、ボーナス比べてもあまり意味はありません。
勤続年数が増すたびに、同期でも給与にかなりの開きがでてきます。
要は実力次第ですね。

その子会社で通用する実力ではなく、
どこに行っても通用する実力を身につけるしかないんです。

そうなれば、その子会社でも必然的に給与は上がります。
もし、上がらなければ転職すれば良いわけです。
なんといっても、「どこに行っても通用する実力」をもっているわけですから。

ちなみに私は、6年勤めて初任給の、ちょうど倍額まで上がりましたよ^^

Q子会社への転籍を言われているのですが。

今、子会社への転籍の選択で迷っています。できれば皆さんのご意見を聞かせていただけないでしょうか。
現在は、親会社から子会社に出向社員と言う形で、親会社の中で、勤務しております。今回、自分の所属する部署全体が子会社に業務を委託することになりました。それにともなって、現在の課全員に今の慣れた業務を、続けたいならば子会社へ転籍してほしいとのことです。そのまま、親会社に留まってもかまわないそうです。もちろんその場合は配置転換は、ありますが。転籍する場合には、一応2百万弱の移籍金がでます。役職は、ありません。定年まであと数十年、どちらかの会社に居たいと思っています。どのようなことが、メリット、デメリットかを教えてもらえないでしょうか。
厳しい意見でもかまいませんので宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

定年まで数十年ってまだけっこう長いということですよね。
難しい選択を迫られましたたね・・・。

まず子会社の経営状態はどうでしょう?潰れる可能性があるのなら親会社に残った方が良いです。

潰れる可能性がない場合、その異動はリストラですか?リストラならば子会社に移籍して頑張った方が良いです。

リストラでない場合、親会社にいた方が良いと思います。できるだけ残った方が、異動しつついろいろな仕事を体験できて良さそうに感じます。

最後に、あくまでも主観なので回答者の意見を100%信じないようにして、最終的にはあくまでもご自分で決定を下されるべきです。

Q社員を子会社へ出向させるのは何故ですか

大企業は社員を子会社へ出向させます。そして子会社の社員として働きます。なぜそんなことをするんでしょうか?子会社へ出向させるということは、親会社の社員ではなくなるので、その社員分の給料や経費かからなくなる、だから税金が安くなるということで出向させるのでしょうか?ただ連結決算されるので、いくら社員を子会社へやったところで会社全体の収支はかわらないと思うのですがどうなんでしょうか?

私の知っている上場企業はその企業から子会社へ出向させます。といっても職場は同じです。島が隣にうつったくらいで、距離にしたら2mくらいの場所へ移動しただけです。意味がないと思うんですが、なぜこんなことをするのか不思議です。

Aベストアンサー

子会社への出向は色々な意味合いがあります。
懲罰的な異動もあれば、その逆でキャリアを積むための場合もあります。
一般的な理由としては、親会社の社員数を見かけ上減らすことが出来るため、親会社の社員一人あたりの売上高を高く見せる効果があります。
連結決算なので良く調べればすぐ解ることですが、一見少ない人数で、高い売上、利益がある会社ほど高く評価され、株価にも影響しますので、大企業ほど積極的に部門単位で子会社化して、社員を出向させることが日常的に行われております。
よって不採算部門やパーヘッド(一人あたりの売上)の低い、手間のかかる業務(メーカーで言えばCSやアフターサービス部門など)は積極的に子会社化することで、本社の経営数値を良くすることができます。

Q出向ってどういうことですか?

上司がグループ企業に出向することになりました。
グループ内の言わば子会社にあたるのですが、
同じ課の先輩達は、転勤で送り出す時は餞別だけなのに、今回は会社から出る人だからと花束を用意して、課内で送別会もするそうです。
課長も、ヘッドハンティングだとか、これからは上司のスキルが大いに発揮できるというのですが、言葉通りに受け取って喜んでいいものなんでしょうか?

転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ないと言うことなんでしょうか?
他の会社の社員になるということ?
それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?
皆、出向という言葉以外には、多くを語らず、
聞きにくい雰囲気です。
遠まわしに左遷ということなんでしょうか?
今後、処遇はどうなるのでしょうか?

大変お世話になっていたし、信頼できる上司だっただけに、驚いて不安な気持ちで、どう対処していいのかわかりません。

本当のところを教えてください。
お願いします。

上司がグループ企業に出向することになりました。
グループ内の言わば子会社にあたるのですが、
同じ課の先輩達は、転勤で送り出す時は餞別だけなのに、今回は会社から出る人だからと花束を用意して、課内で送別会もするそうです。
課長も、ヘッドハンティングだとか、これからは上司のスキルが大いに発揮できるというのですが、言葉通りに受け取って喜んでいいものなんでしょうか?

転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ないと言うことなんでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

出向とは何か

>転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
>会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ない
>と言うことなんでしょうか?
>他の会社の社員になるということ?
>それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?

出向というのは、親会社から子会社へ出向く、いわゆる子会社の指導をするという意味だと思います。
席は定年退職するまでは、親会社に置いているのが普通です。子会社に転籍する人もいますが。
また、親会社に戻る人もいます。子会社で一応の実績が上がり、それが認められた場合ですね。
これは、定年前の恒例行事みたいなもので、子会社を指導してやって下さい。と言って、左遷みたいな人もいます。
または、若いうちの出向もあり、その場合は、社会勉強のためというのもあります。
出向というのは、その人にとって、微妙な立場に置かれたことを意味するので、まわりの人が、多くを語らずになってしまうと思います。
本人は、よかったー。という人もいれば、まいったなー。という人もいます。
出向されることで、出向先の身分が一つ上がる時もあります。課長→次長→部長→常務→専務→社長
出向先で社長という人も知っています。

結果、上司さんには、『おめでとうございます』で良いと思いますよ。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/shukko/shuk_1_1.htm

出向とは何か

>転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
>会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ない
>と言うことなんでしょうか?
>他の会社の社員になるということ?
>それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?

出向というのは、親会社から子会社へ出向く、いわゆる子会社の指導をするという意味だと思います。
席は定年退職するまでは、親会社に置いているのが普通です。子会社に転籍する人もいますが。
また、親会...続きを読む

Q大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

今年、就職活動を行ない、大手メーカーの100%子会社二社を含めた四社より内々定をいただきました。
しかし、どこへ入社するべきかで迷っております。
そこでお尋ねしたいのですが、大手メーカーの100%子会社に新卒で就職するメリット・デメリットを分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、当該100%子会社の事業規模は年間売上高で400億、従業員数1000名程度です。

Aベストアンサー

短期間ですが、あるグループ会社の子会社におりました。

・メリット
どこの会社にいるのか尋ねられた時に、自信を持って答えやすい。

・デメリット
一定以上の役職に就けるのは、親会社から舞い降りてきた人のみということが多い(プロパーではいくら努力しようとも出世し辛いらしい)
組織にもよるのかもしれませんが、常に、親会社の人の顔色を伺った行動を取らざるを得ない。

・総評
「○○グループ」ということで、一見、知名度が高くて良さそうに見えますが、デメリットのほうが多いかもしれません。まさに「牛の尻尾よりも鶏の鶏冠」とは、このことではないかと。

親会社の人間にとって子会社はありがたい存在かもしれませんが、その逆のケースは考え辛いと思います。ありがたい存在というのは、親会社で業績不振などにあった場合、即クビではなく、子会社や孫会社などの関連会社に流してもらえることがあるからです。

Q大企業ってどこからが大企業?

就職を考えていて思ったことなのですが、大手企業と中小企業を比べることってありますよね?そのとき、どこからが大手になるんでしょうか?

何となく大企業っていいなって思ってて、教えて!gooを見ていても大手はやっぱりいいとか聞くんですが、どこまで大手なのかよくわからないんです。トヨタとかソニーが大手ってのはわかるんですけど、大手のボーダーってどこなのかな?と。

明確な線引きが難しいことはわかっていますが、みなさまの主観でも構いませんので教えて頂けないでしょうか?

従業員数が何人いたら?平均給与がいくらだったら?福利厚生がこんなだったら?TVでCMしていたら?などなど人によっても基準ってあると思うのですが、意見を聞かせてください。

そして、例えばソニーに子会社ってありますよね。子会社でも親が大きければ大手になるのでしょうか?

Aベストアンサー

世界的な企業であっても日本で知られていない場合もありますよね。逆に例えば武田薬品工業は日本では業界トップでも世界では話になりませんし・・・
私の父は新聞関係の仕事をしていたにもかかわらずCitiBankを知りませんでした。情けないとしか思いませんでしたね(笑)。

従業員数でいえば3,000人くらいが目安でしょうが、それ以下でも有名な企業はたくさんあります。
資本金も目安ですが、最近は利益率を重視しますから資本金が大きくても赤字を垂れ流して産業再生機構のお世話になる企業を大企業と呼んでいいのかどうか?上場していても粉飾決算してるかもしれないし(笑)。

大企業の線引き(明確でないと思いますが)はありますが、就職でそれを基準にするのはやめておいたほうがいいと思います。大企業だから安心して働ける、安定してる、待遇がいいなんてことはありません。会社の規模が小さくても働き甲斐があるほうが大切だと思います。

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q企業はなぜ事業部を子会社かするのか?

三菱重工の食品包装機械事業部は三菱重工食品包装機械株式会社となりました。
歴史を見ると三菱自動車、電機ともに重工から分岐していったようです。
どうして企業は事業部を独立させたがるのでしょうか?
経営が苦しくなったらきるためでしょうか?

Aベストアンサー

大手企業の子会社に勤務しております。

子会社にするメリットは

1.子会社にすることで、経営判断が速やかにできる。
 とくに、決裁に要する時間が短縮できる。

2.子会社の社員にすることで、給与が抑えられる。
 子会社の社員の給与は、親会社の社員の6~7割程度
 ですから、給与総額を抑えられますね。

3.新規事業の場合は、事業部で行うより,子会社にした
 方が、親会社のリスクが軽減できる。子会社にした場合 は、事業に失敗した場合。出資金(資本金)と貸付金だ け負担すれば、すみますから。

今,会社の業績は、グループ全体で見ますから(連結決算)
子会社にしても、売上は減らないので、今後、子会社化、
分社化は進展するでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング