【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

英語で再来週というのはなんて言うのでしょうか?
Next Next Sundayとかいわないですよね。

例えば再来週の日曜日にアメリカに行きますだったら、
I'm going to go to America・・・なんと言えばよいのでしょう。

A 回答 (3件)

the week after the next と言います。



I'm going to visit America in the week after the next.

この回答への補足

Sundayはどこに入れればいいのでしょうか?

補足日時:2001/09/08 18:30
    • good
    • 1

失礼しました。

日曜日だったのですね。
すでにkobeccoさんが的確に答えて下さっていますが、

I will visit the U.S. on Sunday after the next.

前の回答の時は「次の次の週」でしたが、この場合は
「次の次の日曜日」という意味になります。

なお、nextの前には定冠詞を入れるのが普通だと思います。
    • good
    • 1

質問1:



再来週は、"the week after next"と表現します。

質問2:

「再来週の日曜日にアメリカに行きます」は次のように訳せます。
"I'll leave for the U.S. on Sunday after next."
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Qrevert

よくメールで「I will revert to you.」とあるのですが、このrevertはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

一種のシングリッシュかもしれません。

http://www.goodenglish.org.sg/site/improve/english-as-it-is-broken/please-revert-soonest-possible.html

英語としては return の意味ですが、reply の意味で使う人たちがいるようです。

Please revert soonest possible であれば
「できるだけすぐにお返事ください」というつもりでしょうが、
Please reply as soon as possible が正しい英語です。

もっとも、long time no see のように、
正しくないはずのものが英語として普通に使われるようになることもあります。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「おおよその日程」は何と云いますか?

「サンプルは、大体いつ頃出来上がりますか?」
「書類がこちらに届くのは大体いつ頃ですか?」

…というように「おおよその日程」について英訳
するのが難しくて困っております。
上記2例の英文例を教えて下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「サンプルは、大体いつ頃出来上がりますか?」
>「書類がこちらに届くのは大体いつ頃ですか?」
日本語でもそうですが、英語でもいろいろな表現方法があります。
gigiさんご質問の「おおよその日程」(=rough date 又は rough estimate)が挿入された英文は次のようになるものと考えます。
Could you let me know the rough date when the sample will be ready?
Could you let me know the rough estimate when the documents will arrive here?

以上、ご参考になれば幸いです。

Q「来週のどこかの日で」の訳

はっきりとした日付が決まっていなく「来週のどこかの日で」と言ったことを英語で言う場合どのように言えばよいのでしょうか?

以下であっていますでしょうか?
I will go there on a certain day in the next week

Aベストアンサー

口語なら

I will go there sometime next week.


実用例文です。

sometime next week
来週のいつか
・I should be very pleased if you could visit me sometime next week. 来週のいつかにお越しいただければ幸いです。

sometime next year
来年のいつか
・I hope to visit Japan sometime next year.

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q先々週の日曜日。再来週の日曜日は

先週の日曜日  last Sunday
先々週の日曜日  ?

次の日曜日   next Sunday
再来週の日曜日  ?

? がわかりません アルクで調べましたがどうかなと思い よろしくお願いします。 
   
アルク 先々週の日曜日 a week ago last Sunday

Aベストアンサー

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

この件は何回かこのサイトでも話題になりましたが、もう一度書かせてくださいね.

今日は12/10
この前の日曜日 12/07
先週の日曜日は11/30
先々週の日曜日は11/23

さて問題は、last sundayと言う表現なんですね.今日が水曜日だから、last Sundayはこの前の日曜日となり、12/07になります.

#2さんがおっしゃったように、もし今日が12/07であると、

この前の日曜日 11/30
先週の日曜日は11/30
先々週の日曜日は11/23

一つだけ変わりましたね. この前の日曜日が変わってくるのです.

この、「この前の日曜日」に当たるのが、last Sundayなんです.

last Sundayを先週の日曜日、と定義している辞書がああります. これだと、今日12/10から見た先週の日曜日は11/30ですになりますが、そうしたら、三日前の日曜日はどういうことになってしまうのでしょうか.

と言う問題が起こります. いいえ、日本の辞書の問題だけではないんですね. ここアメリカで起こっていることです.

映画でも良く見ると思いますが、Last Sunday,,,,と何か言おうとしたら、聞いている相手がWhich one? 3 days ago or Sunday a week ago?と聞き取っている場面ですね.

つまり、曖昧なんですね. last Sundayは3日前ととる人が多いですが、Sunday last weekと取る人がいる、と言うことにもなります.

よって、12/07 をさす時は、月曜ならyesterday, 火曜ならthe day before yesterday, 水曜なら3 days ago.と言うようにするわけですね. これだと、誤解される事はありませんね.

11/30をさすのであれば、a week ago Sundayとか、a week (from) last Sunday

#2さんが先週の日曜日がLast Sundayとおっしゃっているのは、12/07の日曜日から見て、この前の日曜日は11/30(先週の日曜日)だからなんですね.ですから、先々週の日曜日はa week (from) last Sundayとなり、2週間前になるわけですね.

では、今日12/10から見た先々週の日曜日は、と言うと、2 weeks (from) last Sundayと言う事で、この前の日曜日から2週間前、と言う事になります.

面相くさいですね. でも、仕方ないでね.

来週の日曜日は今日12/10から見ると、12/14ですので、this Sundayとかthis coming Sundayと言います. 

なぜかと言うとnext Sundayがこれから来る一番最初の日曜日、と言う意味と、その後の日曜日、と言う意味で使う人がいるからなんですね. つまり、今度は木・金・土では、next Sundayをthis coming Sundayの次の日曜、と取る人がいる、と言う事です.

ですから今日から見て

最初に来る日曜日 this (coming) Sunday
その次に来る日曜日(再来週の日曜日)a week (from) this Sundayと言うわけですね.

また、これが、日曜日(12/07)に言うのであれば、全く問題なく、next Sundayは12/14を意味し、再来週の日曜日はa week (from) Sunday 12/21と言う事になります.

よって、今度の日曜日12/14を言う時に、Nect Sunday, (that is) 5 days (from) todayと言う言い方をして誤解を防ぐ伊方になる事が多い、と言うことです.

と言う事で、last Sundayとnext Sundayの使い方は、言う日のよって言い回しが変わってくるのでご注意ください、と言う事になります.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

この件は何回かこのサイトでも話題になりましたが、もう一度書かせてくださいね.

今日は12/10
この前の日曜日 12/07
先週の日曜日は11/30
先々週の日曜日は11/23

さて問題は、last sundayと言う表現なんですね.今日が水曜日だから、last Sundayはこの前の日曜日となり、12/07になります.

#2さんがおっしゃったように、もし今日が12/07であると、

この前の日曜日 11/30
先週の日曜日は11/30
先々週の日曜日...続きを読む


人気Q&Aランキング