鉛フリーって日本の法律で規制されているのですか?
それても単なる、目標?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

廃棄物処理法の改正で強化されます。


○改正の概要
(1)現行の安定型産業廃棄物から、以下のものを除くこととする。
 {1}プリント配線板(鉛を含むはんだが使用されているものに限る。)
これ以前には、環境省よりグリーン購入ガイドラインというものが奨励されて、鉛が対象になっています。
また、そのガイドラインから、家電に於いては家電リサイクル法にて鉛が対象になっています。
>単なる目標
まだ、規制で罰則を受けるレベルでは有りませんが、今、はじめていないと、大変なことになるのが判っているので、各社がんばっているのが現状です。
逆に世界レベルでは、一番進んでいるのが日本と言われています。
間に合わないとやばいという危機的な目標と言った所でしょう。
実際私の努める会社では、対応出来ない企業は取引停止を行って頂くかもしれないことをお知らせしています。

一般的には下記の方々のおっしゃられた様にEU等の指令に対応していると言っても過言では有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
御礼遅くなりまして申し訳ございません。

お礼日時:2005/04/22 13:01

No.1で回答したものです



2004年6月の時点では
「国内では海外から輸入される電子機器に対する鉛フリー化の規制がなく、
日本版WEEE/RoHS規制も必要になっている」
という記事は見つけることはできましたが,
それ以降は全くわかりませんので,
問い合わせてみるのがいいんじゃないでしょうか?

参考URL:http://www.electronicjournal.co.jp/news/2004/06/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 13:10

身近にある鉛


釣りに使うオモリ
電気製品に使っているハンダ
です。

鉛フリーはハンダで問題になっています。
海外などに輸出する製品はISOを取らないと受け入れてもらえませんので企業は競ってISOを取得しています。

鉛は散弾銃を飲み込んだ水鳥が鉛中毒になったニュースにあるとおり生物に有害です。
ハンダからこの成分を除くのが鉛フリーです。除くには技術が必要です。ハンダがとける温度が高くなります。ICなどは熱に極端に弱いのでこの辺導入には問題がいっぱいあります。

日本では鉛は文字通りフリーです。
輸出する企業は目標ではなく、必須です。
立派な企業は国内でも鉛フリーに取り組んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法としては国内にはないわけですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 13:14

リサイクルなど環境に対する法律が多くあり、ヨーロッパでは、下記のような規制があり日本も遅れて法整備したようです。


WEEEとRoHSはEUの新しい環境規制です。WEEEは「ウィー」と読み、廃電気・電子機器リサイクル指令、RoHSは「ローズ」と読み、電子・電気機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令のことです。2003年3月に制定・公布され、06年7月から電化製品をヨーロッパに輸出する際には,製品中に含まれる有害金属・有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB-ポリ臭化ビフェニルなど)を含むことが禁止されます。

参考URL:http://kankyo.kkc.or.jp/key/kkeyk_0409.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 13:15

法律としては、ヨーロッパで推進しているROHS指令(2006年~電子機器)とELV指令(2003~年自動車)が有名かと思います。

日本のメーカーはヨーロッパにもたくさん製品を販売していますから、上記法律に適合するように対応を検討しています。

ROHSは単にPBフリーだけではなく、Cd、HG、Cr+6等の有害物質を指定して、それらの含有量を制限しているので、Pbフリーよりも厳しい規制です。電気メーカーはこれに違反するとヨーロッパに製品が販売できなくなるので、必死に対応してきています。

従って電気メーカーにとってはPbフリーは2006年までに完全達成する法律として対応しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 13:13

以下,ナショナルセミコンダクターのページから抜粋です



日本の経済産業省(旧通産省)では、以下の目標値を掲げています。
1997年4月、自動車における鉛使用量(バッテリを除く)の削減目標を以下のとおり設定しました。
2000年末までに1996年比1/2に削減。
2005年末までに同じく1/3に削減。
2001年より家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)を施行し、鉛使用量の包括的な削減を目指しています。
これに伴い、家電メーカではすでに完全な鉛フリーの製品化に向けて、取り組みを開始。

とのことです.
アメリカ,ヨーロッパでは規制案を発表しているようです

参考URL:http://www.national.com/JPN/packaging/leadfree/l …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝します。家電以外の製品をオランダの企業が日本に輸出する場合、現状法律での規制はないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/08 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気自動車はアメリカで販売できない?

電気自動車は2010年ごろまでアメリカで
海外メーカは販売できない?ときいたのですが本当ですか?
自国のメーカーが開発が遅れていてそれを保護する為だとかききました。

Aベストアンサー

すでに、百年前から
アメリカで発売されているよ(^-^)/

1909年 (明治42年)
EVの歴史
エジソンの電気自動車 EVをとりまく環境
トマス・エジソンがニッケル・アルカリ蓄電池を開発、蓄電池搭載の電気自動車を製造。(一充電走行距離は160km)当時、鉛電池搭載の電気自動車走行距離が80kmなので、かなり画期的な車だった。騒音が少なく、有害ガスを出さない点が女性には大変人気だった。

http://www.cev-pc.or.jp/NGVPC/museum/history.html


電気自動車は2010年ごろまでアメリカで
海外メーカは販売できない?ときいたのですが本当ですか?

トヨタもダイムラーも、バンバン売っているがな♪ d(⌒o⌒)b♪
最近の記事

※不況も何のその、小型電気自動車「スマート」が米市場で好調
2009年01月12日 12:44 発信地:デトロイト/米国

関連情報北米国際自動車ショー
その他の関連情報
クリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用する米ミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)のコボ・センター(Cobo Center)で、北米国際自動車ショー(North American International Auto Show)への出展を待つドイツ自動車大手ダイムラー(Daimler)の小型電気自動車「スマート(Smart)」(2009年1月10日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA
関連写真1/1ページ全1枚





スライドショーを見る【1月12日 AFP】これまで大型車が人気だった米国で、ドイツ自動車大手ダイムラー(Daimler)の小型電気自動車「スマート(Smart)」の売れ行きが好調だ。

 米国での「スマート」販売契約権を持つ米自動車販売大手、ペンスキー・グループ(Penske Group)のロジャー・ペンスキー(Roger Penske)会長によると、「スマート」の米国内販売を本格的に開始したのは2008年2月だが、すでに米市場の売り上げはドイツ、イタリアに次いで世界第3位を達成。予想以上の人気で、同社の売上台数は当初目標の1万6000台を8000台以上も上回ったと話す。

 前年秋以来の米経済の低迷で米自動車市場は販売が落ち込み、多くのディーラーのショールームが閑散するなか、「スマート」の購入は現在、6か月待ちの状態だ。購入待ちリスト顧客の55%はインターネットを通じて99ドル(約9000円)の手付金を支払っており、これらの顧客への商品納入が優先されるという。(c)AFP

AFPBB News トップへ

http://www.afpbb.com/article/economy/2556854/3676847

すでに、百年前から
アメリカで発売されているよ(^-^)/

1909年 (明治42年)
EVの歴史
エジソンの電気自動車 EVをとりまく環境
トマス・エジソンがニッケル・アルカリ蓄電池を開発、蓄電池搭載の電気自動車を製造。(一充電走行距離は160km)当時、鉛電池搭載の電気自動車走行距離が80kmなので、かなり画期的な車だった。騒音が少なく、有害ガスを出さない点が女性には大変人気だった。

http://www.cev-pc.or.jp/NGVPC/museum/history.html


電気自動車は2010年ごろまでアメリカで
海外メーカは...続きを読む

QSO2規制法律(日本、韓国)

日本は企業によるSO2の排出を規制していると思いますが、具体的には何という法律、もしくは手法(SO2税、SO2排出量基準?)でこの規制をしているのでしょうか。同様に、韓国ではSO2の排出は規制されているのでしょうか。もし、されているのなら何という法律、手法によってでしょうか。

例えば、アメリカではClean Air Act of 1990という法律によってSO2の排出権取り引き市場を設定したそうですが、日本、韓国はどうでしょうか?

ぜひよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

韓国の例は正確には知りませんのでご容赦ねがって、日本
の場合について。

基本は、「大気汚染防止法」に行き着きます。
これに基づいて、以下の政令だとか省令が出ていますね。

そしてSOx税ですが、日本では同じ様な役割を果たす物
としては「汚染賦課金」というのがあります。

これは、企業等に対して、SOxの排出量に従った金額
を政府等に納めさせ、それを(主に)大気汚染による健
康被害の救済資金とする考えです。

また、排出権というものは存在します。
例えば地方自治体との協定が最も数値的に厳しいのですが
年間のSOx・NOx排出量に上限が決められていて、こ
れをオーバーするなら、エネルギー供給源である火力発電
所でも停止しなくちゃなりません。

そして、この排出権の企業間取引は、私の知る限りでは
認められていません。
ただし、企業内の取引というか、同一都道府県内に同一
事業者の工場が複数或場合、例えばA工場とB工場が存
在するとして、

 ○光化学スモッグ注意報等の発令で排出濃度を低下
  させなくてはならない場合で
 ○特別な例として都道府県等規制者が認めた場合で
 ○A工場の排出抑制相当分をB工場で肩代わりして
  抑制する

ということは、一部では存在します。



で、今後の見通し。
排出権の企業間取引は、日本では認められない可能性が
高いですね。
排出量(kgやt)もそうなんですが、結局は濃度も
問題になってきますし。

  ※:日本の場合は、工場と住宅地帯の距離が余りに
    近いため、排出されたガス成分が十分に拡散さ
    れずに住宅街周辺に影響を及ぼします。
    (他にも理由はありますが、わかりやすいと
     ころならこんな部分)
    で、結局は、県外から一定地域に排出権を
    持ってくると、公害被害が出やすい、つまり
    濃度規制も大事ってことです。

そして、民情から見ても企業側のニーズから見ても
SOxについては導入されない可能性が高いですね。
(但し、二酸化炭素は不明)

参考URLに、法等の種類を簡単に書いたページを入れて
おきます。

参考URL:http://www.fuji-keizai.co.jp/a9806/page494.html

韓国の例は正確には知りませんのでご容赦ねがって、日本
の場合について。

基本は、「大気汚染防止法」に行き着きます。
これに基づいて、以下の政令だとか省令が出ていますね。

そしてSOx税ですが、日本では同じ様な役割を果たす物
としては「汚染賦課金」というのがあります。

これは、企業等に対して、SOxの排出量に従った金額
を政府等に納めさせ、それを(主に)大気汚染による健
康被害の救済資金とする考えです。

また、排出権というものは存在します。
例えば地方自治体との協定が...続きを読む

Q電気自動車に関して

日本で初めて電気自動車を作ったのは日産と三菱のどちらでしょうか?

どちらも電気自動車に行き詰まっているようですが、三菱の電気自動車の良い点、悪い点を教えてください。 

また、日産と比べて三菱の電気自動車は、どこが優っていて、どこが劣っているのでしょうか?

回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ガソリン自動車よりも電気自動車の方が先に
発明・製造・販売されてきています。

日本では
タマ自動車他、多数のメーカーが
同時期に製造していましたが
それよりも前、
シナ事変前当たりには

「ガソリンの時代は終わった。これからは電気自動車の時代」

と電気自動車のブームになった時代があったようです。

Q鉛フリー半田の呼び名

社内で呼び名を統一しようとして
いるのですが、
1)鉛フリー半田
2)無鉛半田
3)非鉛半田

のどれに統一したらいいでしょう。

社内用語の統一ですので、
経験のない方のカンでの
ご回答はナシということで
お願いします。

メーカーによりまちまちの
ようですが、
それぞれ意味するところが
少しづつ違うのか?
業界により使いわけがあるのか?

Aベストアンサー

JEITA(電子情報技術産業会)でも通常「鉛フリーはんだ」を使用していますので、JEITA準拠ということで統一されてはどうでしょうか。

参考;JEITAのHP
http://www.jeita.or.jp/japanese/public/list/detail.asp?id=15&cateid=1

>業界により使いわけがあるのか?
ちなみに上記は、電子部品業界、電子製品業界の話です。

Q電気自動車で長距離走行を目指すには?

次期世代のエレクトロニクス・カー(電気自動車)で長距離走行を楽しむための方法や注意点、など、いろいろなことについて質問ですが、電気自動車の美点、欠点などどういった部分ですかね?ガソリンが価格高くなった今、電気自動車がブームの風を吹かしている現代でもあります。本当に電気自動車で長距離ドライブできたら理想だなあ、と思いませんか?

Aベストアンサー

電気はもともと貯めておくのが難しいものなので、バッテリーで考えていると無理じゃないかと思います。自動車メーカーの多くは、水素電池(電池と名付けられているが実質は発電機)が本命だと考えているのではないかと思います。

10年くらい前から、雨後の筍のように新興メーカーが電気自動車に参入しましたが、米国テスラを除いて全滅な現状です。テスラの成功はそれほど奇跡的な事で、しかしながら未だに私は一転して倒産もありえるのではないかと危惧しています。

ハイブリッドは、プリウスのように電気モーターでもガソリンエンジンでも走る動力として使う複雑なスプリット方式のものから、エンジンを発電のみに使用するシリーズ方式を経て、そのエンジンをガソリン/軽油からエタノールなどのものに置き換える水素電池などに移行するのがスムーズなのかなと思っております。

現実にはどうなのでしょうね。PHVなどは短距離ならほぼ電気だけで走るようになりましたし、そろそろシリーズ方式のクルマが出てくる下地は出来ていると思うのですが。

Qアメリカと日本のフロン規制のスケジュール

フロン規制対策としてHCFC類の削減目標は、日本国内では発泡剤としてのHCFC-141bが2003年末に生産全廃となり、HCFC-22は冷媒用新規として2010年、冷媒用補充用として2020年迄に全廃となっていますが、冷媒用途以外のHCFC-22の削減スケジュールについてはどのようになっているのか知りたいです。
また、アメリカではHCFC類削減についてどのような動きがあるのかについても知りたいと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

英語ですが、アメリカの「 U.S. Environmental Protection Agency(通称 EPA) 」のオゾンの削減に関するスケジュールがありましたので、参考URLに貼付けておきます。

遅くなりましたが、お役に立てたら何よりです。

参考URL:http://www.epa.gov/ozone/title6/phaseout/hcfc.html

Qトヨタと電気自動車

日産って電気自動車の開発をしている一方、トヨタってなぜ

ハイブリッド路線で電気自動車の開発をしないのでしょうか。

将来需要が電気自動車に傾けばトヨタってつぶれるくらい危なくなるのでは

と思ってしまうのですが…

Aベストアンサー

開発はしているとしても、量産までの道のりが遠いと言うことです。
EVの場合は当然リチウムイオン電池を必要とします。

このリチウムイオン電池は、安全性の問題で、その開発、そして製造過程に至るまで高度な技術を必要としています。

先日のNHKの特集もリチウムイオンの量産といったことは全く取り上げていませんでしたね。数百台分の電池を作るというのと、数万台の量産ベースで低価格で供給となると話が違います。

プリウスのプラグインハイブリッドも取り上げられていましたが、一般視聴者は普通の車として販売を考えたでしょう。しかし、下記の記事のように、アメリカのテスラロードスターのように数百台規模であって特殊なもので、量産という状況でないのです。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/04/074/index.html

実際、パナソニックと組んでいますが、下記のごとく後3~4年は量産までに時間が掛かるでしょう。すなわち、一般ユーザー向けのプラグインハイブリッドもおそらくその頃になると思います。
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPJAPAN-11755920091001

http://kunisawa.txt-nifty.com/kuni/2009/08/post-aa03.html


一方で、日産は自社開発のラミネートリチウムバッテリをすでに開発し、NECと合弁会社を作ることで、すでに1万台以上の生産能力を持つ工場ができ試作まで行っています。
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2009/_STORY/090716-01-j.html

また、EVとハイブリッドは技術的には別物で、ハイブリッド=簡単に本格的なEVという状況でもないようですね。現在のEVは最高速度も140キロ以上、航続距離が160KM以上というスペックをハイブリッドのプラットフォームで実現はかなり難しそうですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1227251907

開発はしているとしても、量産までの道のりが遠いと言うことです。
EVの場合は当然リチウムイオン電池を必要とします。

このリチウムイオン電池は、安全性の問題で、その開発、そして製造過程に至るまで高度な技術を必要としています。

先日のNHKの特集もリチウムイオンの量産といったことは全く取り上げていませんでしたね。数百台分の電池を作るというのと、数万台の量産ベースで低価格で供給となると話が違います。

プリウスのプラグインハイブリッドも取り上げられていましたが、一般視聴者は...続きを読む

Q鉛蓄電池の容量

普通の小型車で使う鉛蓄電池には、1トンの車を何キロくらい走行できる容量があるのですか?

Aベストアンサー

No.1です
age1118さんスミマセン、数字を間違ってました m(- -)m
アルトEVの航続距離は4320(Wh)÷130(Wh/km)で約33kmです。

航続距離をまとめなおしますと、
・ アルトEVが12V-60Ahのバッテリー6個で約33km
・ age1118さんの質問にある小型車が12V-50Ahのバッテリー”1個”で4km弱
となります。

ちなみにage1118さんの質問にある小型車でも、アルトEVと同様に
12V-50Ahのバッテリーを”6個”にすると24km弱となります。

現実的には鉛蓄電池を100%放電させると使えなくなってしまいますので、
放電率70%程度で充電することになります。
ですから、現実的な航続距離はそれぞれ7割程度になるとお考えください。

Q電気自動車に乗る意味は有るのですか。

電気自動車にはあんまり興味ありませんが、
もし、日産リーフを300万円ちょっとで買う、あるいは1.5リッタークラスの小型車を150万円程度で買った場合、ガソリン車は1リッター平均で12キロ走るとしてレギュラー1リッター150円で1年で1万キロ走り、それを10年使用した場合でもまだまだ電気自動車のほうが高くつくのですが、それなら電気自動車に乗る意味はいったい何なのですか。

電気自動車なんて10年乗ったらバッテリー劣化して、交換するとしたらかなり高額の費用になるんでしょ。

Aベストアンサー

電気製品は最初の出始めの製品は高いものです。

テレビ然り、冷蔵庫然り。

今買う意味は、今後性能が上がってしかも安くなる為の布石です。

庶民は布石になる必要性はありませんから、動向を見るしかありません。

Q鉛、カドミウムの環境問題について

車のバッテリに使用されている鉛やカドミウムが環境に対し悪影響があるといわれていますが、過去、現在、未来のカドミウムと鉛の使用量の増加しているようなグラフが欲しいのですが文献、参考資料をご教示ねがえないでしょうか?
また、その為に起こる公害、及び起こってしまった公害があればそえてご教示ねがいます。

Aベストアンサー

> その為に起こる公害、及び起こってしまった公害があれば

カドミウムに関しては、富山県で起こったイタイイタイ病が有名な例です。
鉛に関しては、排気ガスに含まれる鉛成分による鉛中毒、散弾銃の弾を食べた鳥が鉛中毒になる例などがあったと思います。
飲み水に混入して周辺で鉛中毒に似た症状が出る事があっても、因果関係が立証されないと「公害」にはならないので、難しいところですが。

--
> 車のバッテリに使用されている

電気自動車などが普及すると、いろいろ問題が大きくなると思うのですが、例によって行政は深刻になるまでは放置なんでしょうかね?


人気Q&Aランキング