今、半導体のマークがどこの会社を示しているのかがわからなくて困っています。
書いてある記号は
「マーク」JAPAN 96 48H
74HC86AP
と書いてあります。
マークの特徴としては
・Gに似ている
・Fにも似ている
非常にわかりにくいと思いますが心当たりのある方是非会社名を教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

会社名は特定できないと思いますし、特定する必要もありません。


74HCタイプの86AP型なら、どのメーカでも互換性があります。
高速(H)CMOSタイプ(C)の74シリーズです。APはバージョン(改良型)を表します。CQ出版のCMOS-IC規格表に載っているはずです。他メーカとの互換性も載っているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもありがとうございました。トラ技の本はとても見るのに苦労しました・・・

お礼日時:2002/02/17 20:23

東芝ではないでしょうか。

ChipDocs(http://www.chipdocs.com/)からIC LOGO FINDERで確認してみてください。

手持ち部品で確認したところ、
────────────
(ロゴ)JAPAN 97 52 H
74HC32AP
────────────
(ロゴ)JAPAN 99 14 H
74HC164AP
────────────
などがあったので。

東芝の半導体サイトを挙げておきます(http://www.semicon.toshiba.co.jp)。マーキングの意味の説明がもしかしたらあるかもしれません。

yammasayanさんのおっしゃるとおり、型番が同じならカタログスペックもほとんど同じで、互換性があります。ただ、細かい実際の性能では各社で違うこともあるようです。余談ですが知人は3端子レギュレータの耐久性テストなどといって各社(JRC, モトローラ、東芝etc.)のものを過電流でわざと破壊しまくったそうです。

参考URL:http://www.chipdocs.com/, http://www.semicon.toshiba.co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。東芝などの半導体メーカーのサイトを見るようにしています。それにしても難しいです・・・

お礼日時:2002/02/17 20:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

QロジックIC(74HC03AP)から出力されなくて困っています。

ロジックIC(74HC03AP)から出力されなくて困っています。
久しぶりの電子工作で色々忘れています。

・電源は5V1Aくらいのスイッチング電源をブレッドボードに接続。
・ICに直接5Vを加える。
・出力電源系以外はグランドへプルダウン。
・NANDなので1pin,2pinが0なら3pinからV(5V)が取れるはず
・だが、0.3Vや0.6Vなど出ている。もちろん3pinからGへ抵抗を挟んでます。
・逆に1,2pinを5Vにすると必ず0Vが出力される。

始めは電源かなと思い10pFくらいのパスコンを追加。
ダメなので更に10μF追加してもダメでした。
調べた上わからなかったので質問させて頂きました。
どなたかチェックリストかテンプレート的にでもいいので原因を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じくハード関係は忘れつつありますが
CMOSなんで出力PINプルアップしないと電圧出ないと思いますがしてますか?
論理回路だから壊れてない限り正常に出力されると思いますが
4回路入ってるので他の回路でどうなりますか?
扱う人ならデータシートぐらい手に入れてると思いますが一応
http://pdf1.alldatasheet.jp/datasheet-pdf/view/15522/PHILIPS/74HC03.html

Q薄膜形成の対象は半導体ウエハか半導体基板か

「蒸着などの方法で薄膜を形成する」という文章を書く場合において、その薄膜を形成する対象は「半導体ウエハ」と「半導体基板」との両方があるのでしょうか?
それとも、「半導体ウエハ」と「半導体基板」とのいずれか一方ですか?

そもそも「半導体ウエハ」と「半導体基板」との違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>半導体ウエハと半導体基板とは、同じものということですか

インゴットを輪切りにした直後の加工していない状態なら、同じものと考えていいでしょうね。実際ウェファー上には基板しか存在しないわけですから。
文脈上は、ウェファーはインゴットから切り出された円盤状の物体そのものを指すのに使われるのに対して、基板はその円盤上に載っている半導体で作られた土台のような文脈で使われます。

薄膜を形成するというのであれば、後者の意味で使ったほういいかと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wafer_%28electronics%29
http://en.wikipedia.org/wiki/Substrate_%28electronics%29
ちなみにSubstrateというのがいわゆる基板です。

QBuffalo製のHD-HC300U2について

タイトルにあるBuffalo製のHD-HC300U2という外付けHDDについてなのですが、起動してから5分~10分くらいすると、
プツンと音がして外付けHDDが再起動してしまうのですが、故障なのでしょうか.
再起動したあとも5分~10分くらいの間隔で再起動します。

外付けHDDは特に熱がこもるようなところでもなく
USB2.0で接続しておかしな使い方もしていないつもりです。

サポートサイトにも特に情報がなく困っているところです。

Aベストアンサー

リコールが出ている製品です。
とりあえずこちらをよく読んでシリアル番号を確認してください。


外付けハードディスク「HD-HCU2シリーズ」について大切なお知らせとお詫び
http://buffalo.jp/support_s/hd-hc/


まあ、バッファローの中身は○○○○ですから・・・・

Q半導体って?

半導体って?

友人にプリンター設定を説明している時のことです。

インクの金属部分を「これはインク情報が入っているところなので、素手で触らないでね!」と言ったら、「うん、半導体のところだね。」と言われ、
「半導体というより、ICチップだと思うよ。」と言ったのですが、
はっきり半導体ではないと言い切れない自分がいて、いったい半導体って何だろうと思いました。

半導体とは、電気を通すような通さないようなちょっと中途半端な存在ですよね。
パソコン内部にはたくさん使われているんだと思いますが、
それはどの部分でしょうか?
また、インクの金属部分は半導体かそうでないかとその理由を教えてください。

(パソコンパーツの説明は、自作をするのである程度ついていけます。
が、半導体がわからない位なので、その中間あたりのレベルだと思います。)

Aベストアンサー

友人にされた説明は適切だと思います。
半導体も使われているでしょうが、ICチップと呼んだ方が適切です。
パソコンで使用されている部品で半導体が使われているものは、CPU、メモリ、トランジスタ、ダイオード、その他いろいろなICですね。

>インクの金属部分は半導体かそうでないかとその理由

金属の部分は、銅箔と呼ばれるものです。詳しい材料までは分かりませんが、銅の種類です。半導体ではありません。理由と言うほどのものはないですが、半導体を、むき出しで使用することなんてまずありえません。表面が酸化したり、傷ついたりすれば、使い物になりません。
半導体は銀色っぽい色をしてますので、見た目も違いますね。

QSDカード(4G)にHCがついているものがありますが、これをパソコンに

SDカード(4G)にHCがついているものがありますが、これをパソコンに取り込もうとするとパソコンが応答しなくなります。 USB2.0のカードリーダから読み込もうとしているのですが上手くいきません。もちろん普通のSDカードは読み込めます。何か特別なリーダ、あるいはソフトが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

とっくに解決していると思いますが・・・

SDHCはSDカードの上位規格であり、物理的に同じサイズと言うだけで、データ管理を行うファイルシステムが違うことから、SDのリーダー/ライターで読み書きは出来ません。
ハードウェアレベルの問題のため、ソフトウェアで何とかなる話しではありません(なお、通常は、上位規格には下位規格への互換性を持たせるようになっています)。
もうじき更なる上位規格のSDXCが市場に現れますが、SDXCカードを読み書きするためには、XC対応のリーダー/ライターが必要となります。

なお、SDHCのHCは、High-Capacity(高容量)の略で(因みにSDXCのXCはeXtended-Capacity(拡張容量か?)の略)、速度についてはSpeedClassで表記されます(今のところ、Class2からClass10までが店頭にあります)。

Q半導体について

半導体を知らない人に半導体の基本と役割を口頭で簡単に説明する場合、どのように説明すれば良いでしょうか?

友人に「どういう勉強してるの?」と聞かれ、「半導体」って答えると、必ず半導体って何?って聞かれます。このパターンが多々あり、勉強し始めの私は毎回困ります。

まだこんなことしか分かっていません。
↓↓↓
物質には電気を通す導体と電気を通さない絶縁体があるが、半導体はその中間に属していて.....
シリコンでできている半導体にPやAlをドープするとn型、P型半導体になり....pn接合に電圧を加えて、電子が流れることで電流が流れる。  電気を通すことも通さないこともできるので便利。

上記のようにまるでまとまってません。導体や絶縁体よりも何が優れていて、半導体によって何が実現したのかを説明したいです。

勉強始めたばかりで、まだよく理解できていないのでどうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランジスタとかICとかLSIとか応用利用の方面でどう使われているのか、コンピュータは半導体なしにはできないってことでも説明して、自分の学んでいる部分の細かい説明まで付いて来れそうならば・・・もっと詳しく、ね。

半導体っていうだけだと、ただ単にほとんど電気を通さないブツだけど、ちょっと混ぜものをしてやると・・・ね。

説明は相手に伝わるように、というのが大事じゃないかな。

Qバッファローの外付けHD(HD-HC250U2)から突然ノック音がして認識しなくなりました。オレンジ色のランプも点灯し・・・

バッファローの外付けHD(HD-HC250U2)から突然ノック音がして認識しなくなりました。
ずっと聞いていると、ノック音は6回して、等間隔おいて繰り返されています。
ファンが回転しだして回転速度が速まった段階でノック音がするかんじです。
ノック音がする直前にファンの回転が落ちていくような音がします。

また、電源入れると、二度目のノック音くらいからHD正面の緑色ランプの下にオレンジ色のランプが点灯しています。通常は緑だけですよね。
電源入れて直後のマウントしている際中は赤が出るのは常ですが、オレンジ色は見たことがありません。

接続してノック音をさせながらでもPCの方で認識させてノック音を止める方法はないでしょうか?
バッファローサイトでは該当が無くなにも出てきません・・・・・。

せめてデータバックアップまではやりたいのですが・・・・・

Aベストアンサー

>修理の腕がある業者があれば頼みたいです・・・・
サルベージ業者は多数ありますよ。検索「HDD 復旧」とかで
探してみてください。
ただし、お値段は結構しますよ。先日20G程度のデータ復旧の
見積もりをしたところ10万円というお値段でした。

Q半導体工学

p型半導体、n型半導体のそれぞれの場合において、ショットキー接触の場合、金属と半導体のどちら側に正電圧を印加すれば順バイアス状態となりますか??

Aベストアンサー

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
                    ̄ ̄ 伝導帯下端
               \
                 \__ 価電子帯下端

【図1 n型半導体でショットキー接触となる場合】

           金属    p型半導体
   真空準位 ┬    ┬
          |    |   / ̄ ̄ 伝導帯下端
          φm    φs /
 フェルミ準位 ↓___|    __ 価電子帯下端
                |  / ++++ ← 正孔
               ↓/← 正孔に対する障壁

【図2 p型半導体でショットキー接触となる場合】

これらに対して、順バイアスとなるのは、障壁が小さくなる方向にバイアスした場合です。金属-n型半導体系だと、半導体側のエネルギーを上に持ち上げる方向になります(バンド図の上側というは、電子エネルギーを増加させる方向なので、-の電圧を増やす方向)。つまり、金属側に+の電圧を加えるのが順バイアスになります。

金属-p型半導体系はその逆で、半導体側のエネルギーを下に押し下げる、つまり+の電圧を半導体側に加える方向になります。

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
   ...続きを読む

QCDーRWで74分を超える音楽の録音について

EasyCDCreator4で音楽CDを焼きたいのですが、74分を超えるものを録音しようとすると、ブランクCDの容量を越えるのでトラックを削除して欲しいとの説明が出て、読み込むことが出来ず録音が開始できません。700MBのCD-Rは用意してあるのですが、どうしてでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

今年の1月に買ったのでしたら多分700MBに対応していると思いますよ。
700MB=80分ですけど80分は超えていませんよね?


人気Q&Aランキング