3年程前から橋本病の診断を受け、薬を服用しています。今回は、病気自体に対する質問ではありません。
食生活に関することです。かかりつけ医院の栄養士さんのお話では、海藻類、牛乳、ヨーグルト、にんじん、かぶ、ほうれんそう、キャベツ、いちご、もも、ピーナツ、なし、さらには、かつおだしやこんぶだしの味噌汁などが、ヨード制限食とされ、なるべく摂らないようにと言うことなのですが、日々、気をつける気持ちはあっても、どうしても、摂ってしまいます。味噌汁は毎日飲みますし、他にも上に挙げた殆どのものが、美容、健康に注目されているものばかりで、許されるなら、毎日、積極的に摂りたいものばかりです。橋本病を患っている方、どのような食生活をなさっていますか? また、甲状腺関係病に詳しい方からの、食に関するアドバイスも
頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本人は世界的にもヨードの摂取量が多く、最近の健康ブームにより更に過剰摂取となっています。


正常人ではヨードを過剰にとっても、甲状腺機能低下症になることはありませんが、橋本病の場合、ホルモン分泌能が低下することがあります。

健康食品とは、健康な人が摂るものであって、病気の人の場合悪影響となることがしばしばあります。

TVなので示している多くのものは、人体でのきちんとした証拠が出ていないものや、摂取量が明確にされたいいないものが多く見受けられます。

話はそれましたが・・・
ヨード過剰摂取とならなければよいので、あまり神経質にならない方がよいと思います。

参考URL:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~med2/q-and-a/kouj …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の場合、制限食とされたものが、特に好きな傾向にあるようで、あまりにも気にしないでいると、つい過剰摂取になってしまうような気がして、質問させていただきました。過剰摂取は怖いですが、あまり神経質にならないほうがよいですよね。満遍なく、なんでも食するように心がけます。大変ためになるURLありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 19:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性甲状腺炎(橋本病)の基礎知識〜どんな症状?治療は必要?

    慢性甲状腺炎(橋本病)とはどんな病気か  甲状腺に慢性的に炎症が生じるもので、20〜30代の女性に最も頻度が高いですが、思春期の女子にもみられます。 原因は何か  甲状腺のサイログロブリンやペルオキシダーゼなどの自己抗原に対する自己免疫反応が病気の原因です。遺伝因子や環境因子が関係します。 症状の現れ方  思春期には前頸部のはれで発見されることが多く、甲状腺機能は多くの場合正常です。時に機能低下や一過性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨード含有食品を教えてください

ヨード摂取の制限を受けているのですが
あれこれ調べていくうちにところによって
含まれる食品に入っていたり入っていなかったり…
訳がわからなくなってしまいました。

ヨードが含まれる全ての食品が一覧になっているような
わかりやすいサイトなどご存じの方
いらっしゃいませんでしょうか?

またヨード制限を受けている人が
安心して食べられる食品類等もありましたら
教えてください。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

ヨード制限食をしているものです。
サイトは、存じ上げないのですが、私が病院側からもらった資料にあるものをあげますね。

@化学調味料、インスタント食品
めんつゆ、コンソメ、昆布茶、スナックなどお菓子類

@海藻類、ところてん、寒天

@牛乳、ヨーグルト、キャベツ、にんじん、かぶ、ほうれん草、イチゴ、ピーナッツ、もも、なし

@かつおや昆布で取った「だし」を使った味噌汁

とあります。海藻類は、佃煮も乾燥もダメです。

食べるもの、無くなってしまいますよね。
わたしは、とりあえず、念頭におきつつも、摂取してしまっているものも多々あるのが現状です。

ヨードとしては、良くないけれど、例えばにんじんなど、ビタミンやカロチンなど、他の栄養素も含んでいるものもありますので、必ずしも避けて通るわけにもいかないと思います。
お体の具合にもよりますが、臨機応変に食生活なさってください。お大事に。

Q薬を飲む以外で、橋本病の治し方

妻が「橋本病」にかかって困ってます。橋本病というのは、甲状腺の病気で、女性ホルモンの分泌が悪くなり、発熱、疲れ等を引き起こします。現在は、女性ホルモンを薬として飲むことにより、何とか病状を押さえてますが、このままでは、一生薬を飲みつづけなければなりません。しかし、現在かかっている町医者からも、この病気は一生治らないといわれてます。本当に、一生直らないのでしょうか?食事療法、運動、漢方薬等で徐々にでも治療することはできないのでしょうか?妻は、発熱しやすく、疲れやすい体を、一生引きずっていかねばらなくなり、大変落ち込んでおり、何とかしてやりたいと思ってます。何か、治療法ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

不足している甲状腺ホルモンを補充することを目的として、薬剤が投与されています。
よって甲状腺機能が回復しない限り、薬剤によって不足している甲状腺ホルモンを補充しなければなりません。
かつては「甲状腺機能低下症になると回復しない」と言われていましたが、数カ月して甲状腺機能が回復する例もあります。
定期的に甲状腺ホルモンのモニタリングを行い、内分泌の専門医の評価を受けることが大切です。
不安・不満がある場合は、遠慮なく主治医に相談しましょう。
高い治療費を支払っているのですから・・・。

Q甲状腺機能低下(橋本病)だけど治療の必要なし。なにか改善策は・・・

去年からめまい、立ちくらみ(目の前が見えなくなり仕事で見間違えなどでミスをするようになり困っている)・めまいに伴い吐き気、頭痛・手汗、少しの手の振るえ・少しの移動での動機息切れ・情緒不安定(私情で辛いことが重なり毎日涙が出たり、死のうと考えたこともあります。今はしていませんがリストカットもしていました。)・生理不順(2ヶ月に1度しかないことも。生理がきても少量の出血しかなくすぐに終わるなど)、息苦しさを感じるなどの症状があります。めまいや冷えは中学生の頃からありました。

今年1月の健康診断で甲状腺の腫れが見られ身内に甲状腺の手術を受けた者もあり、精密検査を受けました。
検査の結果、甲状腺の機能低下が見られるが今のところ治療の必要がなく1年ごとに検診を受けるよう言われました。

それからまだ1年経っていませんが、今年に入り上記の症状がひどくなり、貧血の薬を飲んだり、当方24歳ですが若い人でも体質改善になると薬局の方に言われ更年期の薬を飲んだり、禁煙をしたり栄養面に気を使うなど自分なりに改善策を試みましたが良くなる気配がなかったので、11月に内科へ検診に行きました。(県外へ引越しましたので以前の病院とは別の病院です。)
そこでの結果は血液検査は異常なしですが甲状腺が腫れているので、と甲状腺専門の外来クリニックへの紹介状を書いてもらい、数日分のお薬をめまい時に服用するものなど3種類頂きました。
しかし次に行った甲状腺の専門科でも甲状腺の腫れは1mm程度で、甲状腺機能の低下(橋本病)が見られるが今のところ治療の必要はなく、1年ごとに検診を受けるよう言われました。
しかし治療の必要はないにしても上記のような症状があるので仕事に差し支えますし(性格上調子が悪くても言い出せず休んだり出来ません)、「今のところ治療の必要がない」この意味は発病するのを待っているだけの気がします。

ここまで長くなりましたが、(1)調子の悪い時に市販の薬を飲むとすればどのようなものがいいでしょうか。
(2)また他に原因があるとすれば何科に行けば良いかでしょうか。
最後に行った病院で同じ質問をしましたが「そのような薬は甲状腺に関係ありませんし、そんなにたくさん質問をされても分かりません。」と少々逆ギレ気味に言われました。田舎なので長い時間かけて、高いお金を出して検診に行ったのに結局何も分かりませんでした。
それとも橋本病の症状はこの病気を知らなければただの怠け者と間違えられる症状が多いようですが、私の場合考えすぎで本当にただの怠け者なのでしょうか。

去年からめまい、立ちくらみ(目の前が見えなくなり仕事で見間違えなどでミスをするようになり困っている)・めまいに伴い吐き気、頭痛・手汗、少しの手の振るえ・少しの移動での動機息切れ・情緒不安定(私情で辛いことが重なり毎日涙が出たり、死のうと考えたこともあります。今はしていませんがリストカットもしていました。)・生理不順(2ヶ月に1度しかないことも。生理がきても少量の出血しかなくすぐに終わるなど)、息苦しさを感じるなどの症状があります。めまいや冷えは中学生の頃からありました。

今年1月...続きを読む

Aベストアンサー

甲状腺の異常然り、体調が悪くなるには必ず原因があります。

話ぶりから現在も続いてると思われますが、病気の発症前に長時間労働による過労など激しい身体的ストレスや人間関係などでの心の悩みなど激しい精神的ストレスがあったはずです。この激しいストレスのために胸腺が萎縮して免疫抑制が生じます。免疫力が低下してくればどんな病気になってもおかしくはありません。

根本の原因はストレスなので、薬でいくら対症療法を積んでも対応できないでしょう。なにもしないのに体が勝手に甲状腺などに異常をもたらすことはありません。まず、ストレスで具合が悪くなることをしっかり認識しておいて下さい。ストレスを見極め、それを少しでも解消していくことが治療となります。

頑張り過ぎたり、無理をしたらいけません。ストレスに耐えてきた心も体も愈々適応力を超えるようにまでなったから調子が悪くなったのです。

仕事をしたり、同じ人間関係の中で生活してる限り、ストレスはあり、なんともし難いでしょうが、原因が分かるわけですから、多少なりとも心構えは違ってくるはずです。できるだけ心身をリラックスさせるようにして下さい。お大事に。

甲状腺の異常然り、体調が悪くなるには必ず原因があります。

話ぶりから現在も続いてると思われますが、病気の発症前に長時間労働による過労など激しい身体的ストレスや人間関係などでの心の悩みなど激しい精神的ストレスがあったはずです。この激しいストレスのために胸腺が萎縮して免疫抑制が生じます。免疫力が低下してくればどんな病気になってもおかしくはありません。

根本の原因はストレスなので、薬でいくら対症療法を積んでも対応できないでしょう。なにもしないのに体が勝手に甲状腺などに異常を...続きを読む

Qホルモン値が正常値の橋本病について

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすごく抜けるようになりました
眉も薄くなってきました
耳鳴り(夜寝ようとすると特にひどくずっと音がしている)
めまい(たまにメニエールのような症状、最近は歩くとフラフラします)
体温が低い
筋力が低下
筋肉がつる(足や足の裏、首のすじが頻繁につります)
月経不順
極度の疲労(少し遠出をした翌日は疲れて動けず、1日中横になっています)
思考速度が落ちる、物忘れ(簡単な計算がすぐできなくなった、また覚えることができない)
いつも眠い(睡眠時間は十分にとっていますが、急に意識を失うような眠気が出る)
また、体重の増加もあります(1週間で5kgほど増えました)

特に辛いのは、肩こりと体重の増加です。
肩こりについては以前から普通の肩こりと思って治療や指導を受けて色々しましたが
(整形外科での投薬、週2、3日スポーツクラブで有酸素運動1時間、筋トレ1時間弱)
まったく改善されていません。
体重の増加については、体調が悪くなる前から8kgほど増えています。
また体脂肪の増加がひどく、28%→39%になりました。
1日の総摂取カロリーは1200cal以下(外食した時でも1500は超えないようにしています)

このように症状が出ていても、ホルモン値が正常ですと治療はしてもらえないのでしょうか。
同じ病気の方やご存知の方がおられましたら、お教え下さい。
大阪在住なのですが、治療や相談に乗って下さる病院をご存知でしたら
お教えいただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすご...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が出る前の蕁麻疹からの付き合いのクリニックです。http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail/599442/
メニエールなど他の病気で色んな医師を見て来ましたが、
医師らしくない先生で(自分でも言っている)人間らしい先生です。
殆どの医師は病気だけを見て人間を見ようとは余りしませんから。(←私の独断ですが)
私の顔見れば(最近行く事は少なくなったので)「クッキー作って来たか~?」と催促するお気楽な面白い先生です。(笑)
漢方もやってますし広角的に(多分ですよ…)診察してくれると思います。

橋本病が1番の原因かも知れませんが、
他の原因も絡んで今の症状なのかも知れません。
病気って5年前10年前の不摂生(体を労わらない)が今出て来てるんですよね、
のんびり体を休ませるのが1番な時かも知れませんね。
私もメニエールの時はもがきましたよ、どうにかして治せないものか!って。
死ぬ1歩手前まで追い詰められるほど辛かったですから。
でも結局は病気と仲良くするしかないんですよね、(辛い今こんな事言ってはいけないかも知れませんが)
自分の体ですから。
そう考えなおすと精神的に楽になり休んだせいもあってかメニエールもひとまず治まってる感じです。
余計な事を書きましたが要はのんびりする事も大事って事なんですよ、
がむしゃらに動いたってダメかも知れないし「日にち薬」って言葉もありますからね。
私は橋本病ではないですし今の症状の辛さは実感は湧きません、
でもどんな病気でも辛いのは痛いくらい分かります。
良い治療法良い病院が見つかる事良くなる事祈ってます。

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が...続きを読む

Q甲状腺機能低下症の主な原因はストレスですか?

甲状腺機能低下症(橋本病)が進行している人がいてます。親も同じ病気なので、遺伝ですが。
30代で病気になる人は多いのでしょうか?
ストレスが原因で、発病するのでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力になったり、記憶力が落ちる)、心臓ものんびり(脈が遅くなったり、代謝が滞って本来使われるべきガソリン(ムコ多糖類)が溜まってしまう)、消化管が動かない(便秘、お腹がはる)、エネルギーが使われないので体重が増加、などの症状が出てくることになります。

◎橋本病というのは、こういった甲状腺機能低下の起こっている原因が、慢性的に甲状腺に炎症がおこっている状態を言います。この病気は、20~50歳代に発症することが多く、男女比は1:20と圧倒的に女性に偏っています。yasai-saradaさんのご友人の方のように、家族性に起こることが知られており、何らかの遺伝的要因があると考えられています。

◎なぜ慢性的に甲状腺の炎症が起きてしまうのか、というと、甲状腺を敵と勘違いしたリンパ球が甲状腺に総攻撃をかけて暴れ回っている、と考えてください。これを医学的には「自己免疫性疾患」と言います。

◎自分を守るためにある免疫系統が故障して起こるのがこの病気の本体です。ですから、攻撃で壊されてしまった甲状腺ホルモンを補ってやることが治療の主体となります。

◎ストレスが原因となるか、ということですが、原因とはならない、とは言い切れませんが、原因になる、とも言えません。なぜ免疫系統が故障してしまうのか、よく分かっていない、ということです。ただ、先にも申しましたように、甲状腺機能低下症ではアクセルが踏み込めない=身体の馬力が落ちているということになりますので、周りの人がそのことを理解してあげないと、それが患者さんにとってのストレスになり、なかなかよくならない、ということはあり得るかと思います。


以上の説明で理解できますでしょうか?

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力...続きを読む

Q血液検査で甲状腺刺激ホルモンの数値が大きいとは?

今までの血液検査では測定しておらなかったのですが今回、歳も歳ですので
細かく検査してもらったら、甲状腺刺激ホルモンの数値が9.10とありました。
正常値は0.35~3.73程度らしいです。
担当の医者に「この数値は異常に高いのか、少し高い程度なのでしょうか?」
って聞いたら、いや~今までに一番高い人で1000の人もいたかな。
でも少し高いのでもう少し精密な検査が必要だと言われ、再採血されました。
担当医の説明によると、このホルモンの数値が高いと言うというのは、体の
元気を保つ成分が足りないから、脳はそれを検知して足りない分、
このホルモンを余分に出すようにしているので、この数値が大きいのは
決して良いと言うのではない。このまま放置すると、コレステロールがもっと
高くなって、血管が詰まったり、元気がなくなる症状になるおそれがあるとのこと。
世間でよく聞くバセドウ病とは真逆の橋本病?の恐れもあるとか。
私はもともとコレストールは若い時から高めで、現在も総コレステロールは290、
悪玉コレステロールは190と高いのは高いです。
原因はこのホルモンの分泌が多いからでしょうか?
どういった治療があるか、生活でどういう注意が必要か。
専門の先生の方にアドバイスをお願いします。

今までの血液検査では測定しておらなかったのですが今回、歳も歳ですので
細かく検査してもらったら、甲状腺刺激ホルモンの数値が9.10とありました。
正常値は0.35~3.73程度らしいです。
担当の医者に「この数値は異常に高いのか、少し高い程度なのでしょうか?」
って聞いたら、いや~今までに一番高い人で1000の人もいたかな。
でも少し高いのでもう少し精密な検査が必要だと言われ、再採血されました。
担当医の説明によると、このホルモンの数値が高いと言うというのは、体の
元気を保つ成分が足...続きを読む

Aベストアンサー

脳が甲状腺ホルモンが不足していると感じた時に、甲状腺刺激ホルモンを多く分泌して甲状腺にもっと甲状腺ホルモンをだせ!!と命令します。
よって、甲状腺刺激ホルモンは脳が甲状腺ホルモンが不足していると感じている時に多く分泌されます。
したがって、甲状腺刺激ホルモンの高値は通常は甲状腺ホルモンの低下を意味します。

甲状腺ホルモンが少ない病態を甲状腺機能低下症と呼び、コレステロールが多くなったり便秘になったりします。

ただ、甲状腺刺激ホルモンは高値だが、甲状腺ホルモンの値自体は正常範囲内という人は少なからずいます。
こういう人は潜在性甲状腺機能低下症と呼び、治療開始するかは微妙なものがあります。

質問者の甲状腺ホルモンの値がどうなのか記載がないので、判断のしようもないですが、担当医によく話を聞いて理解するようにしてください。

Q甲状腺のお薬(チラージンS)の副作用について

28歳女性です。数ヶ月前に「甲状腺機能低下症」と診断され「チラージンS25mg」を1日1回服用しています。それを服用したと同時期から顔にニキビと湿疹(かぶれのようなもの)が出来てしまいました。
食生活を気をつけたり(野菜中心・甘いものは控えるなど)23時前には寝るようにしたり、化粧をしないようにしたり、スキンケアは低刺激のものに変えたりといろいろとしていますが、少し良くなってはまたひどくなって・・・の繰り返しです。今までは肌荒れはほとんどしなかったので、久しぶりに会う人にビックリされます。
皮膚科にも行きました。甲状腺の薬は関係ないと言われステロイドをもらいました。かゆみがあってよっぽどひどいときだけ使うようにしています。
ちょうどチラージンを飲むようになってからと同じ時期だったのでもしかしたら・・・と思いました。チラージンを飲み初めの1週間か2週間は抗アレルギー剤を一緒に飲みました。同じような思いをされた方、このことに関しての知識をお持ちの方教えてください。よろしくお願いします。主治医の先生には次回の診察の時に相談します。

Aベストアンサー

チラージンS25mgの報告されている副作用は,過敏症状、肝機能障害、肝機能障害、発熱、倦怠感、肝機能検査値異常、心悸亢進、脈拍増加、不整脈、振戦、不眠、頭痛、眩暈、発汗、神経過敏、興奮、不安感、躁欝、精神症状、食欲不振、嘔吐、下痢、筋肉痛、月経障害、体重減少、脱力感、皮膚潮紅 ですから先生の仰る通り違いますね.

http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/prt/2431004F2028.html

Q橋本病と不妊

31歳主婦です。
1年前より妊娠を望んでいますが、なかなかできませんでした。
また、もともと体力のあるほうでは無いのですが数年前から
疲れやすくなってしまい、おかしいなと思っていたら
どうやら「橋本病」になっていたらしいです。(最近発覚しました)

今はチラージン25?というホルモンの薬を服用中で
医師の話では、今はそんなにひどい状態ではないが
(TSH5位 軽度の甲状腺機能低下症?)
妊娠はもう少し様子を見てからと言われています。

で、疑問なのですが「橋本病」が原因で不妊になる事は
あるのでしょうか?
詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。私は結婚前から甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で薬を飲み治療しました。そして出産し今二人目妊娠中なのですが甲状腺機能低下症(橋本病)になってしまったようです。妊娠中は甲状腺ホルモン値が変化しやすいようで一ヶ月に一度血液検査に通っています。昨日からimotihさんと同じチラージン25を飲んでいます。どうやら橋本病になると妊娠しにくかったり妊娠しても流産しやすくなってしまうそうです。私は妊娠した時は甲陽線ホルモン値は正常値だったのできちんと正常値に戻したほうが妊娠しやすいのではないかと思います。妊娠してからも低下症は流産の確立がとても高くなると先生がおっしゃったのできちんと薬を飲まないといけないなぁと思いました。

Q月経不順と橋本病の関係

すみません。 主人のIDにて質問させていただきます。

37歳で、夏ごろ「橋本病発覚」しました。
その後、PMSも酷くなり(それ以前はなかった)ので、主治医に相談したところ
「婦人科の分野だから、答えられない」と、聞いてもらえませんでした。

小学6年で、初潮を迎え 出産後も 生理周期が狂ったことはなかったのですが
ここ数ヶ月「生理開始・・・半日で、経血が止まってしまう」「数日後、再び出血」を
繰り返しています。

基礎体温は、出血のある日と排卵のときだけ 下がりますが、 それ以外は「高体温域」です。
(具体例・・・出血日 36.4度前後 ・ それ以外 37度前後) 平熱は、37.2くらいです。

橋本病は、経血過多になるのが 一般的な症状なのに 逆行しているのが、ストレスになっています。
もしかして、閉経ってありえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
わっIDのお写真にびっくりww

橋本病のように甲状腺機能低下があると排卵障害の原因になります。
経血が異常に多くなるというのも、不正出血(それは生理じゃないですよ)を繰り返すのも、一見逆の現象のように見えるかもしれませんが、つまりどちらも「排卵が上手く起こらない」ために起きている症状です。

>基礎体温は、出血のある日と排卵のときだけ 下がりますが、 それ以外は「高体温域」です。

正常な排卵周期は、生理開始から排卵日までが低温相で、排卵後から次の生理が始まるまでが高温相です。このように「二相」に分かれます。出血のある日と排卵の時(?どのように「排卵の時」と判断されているのか??)だけ低温ということは、全く「二相」にはなっていないでしょう。

まだ37歳でいらっしゃるので、閉経を疑う前に甲状腺の数値をキチンとコントロールするように治療を進めてください。そうすれば排卵も回復し、おかしな出血もしなくなり、基礎体温も二相になりますよ。

Q甲状腺が片方だけ腫れているような感じですが。。

甲状腺なのですが蝶型の右部分だけが肥大したようになってます。身内にバセドーの人がいるので遺伝等心配していたので病院で検査をしたのですが甲状腺の腫れは若いうちは普通と言われ、心配しすぎじゃないのとつきかえされました。
一応血液検査もしましたが問題なしといわれただけで検査結果データももらえませんでした。あまり評判がよくない病院なのでもう一度他の病院にいった方がよいか迷ってます。
身体のだるさ、手の痺れや肌の乾燥等甲状腺の病気に似た感じの症状はあります。甲状腺の病気をなさった方や詳しい方レスお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、耳鼻科医です。
甲状腺の病気は、大きく分けて腫瘍と働きの異常(機能低下または亢進)に分かれます。一般的にはまず超音波検査(エコー)と血液検査をします。エコーで見て腫瘍が出来ていないかを調べ(もし見つかった場合は次にCTやMRIの検査をします)、血液検査でホルモンの過剰(バセドウ病)や不足(橋本病)がないかどうかを調べます。ホルモン自体を測るほかに、バセドウ病や橋本病で出てくる特殊な抗体や甲状腺の腫瘍から分泌される物質も一緒に測るのが普通です。

エコーと、普通の病院で組まれている甲状腺関係の血液検査のセットで甲状腺のほとんどの病気は見つかります。甲状腺が大きいだけで、その中に何も腫瘍のようなものがなく、かつ血液検査で何も引っかからなければ「単純性肥大」といって病気としては扱いません。

nanana8623の場合も問題なしといわれたのであれば多分大丈夫と思いますが、エコーをしていないとか、血液検査の項目が不十分な可能性もないとは言えないので、別の病院で再検査してみてもよいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報