プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ロシア軍が撃った地対空ミサイルがUターンした映像、なぜこんな事が起こるのですか?

A 回答 (3件)



ミサイル本体の誘導部または制御部の故障(または初期不良)と推定します。

動画をみると、
Uターンしているミサイルの前に発射したミサイルのものと思われる煙のスジが3本ほどあるから、「連続して発射しているうちの一発が異常だった」と推定できる。
(※風で煙が流れていないので発射時風はないものと推定。そのため、どの程度の間隔で撃っているかは不明)

フレアまたはチャフは、敵航空機が自分を追ってくるミサイルへのおとりとして放つものだから、ミサイルをそらすことはできても、こんな発射直後に地面に向かってUターンさせることにはならないと思う。

発射機に向かうようなきれいなUターンですが、これも不自然です。
ミサイルが戻ってきて爆発されると自軍(この場合は運用しているとされるロシアの部隊)が危ないので、ミサイル自身が異常を検知できていて、誘導部や制御部が正常なら、ミサイルをUターンさせて自軍を危険にさらすような制御はしないはずです。
少なくとも発射された位置から遠ざけるように制御するでしょう。ミサイルは使い捨てで戻して再利用するようなことはしないでしょうから。爆薬が入っているので不発弾になってしまったら面倒ですし。

なので、誘導部または制御部の故障または初期不良と推定します。

以上、参考まで。
    • good
    • 0

これですか。

信頼できる情報でしょうか。
https://switch-news.com/whole/post-78220/

ミサイルは何らかの誘導方式で目標に向かって自律飛行ができます。
誘導機能に何らかの異常があれば、違うところに向かっていくでしょう。
    • good
    • 0

urlでも張ってくれないと確認出来ない



・故障
・目標が移動した
・フレアなどに反応した

他なにかあるかな・・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング