痔になりやすい生活習慣とは?

エタノール(アルコール)はなぜ火がつきやすいのかについてご教授願います。

質問その1
有機化合物が無機化合物に比べて燃えやすいのはなぜか

質問その2
アルコールはなぜ燃えやすいのか→引火点が低いから
までは分かったのですが、では引火点は構造のどの部分によって決定されるのか

質問その3
情けないのですが、アルコールの燃焼の化学反応式を教えてください

おそらく初歩的な質問とは思いますが、有機化学に詳しい方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>有機化合物が無機化合物に比べて燃えやすいのはなぜか


うっそー!水素なんか無機化合物ですが恐ろしいほど燃え易いです。硫黄もリンもよく燃えますよー。
多分「有機合物」=「生体起源」、「無機化合物」=「塩類」という発想ではないでしょうか。
その場合「炭素があるから」とか、もっぱら「沸点」が低いので燃焼が続きやすい。ということになるのでしょう。
>>引火点は構造のどの部分によって決定されるのか
専門家ではないのですが「ほのお」つまり「気体状態での燃焼」は「ラジカル反応」によって「連鎖」的に酸化が進んで起きます。ですので、有機化合物のうち水素が引き抜かれやすい化合物は多分引火点が低いはず(自信なし)、アルコールは酸素の隣の炭素上の水素が非常に引き抜かれやすいため燃え易いのだと思います。
一方水素の場合「発熱量が莫大だから」という理由の方が大きいと思います。
>>アルコールの燃焼の化学反応式
既にお答えがありますが、生成物の二酸化炭素の数合わせを初めにやると簡単です。無理に連立方程式を解いても良いですけども。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確かに水素は燃えやすいですよね。
失念していました。

引火点についてもわかり易い説明をありがとうございます。
発熱量も関連してくるのですね。
詳しく教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2005/06/29 16:58

エタノールが特別に「火がつきやすい」というわけでもないのでは?何と比べてですか?



>アルコールはなぜ燃えやすいのか→引火点が低いから
引火点は沸点と相関があります。
ところで、アルコールはOH基の水素結合のため、沸点が高くなり、引火点も高くなります。エタンは常温で気体なのにエチルアルコールは液体です。
 エタン   沸点-89度 引火点 -180度
 エタノール 沸点 78度 引火点 12度
この比較では、アルコールは燃えにくいといえるでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

物質の中で特にエタノールが引火しやすいわけではないのですね。
火がつきやすいと思ったのは危険物取扱の試験でも引火しやすい物質として挙げられており、MSDSにも引火性物質として注意が載せられていたので、一般的に「火がつきやすい」物質なのかと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/29 17:02

その1


物が燃えやすいかどうかというのは、その物質が燃える反応の活性化エネルギーが低いかどうかということに関係があると思います。
有機化合物や無機化合物に限らず、燃えやすいものが活性化エネルギーが低いんでしょう。

その2
引火点は、物質の蒸気圧と深く関係があると思います。
構造によって決定されるとはっきり言うのは難しいんじゃないでしょうか。

その3
エタノールなら
CH3CH2OH + 3O2 → 2CO2 + 3H2O
CとH、あるいはC,H,Oからなる有機化合物が燃えると、二酸化炭素と水が生成します。
C,Hの数を合わせて、後はO2の係数を調整するだけです。
    • good
    • 3

1)常温で気化しやすい(空気との混合気体ができやすい)。



2) ?
分かりません。

3)Cv2Hv5OH+2Ov2→3Hv2O+2COv2
ただし、vの直後の数字は下付数字を表す。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIPA、エタノールの引火性について

薬品のMSDSを見ますと、上記2つとも13度程度が引火点とあります。
しかし室温は当然これ以上の温度ですよね。

どういう場合に引火するんでしょうか?火を近づけなければ、大丈夫なんでしょうか?たとえば、上記2つがあるところで、電気炉を操作するのはどうなんでしょうか?電気炉をのドアを400度位で空けたりするのは危険でしょうか?その場合は、当然電気炉の電源を落としてから、中の温度の冷却を早める目的でドアを開放するのですが。

意味不明なところがあればいつでも言って下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう一つ着火温度があります。
その400度くらいが着火温度じゃなかったかな。
危険なのは正常の作業でではなく、何かのトラブルが重なったときです。
電気炉を開けたとき、薬剤がもれて流れ出していたり、
電気炉を開けて、薬剤のビンを割ってしまったようなときです。
部屋の大きさ、炉の大きさ、薬剤の量、その距離がないから危険性が判断できないけどね。

Qどうしてワインに火がつかないの?

私は高校1年生で、先日ワインの蒸留実験をしました.
その実験の最後に、加熱前のワインと、留出したアルコールと、加熱後に残ったワインの3種利を蒸発皿にとってマッチで火をつけようとしました.そうしたら、留出したアルコールだけが青い炎で燃えました。
よく料理番組なんかで、赤ワインをフライパンに入れると,ぼっと炎がフライパンの上に起こってますよね?
そういうときは燃えるのに、そのままマッチを近づけたときには燃えないのはどうしてでしょうか?
とっても不思議なので教えてください(><)

Aベストアンサー

 
ワインとかブランディーとかアルコールのような液体での「燃焼」を前提に考えます。

100%のアルコールは別ですが、お酒にせよ、各種の油にせよ、燃焼しない成分、または非常に高温でないと燃焼しない成分が含まれています(例えばワインだと、水分がかなり含まれていますが、これは燃えません。またその他の不純物もアルコールよりずっと発火点や引火点が高いです)。

ブランディーはワインよりもずっとアルコール濃度が高く、燃えやすいはずですが、ブランディーにマッチの火を近づけてもブランディーは燃え出しません。これは、液体状態で燃え出すには無理があるからです。

アルコールが液体状態で燃え出すのは、あれは燃えているのは液体のアルコールではなく、熱によって気化したアルコール蒸気が燃えているのです。アルコールは気化熱が少ないので、すぐ気化し、蒸気になると体積が大きくなり、空気(酸素)との接触混合体積も大きくなり、これが燃えているのです。

ブランディーやワインだと、火を近づけると、少しのアルコールは気化しますが、水も一緒に温度を上げないといけないため、多くの量のアルコールが気化しません。その結果、瞬間に小さな蒸発部分が燃えても、気づかないし、マッチ程度では、それ以上、「アルコール+水」の混合液体の温度を上昇させることはできないので、燃えません。

しかし、ワインやブランディーの蒸留過程で、蒸発して来るアルコール蒸気をうまく細い管などに集めることができると、場合によって、この蒸発成分のアルコール濃度が高いと、そのまま燃えます。ただ、水も水蒸気になって混じるので、燃えないこともあります。蒸気を分留すれば、アルコール蒸気だけなら、空気を十分加えれば、よく燃えます。

ブランディーの場合、角砂糖に染み込ませるとか、干しぶどうに振りかけるとかすれば、マッチの火を近づけると、角砂糖が燃えだし、干しぶどうの表面で、ブランディーのアルコール成分が燃え出します。

これは蝋燭の芯や、昔の油灯火の芯と同じ原理で、アルコールが空気と接触する面積を大きくして、蒸発アルコールと空気の混合がより起こりやすくしているため、マッチの火を近づけ、引火が起こると燃焼がその部分で継続するのです(灯芯や干しぶどうが燃えるのではなく、そこに含まれるワインや油のなかの気化したアルコールや油蒸気が燃えます)。

しかし、この場合でも、ワインのように水が多いと、アルコールの気化体積が少ないので、燃焼が継続的に起こらないのです。

料理の時にワインが燃えるのは、鍋の温度が非常に高温で、またワインが広い面積に広がり、気化面積が大きくなるので、それだけアルコールの蒸発分が多くなり、また、空気との混合も十分に行われ、全体が一挙に引火するため、瞬間燃えるのです。

この瞬間的な燃焼なら、ブランディーにそのままマッチの火を近づけても、ごく一部、気づかない程度に起こっているはずなのです。料理鍋に加えると、ワインが鍋の内容に一挙に広まり、高温で一挙に気化し、水の気化はそれに遅れるので、アルコール蒸気が大量の空気と混じって、一挙に燃えるのです。

無論、料理に油を使っていますから、この油の高温蒸気と気化したアルコールが一緒になって燃えるということも考えに入れないといけないでしょう。

燃焼には、「燃焼物+酸素+温度」の三つの条件が必要なのです。上で説明したように、ケースケースで、酸素が混合されておらず足りなかったり、温度が低すぎるなどで、燃えない場合と燃える場合が分かれるのです。
 

 
ワインとかブランディーとかアルコールのような液体での「燃焼」を前提に考えます。

100%のアルコールは別ですが、お酒にせよ、各種の油にせよ、燃焼しない成分、または非常に高温でないと燃焼しない成分が含まれています(例えばワインだと、水分がかなり含まれていますが、これは燃えません。またその他の不純物もアルコールよりずっと発火点や引火点が高いです)。

ブランディーはワインよりもずっとアルコール濃度が高く、燃えやすいはずですが、ブランディーにマッチの火を近づけてもブランデ...続きを読む

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q有機化合物について

有機化合物は燃えやすいものですが、なぜ燃えやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化合物の「定義」は炭素-炭素結合を持っている物質です。なお炭素の単体は除かれます。
一般の有機化合物はC、H、O、N、が主体で、Sが時々、その他の元素はごく少量。ハロゲン(塩素など)が入っているのは人工的な有機物だけ。
窒素、酸素を除くCやHは酸化物である二酸化炭素と水が生ずるとき大きな熱を出します。
この発熱量の大きさのため、高温の火炎が出来、持続して燃焼できることになります。
さらに、熱分解して可燃性のガスが出来ることも元の有機物を燃え易くしている理由だと思います。
無機物でも金属などは一旦火が付くとかなり激しく燃えるものがあります。これも発熱量の大きさです、しかし可燃性のガスは出ないので、比較的引火しにくいです。

Q水はなぜ燃えない?

何故火が水で消えるのか、という質問が過去にありましたが、そもそも何故水は燃えないんでしょうか?
水はH2O。水素と酸素。水素は可燃性、酸素は助燃性ですよね?すごく燃えやすそうですよね・・・?

Aベストアンサー

物が燃えるという事は、燃料となる物質が酸化することですが、肝心なのは酸化するときに得られるエネルギーが次に物質を酸化させるのに必要なエネルギーよりも大きいことです。水も非常に高温に加熱すれば水素と酸素に分解し、再度燃えることは可能ですが、このときに水を分解するのに必要なエネルギーのほうが水素が酸化して水になるエネルギーよりはるかに大きいので、燃え続けることはありません。

先の方がお答えのように、水というもの自体が水素の燃えたものですから、もう一度燃やすには水素と酸素に分解しなくてはなりません。この分解には燃やす(熱を加えるより)電気分解などの方がはるかに小さなエネルギーでできるでしょう。

Qエタノールを燃やすとなぜなにも残らないのですか?

エタノールを燃やすとなぜなにも残らないのですか?

Aベストアンサー

エタノール(C2H6O)をもやした時の化学式を覚えてますか?
燃やすというのは、化学的には酸素(O2)と化合する=酸化することです。
よって燃焼の化学反応式は次のようになります。
C2H6O+3O2→3H2O+2CO2
矢印の右側が燃えた結果できたもの。二酸化炭素と水です。二酸化炭素は気体ですし、水も蒸発して気体になります。よって固形物はなにも残りません。

Q揮発は何故起こる

 昔から疑問に思っていたのですが、常温で液体が気化する揮発は、何故起こるんでしょうか?インターネットでも調べてもたのですが、なかなか答えを見つけることが出来ません。自分は中学生なので、科学的な知識無しで説明お願いいたします。

Aベストアンサー

「沸騰」は液体の内部から気化する現象です。これは、沸点以上でないと起こりません。

で、「蒸発」は液体の表面で気化する現象です。これは、温度に関わらず常に起こっています。なお、気体が液化する「凝縮」という逆の変化も、温度に関わらず常に起こっています。

蒸発という現象を正しく理解するには、まず「平衡」という現象についての理解が必要です。専門用語になりますが、これだけは我慢して覚えてください。

表面にある液体分子は、気体分子となって飛び立つことが容易であり、また気体分子は液体に戻るのも容易です。つまり「可逆性」があります。

このような可逆な反応では、反応物と生成物の割合は常に一定になろうとします。難しい書き方をすれば、エネルギー的に釣り合った状態になろうとします。これが平衡という現象です。

平衡では、その比率が完全に0:10や10:0になることはありません。例えば、1:9や、2:8というような、必ず中途半端な比率になります。液体と気体の濃度の比率も、必ず中途半端な値になります。この割合は「平衡定数」と呼ばれます。

w-palace さんのおっしゃる「2%の水蒸気」とは、平衡状態における水蒸気の濃度のことですね。室温の水の場合、水と水蒸気はこの比率で一定になるのです。

蒸発や凝縮という現象が起こるのは、この平衡状態が壊れたときです。例えば、乾いた空気を水の表面に吹き付けると、表面の水蒸気濃度が下がってしまいます。すると、再び安定な水蒸気濃度に高めようと、気化が起こります。いわゆる揮発ですね。逆に、もし湿った空気を吹き付ければ、表面の水蒸気濃度が上昇するため、凝縮が起こります。

擾乱があった場合、必ず釣り合いの取れた状態に向かうのですね。これが、気化や凝縮の正体です。

なお、もしよければ、参考 URL にある過去ログの私の回答もご覧ください。わからない点がありましたら補足いたします。

ちなみに、No.3 の方の認識は不十分です。エントロピーだけではこの現象は説明できません。エンタルピーも考慮する必要があります。つまり、ギブスエネルギーで議論しないといけません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=346035

「沸騰」は液体の内部から気化する現象です。これは、沸点以上でないと起こりません。

で、「蒸発」は液体の表面で気化する現象です。これは、温度に関わらず常に起こっています。なお、気体が液化する「凝縮」という逆の変化も、温度に関わらず常に起こっています。

蒸発という現象を正しく理解するには、まず「平衡」という現象についての理解が必要です。専門用語になりますが、これだけは我慢して覚えてください。

表面にある液体分子は、気体分子となって飛び立つことが容易であり、また気体分子は...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qエタノールの揮発性について

エタノールを冷却用に用いています。エタノールを水と混合させて薄めると揮発性にどのような変化があるのでしょうか?無水エタノールが最も揮発しやすく、濃度が低くなるにつれて揮発性は低くなるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水の濃度が高まると、そのぶんエタノールの揮発性は低くなるはずです。
ラウールの法則というものをご存知でしょうか?
たしか、熱力学のだったとおもいますが、うろ覚えのため、詳細は本を読んでいただけるとわかると思います。
あとは、理科年表で水とエタノールの蒸気圧を調べればいいと思います。
ただし、冷却用であれば、高温部の温度を考慮しなければなりません。
その温度に近い蒸気圧を調べて計算して下さい。
蒸発するかしないかがわかります。

補足お願いいたします。
できる限り答えますので(^^;


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング