dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

この世界の蔓延るあらゆる既成宗教において、神は信じるものであると教えています。
それゆえに神に願いなさいと教えています。
神に祈りなさいと教えています。
このよーなことを何十年、何百年、何千年と繰り返していると人間精神は次第に失われ、最後には人間精神は完全に枯渇するのです。

神は信じるものではございません。
神は感じるものです。
神は祈るものではございません。
神は理解するものです。
あらゆる既成宗教は真実の神について根本的に勘違いをしているのです。
人間精神が枯渇しつつある現代文明はまさに既成宗教が生み出したものなのです。

人間精神が枯渇しつつある現代文明に再び人間精神を復活させるものは何でしょう。
それは第一に真実の神に対する正しい理解ではありませんか?
「神は宇宙の法則である」
これです。
有瑠慶本願はそのことを教えているのです。

A 回答 (5件)

>神は信じるものではございません。


>神は感じるものです。

その通りです。
では神とは何なのでしょうか。それの答えは、様々な人が説いているように神とは愛です。愛を感じられる人は既に神を感じることができているのです。

>神は祈るものではございません。
>神は理解するものです

古の人々は、神に祈るという観念すらありませんでした。衣食住への感謝のみを捧げる対象が神だったのです。そして神の理解として、天を向く、即ち地球外から訪れる存在を、認知していたのです。それが神としての宇宙人です。
    • good
    • 0

精神医学は現世しか扱いませんが。



宗教学は、前世・現世・来世を扱う学問ですけれど。
    • good
    • 1

意識の問題では、宗教・哲学などの人文学が良いと思われます。



無意識の問題では、人文学の問題でははなく、精神医学の問題だと思われます。
    • good
    • 1

精神を枯渇させる、


その最たるものが〝有瑠慶本願〝のようなエセ宗教です。

人類文明に宗教が無かったら、人間の精神は、知恵は、いかにも底の浅いものになっていたに違いありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教オタク:
  宗教だー、宗教だー、宗教だー

人の道:
  バーカ、信仰だよ。
  宗教がなくても、信仰は成り立つの。

お礼日時:2023/02/05 00:19

インチキ宗教と、人間精神をほぼ認めない科学を信仰することが、人間精神を枯渇させるのですよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!