1GHzの微小電圧信号の測定について教えてください。
 測定物は数Ω、測定信号は数10μVであり、微小信号です。プローブと電圧アンプとオシロの直列を測定物に対して並列に接続し、測定物の微小電圧をアンプで増幅してから、オシロで観測する予定です。
測定物の信号を高速差動プローブで検出する場合、差動プローブ自体のノイズが数mVと大きく、測定する微小信号が埋もれてしまう可能性から、差動プローブは使用できそうにありません。差動プローブの代わりにSMAのコネクタを接続すると、SMAの低インピーダンスによる負荷効果によって、測定物の特性が変わってしまうと予想されます。
 微小電圧信号、かつ1GHzの波形を観測できる方法はあるのでしょうか?できればオシロで波形観測したいと思ってます。
 また、測定物を並列で測定する場合、インピーダンス整合は必要でしょうか?
 どなたか測定方法を教えてもらえないでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

>測定系は測定物(数Ω)と電圧計(入力1MΩ)と電圧アンプ(入力50Ω)を並列に接続し、アンプにオシロが直列につながります。

ケーブルは同軸50Ωを用います。

測定物と計測器に分けると,測定対象は数Ω,計測器は50Ω(50//1M≒50)です.反射は当然ですが起きます.これは反射係数で評価されます.反射係数は,伝送線路のインピーダンスをZ0,測定物のインピーダンスをZとして

Γ=( Z-Z0 )/( Z+Z0 )

で決まる,複素数です.この大きさが電圧としての反射量で,この位相角が反射のときの位相変化です.これが大きい場合は,インピーダンスマッチングは必要でしょう.マッチングの方法はI-Laboratoryさんのホームページの高周波回路教室に詳しく書いてありますので参考にしてください.

疑問ですが,電圧計ってほんとに1GHzで1MΩもあるのでしょうか?高周波でそんなハイ=インピーダンスを作るのは非常に困難です.ふつうのDC用の電圧計では間違いなく1GHzではもっと低いインピーダンスになると思います.その辺はネットワークアナライザでの確認が必要です.(インピーダンスマッチングにもネットワークアナライザは必要ですし)

目的が
>今回の目的はパルス信号の応答で、パルスの色々な組み合わせに素子が応答するかどうか調べることです。
であれば,ちょっと大変にはなりますが,ネットワークアナライザで応答を調べるのがいいのではないでしょうか?これなら,校正をきちんとすれば,振幅と位相が角周波数ごとに分かりますので,パルス波形もフーリエ級数に展開して,ネットワークアナライザの結果を用いて応答にまとめることができると思います.

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/i-lab/ilab/index.htm
    • good
    • 0

とりあえずは,アクティブプローブ(ハイ=インピーダンス)なのでしょう.


(差動プローブもそうですが)
ただ,μVのオーダーをオシロで測るのは,困難ではないでしょうか?オシロは,数mVなので60dB程度のアンプを入れないといけないですが,こんなゲインの高いアンプは設計が困難です.

その信号の何が知りたいかによりますが,振幅と周波数なら,スペアナを用いたほうが簡単です.測定したいオーダーであれば,アンプなしで測定できます.(20dBuV位なので,但し,RBWはかなり狭くしないといけないかも知れません.)
インピーダンスの件ですが,伝送線路のインピーダンスにマッチングすると,電圧で半分になります.線路インピーダンスが低いとノイズの影響は軽減されます.ハイ=インピーダンスで受けると,ほぼ,測定電圧が得られますが,ノイズの影響は受けやすくなるので,測定は難しくなると思います.

この回答への補足

ご回答、本当にありがとうございます。今回の目的はパルス信号の応答で、パルスの色々な組み合わせに素子が応答するかどうか調べることです。オシロでの測定は難しいと思いますが、やはりなんとか測定したいのが本音です。新たな質問になってしまいますがお願いします。測定系は測定物(数Ω)と電圧計(入力1MΩ)と電圧アンプ(入力50Ω)を並列に接続し、アンプにオシロが直列につながります。ケーブルは同軸50Ωを用います。測定物本来の電圧を測定するため、1MΩの電圧計をつないだまま、50Ωのアンプ-オシロで観察するとします。素子から見た電圧計などの合成インピーダンスは大きいのですが、電圧計以外の同軸やアンプは50Ωです。素子と合成インピーダンスの間で信号の反射がかなり起きている状態でしょうか?同軸50Ωからの信号は1MΩ電圧計の手前で反射しますか?、アンプの手前では反射しないのでしょうか?また、アンプに信号をきれいに伝えるにはどのようにしたらよいでしょうか?もしくはどこかにインピーダンス整合回路を挿入する必要があるのでしょうか?よろしくお願いします。

 __________________
 |   |    |            
 素  電   ア      
 子  圧   ン        
 |   計   プ          
 |   |    |          
 ------------

補足日時:2005/04/08 13:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

周囲に答えてもらえる人がおらず、先に進むことができずにいました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 12:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧不平衡率とは?

(3相の)電圧不平衡率について教えてください。

電気工学ハンドブックでは、電圧不平衡率は、単に
逆相電圧÷正相電圧 としか書いてありません。

まず逆相電圧÷正相電圧の物理的意味もよくわかりません。
なんで上記の式で求められるかもわかりません。

電圧計で3相の線間電圧のみわかっていたとして電圧
不平衡率はどのようになりますか?

Aベストアンサー

正相電圧は三相の相順どおりに回っている平衡電圧成分、逆相は電圧の大きさは平衡してるのだけど、相順が逆に回ってる成分ですね。両者(と零相電圧)の和で、任意の三相電圧をあらわすことができると。
で、逆相電圧/正相電圧 というのは、電圧不平衡率の定義式かと。

三相の線間電圧がわかっていれば、(+電圧には歪が無ければ)
・各線間電圧を辺とする三角形を書く。
・(とりあえず、零相電圧は0と仮定して、)三角形の重心を基準点とする。
・基準点から三角形各頂点までのベクトルが各相の電圧
・各相の電圧と位相差が決まるので、正相電圧、逆相電圧を計算できる
・これから不平衡率を求める。
という手順で算出できるかと思います。
(零相電圧を0と仮定せずに、基準点を任意に置いても正相、逆相電圧は求まるような気もするけど、、)

Qプローブで信号を観測(観測波形がなまっている・・・)

今、プローブをオシロにつないで矩形波を観測しています。
しかし、オシロに現れる波形は厳密な矩形波ではありませんでした。
矩形波の立下りがなまっているのです。(尾を引く、時定数5~10μsくらい)
正しくスッと矩形波が直角に立ち下がっている波形(理想的には立下り時定数はゼロ)を観測したいのです。

プローブが容量を持っているからこのような現象を観測してしまうのでしょうか?
さらに、上記の問題の解決方法のヒントをどうかお願いいたします。

Aベストアンサー

プローブがオシロに合ったものであればプローブ側についている調整穴のトリマーコンデンサーを調整して合わせられます

10MHzのオシロなら35nsより十分早いパルスを入力した場合は立ち上がり立下りは35ns位になりますが
パルス発生器は十分早いものでしょうか? インピーダンスマッチングは合わせてますか? 合わせないといけません
パルス発生器の出力インピーダンスが50Ωならオシロ側に50Ωを繋がなくてはいけません これを マッチングを取る と言います

プローブ側の調整時は立ち上がり立下りも同時に変わるはずですがどちらか片方のみ可笑しいのはオシロが可笑しいのです
叉はオシロの帯域が少なくて表示出来ない 100MHzのオシロでしたら3,5nsです 1MHzで350ns=0,35μs

Q物体に印加可能な電圧の限界について

物体に印加可能な電圧の限界について

こんにちは、
ある物体Aに、高電圧を印加しようとした場合、物体Aが伝導体でも絶縁体でも、印加可能な電圧の限界があるのでしょうか?(高電圧発生装置自体は、無限に出力可能とします。)
(1)高電圧発生装置⇒導線⇒物体A⇒導線⇒高電圧発生装置とした場合、物体Aに超高電圧を印加する場合、導線には高電圧が印加され短絡し溶ける。
(2)導線が短絡しないように、抵抗値を増やす。すると導線の電圧が上がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が下がる。
(4)予定の高電圧発生装置の電圧を上げる。
(5)(2)⇒(4)の繰り替えし。

Aベストアンサー

下記以下のように考えてみてはどうでしょうか?

電流=電圧/抵抗でRが小さくなり発熱するのは、導線間の電圧が一定のときの話(ショート)です。
今高電圧装置からある一定の電流(ACかDC)が供給されるため、電圧=抵抗×電流により
導線間に電圧が生じます。よってこの場合、発熱=電圧×電流=抵抗×電流×電流

ですので、抵抗が大きいと発熱します。抵抗を小さくすると
(2)導線が発熱しないように、抵抗値を減らす。すると導線の電圧が下がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が上がる。


>電流=電圧/抵抗なので、電圧は関係あると思います。
>発熱=電圧^2/抵抗
>とも書けますので
 上式から電流と抵抗の関係を考える場合は、導線に流れる電圧は変化しない時です。

>但し、導線が融けそうになっても周りを絶縁体で囲って強烈な圧力をかけて液体にならないようにすれ>ば、幾らでも電圧を印加できるのでは?と考えております?
 無理です。

Qオシロでの相電圧の測定方法

三相スライダックから出力される相電圧の波形をオシロスコープで見たいのですが、プローブは一体どこにつなげばよいのでしょうか?

U相にプローブを、V相にプローブのグラウンドをつなげれば、U-V間の線間電圧が見られる事はわかりますが、
U相の相電圧波形を見るためのオシロの接続がわかりません。

三相をあまり扱ったことがないので恥ずかしながら困っています。
詳しい方はぜひ教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。用事で時間なかった事と昔のいやな思い出があって脅かす文章で日本語も最低でした。大変失礼しました。

1)3相のスライダックを単相のスライダックの様に絶縁されていないものと考えていましたがもしまちがっていたらアースの件は無視してもかまいません。
2)オシロの短絡事故は、HP(今は違う社名かな・・)の設計思想なのか3芯の電源のアースと入力のGNDが直結状態でしたので何も考えずにプローブのGNDを100VのHot側に接続したことで起きました。古い日本のアナログオシロなどでは直結ではなのがありますのですべてではないと考えてください。また最近の状況は離れて長いのでよくわかりません・・・
3)FFTのことを書きましたが、質問文をよく理解せずV-Wを測ることと勘違いしていました。
2chで差動入力だとGNDを気にせず測定でき自由度が上がるだけで相電圧とは関係ありません。
4)3線だけで相電圧の測定はNo.2の方が言われる様に厳しいとおもいます。以下は考えただけで確認してませんが平衡状態なら高抵抗をY結線して擬似的に中性点を作るのはどうでしょうか?あまり自信はありません・・

No.1です。用事で時間なかった事と昔のいやな思い出があって脅かす文章で日本語も最低でした。大変失礼しました。

1)3相のスライダックを単相のスライダックの様に絶縁されていないものと考えていましたがもしまちがっていたらアースの件は無視してもかまいません。
2)オシロの短絡事故は、HP(今は違う社名かな・・)の設計思想なのか3芯の電源のアースと入力のGNDが直結状態でしたので何も考えずにプローブのGNDを100VのHot側に接続したことで起きました。古い日本のアナログオシ...続きを読む

Q3端子レギュレーターの入力電圧と出力電圧

3端子レギュレーターは、入力電圧が出力電圧+1.5V程度以上ないと定電圧にできないとのことですが、入力電圧が出力電圧に満たない場合の出力電圧はどうなるのでしょうか。
例えば、7805の場合、入力電圧が4Vであれば、出力電圧は4Vとなるのでしょうか。それとも、それより低くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

メーカーのデータシートで調べるか、
実際に実験されてはいかがでしょうか。

手元のTA78L005AP(最大150mAなので参考程度に)のデータシートでは、
最小入出力間電圧差(つまり電圧降下) 標準1.7V(40mA出力時) となっており、
出力電流が増加すると電圧降下は大きくなります。
また、温度が低下しても電圧降下は大きくなります。

入出力電圧のグラフを見ると、4V入力時は、
出力1mAで2.4V、出力100mAで0.1V程度の出力となっています。

Q電圧差が、y nm離れた微小領域zに伝わる速さ

コンデンサのある微小領域xに起きた電圧差が、y nm離れた微小領域zに伝わる速さはどのくらいでしょうか?光速度でしょうか??

またダムの微小領域xに起きた水圧差が、y m離れた微小領域zに伝わる速さはどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

>である根拠を示したサイトを2-3示していただけませんでしょうか?
 根拠も何も・・・音とは、圧力の伝播そのものなのですから・・・
音波 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%B3%A2 )
 

Q変圧器について教えてください 変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、 負荷を繋いだ

変圧器について教えてください
変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、
負荷を繋いだ時に変圧器の二次側から出ている端子に現れる電圧ではないのでしょうか。

http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h26/kikai/h26k_no08.html

この問題の図面の「定格二次電圧」は変圧器のインピーダンスの手前にあります。
これではインピーダンスの電圧降下した後の電圧が負荷に供給されてしまいませんか?
参考書には定格二次電圧はインピーダンスより後に書いてありますが…


また、参考書のように定格二次電圧が負荷に供給される電圧だとすると定格電圧+インピーダンス電圧降下分の電圧が二次巻線に現れるという事でしょうか。
しかしそうなると変圧器の容量(巻線の電圧×定格電流)が違ってきてしまうか定格電略が違ってきてしまうような。

Aベストアンサー

> 参考書の図面が合っていてこの問題の図面の「定格二次電圧」はおかしいということでしょうか
「定格」という言葉にだまされないように。
文章をよく読んでリアクタンスによる電圧降下を引いた電圧(添付図のαV2)を意味しているのか、降下する前の電圧(E1)を指しているのかを理解することです。それがわかっていれば騙されることはありません。ともかく言葉に騙されないように気をつけましょう。

このような誤解を防ぐため現場では「無負荷電圧」とか、「定格負荷電圧」と言います。前者はE1のこと、後者は定格負荷時のαV2です。
変圧器の理論ではE1が基準ですから本の著者によってはこれを定格電圧と言っているのかもしれません。ご存知のようにE1は変圧器の巻数で決まります。
ともかくどんな言葉であっても「どこと どこの間の 電圧」なのかを把握しておくことが大事です。

Q汎用インバータの出力電圧波形の測定方法が知りたいです

三菱製汎用インバーター(A500シリーズ)などの
2次側(出力側UVW)の波形をオシロスコープを用いて観測したいと
考えています。
具体的には、インバータの設定周波数を連続的に変化させて、各相の出力波形の状態変化をオシロスコープで観測したいと考えています。
尚観測は1相ずつでかまいません。

このような要望をみたす測定の方法にはどのような
方法があるのでしょうか?またどのように
機器を接続したらいいのでしょうか?
よろしければご教授くださいませ。

尚今現在の接続は、電源→NFB→インバータとなっており
ここまでの結線は終了しています。

用いる機材はデジタルストレージオシロ(125MHz)
で1次側は三相交流220V(RST)を入力します。

Aベストアンサー

汎用インバータの出力電圧波形の測定には,「高電圧差動プローブ」を使用します.
http://www.tek.com/cgi-bin/frame.cgi?body=/ja/products/accessories/oscilloscope_probes/p5200.html

差動ではない普通の高圧プローブを使うと,漏電ブレーカが落ちたり,オシロに触ると感電したりすることがあります.

Q負荷電圧と回復電圧をオシロスコープで測定できますか?

車のバッテリーなんですが、負荷電圧と回復電圧を測定することでバッテリーの寿命を予測できるとありました。
バッテリーアナライザは安くないし、理屈をみるとオシロスコープでも測定できそうな気がします。
来週オシロスコープが到着するのですが、測定可能でしょうか?

オシロスコープをバッテリーにつないだまま、エンジンをかけて、最低電圧(負荷電圧)と一定の電圧に回復(回復電圧)した電圧で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的な理屈は、ご質問者さんが書かれているとおりではあるのですが、アナライザーでは同時にバッテリーの内部抵抗の測定や回復に要する時間などのデータも取り込んでバッテリーの現状や寿命の予測をしています。
オシロでも直流の電圧測定は可能ですが、画面では横一直線の棒線が0.5秒ごとに上下する様子を観測できるだけになるのではないでしょうか。(普通のオシロでの掃引時間は最大でも0.5秒程度だったはずです)
電圧の変化を観測するだけであれば、ごく一般的なアナログ(指針式)のサーキットテスターで電圧(指針)変化を見るのと同じことになりますので、そちらのほうが簡単ではないでしょうかね。

Qオシロの波形から発振周波数を求めるには?

今回、LC発振回路の実験を行いました。
そのときの出力波形をオシロスコープで観察したのですが、そのオシロスコープの波形から発振周波数を求めるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

まずは目盛りのレンジを確認します。
一目が何ミリSec.になっているかです。
それから波形の一周期の時間を読みます。
周波数は1/周期ですから1秒を周期で割ります。
20ミリSec.(0.02Sec.)なら50Hzですね。
波形は読みやすいところでもいいと思います。
Peak-to-Peakだと見づらい場合もあるので中心線から立ち上がるところと次に立ち上がるところの間隔を読んでもいいと思います。


人気Q&Aランキング