dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

定期テストって本来の実力が出るとは限らないんでしょうか。高校で実力テストや模試では毎回校内15〜30位程度の友達が居るのですが、怠惰な性格の為か定期テストは全く勉強しないのでいつも250〜300番ぐらいです。なんか初の赤点を取ったらしく流石にやばいと思い始めたらしく次の定期テストにむけて勉強頑張ってるみたいですけど...。

質問者からの補足コメント

  • なんか最後の方、らしくが2連続きてておかしくなってますけど気にしないでください笑

      補足日時:2022/06/13 01:43

A 回答 (3件)

本番の入試テストに上がらないように。

練習しているのです。
その場で結果が残せないのは実力がないという事です
    • good
    • 0

テストをうける人の母集団と出題範囲の偏りがあるので、正直推薦とか取る気がなければ大学受験に限って言えば落第しなけりゃどっちでもいいです。



どちらかというと、予備校の全国模試などできちんと実力が出せることの方が大学入試という意味で言えば実力を反映します。

しかし、いくら学校の定期テストといえど教科書に沿った出題がされるので全国模試で結果が出せる人が学校の試験で平均以下になることは基本的にありえません。また、地方の進学校は、近くに通える予備校が少ないので、結果的に学校のカリキュラムに大学受験を意識したものが組み込まれるので学校の試験だけおろそかにするという状況は非効率です。
    • good
    • 0

定期テストは範囲が決まっていますので、狭い範囲の勉強になります。

模試は範囲が広いので、これまでの蓄積です。定期テストの結果は、記録として残る成績の資料になり調査書の評定に影響します。模試は調査書に影響しません。
大学入試を一般入試で受けるなら定期テストは、赤点ギリギリでも、本番の試験さえ高得点なら勝ちです。
推薦入試で受けるなら、調査書記載の評定はウェイトが大きいです。
定期テストで赤点を取り、不認定が多くなると、進級や卒業できなくなるのて注意が必要です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!