自分は脂肪肝があります。しかし、その割にはGOTとGPTの値が高く、後者は三桁になっています。
肝炎も疑っているのですが、小学校・中学校のときに大量の抗生物質を飲んだ経験がありそれにより肝臓の細胞が悪くなってるのかな、と思ったりしています。
肝臓の細胞検査とはどのようなものなんでしょうか。大変なんでしょうか?病院に行く前に経験者の方、または詳しい方のお話が聞きたいとおもいます。回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いわゆる薬物性肝障害は、可逆性です。


非可逆性の場合、そのまま進行を続け死に至ります。
ですから「小学校・中学校の頃~」というのは現在の脂肪肝やGOT・GPT↑の理由にはなりえません。

肝臓の細胞検査とは…主治医の先生から言われたのでしょうか?それともご自身のこんなことかな?という想像でおっしゃっているのでしょうか。
肝炎の検査はまず血液検査からはじめます。血液検査以外にも肝臓の形態検査(形=エコー・CTなど)もあわせて行います。それらの検査を行った上で必要と思われる方にのみ「生検」という細胞の検査を行います。これは超音波やCTのガイド下に細い針を差し込んで行うもので、出血管理などの必要から通常入院して行うものです。その前には主治医から詳細な説明が必ずありますからその際に疑問はお聞きになられるといいと思います。
    • good
    • 0

脂肪肝でGOT,GPTが三桁になるのは決して珍しい事ではありません.


一般的に薬剤性の肝障害はアレルギー性で、大多数は薬剤の中止とともに改善し、慢性化することはほとんどありません。
現在の肝障害が小中学校の時に服用した抗生剤の影響である可能性はほとんどないと思います.
まずは、ウイルス性の肝炎がないかどうかを調べる事になります。ウイルス性ではなく、腹部の超音波検査で特徴的な所見が得られれば脂肪肝の診断がつきます.
脂肪肝で肝生検を行うことはありません。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「薬剤性肝炎」
この中で特に「原因と危険因子」と関連リンク先を参考にしてください。

>小学校・中学校のときに大量の抗生物質を飲んだ経験がありそれにより
現在の年齢が判りませんが、相当前(?)のことではないのでしょうか?
さらに、上記の項には特に抗生物質の記載はないようですが、どのような疾患の治療で使われたのでしょうか?
(疾患名・薬剤名等?)
時間経過との関連で薬剤の可能性は低いのではないでしょうか・・・?
⇒現在はその抗生物質を服用されていないのですよね?

「肝機能」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=121998
この中で#4で紹介したサイトも参考にしてください。

>肝臓の細胞検査とはどのようなものなんでしょうか。
肝生検をとの話が主治医からあったのでしょうか?

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝生検)

一般には、相当病状(肝炎)が進んでいなければ(特に脂肪肝では)、血液検査位で経過観察ではないでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …

この回答への補足

十年程前のことで、疾患名は、慢性中耳炎です。

補足日時:2001/09/08 17:20
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味

「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味でしょうか?

とある人に「お前の話は整合性がとれてない」と言われたのですが
よく意味がわかりませんでした。

「矛盾している」と言う意味でしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イコールにはならないです。

単に整合性が取れていない例だと、
・私はリンゴが好きだ。
・だから髪が長い。
とか。

整合性が取れていない中で、相反する内容だと矛盾してるって事になるとか。
・私はリンゴが好きだ。
・果物は全て嫌いだ。
とか。

Q肝機能(GOTとGPT)の数値が高いです。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒は週に3.4回、量は缶ビール2本位、または焼酎ロック2杯くらいと
そんなに多くはないと思います。
またこの2か月間に大きく生活習慣が変わったことも
ないと思います。
体調もごく普通で、疲れや不調などの自覚症状も特にありません。

会社の指示で近いうちに内科にかかることになっていますが、
この数値は健康的に問題はありますか?
また要精密検査とのことですが、
具体的にはどのようなことをするのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたらぜひとも教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん脂肪肝でしょう。
γ-GTPは肝機能を測る目安としてはあまり重要ではありません。
GOTとGPTの値の方が重要です。γ-GTPは昨日お酒を飲んだりハードな運動をすれば高くなります。つまりからだの疲労具合ですね。
GOTとGPTは肝機能そのものが低下してきている時に値が高くなります。日ごろの不摂生が肝臓に来たとお考えてください。

検査方法としては、再度の血液検査と腹部のエコー検査だと思います。お腹にゲルを塗ってバーコードリーダーみたいな端末でお腹をくりくりされます。なかなか微妙な感じです。

Qシステムの可用性という意味

情報系の勉強をしています。いろいろ勉強していると、
可用性という意味には障害に対する強さと意味と、セキュリティ上で、権限のある人には情報を容易に閲覧できる、という意味があるようです。この2つの可用性って別なんですか。それとも、広い意味で似ているものですか。試験で一般に可用性といったら、どっちですか。

Aベストアンサー

追加します。

壊れ難い。結果、得たい情報が素早く得られる。
直接の意味は壊れにくさだと思います。
得たい情報が得られるのは間接的な意味ではな
いでしょうか。

Q肝臓機能の数値について(GOT,GPT)

40代女性です。
フルタイムで働いており、わりと体力を使います。
体型は細く、標準体重より7キロくらい少ないです。
今まで大きな病気もなく、風邪もほとんどひきませんが、健康診断で貧血気味と出たので鉄剤を飲むようにしました。
お酒はめったに飲みません。甘いものなどの間食はほとんどしません。食事はどちらかというと野菜が多めです。

鉄剤を飲んで3か月ほどしたら、貧血は改善されたのですが、
GOT,GPTの値がそれぞれ70台、90台でした。
これから詳しく調べますが、心配でたまりません。
何か大きな病気の可能性はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

GOT,GPTの値が70台、90台は正常値ではありませんが、これだけで「大きな病気」を疑うほどの値でもないと思います。
4ケタに近い、とかいう数字になったら肝炎の可能性を考えなければならないと思いますが。

普段(以前)の値はどれくらいでしょうか? 1ケタ台だったものが急に100近くまで上がってきたとすれば、ちょっと注意が必要でしょう。 もともと30台とか40台だったものが70台になった、くらいなら、通常のブレの範囲かもしれません。

私はGOT,GPTが普段から高くて、特にGPTはいつも100を超えているのですが、医者で話しても「様子みましょう」で終わります。念のため、肝炎ウイルスの検査をしましたが、ウイルスはいませんでした。

食事も運動も問題無さそうなので、鉄剤は少し注意して使うほうがいいかもしれませんね。

いずれにしても早いうちに再検査して、少なくとも急激に検査値が上がってこないかどうかだけ、確認して、そうでなければそれほど心配しなくていいと思います。

Q整合性の意味について

整合性の意味を調べると⇒むむじゅん‐せい【無矛盾性】
と出てきます。そして【無矛盾性】⇒「理論体系一般において、ある公理系内に相互に矛盾する公理が存在しないこと。また、そこからの命題の導出に論理的矛盾がないこと。」

と出てきます。

さっぱり意味がわかりません。

無矛盾だから、要は矛盾していないということでしょう?

簡単に言うとどういうことでしょうか?

意味や使い方をお教えいただきたいです。
よろいしくお願いします。

Aベストアンサー

「整合性」と言う言葉が使われる場合は

「整合性がある」「整合性がない」

とか

「整合性が取れている」「整合性が取れない/取れていない」

とかの使い方をします。

意味は

整合性がある=矛盾がない

整合性がない=矛盾がある

整合性が取れている=矛盾が起きていない/矛盾を取り除けた

整合性が取れていない=矛盾が起きている/矛盾が取り除けない

と言う感じ。

「整合性がある=矛盾性はない」のように、「整合性」と「矛盾性」は、逆の関係になってます。

Q肝機能障害(GPTが以上に高い)

50歳になる男子です。2年ほど前から健康診断で高血圧ぎみえで、GPTの数値が高めといわれておりましたが、今年はなんと85直ぐに医療機関で検診するようにいわれました。酒は止めなさいといわれましたが、実はわたしは、酒は全く飲めませんよって、肝臓が悪い酒は慎めと言われますが多分今までの人生で、体に入れたアルコールの量は1リットルは無いと思うくらいです。だからよけいになんで肝臓が悪くなるのかある意味で不安です。本日、先日行った献血の知らせでGPTが65以上のあなたの血液は使用できないので、肝臓注意の連絡、GPTを下げるよい方法はありませんか?

Aベストアンサー

肝機能悪化の原因を検査された方がいいです。
脂肪肝ぽいですか? 炭水化物(ご飯・麺類・パン・糖分)を多目に食べているようなら脂肪肝かも。私の場合も最高130くらいまでなりましたが、炭水化物を大幅に減らす食事にしたら標準値+アルファ程度まですぐにさがりました。ご飯を減らすのが嫌だったらその分運動で消費すればいいだけの話でした(この段階では)。

なんでも炭水化物の糖質はめぐりめぐって肝臓に脂肪として貯まるそうです。脂肪肝かどうかは腹部エコーでわかります。

もし違うようなら、やはり原因によって食事を変えるしかないのでは?

Q表在性の意味

局所性は限られた部分のみで、
表在性という意味はどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kanpo/3W/sinkin.html

「表層部分に存在する」という意味になります。

QALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇

 私は37歳の男性で、年に2回、定期的に献血をしています。
 献血後、毎回血液検査結果が郵送されてくるのですが、過去2年の検査結果がALT(GPT)、AST(GOT)の数値が20以下、γ-GTPが50前後であったのに、今回の検査結果ではALT(GPT)が50、AST(GOT)が30、γ-GTPが96と急に上昇していました。 
 気になるのは、自分的には最近、食生活が悪くなったりアルコール摂取量が増えたりといったことはなく、むしろ、以前より改善されていると思うのに、ここ半年で体重が6キロ増えたことです。(身長173cm72キロから78キロ)

 今回のALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇は、体重が増えたからと考えるべきなのでしょうか?それとも、逆に肝機能に異常が発生したために体重が増えたとみるべきなのでしょうか?
  
 詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルコール以外では薬剤性が考えられます。
最近新たにサプリメントを飲み始めた、玄米にかえたとかはありませんか。食物アレルギーでも軽い上昇はよく起こります。
最近風邪をひいて抗生物質や消炎鎮痛剤を服用したということはありませんか。この程度の数値の上昇ならばあり得ます。
また体重増加が関与するのであれば、脂肪肝が考えられます。
仮にそうであれば、体重を落とすことが必須になります。
まず、医療機関で血液検査と超音波を行ってください。
検査は肝炎ウイルス検査とALP、LDHの胆道系も行うことです。
そして何よりも大切なのは、今回の数値より上昇しているか同じなのかということです。上昇があればまだ上昇中(急性期)ですので、原因追及のため医師の指示に従いましょう。上昇がなければ、軽い運動と食事に気をつけて(脂分、刺激物を控える等)後は出来るだけ安静にしていればよいと思います。が、脂肪肝ならば食事制限や運動が必要です。

Q相乗性及び相加性雑音の意味

こんにちは、
相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか?調べても、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

>相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか? ....

英語で検索するほうが、わかりやすいのかも。
乱暴に一括してみます。
  ↓
 ・相乗性雑音 (multiplicative noise) : フェーディングなど、信号波形の時間的変動で生じたもの。
 ・相加性雑音 (additive noise) : 熱雑音外や来雑音など、信号に加算されたもの。
 

QGOTとGPTが一時的に高くなる

GOTとGPTが一時的に高くなる

糖尿(HB-A1C 6.5-6.8)と高脂血症(LDL 120)で通院しています。
毎回採血検査をするので結果をもらいます。
お医者さんからは上記の件のみ言われるので問題無い範囲だと思いますが、次回の通院が大分先なので、忘れないうちに質問させてもらいます。

たまたま上記以外のデータを見たら、、、

データを見ると(約3年分で24回ほどの採血結果あり、大体月1回だが不定期あり)
  AST(GOT)とALT(GPT)が 同時に少し高くなる時があります。
  両方の意味は、あちこちに出ているのでわかるのですが、一時的に上がるのはなぜなのでしょうか?
  どんな要因があるのでしょうか?(何日か前に悪い物を食べた???)

データ
    24回中 14回目、15回目、20回目(今年1月)に GOT35-42、同じ時にGPT45-55になります。
    それ以外の時はGOTは高くて20(多くが16)、 GPTも最高で26(多くが20)
    γ-GTPは常に20台で最高で33(20回目)
    お酒は基本的に飲みません。(月2-3回 500mlビール1本程度)

100などという高い数字ではないのですが、「普通」の範囲を超えているので質問しました。
それともこの程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

よろしくお願いします。

GOTとGPTが一時的に高くなる

糖尿(HB-A1C 6.5-6.8)と高脂血症(LDL 120)で通院しています。
毎回採血検査をするので結果をもらいます。
お医者さんからは上記の件のみ言われるので問題無い範囲だと思いますが、次回の通院が大分先なので、忘れないうちに質問させてもらいます。

たまたま上記以外のデータを見たら、、、

データを見ると(約3年分で24回ほどの採血結果あり、大体月1回だが不定期あり)
  AST(GOT)とALT(GPT)が 同時に少し高くなる時があります。
  両方の意味は...続きを読む

Aベストアンサー

この程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

の通りです。

確かに正常値をわずかに超えていますが、次回の検査でそれ以上になっていないこと。
正常値に戻っていることから、間違いないと思います。

HBA1CもLDLも境界領域であり、薬剤を用いての治療を要するには状況を見極め、
日頃の生活習慣を見直すことで、今以上に数値が上がることを抑えられる段階でしょう。

薬剤使用中ならば、γGTPの上昇がAST(GOT)、ALT(GPTと)同時に
あるはずですから、違うと思います。
1年に8回の血液検査では時に、その時の体調等が反映されますから、食事や疲労度
がからんできます。もちろん肝機能では、アルコールや薬剤、サプリ、脂分等も
体質によって数値に出ます。普通の方であれば、疲れたかな、程度でいちいち、検査
はしないですからね。そういう時に計測すれば誰でも上昇していることはあるはずです。
余談ですが、アレルギー発症の時期や春先に上昇する方もいます。

要は、体調管理を検査で行う場合は、次の検査で数値がどう変化しているかが指標に
なりますので、次第に悪化しているかどうかで判断してもよいと思います。
ただ、例えば一気に100を超えるとかになると医師も放置はしないと思います。
精密検査していただけるでしょう。

この程度のバラツキは「体調」もしくは「検査誤差」くらいの範囲なのでしょうか?

の通りです。

確かに正常値をわずかに超えていますが、次回の検査でそれ以上になっていないこと。
正常値に戻っていることから、間違いないと思います。

HBA1CもLDLも境界領域であり、薬剤を用いての治療を要するには状況を見極め、
日頃の生活習慣を見直すことで、今以上に数値が上がることを抑えられる段階でしょう。

薬剤使用中ならば、γGTPの上昇がAST(GOT)、ALT(GPTと)同時に
あるはずですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報